スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

状況の把握

今日二つめの記事です。


とりあえず落ち着いて。
冷静に今までの状況を分析してみることにする。。。


アビ介の様子がおかしいことに気が付いたのは、9月3日月曜日の夜8時ごろ。ちなみにこの日フランの散歩から帰ってきたのは7時半ごろ。


とりアタマ父ととりアタマが夕食をとっているとき、リビングに降りてきたアビ介の様子が明らかにおかしかった。緊張して、ほふく前進状態。今まで観たことがないくらい物音に神経質になっていた。



それまでのアビ介と、これ以降のアビ介を比較してみると。。。



今までのアビ介の性格と行動パターン

・勝手。気まま。反抗的。存在感がある。根拠のない自信に満ち溢れている。
・凶暴。凶悪。でも気分が乗ると甘える。
kiriri

・寝起きに甘えたい気分になることが多い。
・ヒトの足が近くを通過するととりあえず噛みつく。
・好奇心旺盛。見慣れないものでも平気で近づく。何でも匂いをかいでなじみを入れる。
hako

・人の集まるところにいるのが好き。何かを始めると必ず見に来る。デバガメ的。窓の外を見るのが好き。
・来客は誰より早く出迎える。玄関ドアが開くととりあえずダッシュで確認に来る。
・初めてのヒトに対する警戒心は強いが、敵意がないとわかると案外フレンドリー(但し一部のヒトを除く…)
komu

・ムラはあるがおおむね食欲旺盛。おやつや食事の時間になると自発的に台所で待機する。
・足取りは軽やか。階段は3~4歩で駆け上がり、駆け下りる。
・物音に鈍感。どこででも寝られる。
・見張り台のような高いところにいるのが好き。
mihari
・「ウニャッニャッ」と叫びながら家中を走り回る。いまだにひとり運動会を開催する。




現在のアビ介の性格と行動パターン

・臆病。神経質。警戒心全開。常に何かしら緊張している感じ。何かに怯えている?
biku

・おとなしい。気配が薄い。
・ヒトが近づくとさり気によける。噛まない…!!!
・二階の部屋の隅で一人でいたがる。あまり甘えてこない。(昨日は夜になって少し甘えてきた。)
nikai

・来客にも無反応。警戒しながら階段を降りてきて、身を隠しながら様子を伺っている。
keikai

・見慣れないものどころか、見慣れたものでも置き場所が違うと怖い。
・リビングが特に怖い様子。
kowai

・物音に非常に敏感。新聞をめくる音、お茶を注ぐ音、箸を置く音にも飛び上がって逃げる。
・とりアタマ、とりアタマ父、フランは怖くない模様。
・身体動作が極めてゆっくり。階段を一段一段慎重に上り下りする。高いところに登らない。せいぜい椅子の上まで。姿勢が低い。
・食欲やや減退。(但し、今日は比較的たくさん食べた。おやつにも降りてきた♪)水分摂取量減退。



改めて書き出してみて思ったのだけど。。。


これはすでに別の猫?
okimono
。。。しかも「前と今とでどっちが良いか」というと、むしろ「今のほうがいいんじゃない?」という意見がきそうな気がするな。。。



ちなみに、今日病院に連れて行こうかと思っていたのだけど、昨日の夜シッコもウンチもしてくれたし、今朝もゴハンをちゃんと食べてくれたので、様子見中です。
彼の場合、猫カゴに入って病院に行くこと自体が非常にストレスになるので、泣きっ面に蜂というか、踏んだり蹴ったりというか、弱り目に祟り目になること請け合いなのでね。







次回、とりアタマのとった対策と原因の究明です。(っていうか、誰か究明してくれんだろうか。。。猫語のわかる人、コメントお待ちしております。マジで。)




でもって、明日の更新ちょっと遅れます。とりアタマ、心労で胃をやられたので、胃カメラ飲んできますです。
あ。
うそです。
胃カメラは本当だけど、毎年受けている健康診断です。













スポンサーサイト

あまりの変わりようにびっくり!です^^;
ほんまに違う猫ちんのような。。。今までこんなにおびえたことなかったんですか?おびえた表情のアビちゃんもかわいいけど、不思議で心配ですねー!
リビングになにかいるのか?!それもこわいかも。。。^^;

しょうちゃんママ様

ねぇ。ぜんぜんぢごく猫じゃなくなっちゃって、どうも調子が狂っちゃうの。どうやら、体調不良とかじゃなさそうだから、やっぱり何かしら精神的なダメージを受けてるのでしょうね。ほんとに何なんざんしょ。。。
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。