スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山、行ってきました。

とりアタマ、昨日予定通り、兵庫県は姫路市の北部にある雪彦(せっぴこ)山に行ってきました。
900mちょいのそんなに高くはない山ですが、


急登あり~の…
P1010754.jpg



岩場あり~の…
P1010762.jpg



滝あり~の…
P1010795.jpg
の、なかなかバラエティにとんだお山でした。
休憩込みで所要時間5時間というのもお手ごろ感あり。(´▽`)




いや~富士山以来のお山で大変楽しゅうございました。
これで近頃ずっと続いていた偏頭痛も治るはず。(・ω・)b



ただ、結構人が多くて賑やかでございました。
登山口に車を置いてぐるりと3つの峰を回って戻るコースなので、人がバラけることなくず~っと一緒なのね。
もうチョイ早くに出発すればよかったかも。






さて。
山のご報告だけではなんなので。
アンジー坊ちゃまの写真を一枚。



寝る前にケージに入れられたところをパチリ。(^o^)
P1010749.jpg
もっともっと遊びたいと、不満顔ですなぁ。(´▽`)
しばらくニャーニャー不平を言いますが、そこはまだ子供。5分ほどで爆睡モードに突入しちゃいます。


アンジー、とりアタマ家に来てからずっと、寝るときはケージに入ってます。
その理由は、仔猫の頃から夜はちゃんと寝る癖をつけさせたかったのがひとつ。何せ外に出したままだと、夜中中サブ子ねーたんを追っかけまわしそうなもので。( ̄∇ ̄;)

あと、アンジー坊ちゃまシッコ大王なもので、夜中にフリーにしておくとどこにシッコ引っ掛けて回るかわからないことも大きな理由のひとつですね。
去勢が済んで、無事真正玉無し王子となった今、オシッコの癖が直っていってくれるといいのだけど。


それとアンジーはものすごい悪食なところがあって、お茶は飲むは、トーストは引きずって持っていこうとするは、三角コーナーに頭突っ込むは、ゴミ箱ひっくり返してお菓子の包み紙をゲットするは…
夜中にフリーにして置けるわけがない。。。フリーにすると熱帯魚が危ない。


これらの課題をクリアーするめどがついたら。アンジーのケージ暮らしも終わるかも。何年かかるかわかりませんけどね。ちなみにサブちゃんは、保護後約1年で、夜も完全フリーとなりました。今は好きなところに寝てますが、ご飯を食べるのだけは、ケージの中。そのほうが落ち着くようなので。

ま、震災のときとか考えると、クレートやケージに慣れておくのも悪くはないと思います。


ちなみに、アンジー。通院時に猫カゴにはいつも自ら入りますが、これはかごが好きだからとかじゃなく、単に物覚えが悪いだけだと思われまする。( ̄∇ ̄;)



スポンサーサイト
Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。