スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甥を見上げて首が痛い。

昨日とりアタマ母のお参りのため、とりアタマ兄の家族と会った。



正月以来3ヶ月ぶりに会ったとりアタマ甥は、またニョキニョキと身長が伸びておりました。。。
どこまで行くんだ、いったい?
そのうち電柱より高くなりそうだな。( ̄∇ ̄)


とりアタマ家三代横並びの図。
sandai
ショッキングピンクの男がとりアタマ兄。ギョーカイ人ではありません、念のため。カタギのサラリーマンでございます。
しかし、後ろからこうして見るとアレね。
兄と甥の将来の頭髪が真剣に心配ね。( ̄∇ ̄;)
とりアタマ自身は、年とともに頭髪が薄くなるのはとても自然なことだと考えているので、全く気にならないのだけど。彼らは多分そうは思ってないだろうな。。。



とりアタマ母は西洋の一神教をの神様を信仰していたので、お参りはその教会に行きます。
omidou
とりアタマは信者ではないので、お御堂に入るのはチョイ緊張しますね。何か色々詰まってそうで。。。



とりアタマ母。
母が亡くなったとき、この世に影も形もなかったあなたの孫は、とりアタマ家で誰よりも足の長い男になったよ。いい子に育ったよ。ま。知ってると思うけどね。








みんなでお昼ご飯を食べて、家に帰ると。
アビ介もフランも落ち着いていて。。。
otituku


ほっ。
ho
先週作ったゲートのおかげで、アビ介は2階で自由にしていた模様。帰ってきたとき、父の部屋の窓辺にいたから。


フランはリビングに閉じ込められていたけれど、多分ずっと寝ていたはず。
暑くなる前に階段下のゲートも完成させて、フランも1階を自由に移動できるようにするからね。そうしたら、玄関の土間でヒンヤリ寝られるからね。



生きてる者は何かと忙しいなぁ。
…それとも死んでる者も、結構忙しいのかしら?
それはちょっとやだなぁ。








スポンサーサイト
Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。