スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山登山② 白山登り

すみません。( ̄∇ ̄;)
間が開いてしまいましたが、白山登山二回目です。


白山へは金沢駅から別当出会登山口まで直通バスが出ています。
P1020118.jpg
片道2000円。所要時間2時間。夏はマイカー規制あるのでバスが安心。



別当出会の登山口は大きなつり橋から始まりまして…
P1020123.jpg



よ~く陽の当たる道をひたすら登ります。( ̄∇ ̄;)
P1020126.jpg
そんなにきつい登りじゃないのだけど、暑いのが堪えるわ~。



この日のお宿は、この峰のまだ向こう側。
P1020131.jpg
遠いねぇ。




ただこの別当出会からの登山道(砂防新道)は途中水場があるので、安心して登れますよ。
P1020138.jpg
こちら、甚之助避難小屋でも自由にいただけます。白山の雪解け水です。冷たくておいしい♪




ちなみに避難小屋の中はこんなん。休憩中の皆様。
P1020139.jpg
こちらは無人の避難小屋ですが、施設自体新しくキレイです。トイレもキレイだよ。つーか、最近の山のトイレって本当にきれいなところが多いねぇ。まあ…そうでないところもあるけど。(6 ̄  ̄)




小屋は一杯だったので、小屋外の日陰(実はトイレのそば)で、昼食にフリーズドライのカレー(マジ!)を調理して食べて、さらに登ります。



今年は季節のめぐりが遅かったらしく高山植物がたくさん咲いていましたよ。


その中に、トリカブト発見~。( ꒪Д꒪)おおっ!久々に見たぞ!
P1020253.jpg
モチロン根を掘り起こしたりしてませんよ。いや、本当。本当だってば。信じなさいって。




白山は本当に水が豊富なお山なので、標高2600メートルでせせらぎを渡ったり出来ます。この辺の水もコップで汲んで飲んだりしてね。
P1020153.jpg



「黒ボコ岩」に至るちょっときつい登りを越えると、そこには木道が。
P1020164.jpg
雪渓の残るお花畑を越えてもうひと登りすると、




そこは室堂山荘。
P1020179.jpg
収容人数700名という、郵便局まである巨大山小屋です。
この写真にも写ってますが、白山子供連れ率ものすごい高いです。別当出会から室堂まで5時間くらいかかるんだけど、小学生低学年、下手したら幼稚園くらいの子が登ってるの。
びっくり。でも頼もしいなぁ。



続きます。



スポンサーサイト
Secret

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。