スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命が危ない。

ちょっと嫌なことがあってイライラしちゃっても、


サブ子を撫でるとあーら不思議♪




血圧下がりまくり…(^.^)
サブちゃん、顔は恐いけども究極の癒し猫なの…



ちなみにアンジー抱っこしてグルグルゴロゴロを身体で感じていると、これまた血圧下がりすぎて生命の危険を感じます。f^_^;





そうは見えないけど、実は殺人兵器。
スポンサーサイト

No title

こんにちは、とりアタマさん。

いつも笑いながら読ませてもらっています。
家も、猫を飼いたいのですが、鳥をよく放鳥しているため
躊躇しています。やっぱり、本能が勝つのでしょうか?

私はね、サブ子さんの後ろ姿に癒されてます。
特に、頭の部分が素敵♡
ちょっとオカッパみたいで。

チカさま

いらっしゃいませ♪いつも訪問してくださってありがとうございます。
私もサブ子の後ろ頭大好きです。またあれがちょうどいい大きさでして。
私の手の平にすっぽり納まるのです。(^o^)たまりません~。

放鳥している鳥と猫との共生はやはりちょっと難しいかもしれません。もしも事故があっても絶対猫を責められませんし…

ただ、放鳥中は猫を隔離するとか、猫を自由にしている間は鳥さんにかごに入ってもらうとか、工夫をすれば大丈夫とは思います。実際、犬2匹と、セキセイインコと猫を飼っている人知っていますし。

うちでは、アンジーはいまだにはサブ子と私たちの食事中は、一部屋にお籠もりしてもらってます。早食いアンジーがサブ子の食事を邪魔するし、人間の食べ物も盗ろうとするので。小さい頃からそうなので、一部屋に自分だけ閉じ込められる時間があること自体はそれほど不満には思っていないようですよ。

鳥さんも猫さんも幸せになる方法を色々シュミレーションしてみてはいかがでしょう?(^o^)ガンバッテ~
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。