スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニQのその後。

どうも今年は具合が悪いミニQ。

これが細菌斑点病なのか別の病気なのかは不明ですが。
miniQ
とにかく、古い葉から新しい葉までまんべんなく黄色い斑点が出てきて、放っておくと葉が破けて枯れます。


着果した実も中途半端なところで成長が止まり、黄色いヤニを出しつつ枯れていきます。
akiraka


あきらめて引っこ抜くのは簡単だけど、まあとにかくやれることをやろうと言うことで。
病気にやられたとおぼしき葉をバッサリ切り取りました。

で。その後はと言うと。。。
しばらくの間は株が弱っているせいか、花は咲いてもことごとく枯れてしまって実になりませんでしたが。。。
kareru


最近何とか持ち直してきたようです。
ミニQ本来の、ピンとした感じのキレイな実がいくつか付きました~。ヽ( ´ー`)ノ
101
HB101が効いたのかしら???



バイオでもオカルトでも何でも、効きゃーいいです。試供品だし~。┐(´-`)┌



何とか梅雨の嫌な天気を乗り切ってくれれば、ちゃんと育ってくれそうな気がするんだけどなぁ。


あ。
そうそう。
HB101と似たような感じのブツなんですが、新聞広告なんかに良く出ている、アレ。買っちゃいました。




特殊肥料 万田31号でございます。詳しく知りたい方はこちらを
manda
ここは試供品がなかったので豪気にもいきなりの御購入です。タカカッタヨ( ̄∇ ̄;)


5000倍から15000倍に薄めて使うので。とりアタマんちの規模では、小さいビンを一瓶買ったら2~3シーズンは使えそう。。。

さあ、どうかな~?
ほんとに子供の背丈よりも高いような大根や、抱えきれない大きさのカボチャが取れたりするのかしら?
ミニQがデカQになっちゃったりして~♪


iminai
…確かに。( ̄ω ̄;)
ワザワザ小さくなるように品種改良したものをでっかく育ててもねぇ。














スポンサーサイト
Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。