スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩みの種。

はぁ、はぁ…


2012_05130094.jpg




はぁ、はぁ、はぁっ!!ヽ(°▽、°)
2012_05130095.jpg




よく、食べちゃいたいほどカワイイとか言うけど。
2012_05130100.jpg
…食べられる。
これなら、問題なく食べられる!!





週末からの悩みの種はこれです。
どちらかがうちに来ます。
(あ、エープリルフールじゃないよ)


スポンサーサイト

No title

えーっ、えーっ、えーっ!!
私も食べたい(笑)

No title

まじでまじでえーっ!!!!け、決定ですか??子猫ちゃんアビシニアンっぽい??

やっぱり♪

そうだろうと思ってました。
とりアタマ様もやっぱりアビシニアンに魅入られてる~。
でもでも、嬉しいです。
アビ介は大人になってからの家族だったから、
アビシニアンの子猫は初体験になりますね。
あまりにも活動的できっと驚きますよ。
8カ月齢ぐらいまではおふたりともきっと寝不足になるかと。
あと、動きがものすごく速いので、
相当シャッタースピードが速くないと、写真はぶれぶれになります。
うう、やってくる日が待ち遠しいです♪

No title

とりアタマさん、お久しぶりです。
か、か、かわいい・・・はい、私もペロっといけちゃいます。
"アビたる心得"アビ介くんの指導が入りそうですね。。。
はたしてフランちゃんは"美味しそう~"と思わずパクっとやっちゃうのか???
そしてサブ子さんの反応やいかに!?
お父様、メロメロでしょうねぇ。。。

あっ!随分と前の記事ですが・・・・・フードでお腹こわしちゃう件。
サブ子さんもアニモンダ、ダメでしたか・・
以前、居たコもアニモンダ全滅でした、、←ドライ・ウェット共に。
何でも大丈夫なコでさえもお腹Pになってしまい・・・
ドイツはヒューマングレードという厳しい基準があるだけに
物凄く残念でした。
多湿な日本向けに、パッケージを変えてるメーカーもあると聞きますし
その辺りが原因なのかな?と思ってましたが
意外と、シーリングがいい加減だったりするイタリア製は
大丈夫だったので、一体何が???と、不思議だったんですーー

No title

わ~!!
かわいい(´・ω・`)
かわいすぎる・・・・v-238
このかわいさなら ワタシも
食べられるかも・・・(爆)
どちらも 決めがたい かわいさですね~!
デカいお耳が グレムリンぽい・・・(笑)

越後屋はなにゃん様

いけます。丸呑みです。サイズもギリギリオーケーです。いや、もう理性を失いますぜ、マジで。

みふぃぃ様

マジですとも。エープリルフールじゃございません!いや~、ここまでの道のりが実は結構大変でしたが。

フォーンの子はアビシニアン。レッドの子はショートヘアソマリです。ふふふふふ。かあいいでしょ~?

ミミとシッポ様

そうなんです。仔猫飼うの初めてで。( ̄∇ ̄)
随分前に友人の仔猫を昼間預かって離乳させたことはあるんですけど。ハムスターくらいの大きさだったしなぁ。
サブ子が相手してくれることを期待しているのですが。どうなることやら。
サブ子がなかなか世話好きの女の子なので、甘えたの男の子を選んでいって、この2匹が候補になったんです。

peonia さま

お久しぶりです。いらっしゃいませ~。
父。本当にメロメロでございます。( ̄∇ ̄;)
ブリーダーさんちで、満面の笑顔。このおっさんが猫大嫌いだったといったい誰が信じるでしょう…(いや、誰も信じまい)

どっちの子がいい?ときいても、「オレには決められへん」ですと。


2ヶ月の仔猫なので、犬にも先住猫にもうまくなじむとは思いますが。フランが毛をむしらないかが心配で心配で。。。仔猫はサブ子と違って我慢せずに逃げてくれるとは思うのですが。


アニモンダのラフィーネですが、サブ子がお腹を壊したロットは袋の底に大量の粉粉が湧いていたんですよ。多分虫がついていたのじゃないかと思います。防腐剤とかの規制がしっかりしているがゆえに逆に傷みが早かったのじゃないかと。。。
前にイノーバのドッグフードでも紙の包装で湿気が入りやすいのが問題になっていましたが、やはり日本の風土に合わせた売り方をしてもらいたいですね。
でも、イタリア製のフードは何故に大丈夫なのかしら?

テリヤキ便さま

ふふふふ。猫もいいでしょ~。
ほわほわでぬくぬくで、たまりませんよ~。サブ子が抱っこをさせてくれないので、猫を抱くのは久しぶりです。抱くというより、掌で持つという感じだけど。( ̄∇ ̄;)

これからどんどん大きくなります。
サブ子より大きくなるのかな~?

Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。