スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの対応。

神戸の町は、マスク人間であふれかえってます。( ̄∇ ̄;)
特に人の多い街中はね。


お散歩友達は。。。



マスク着用組と。
masuku



非着用組に分かれてますが。
nasi

とりアタマはしていません。
うつらないためよりも、うつさないためにも、着用した方がいいに違いないのですけど。
如何せん、もうマスク買えませんから~。ヾ(´▽`)ノ
家にあるわずかな買い置きは、父の通勤用。それがなくなるのも時間の問題です。


そんな訳なので。なるだけ息をしないで歩くようにするのでカンベンしてください。( ̄ω ̄;)



しかし毎度のことながら、政府の判断ってワンテンポ遅れている感じが否めません。
これだけ神戸を初め関西で感染者が出ているのに、関空で検疫やる意味なんてこれっぽっちもないじゃんねぇ。何で「段階的に」止めていくんだろう?

少なくともとりアタマの周辺では、みんな落ち着いて対応しています。
「まぁ、来たもんはしゃーないな」という感じで、各自が自分なりの対策を取りつつ、流行の過ぎ去るのをじっと待つ姿勢です。
何か、国が一番おたついている気がするんですけど~。



とにかく、さっさと一般の病院でも既存のインフルエンザ並みの普通の対応をして、タミフル出してくれるようにならないかしら?
「もしかかっても大丈夫。近くの病院で診てもらえて薬を出してもらえる。」それが一番の安心に繋がる気がするんですけどね。





追記
昨日の夜に神戸と大阪に限って一般病院での対応を認めたみたいですね。
隣接都市にも認めろよ~。( ̄□ ̄;)








スポンサーサイト
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。