スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千畳敷カール

昨夜アップした写真で、お気づきの方もあったかも知れませんが。。。


このたびとりアタマが登ってきたお山は、木曾駒ケ岳です。
kiso
しかも、お分かりのように「千畳敷カール」からのアプローチ。



標高2600メートルまで、バスとロープウェイであがるという、超楽チンコース。
ro-puulei
文明万歳。ヘ( ̄▽ ̄ヘ)(ノ ̄▽ ̄)ノ

この山をまともに登ろうとしたら、縦走の装備がいります。とりアタマには無理です。



ロープウエイを降りたらこそは、千畳敷カール。
ka-ru
カールとは、氷河期時代に氷河によって抉り取られた山の大壁面のことを言うそうです。
この辺りまでは、登山客だけでなく普通の観光の方もいらっしゃいます。カール内を一周する遊歩道があって、40分~50分で山のお花畑を巡れるの。
あ。遊歩道といっても、街の公園のそれとは違って道は悪いですよ。
靴はしっかりしたのを履いていたほうがいいです。


われわれが目指すのは遊歩道から外れた、「八丁坂」という道。
具体的に示すと。。。これです。↓( ̄ω ̄;)
hattyou
…あれ、上がるんかい。。。
正直、とりアタマ。突然不安に襲われました。

今回は2956メートルの木曾駒ケ岳を目指すとはいえ、スタート地点が高いので累積標高は500メートル弱。つまり、摩耶山より低いのよ。
だからトレーニング不足でもナントカなると思っていたのだけど。
甘かったかしら。ここ、空気薄いしね。


まあでも来ちゃったものは仕方ないので、頑張って登ることに。
suta-to
八丁坂の入り口付近。まだまだ余裕の表情であります。


小一時間かけて登るのですが。休む場所もあまりないのでかなりきつい登りです。
でも。。。
振り返ると絶景~。ヽ( ´ー`)ノ
haiji
遠くに見えるのが、ロープウェイの駅とホテル千畳敷。
よ~登って来たなぁ。。。( ̄∇ ̄)



でもって、富士山♪
hujisann
…なんだけど。。。このサイズだとわかんないね~。


八丁坂を越えると乗越浄土と呼ばれる広場に出ます。
norikosi
写真中央の白い点が見えるかしら?お月さんです。
雲ひとつない青い空と昼の月。
幻想的な風景でした。


観光のついでに足を伸ばしたという場合、ここで折り返す人が多いのですが。
とりアタマはまだ先に進みます。中岳を越えて、駒ケ岳山頂へ。




長くなりましたので、続きはまた明日~。(^-^)










スポンサーサイト
Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。