スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風吹き岩の猫。

この間の日曜日、今年初めてのお山に行ってきました。



選んだコースは芦屋のロックガーデンから有馬に至るロングだけど超メジャーなコース。


大阪湾を望む。
P1010865.jpg



こんな岩場を登っていくのですが、厳しいところには鎖がたらしてあり、見かけほどハードではありません。
P1010867.jpg



途中で、風吹き岩という大岩のある場所に出るのですが、そこで小休止していると、何と猫が!


登山口から小一時間、岩場をよじ登ってくるようなこんな場所に、なんで猫!?(゚◇゚;)


三毛っぽいちょっと長毛の彼女。目が合うと近づいてきて、哀れに「ニャァ」と鳴いた。。。
P1010868.jpg




P1010869.jpg
そりゃそうだろう。山小屋があるわけじゃなし、こんな岩場でどうやって生き延びたの?
ハイカーがくれるゴハンだけを頼りに生きてきたの??




少々パニクっていると、猫はさらに近づいて、前足を岩にかけ、伸び上がってくる。
P1010870.jpg
とりアタマは、去勢や避妊のため餌付けすることはあっても、不用意にお外の猫にご飯を上げません。結局それは不幸な猫を増やすことにつながるから。


でも、ここは民家から遠く離れた山の中。


ここで食べ物にありつけなかったらこの子は今度いつご飯が食べられるのかしら?と思ったら、思わずかつお入りおにぎりを分けてあげてしまっていました。





一体何故こんな場所に猫がいるの?
猫が自分から山に登るとは思えない。エサもないのに。
ということは、わざわざここまで猫を捨てに来たバカがいるってこと?
いままでどうやってこの子は生きてきたの?



いろいろ疑問が沸き起こり、誰だか知らないが、こんな場所に猫を捨てるやつがいるなんて!と怒りまくっていたら。。。
目の端に別の猫が…今度は白茶トラ。(写真無し)
でもって、向こうの茂みからもキジトラが一匹のそのそと…(写真無し)


ハイカーが増えるにしたがって、あちこちからわらわら出てくる猫たち。。。(6 ̄  ̄)え~と…







おい。








あんた、一匹だけだと思っていたけど、実は群れなんかい。( ̄□ ̄;)






何か、後から来たアベックのハイカーが話しているのを聞いていたら、どうやら風吹き岩の猫、って有名らしいですわ。Webでもヒットしました。
ハイカーから、お弁当をねだって増殖してるんですと。



だまされた。
あまりに哀れに鳴くから、てっきり一匹だけ捨てられた猫かと思っちゃった…

P1010873.jpg
よ~見たら、結構ぷっくりしてるし、したたかな目をしてるわ。( ̄∇ ̄;)




いやしかし。
やはり猫たちに罪はない。
ここで繁殖はしているにせよ、最初の何匹についてはわざわざこんなところに猫を捨てに来たやつがいるはず。(人家から本当に離れている岩山なのです。)




当然耳カットされている子はいないし。
このままだと、増える一方。何とかならんかなぁ。
捕獲器もって登ってつかまえて降りるのって、考えただけでものすごく大変そうなんだけど。。。う~む。





スポンサーサイト
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。