スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石鎚山登山 ②

雨でも満面の笑み。(^o^)



P1020333.jpg
なぜなら背後の雲海がきれいだから♪
雨も悪いばっかじゃありません。快晴ではこの風景は見られませんのでね。



さて、「夜明かし峠」と呼ばれる場所まで登ってきました。
矢印のところに小屋が見えます。
P1020338.jpg
すごく遠くに感じますが、1時間かかりません。



石鎚山は修験の山で、長い鎖場(ガケ)があることで有名なのですが…

実際行ってみると、こんな感じのごつい鎖が付いてるまさにガケでした。
P1020340.jpg
ここは一の鎖場。3つある鎖場の中で距離も一番短く(でも30メートル以上ある)、角度も緩やか。緩やかといってもやっぱりすごい壁ですがね。(6 ̄  ̄)


一歩先行く兄ちゃんが、ひょいと取り付いて、登っていきました。
P1020342.jpg
回避ルートはあるのだけど、せっかく石鎚に来たのだから一本くらいは登っておきたい鎖場。



で、とりあえず一の鎖は登ったのですが。
すみません。
登りながら写真撮る余裕なんかありゃしませんでした。(;´Д`)


だから、登りきった後に相方が登ってくる様子をパチリ。
P1020344.jpg
とりアタマ、ボルダリング(←手足のみを使って登る、壁登り)の経験はあるのだけど、正直雨に濡れた岩をごつい登山靴でよじ登るのは相当大変でした。なんせ、すべるしねぇ。落ちたら間違いなく大怪我しますし。下手したら死にますし。



というわけで、60メートル以上ある二の鎖は今回はパス。
P1020350.jpg
鳥居の向こうが二の鎖だけど、ここは次回の宿題にします。三の鎖は今工事のため閉鎖中なので、この工事の終わる頃(来年だか再来年だか)にまた来て全鎖場を制覇しましょう。



迂回路の階段を上り、工事中の三の鎖前をやり過ごすと、
P1020351.jpg
程なく…


今晩宿泊する山頂小屋に到着します。
P1020356.jpg
登山口から、2時間半くらい。途中ご飯を食べても3時間ちょいの行程です。

なかなかキレイで清潔感のある小屋でしたよ。
マンガ一杯置いてあったし。(^o^)



次回で石鎚山登山編終了です。


スポンサーサイト
Secret

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。