FC2ブログ

接近遭遇。

ゲート越しに向かい合う二人。
ときどきこうやって、あえて二人を近づけます。
ge-to
アビ介の側からはフランの姿がとても見えにくくなっております。
多分、ちょっと遠くから眺めているフランの方がアビ介のシルエットを認知しやすいと思われます。

その証拠に、なんとなくフランの表情が不安そう。( ̄∇ ̄;)

階段の上から、「大丈夫だよ~。アビちゃんそっちには出られないから」と声をかけたのに…



「アビちゃん」の一言を聞いたとたんに、顔をそらし。。。
sorasi



あげく、奥に引っ込んじゃいました。
oku



アビ介のほうは、シャーもウーッもなく、結構落ち着いていたんですけどねぇ。( ̄∇ ̄)
otituku
ほら。シッポも全然膨らんでいないし。



パニックを起こした最初の頃は、フランの気配を感じただけで、体中の毛が逆立って唸りっぱなしでしたから。
たいした進歩です。ヽ( ´ー`)ノ

フランにはミムラスとスターオブベツヘルムを重点的に与えるべきかもしれません。
能天気娘、実は意外とトラウマを背負っております。( ̄‥ ̄) = =3






スポンサーサイト



Secret

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ