スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後のアビ介。

台所のオーブンレンジの上に陣取ったアビ介。
彼がこんなことするのは本当に久しぶりです。


ohisa
大分表情が落ち着いてきたと思いませんか?
ちなみに時間は朝の5時半くらい。
フランはとりアタマ父と散歩に行ってます。
アビ介ととりアタマが二人っきりで過ごす貴重な時間。



普段はフランがいて入れないリビングにやってきて、
ribingu
水耕栽培のレタスや豆苗をつまんだり。。。



慣れた場所でご飯を食べたりします。
nareta
とりアタマの部屋で、隔離されて一人で食べるご飯よりおいしいのじゃないかしら。それともこんなのは人間の勝手な思い込みで、あんまり本人は気にしてないのかしら?




アビ介がパニックになりフランを攻撃して怪我をさせてから、6週間が過ぎました。

最近とりアタマはプチ・リフォームとかしているので…
もう元の生活に戻るのはあきらめて、アビ介とフランを永久に分ける方向に行ってしまったのじゃないかと思われているかもしれませんが。。。
kakuri
そんなことはありません。




夕飯時、リビングにみんながいて。。。
フランはドックベットでくつろいでいる。
アビ介はとりアタマ父のヒザに乗って、夕飯のお刺身をおねだりしている。。。
食後は、わずかな時間だけれど、ひとつの部屋でみんなで一緒に過ごす。のんびりと。ゆったりと。。。




そういうことをあきらめてしまったわけではないのです。




ただ。
今は焦ってもしょうがない。
今はまず、アビ介とフランが快適に過ごすことを第一に考えないといけない。
だから、階段の上に扉をつけたのです。
アビ介は階下には下りられないけれど、とりアタマの部屋から自由に出て父の部屋のソファで寝たり、客間(つーか物置部屋)の窓から道行く人を眺めたり。。。それなりに快適に過ごしているようです。
フランが寝ているときは、リビングの扉を閉めて、階下に下りることも出来るしね。




ここ数日。
扉をつけてから、なんですけど。
明らかに、アビ介の様子が落ち着いてきました。
otik\tuki
ガラス越しにフランを見ても、威嚇の声を上げることが少なくなってきたし、階下での物音にも反応が薄くなってきたような気がします。


きっと、落ち着いたり、また神経質になったり。。。その繰り返しなんでしょうね。
少しずつでも彼の精神状態が良い方向に向かってくれればそれでいいです。



凶暴でも、パニックになりやすくても、そんなことはもういいから。



どうか、元気でいてください。
ne
ね。






スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。