スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅の実

散歩の途中でよく立ち寄る高台の小さな公園で。



おじさんが梅の実を収穫していました。(^o^)
ume



この公園自体まだまだ新しいので、植わっている木はどれも小ぶりです。この梅も人の背丈より少し高い程度なんですが、それでも…



umenomi

たった一本の木からたくさん収穫できていました。
takusan
この実は梅シロップにして、夏に町内の子供たちに梅ジュースとしてふるまうそうです。( ̄∇ ̄)

なんかいいっすねぇ、こういうの。(^o^)


おじさんが、「あっちの木の実を食べてみぃや」とおっしゃるので、赤い実をつまんで食べてみると。。。


甘い~♪ヾ(´▽`)ノ
yusuha
「ゆすらうめ」の実です。

おじさん曰く、「この公園は食べられる実がなるものばっかり植えとるんや」ですって。
そりゃあ素敵なコンセプトですね~。ヽ( ´ー`)ノ
「ゆすらうめ」。食べたあとの種を持って帰ったのだけど、埋めておいたら芽が出ないかなぁ。






この公園はとても小さいのですが、高台にあって眺めもよいし、手入れが行き届いていて気持ちいいのです。


ただ、やはり不逞の輩がおりまして。
放置ウンチをたまに見かけます。
そういう人たちとは絶対に一緒にしてもらいたくはないけれど。やはり、同じ犬を連れている者としては恥ずかしい限り。
自分の犬のしたウンチをそのままにするなんて、どうしてそんなことが出来るんだろう???



wan
犬連れでわさわさ公園に入って来た私たちを、おじさんが嫌な顔をせず迎えてくれたことに感謝です。


おじさんが、梅の実を取るのをやめたので、「まだ残ってますよ」と声をかけたら。


「少しは鳥たちに残しておいてやらんと」ですって。
ごもっとも。m(_ _)m
この日は大変よい勉強をさせていただきました。








スポンサーサイト

いいですね♪

我が家も昨日、マンションの敷地にあるビワ木から実をもいで食べました。
お晴やんがすごく喜んでいて、こういうのっていいなぁと思っていたところでした♪
うちも鳥さんの分まで食べてしまわないように気をつけます~ヽ(´ー`)ノ
種、芽が出るといいですね♪

そうそう。淡路のクモ、確かに強そうかも~( ̄▽ ̄;)。

茶太鈴んち母さま

レス遅くなっちゃってゴメンナサイ。m(_ _)m
びわの木、いいなぁ。
うちも近所にあるんですけど、明らかに人の家の庭にあるのでもげないんですよ。( ̄ω ̄;)
でもそのうちの人も、別にとるでもなく、毎年大量に朽ちていくだけなんですよね。ああ、もったいない。びわは葉も民間療法で色々使えるし、植えたいんですけど場所がね~。結構大きくなるから庭に植えるわけにもいかないし。お晴ちゃん、うらやましいなぁ。

そうだ!今度公園にこそっと種を埋めてこようかしら!←グッドアイディア?
Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。