スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のお正月

さて。
毎年毎年、正月の宴会のために気合の入ったおせち料理を作るとりアタマなんですが。。。参照記事はこちらなど。


今年のお正月宴会は甥っ子が大学受験目前のため中止となりまして。
で、とりアタマ。自分たちだけのためにおせちを作るような根性は到底持ち合わせてなかったので、今年は何にも作らずじまい。なますも田作りも煮しめも数の子も鯛の子も何にもなし~。ヽ( ´ー`)ノ



あ。黒豆とローストビーフは作りました。父が肉買ってくれたので♪

2012_01020015.jpg





後、お雑煮とね。( ̄∇ ̄)
うちのお雑煮は煮干で濃い目にとった出汁に合わせ味噌、それに焦げ目をつけてから茹でたもちを投入してかつお節をパラリとふりかけるという、極めてシンプルなもの。よく知らないけど兵庫県の中部から北部にかけて作られている雑煮だそうな。
2012_01020027.jpg
正直普段の味噌汁のほうが格段に手間かかっております。
でも、とりアタマ家の味噌汁は普段かつお出汁なので、煮干で出汁をとるこの雑煮はちょっと特別の風味なの。





おせちはなんと、とりアタマ兄が買って送ってくれました。
珍しいこともあるもんだ。
珍しすぎてちょっと…というか、かなり不吉だわ。( ̄ω ̄;)
2012_01020018.jpg
すごいよねぇ。こんなのが丸ごと冷凍で届くんだから。
お味のほうもわりとおいしかったです。。。が。飽きが来るのが意外と早いですね、この手の料理は。




で。
御節を作らなくてよかったので、ゆったりと年末年始を過ごせたかといいますと、根っからビンボウショウなのでそのようなわけもなく。



とりアタマ父は、年末にバナナケーキを4台。元旦にレモンパイを焼いておりました。


↓レモンクリーム作成中の父。
2012_01020013.jpg
久々のケーキ作りで相当手際が悪かったので、とりアタマもかなり手伝いましたが。



バナナケーキは「なんちゃってお年賀」用に。
レモンパイはどうやら大学受験の甥っ子に食べさせたかった模様。


涙ぐましい爺ぃの愛情でございます。┐(´-`)┌
2012_01020029.jpg
元旦にお茶だけしに来た兄貴夫婦に、レモンパイを託しておりました。
父~。甥っ子はレモンパイよりお年玉の方が重要だと思うから、それも忘れないようにね。



このたび、「おせちを作らない場合、ケーキを焼いてしまうので、結局のんびり出来ない」という悲しい主婦根性が露呈したので、今年の年末は自分でおせち作ります。

手順が明確な分、その方が楽チンだわ。






スポンサーサイト
Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。