スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山登山④ 下山後

だらだら続けてまいりましたが、今日で白山最後です。( ̄∇ ̄;)



白山でお日の出様を拝んだ後、奥の院で神職による神事が行われます。
P1020218.jpg
事前に申し込みをしておくと、お払いを受けられるようですよ。
それにしても、神主さんお仕事の格好で日の出前からずっと山頂におられたの。ものすごい寒いだろうに、背筋をすっと伸ばされていて、感動モノでした。





明るくなった後、すぐに小屋に戻らずに反対側に降りてお池めぐりをするのが定番コース。
P1020226.jpg
7つある噴火口後のいわゆるカルデラ湖(本当はこんな小さいのはカルデラとは言わないらしいのだけど)をぐるっと巡ります。このときも小屋主宰の自然観察会が開かれますよ。



とりアタマたちは単独行。
P1020230.jpg
雪、たくさん残っております。(´▽`) さすがは標高2700メートル。



残念ながら霧が出てたのですが。
P1020235.jpg
霧のお池も幻想的でまたヨシ。
ゆっくり歩いて1時間と少しで小屋に戻れます。荷物は小屋に置いて置けるので楽チントレッキングです。



下山前、小屋前で記念撮影。
P1020246.jpg
帰りは別のコースを歩きましたが、よく整備されていて迷うような場所はなかったです。そういう意味でもよいお山です白山。




さて。
下山して金沢に帰り着いたのが16時過ぎ。このまま大阪に帰るというプランももちろんありだったのですが、今回は贅沢にも後泊しました。


兼六園近くにあるゲストハウスのあかつき屋さんです。
宿のオーナーさんとパチリ。
P1020296.jpg
古民家を改装したゲストハウス。ものすごい趣きあっていい感じです。


障子とふすまで仕切られた昔ながらのお家。(^o^)
P1020292.jpg


一階は共有スペースとオーナーさんのプライベートスペース。
P1020287.jpg
2階に客室がありますが、やはり仕切りはふすま。
外国の方とかも多く利用されるようですよ。



お風呂はありませんが近くに天然温泉の銭湯があり、お宿で割引券を買うことが出来ます。
ゲストハウスは素泊まりですが、おいしい食べ物屋さんも近所にあるし、コンビニもスーパーもあるので問題なし。


台所は自由に使わせてもらえます。(洗濯機等は有料です)
P1020270.jpg
夜は居間に集まって、気さくなオーナーさんと話し込んだりして…非常に楽しい時間を過ごしました。




兼六園はあかつき屋さんから徒歩で数分。
兼六園て早朝無料では入れるんですよ、知ってました奥さん!(期間限定らしいので、行く前に調べてくださいね)
P1020283.jpg
無料で朝散歩中♪



お宿を引き上げた後は、荷物を駅にデポして近江町市場へ。
P1020303.jpg
山から下りたら、さかなだ!さかなださかなだ~!!


海鮮丼で有名なひら井さん。ここは奮発して特選海鮮丼ご注文!(≧∇≦)
IMG_2460.jpg
大変おいしゅうございました。が、メニューの写真の写りがよすぎて、実物見ると多少は見劣りするかもです。その辺りは笑ってやり過ごすのが大人のマナーかもしれません。(6 ̄  ̄)



夕方の列車まで時間があったので、行ってみた超人気美術館の「21世紀美術館」。
IMG_2465.jpg
うむ。なるほど。こういうところか。( ꒪Д꒪)(有料スペースも入った。バカ高かった。)

好き好きだとは思いますが、とりアタマは多分二度と行きません。展示内容が変わっても、あの美術館の独特の雰囲気はそのままだと思うので。
個人的な意見としては金沢では古くて懐かしいものを中心に堪能するのがよろしいかと…




美術館があんまりだったので、お口直しにもう一度近江町市場に行って、お土産に買ったノド黒の干物。
IMG_2471.jpg
「金沢来たんならノド黒買わなきゃ!」ってお店のお兄ちゃんに言われて「そりゃそうだよね~」と買ったノド黒ですが。


よく見たら、「山口県産」って書いてあった。。。(゚◇゚;)ありゃ。

でもこーゆー兄ちゃんは大好き♪商売人だわ~(^o^)




ブログをはじめていまだかつてないくらいスローペースで進んでまいりました、白山登山編ですが。
今回で終了でございます。お付き合いありがとうございました。
明日から(多分)犬猫ブログに戻ります。あと、大阪マラソン編が始まるかも!?




スポンサーサイト
Secret

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。