スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夏の庭」の準備着々。。。

とりアタマんちでは、毎日少しずつ「夏の庭」の準備が進んでおります。

アブラムシにたかられたスナップエンドウと涙の別れをした後。。。
endou



お庭の水耕栽培装置には「ミニQ」と言う種類のキュウリの苗を植えた。
このキュウリ、その名の通り非常にミニサイズ。10センチくらいにしかならない。
トキタ種苗という会社が作った品種で、関西ではほとんどお目にかかれないので、ネットで苗を注文した。
mini
通信で苗を買ったの初めて。。。きちんと梱包されていて、よい苗でした。買ったのは、園芸ネット(YAHOO店)さん。初めて利用したけれど、しっかりした対応で安心でした。珍しい苗もあっておもしろいの。


さっそく定植(^-^)。
pot
ポットから苗を出さずに底を切り取る。


でもって、水耕栽培装置に埋める。
umeru
以上。定植終わり。
前にも書いたけれど、この水耕装置は、二重底になっていて下半分に液肥が、上半分にボラ土が入っている。ボラ土の部分にポットごと苗を植えておけばそれでOK。
超簡単。とりアタマ向きですの。
液肥の蒸発と温度上昇を抑えるために、発泡スチロールで蓋をした(この蓋は付属品)。詳しく知りたい方はエコゲリラのショップへGO。



苗は4本セットだったので、水耕栽培と比較するためにも、後の二本は土のプランターに植えた。
tuti
肥料はどちらもハイポニカ(水耕栽培用液肥の定番)を使うことにする。さあ、どっちのキュウリがよく育つかな?どっちも育てよ♪



実は、このミニQというキュウリ。「LOVE SALAD レタスの森通信」というブログで紹介されていたもの。

このブログはすごいぞ~。「いつでもレタス」もすごいけどね。ここはさらに独自の工夫を施し、いろいろ装置や方法を進化させているの。。。う~ん。参考になる。水耕始めた方、必見です。今日からリンク貼らせてもらうことになりました。飛んでいってみてね♪



そうそう。
2月末に種まきし、3月中ごろから収穫を続けていた、「カップでネギ」ですが。。。
negi



このたびついに撤収と相成りました。
tessyuu
いや。まだまだ株は元気なんですけどね。いつまでたっても減らないんですよ、このネギ。魔法のネギだ。使ってもすぐ伸びてくるの。


でも、とりアタマ父から、これがあると窓が開けられないとの苦情がきて、やむなく撤去。
このネギ、とりアタマ父のベットの横の窓においてあったもので。

もちろん収穫したネギは、全部刻んで冷凍しております。お味噌汁に入れたり、餃子に入れるなら、これで充分♪
次のネギ苗も育成中。今度はお庭の育成棚での栽培となりますね。













スポンサーサイト

こんにちは~v-22ご紹介いただきありがとうございました!
水耕栽培のセットがあるなんてはじめて知りました!
うちなんて・・・魚屋さんからもらった発砲スチロールに突っ込んであるだけなのです、オハズカシイv-283
また遊びにきますね~e-266

朝は

納豆と味噌汁。そして卵焼きが定番のまこぶでございます。どうも。
味噌汁にネギを入れたいが、乾燥ネギがないっー!そんなとき、プランターからプチッと。
ようござんすね。
しかし・・・。
毎日疲労コンパイにて、水耕栽培に手が回りませぬwww。

それにしても、アビしゅけ。
カンブリア紀の生物のような後姿自重www。

ずーみん様

いらっしゃいませ~。このたびはリンクをありがとう御座いました。これからもよろしくお願いします(^-^)。

水耕栽培の装置は結構出ていますよ。でも高いの~!電気も使うし「いつでもレタス」方式のほうが簡単で成績だって遜色ないと思います。
うちで使っている水耕装置は電気なし、複雑な循環機器なし、の単純なものでそんなに高くなかったです。原理は「いつでもレタス」とまったく同じなので思い切って購入しました。でも、理想はずーみんさんちみたいに、いろいろ手作りで工夫することですよね♪

まこぶう様

カ、カンブリアて。
白亜紀でもジュラ紀でもなく、一気にカンブリアまで行くのか。。。恐るべしぢごく猫の後姿。この写真の後、ネギをかじって怒られてました。

まこぶうさん、朝は和食党なのね♪千切りのキャベツとか、トマト一個とか、野菜もとらにゃぁ、だちかんよ。
Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。