スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

槍ヶ岳行ってきました~①

え~前回ちょこっと書きましたが。
ずいぶんブログの更新が滞っておりましたのは、サボっていたからではなく。。。というとウソで。( ̄∇ ̄;)
サボっていたのもあるんですが、それにプラスして、今年の夏山に行っていたからなのです。




今年は何と、槍ヶ岳


これですよ、これ!
0708210452_convert_20140810144236.jpg
拾ってきた画像でごめんなさい。こんなにいい天気じゃなかったんで…(-ω-;)




とりアタマ、この槍の穂先のてっぺんにどうしても立ってみたくて。モンベルのツアーに申し込もうと思ったんですけど、すでに満席。



でも、どうしても行きたかったので、行っちゃいました。


一人で。ボソッ


ええ。
おばさんがいったい何言うとるのかと多くの人に止められましたが、何故かとりアタマ父は全然止めなかったので。(心配じゃないのか…?)



2ヶ月くらい前から計画立てて、日にち決めて、一ヶ月前にはバス予約して、下山後の宿も確保して。
いざ、行くか!というときにきやがった台風11号。( ꒪Д꒪)



しかし、何とかまあ、槍の穂先のテッペンには立てましたよ。
IMG_4578+-+コピー_convert_20140810152846
360度全面真っ白だけれども。( ̄∇ ̄;)3180メートル、槍ヶ岳登りました。
うわさによると、日本で5番目に高い山なんですってよ奥さん。




スタートは上高地から。上高地までは夜行バスで行きます。
登山届け書いていたら、そっこーで山岳ボランティア(?)のおっちゃんに声をかけられ、「どこ行くの?ひとり?ルート確認できてる?」と心配される。。。はい。きっとものすごく頼りなく見えてるんでしょうね。実際頼りないんだけども。(-ω-;)




朝6時ごろの河童橋。ガラガラですね。
P1020395_convert_20140813093620.jpg



前方のガスで真っ白なお山を絶望的な気分で眺めながら、梓川をさかのぼります。
P1020397_convert_20140813093750.jpg






この辺りはまだ遊歩道。観光客の人も多いエリア。
P1020399_convert_20140813093854.jpg
早朝の森林浴を楽しみながら、ぽてぽて歩きます。ときおり陽もさしたりして~(^o^)





ほぼ一時間毎に現れる、明神、徳沢の小屋をやり過ごして、約3時間で横尾山荘に到着。
P1020413_convert_20140813095016.jpg


ここで、山岳事故に関する表示を眺めていたら、またそっこーで山岳ボランティア(?)のおっちゃんが、近づいてきて。
「この山域にはよくくるの?」と。
「初めてです。」(本当は20年位前に来てるけど、時効成立)と元気よく答えたら、ものすごく不安な顔されました。( ̄∇ ̄;)
「上はずっと雨だからね。無理に登らないでね。まさか縦走はしないよね?小屋の人の話しよく聞いてね!」とそれはもう、むちゃくちゃ親切。。。ほんっとうに、頼りなげに見えるんだろうなぁ。
そんなに心配されたら、むっちゃ不安になるじゃないか。。。



気を取り直し、早めの昼食。( ´o`)
今回はバーナーとか持ってきてないので、小屋の食堂でラーメン食べました。




さて、この横尾から、涸沢・穂高方面、蝶ヶ岳方面、槍ヶ岳方面と別れていよいよ本格的な登山道を行くのですが。
…他のコースは知らないけど、少なくとも槍ヶ岳方面はまだ登りが開始しません。
IMG_4546_convert_20140813094652_20140813102837df4.jpg

この日のお宿は槍沢ロッヂ。標高1800くらい。上高地の標高が1500くらいだから、なんと一日歩いて標高差300しか上がらないの。槍ヶ岳の標高は3180メートル。つまり、槍沢ロッヂから槍ヶ岳までがむちゃくちゃキツイのぼりになるわけです。




お昼過ぎに槍沢ロッヂ到着。早め早めに行動してます。
P1020432_convert_20140813095228.jpg


続きますよ~。







スポンサーサイト
Secret

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。