スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えらいこっちゃ!

今日はアビ介の月に一度のお勤め。
猫の病院に、爪切り、耳掃除、肛門腺絞り、ブラッシング、のフルコースを受けに行ってきた。


ikasareta



おっと、そうそう。忘れちゃいけない。今日は腎臓の血液検査もね。これは半年に一度してもらっている。

titorareta



結果は。
尿素窒素43mg/dl
クレアチニン3.2mg/dl


尿素窒素もクレアチニンも腎機能の程度を表す指標に用いられる。どちらも、腎機能に障害があると数値が高くなる。
ちなみに、猫の基準値は、
尿素窒素:猫 11~40 mg/dl (犬は 8~32 mg/dl )
クレアチニン:猫 0.8-2.4 mg/dl (犬は0.3~1.4 mg/dl)

つまり、アビ介はどちらもちょいと高め。でも、腎臓に問題があるとわかってから、ずっとこの辺りの数値で安定しているので、とりあえず今回もヨシ、ということで。。。だって、壊れた腎臓の細胞って絶対元に戻らないんだもの。どうしても現状維持が最大の目標になってしまうのよ。

とにかく処方食を続け、水分を充分に取ってもらって、なるだけ元気に老後を過ごしていただきたいものです。


n-
ホント、お願いしますね。キミが病気すると姉ちゃんは辛い。





で。
今回はとりアタマの失態がひとつ。


病院でアビ介にブラシをしてもらっているとき、病院のモモコさんが診察台の上に、ある小さなブツを見つけた。長さ1ミリくらい。細さは0.1ミリくらいか。。。うにょんとカーブした黒いブツ。






モ:「あ。これ、ノミのウンチだ」

な、なんですと~!?


な、な、な、なんで家猫のアビ介にノミのウンチが???


幸い量は極少量。ノミ御本人は見つからず。
多分、フランの体について家に入ったのだろうけど。フランだってフロントラインしているのに!!


先生曰く、フロントラインはノミが実際に血を吸って初めて効果があるのだそうで、血を吸う前のノミが元気なまま家に放たれることは充分ありえるのだそう。(頻発するケースではないらしいけれど。。。)


何かね。です。マジ、恥ずかしいです。
ワンコやニャンコと暮らす者にとって、自分ちの子にノミが付いていたっていうのは、本当に大失態ですわ。
皮膚にアレルギーでも出たら大変だし、慌ててレボリューション(猫用ノミよけ)をしてもらいました。
来月から毎月レボリューションですな、これは。

かゆかったか?
kayui
すまなんだ、アビ介。。。








スポンサーサイト
Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。