スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大自然の猛威…

朝晩ヒンヤリと気持ちのいい空気になってきましたね~。ヽ( ´ー`)ノ
今まではずっと開け放していた窓も、寝る前にちょっと閉めたりして。素肌にお布団が気持ちいい季節。(^-^)



…の、ハズなのに。
腰が痛い。マジ痛くてたまりません。
しびれるような鈍痛に耐え切れず、夜中に目が覚めるとりアタマ。
その原因は、もちろんコイツ。↓


koitu
寒さにめっぽう弱い短毛種のアビ介は、少しでも空気がひんやりするとすかさずとりアタマのベットに乗ってきて、人の体にもたれて暖を取ります。ε=( ̄。 ̄;)フゥ


ちょうど太もものお肉の辺りがぶよんぶよんしていて具合がいいらしく、そこにもたれられると寝返りも打てずに体が固まりますのよ。。。

ああ。
またデロンキヒーターを出すまで、腰痛の日々が始まるのね。




ただですね。
とりアタマの腰痛は、アビ介のせいだけでもないのです。

もうひとつの要因は、坐骨神経痛。この春先2トントラックにオカマ掘られて以来、お尻のほっぺたの辺りからモモの裏、膝の裏まで走る痛みがあり、それがしつこいしつこい。( ̄‥ ̄) = =3
何かねぇ。年を感じますねぇ。いや、20歳ですけどさ。


それと、更なる要因としてあげられるのが、お庭の草むしり。


とりアタマんちのお庭はワンコたちを遊ばせるために、クローバーの種をまいて緑化しています。
いや。
していました。( ̄∇ ̄)


去年の今頃のお庭はこんな感じ。
ryokuka
(戦うクッキーちゃんとフラン)


それがですね。
今年のお庭はなんと。。。


mehisiba
メヒシバだらけ。( ̄ω ̄;)
ま、これも緑化と言えなくもないですけど。
望んでいたカタチとは違う。全く違う!


こんなことになった原因は、春先に大量発生した毛虫。
茶色くて毛がいっぱいで。足がないくせに妙に動きにすばやい大き目の毛虫。

たぶん、シロヒトリ蛾の幼虫です。
どんなやつかあえて見たい方はこちらなんかをどうぞ
こいつが今年異常発生し、クローバーの葉を食べつくして枯らしてしまったんですわ。
そこに、「行け~!!」って感じでメヒシバが進軍。あっという間に庭を覆いつくしてしまいました。ちょうどとりアタマが忙しい時期と重なって、どうにもこうにも対処できませんでした。


毛虫がいる間はワンコを庭に放すこともできず。
今は雑草だらけでやはり放せない。
こんなはずじゃなかった。
人生、なかなか上手くいかないもんです。。。( ̄∇ ̄;)

※シロヒトリ蛾の幼虫には毒はないらしいですが、気持ちのいいもんじゃないですからね。
  アレルギーが出ないとも限らないし。



毎日毎日、少しずつ。
地面に張り巡らされたメヒシバの根を引っぺがしておりますが。さあ、この後どうしたものか。
クローバーはたぶん復活するだろうけど。また来年同じことを繰り返すのはイヤだなぁ。


いっそ。芝生の種をまくか。(シートより、種のが安いの。。。)
それとも全面家庭菜園にするか。。。
どうするかねぇ、ふーちゃん。



dottinisiro
そうなんだよなぁ。どっちにしろ面倒見るのはとりアタマ。
何とかしないといつまでたっても雑草だらけのままだし。
でも、あんまり面倒くさいのはイヤだなぁ。←根っからズボラ。




スポンサーサイト

あぁぁ・・・・

見ちゃった・・・・シトヒトリ蛾・・・・・あぁぁぁ・・・私ったら・ili・ _| ̄|○ ・ili・

ここ数日本当に涼しいですね♪
このまま秋になってくれたら・・・と思いますが、
どうやら9月の頭に蒸し暑さが戻ってくるようです。
その隙に、腰をご自愛くださいね~!

はじめまして!

最近涼しいですね。
腰は大丈夫ですか?
私もめちゃ痛くてコシラックに出会えて
救われました。
是非読んでみてください。
http://www.koshiluck.jp/

茶太鈴んち母さま

あ。見ちゃいましたか。( ̄∇ ̄;)
ご愁傷様でございます。←自分でのせておいて、言うか…。

やっぱり残暑来るのでしょうね。
たぶん、アビ介は喜ぶでしょう。フランは落ち込むでしょう。( ̄∇ ̄)

まりっぺさま

情報をありがとうございました。
Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。