FC2ブログ

例のモノの調理

ええと。
今日のメインは「追記を表示」以下にありますです。
先日の日記に書いた、「鶏の足」の調理編です。



やはり、キモイというご意見が多かったようなので、追記の方に入れましたの。興味おある方は見てね♪

ちなみに、調理して食した感想は。。。




ビールに合う!!
ちょー気に入った!!



でございます。ホント。おいしかったよ♪
食べるところ少ないけどね。



では、追記の前に、写真を一枚だけ~。



まったりアビ介。
mattari
最近、ウォークインクローゼットの中の本棚がお気に入りのぢごく猫。バックのマンガから、とりアタマのマニアックな漫画遍歴がわかっちゃう人。。。いるかしら?いないことを祈るわ。。。







でわ、「追記を表示」をクリッククリック!!


↓↓↓









でわ。
「鶏の足」クッキング~!!


色々検索してみたけど、要は下ゆでしてタレに漬け込み、揚げるか焼くかすればいいみたい。(本式の中華では、蒸して、揚げて、漬けて、炒め煮にして、とややこしいことを書いていたけれど、当然見なかったことにする。)


ということで、まず、現物を確認。
いっぱいあると芋虫に見えるというご意見(from茶太鈴んち母さま)を頂いたので、単品で。





te
はい。手です。完全にお手々です。



でもってこれが。。。
tume
指と爪。なんか、セクシーな感じの爪だな。
でも、つめは調理の前に切っちゃいます。



爪を切るというより…
kiru
「指を詰める」という感じだけど気にしない。包丁で意外と簡単に落とせます。



で、ゆでる。生姜の薄切りを入れてニオイ消しにしました。そんなに臭くないけどね。とりアタマは後のスープをフランの手作り食に使ったりするので臭み取りにネギは使わないの。
yude
とりアタマは20分くらいゆでたかな。あくが出るのでこまめに掬います。



茹で上がったら、中半端に剥けてきている皮を剥く。。。
kawa
ここの皮はワシャワシャガジガジでおいしくないの。指の先が切れているので靴下を脱がせるようにスルッと剥けます。



タレに漬け込みます。フランの散歩に行くくらいの間漬けてみました。
tare
とりアタマはちょっとピリカラが食べたかったので、そういうタレにした。だいたいの目安としては、鶏の足6本で、
「醤油大さじ4、酒大さじ2、みりん大さじ2、豆板醤小さじ1、ごま油大さじ1、ニンニクみじん切り1かけ、ショウがすりおろし少々、タカの爪の輪切り中1個」くらい。甘辛くしたければ、豆板醤を控えて砂糖を少し入れればいいかな。香辛料の使い方によってはエスニックにもなりそう。





タレご炒り付ける。
irituke
焦げるくらいがいい感じ。ああ。ええニオイじゃぁ。



食す。
syokusu
こうなると完全に料理だから、気持ち悪くないでしょ?え?そんなことない??


食した。
hone
ぷにゅぷにゅ、こりこり、っと楽しい食感。味付けは自分好みにしてあるし、大変美味でございます。
ただ、食べる部分が少ないし、食べにくいのも確か。



ゆがく時に、圧力鍋を使って徹底的にゆがき、グズグズなった身から骨を取り出して、残った身を開いてからタレに漬け込むと、食べやすいらしい。今度はそうしてみます。




とり農園さんで、1キロ126円。当分楽しめそう♪
興味のある方、ぜひ!!
って、いね~か。









スポンサーサイト



すごい~(≧▽≦)

なんか、鶏の足って、思ったよりデカイです(≧▽≦)
指の太さが、とりアタマさんの指と変わらないくらいある!
そして思ったよりプリッとしている~!
皮をむいた足が、お晴が赤ちゃんの頃の手に似てます(笑)。

とりアタマさん、相変わらずお料理上手ですね。
足もすごく美味しそう・・・美味しそうだけど、
形のまま食べるっていうのは・・・さすがですね(≧▽≦)!

茶太鈴んち母さま

レス遅くなってごめんなさい。。。おうすけさんと、心霊動画で盛り上がってしまって、鶏の足を失念しておりました。何せとりアタマなので、お許しくださいませ。
鶏の足、本当においしかったですよ。お勧めなんだけどなぁ。ブログを見た友人たちも、これはダメだって言うの。何でだろう??今度は骨抜きでやってみます。これなら、キットみんな大丈夫…のはず。
Secret

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ