スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一ヶ月が過ぎました。

かつての第一秘密基地、
2009_03100007_20120118224624.jpg


2012_01180072.jpg
撤去。






第二秘密基地も…
2011_11220106.jpg


2012_01180073.jpg
撤去。





隔離用の階段上ゲート
2009_03240013_20120118224152.jpg


2012_01180075.jpg
当然撤去。(階段下ゲートはサブ子が二階に迷い込まないようにまだ稼動中)






お気に入りだったプリンターの座布団も、
2010_04070003_20120118224349.jpg


意味がないので撤去。
2012_01180092.jpg




…まあ実は、これらの撤去作業は彼が亡くなった翌日には完全に遂行されていたのですけどね。
片付けないとダメなんですよ。
アビ介がいたときのままのレイアウトだと、つい目で彼を探してしまうので。で、「ああ、そうだ。もういないんだった」と思う瞬間がすごくイヤなので。




でも、ついつい。
使っていないキーボードを立てかけておくクセとか。(アビ介がキーボードの上に吐かないように)
2012_01180080.jpg


猫ドアの付いていない部屋の扉を完全に閉めちゃわないで少し開けておくクセとか、コタツで足を伸ばさないクセとか…
まだまだ、「あ、もうこんなことしなくていいんだ」と思い出しては、うううとなる日々。






アビ介がいなくなって一ヶ月。
2008_09080016.jpg
彼の存在が、とりアタマにとって如何に大きなものだったか。気づかされる毎日です。





スポンサーサイト

家族ですもんね

帰宅時、JRを降り山幹の信号を渡るときに、夜空に「ベル、ただいま!」って毎日言います。
空気の中にあの子がいる気がします。
家内は石屋川を渡ると気配を感じるそうです。
アビちゃん、ホンマ、おっとこまえですね。いまさらですが。

No title

そりゃそーですよねー!私のような読者の中でも超大きな存在でしたもの!アビ君のための癖はきっとこれからも一生モノですよ。そしてサブちゃん用の癖も生まれていくんですよね。
アビ君の第一秘密基地でのほくほくした表情たまらあぁーん☆

No title

会ったことない私でも「ううう。。。」となります。
だから、うちのやんちゃ猫も大事にせんと。。。と、思います。

アビちゃん幸せやねぇ♪


ほんで、サブ子さんしっかりとりアタマ家の一員になっちゃって^^
これもまた。幸せやなぁ~

ベルパパさま

ええ。イケメンです。ジャニーズ系ですとも!サブ子は森三中(の誰か)ですが。( ̄∇ ̄;)

みふぃぃ様

あんなに好きだった第一秘密基地に、最後は頑として入らなかったですね。何故だったのかな?彼のことだからきっと何か理由があったと思うのですが。
サブ子のためには、「台所の電子レンジ台のラックに物を置きすぎない。」というルールが出来ました。彼女、怖いことがあるとラックの隙間から電子レンジ台の裏側に隠れるので。。。で、篭城しはります。
アビ介は篭城するタイプではなく、出てきて攻撃するタイプだったので新鮮です。( ̄∇ ̄;)

あっちゃんさま

サブ子は自分の置かれている状況をどこまで理解してるのでしょう…。
彼女を見ていると不思議な気持ちになります。既にノラでもなく、かといって完全に家猫という感じでもない。。。その途中でしょうか。。。

アビ介は自分から、玄関ドアの前に陣取って、「入れてくれ~」って言ったんですよ。で、入れてやると一瞬ハンナ(先住犬)を威嚇したものの、30分で慣れて、あとは普通にしてました。だから私は猫を拾うってこんなに簡単なことなのだと、ずっと勘違いしていましたの。

サブ子がこれからどうなるのか。まだまだ判りませんが…
ヒザに乗るくらいに鼻って欲しいなぁ。

Secret

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。