スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水耕栽培2

以前日記で書いた水耕栽培の香菜(シャンツァイ)、どうやら根付いたようだ。
kousai
水耕栽培で「根付く」というのも変な言い方だけど、実際そうなのよ。
実は土の中に生える根と、水中に生える根は性質が違うものなのだ。でもって、もともと土の中に張っていた根は全てダメになって新しく水中用の根が生えるのにちょっと時間がかかる。最悪の場合、水中用の根が生える前に枯れちゃったりしてね。


葉っぱ本体も、いったん全部枯れて新芽が出て現在に至っております。とりあえず超簡単な水耕栽培装置のわりにうまくいったのでヨシヨシ。


とりアタマ、調子に乗って無結球レタスの混栽も始めました。

retasu
ダイソーで買ったスポンジたわしを小さく切って、種を植え付け発芽させて…


同じくダイソーで仕入れたプラコップの底に穴を空けてはめ込む。
hamekomi



それを、液肥に浸したバーミキュライトの上に乗っけるだけ。。。あ。液肥は水耕栽培専用ですのよ。
nokkeru
…こんなんでちゃんとレタスが出来るのか、全くもって謎ですが。。。出来たらいいなぁ。ずいぶん食費が助かるなぁ。

この方法、「いつでもレタス」というサイトを参考にさせていただきました。ここのサイトはすごいぞ~!基本的にこの方法で、葉野菜だけでなく、トマトやキュウリ、揚句に小カブまで作ってしまう。詳しいやり方も載っているので、興味のある方は覗いてみてね。



前回で懲りたのか、この方も新しい水耕栽培容器には近づきもしなかった(^-^)。
konokata
あ。でも本当は、ネコ草の栽培もこの方法でお手軽にやりたいんだけどなぁ。食べてくれないかもしんないなぁ。















スポンサーサイト
Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。