スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉無し王子。

皆様、大変ご無沙汰いたしております。
え~、なかなか忙しい週だったことに加え、体調もあまりよろしくなく、パソコンに向かう気が起きませんで…( ̄∇ ̄;)


あ、体調不良というのはあんまり深刻な話ではありませんのでご心配なく。。。とかいいつつ、現実的には結構深刻なのかしらん??実は、この体調不良。今日のお話と無縁ではございません。追ってこのお話も書きたいと思います。いつ書けるかなぁ。



えと。アンジー君が病院に行った話しでしたわね。


3月20日生まれのアンジー君。
生後半年がきて、歯も大人の歯に生え変わりつつあり、ボチボチ去勢を考える時期となりました。
で、連れて行ったですよ、アビ介も散々お世話になった猫の病院に。



CIMG3323.jpg
そしたら、アンジーの股間を触診していた先生が、一言。






「あ。玉がない。」






さらに、追い討ちをかけるようにもう一言。
「両方ともないわ。スカスカや。」







CIMG3318_20120921073223.jpg




え?
ええ~lっ??(゜ロ゜;))((;゜ロ゜)



マジっすか?
マジでアンジー君、スカスカの玉無しですか?




正確には、「無い」のではなく、「袋の中に降りてきていない」のですけどね。



停留睾丸というそうです。
もともと男の子のタマタマの素は、女の子の卵巣に近い場所にあるのだそうで、それが管を下ってだんだんと股間に降りてきて玉袋に収まるのだそうですよ。精子は熱に弱いから、体の外に精巣を出しちゃうわけね。
それが何らかの事情で途中で止まっちゃって袋まで下りてこないのが、停留睾丸。


犬と猫とでは犬に多く、たいてい片側だけが降りてない「片玉」らしく、猫でしかも両方降りないのはすごく珍しいらしいですわ。



猫の病院の先生も、「両側降りてないのは初めて見た」そうで。





そんな珍しさ、ちっともうれしくありませんから。




なんかなぁ。たしかにちっちゃいタマタマだなぁとは思ってたんですよね。
CIMG3375.jpg
でも、わざわざ触ってみることもしなかったしねぇ。
まさかこれがスカスカの空袋だったとは…┐( -"-)┌





普通ならもうとっくに降りていなくちゃいけない時期。
でも、アンジーは体もまだ出来上がってないし、歯の生え変わりも完全じゃないので、もう少し様子を見ましょうとのこと。
でも、先生に、「正直これから降りると思いますか?」とたずねたところ。






先生、無言。







う、うん。そうですね。私も同意見です。( ̄‥ ̄)



CIMG3377.jpg
大丈夫…なのかなぁ。何か停留睾丸はそのまま残しておくと癌化しやすいという話もあるし。





CIMG2849.jpg
うんうん。サブちゃんは別にかまわないよねぇ。




でも、正直。とりアタマは恐怖なのよ。。。






未成熟でもタマタマはタマタマ。
残しておくと、恐怖のスプレーが始まっちゃうかもしれない。くるねこさんとこの、尾張の黒豹さんみたいにね。
あの強烈な匂いにまみれた生活だけは勘弁して欲しい!



とにかく奇跡を信じて玉が降りてくるのをもう少し待ちます。
皆様、どうかアンジーのタマタマが無事下りてきて袋に収まりますように神戸にパワーを送ってくださいませ。




一日一度ご唱和ください。




「タマタマ降りろ~。タマタマ降りろ~」






ホラ、アンジーからも皆様にお願いして!!
P1010691.jpg
…当の本人は、お気楽なもんです。( ̄‥ ̄) = =3
















スポンサーサイト

No title

お疲れ様です(^^ゞ
京都から、パワー送ります。

タマタマよ~!!

うちの息子も赤ちゃんの時そうでした。成長と共に降りてきましたよ。

降りてくるまで心配ですね。
しっかり毎日祈ってます。

おうすけ様

ありがとう~!京都は近いからすごく効きそう!!


アビ介にも天空からパワーを送るよう要請してますが、あのおっさんが素直に言うことを聞いてくれるかどうか、ちょっと不安…(;^◇^;)

すぎもと様

ありゃりゃ。人間にもあるとは聞いてましたが…そっか、成長とともに降りてくるのか。アンジーもそうなりますように!
アンジーのために祈ってくださって感謝です!

それにしても、生き物の体って不思議ですねぇ。
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。