FC2ブログ

勝負の行方

すっかりアビ介君の専用ベッドと化していた、ドッグベッド。

abybed


ですが…。この処、フランのベッド占有率が高まってきている。

ホラ。


foobed1



夜も。foobed2


寝るときもベッドで。
foobed3


いつの間にか「シート」(決まった場所で待機させるときに使うコマンド)も入ってしまった。

実は、アビ介が予防接種で調子が悪いのをいいことに、フランが暴力でドッグベッドを奪い取ったのだ……というような事実は全く無く。

つまりはこういうことです。

コタツ降臨!!kotatu
コタツの上にはしっかり鍋の支度も。。。奥のソファべッドの上がとっちらかっているのはスルーしてね。

要するにアビ介はもっと快適な場所を見つけたというわけ。

nukui
アビ介ぇ。たいがいなところで外に出ないと、脱水するぞ~。


普通のご家庭ではコタツの下にはコタツ敷きかなにかをしかれると思う。とりアタマ家も例年はそうだ。しかし、どうも布モノの上でオシッコをする癖が抜けきらないフランを警戒して、今年は置き畳のうえに直接コタツを置くことにした。だから今ひとつ快適度は低。

アビ介はあんまり気にしていないようだから、ま、いいか。
スポンサーサイト

なるほど

ぢごくびーむの熱源は、冬の間のコタツの熱気だったのか。寒い季節、この場所でしっかり蓄えられた”ぢごくのもと”は、あびしゅけの中で核融合反応(へっ!?w)を起こし、そして春に開花・・・いや、発射される。
すごいぞ、アビ介!これで、次期東宝の看板怪獣の座は、イタダキだっ!
※ なんかおもろないなー!?;^^と思いつつも、ここまで書いてしまった以上、モッタイないので、サブミット。ぇいっ(笑)!

まこぶうさま

まこぶうさま。
とーとつですが。ガメラって、実は赤外線の影響で巨大化したカメだって知ってます?大人になってこの事実を知って、とりアタマは愕然としました。コタツの中に入っている猫はそのうち巨大化するかもしれない!!巨大アビ介が放つぢごくビーム!!これは人類存亡の危機かも!でも、とりアタマ的にもっと恐ろしいのは、便秘症のアビ介が肛門から発射する石のように固いウンチかも。。。(猫トイレの中でガコンッて音がします)。巨大アビ介のウンチ攻撃の下敷きになったりしたら、腹が立つやら情けないやら。どうしましょう!?

猫に小判・・・ならぬ

やはり「猫はコタツで・・」が
ぴったりきますよね。
アビちゃん 暖かくて居心地最高なんだろうなぁ。。。o(^o^)o

ちなみに我が家では年中暑がりの
娘達のために エアコンのドライは
冬の現在も たびたび使いますが
これでは人間が参ってしまうので
コタツは 一年中リビングにあり
ワタシが愛用しております。
(そして コタツ敷き、というしゃれたものは ございません・・・涙)

それにしてもベッド奪還に成功したフランちゃん・・・なんとも気持ちが良さそうな寝姿で 眺めていたらワタシもそろそろおねむの時間が恋しくなりました。(=^・^=)

赤外線っ!!それは知らなんだ(笑)!!

なにやら、赤外線を浴びると巨大化してしまう恐怖に駆られてしまいそうですが、赤外線カメラで撮影された日にゃ、翌朝身長+5cm?の期待感もあります(なんのこっちゃ;^^)。
さて、あびちゃん。便秘ということは、①水をあまり飲まない②水は良く飲むが、運動不足により筋力低下~腸の”ぜんどう運動”機能が低下③めんどくさいw
etc.
原因は、なんでしょう?いずれにせよ、◎んちがでないと、レイウス(腸閉塞=ふんずまり)なんてコワイことにもなりかねないので、心配です。
あと、室内飼いの場合、床がフローリングだと滑るので、その上を歩く&走る&ジャンプする、わん&にゃんが、関節機能障害を起こす原因にもなるみたいです。それが原因で、「運動するのやぁ~」な子になっちゃうことも、あるとかないとか。
ゴサンコウまでに・・・(m__m)

ままぷりんさま

ぷりんちゃん、ちょこちゃんは暑がりさんなんだ♪とりアタマ家の先住犬のハンナは夏は暑がり、冬は寒がりの軟弱犬でした。フランはどうかなぁ?アビ介は究極の寒がりですね。夏でもちょっと冷房を入れると、部屋から出て行っちゃいます。やっぱり毛が薄いアビシニアンは基本的に寒いの苦手のようですね。
コタツ敷き、ないですか。お友達♪

まこぶうさま

遠赤外線を出してあったかいババシャツなんか着たら、おばさんが巨大化しちゃうんですよ(^-^)!

便秘についてのアドバイスありがとうございます!!
アビ介は昔から便秘症ですねぇ。一応、2~3日に1回くらいの割合で定期的には出ているので、様子見なんですけどね。定期的に出ることは出るのですが、そのときもトイレで踏ん張って「う~ん」とうなっているのが聞こえてきます。するっと快便というのはすくないですね。痔になりませんか、と獣医さんに聞いたら、なった猫はあまりしらないといわれちゃいました。
運動量は少なくはないと思うのですが。5歳を超えているというのに、今も一人運動会で狂ったように走り回っております。ぢごく界から怪電波でも届いたのかしらん。。。階段には厚めのコルク板を敷いて、床は「わんにゃんすべらん」を塗っているので、普通のフローリングよりは滑らないと思うのですが。。。ぢごく猫じゃらしで遊んでやっても、昔ほど持久力はなくなっちゃいましたが、それでも休み休み結構走ったり跳んだりしてますね。
水も腎臓を患ってから、良く飲むようになりました。以前は本当に水を飲まない猫で、24時間に1度しかオシッコをしないこともままあったのですが、今は1日に4~5回オシッコします。それなのに、ウンチだけが硬い。。。なぜ!?
やっぱり、めんどくさがってぎりぎりまで排便を我慢するからかしら?一応、3日以上便が出ないときは、獣医さんに相談することにしてます。しかし、アレだけ食べたキャットフードが一体何処にたまってるのだろう?ぢごく猫の長は亜空間につながってるのかしら?
フランはオシッコをして、じょうずじょうずと誉められ、アビ介はウンチを出して、えらいえらいと誉められる。。。いいなぁ。こんなことで誉めてもらえて。

ん~と・・・

いま、酔っ払ってま~す♪
熱燗呑んで来た(笑)♪
え~と、アビ介、股関節が1~2mmずれているよな希ガス・・・いや、気がする。
関節不整合or筋膜(きんまく)癒着(ゆちゃく)⇒骨格のズレ⇒体調不良or体調不全or自律神経失調etc.なんてゆーのは、オステオパシーの考えでは”自明の理”なんだけど、日本は、人間ですら”身体の歪みは病気ではない”という考えが浸透しているので。
日本を滅茶苦茶にしているのはダレやー;^^。じゃなくって、股関節回りを、マッサしてあげてください。ゆっくりと、地道に。前肩回りも、お忘れなく。猫は4本脚なので。もぉー寝るぅー!オヤスミナサイ・・・・・・zzz・・・・・・
大阪で、酒飲みオフやりまっかw。フランちゃんも入れて(笑)。

まこぶうさま

ご機嫌さんのようですね♪二日酔い大丈夫?
オステオパシーっすか。なるほど、股関節と肩周りのマッサージですね。やってみます。やらせてくれるかどうかはかなり問題だけど。。。気持ちよければ大丈夫ですよね。。。爆睡中を狙うとか。
まこぶうさんはお酒いけるくちなんだぁ。とりアタマも弱いけど大好きですの。回りは下戸ばかりでいつも寂しい思いをしてます。下戸なのに運転は出来ないひとが多いので、余計悲しい。ぜひ、飲み会…じゃなくてオフ会やりましょう!
Secret

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ