スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のお二人。

大変ご無沙汰しておりますが。とりアタマ家はみんな元気です。
忙しいけど。。。( ̄∇ ̄;)



フランは相変わらず、
2011_12260022.jpg




能天気だし。。。( ̄‥ ̄)
2011_12260023.jpg
クリスマスカードの犬と同じ犬だなんて信じられないでしょ?何せ、とりアタマが信じられないんだから。




サブ子も相変わらず、ぶちゃいくで。
2011_12260025.jpg
まるまる太りつつ、フランに背中の毛をむしられて何処か寒々しいという…複雑な外見になっております。(6 ̄  ̄)ウーム





あ、そうそう。
今更ながら告白しますが。
サブ子、8月6日に保護されて約4ヶ月が過ぎ…ちゅーか5ヶ月近くなってようやく最近…






「自分の名前はサブ子である。」ということを自覚し始めました。
はい、そこでずっこけてるあなた。マジですよ。






ね、サブ子。
2011_12260026.jpg
やっと呼んだらこっちを見るようになったの。( ̄∇ ̄;)


ブログでは便宜上、お外にいるときからずっとサブ子は自分が「サブ子」と認識しているかのように書いていましたがね。

そもそも外猫ちゃんたちは、色んな人から好きなように呼ばれてるし。
サブ子も、公園猫のお世話をしてくれていた方からは「はてなちゃん」と呼ばれていたそうで。。。


何故に「はてな」かというと。サブ子の尻尾がクエスチョンマーク型に曲がっているから、という、
2011_02070037.jpg
とりアタマにはマネの出来ない、とてもセンスのいい名前の付け方。 o(゚◇゚o)




しかしとりアタマたちはずっとサブ子をサブ子と呼んできていたので、もうどうしてもこの顔は「サブ子」にしか見えなくて。
2011_02080031.jpg
改名不可能でした。。。








今では二十回に一回くらいは返事してくれます。

ね、サブちゃん。
2011_12260010.jpg



まったく。猫の名前を最初に適当につけると後々後悔しますね。


あ、そういやアビ介なんかもっと適当だわ。
アビシニアンだからアビ介。幼稚園児レベル。。。_| ̄|○ il||li



スポンサーサイト

名前付け

私も保護猫時代の仮名を適当に付けるので、そのまま名前になったりで。。。
白猫には女の子だから“白雪ちゃん”、白黒ぶちだから“プッチ”、鼻くそ模様の白黒の子には“はなちゃん”、腎不全妹ねこ(16歳)はシャムミックスで狸みたいだから“タヌキ”(通称:タヌさん)です。
たまに凝った名前も付けれますが、奇跡のようです。
預かった白仔猫兄妹で“ヘンリー”と“マリー”とか、腎不全兄ねこ(16歳)しっぽが特徴的でしっぽという意味で勘違いで名付けた“エピさん”、幸福になりますように、ふくよかになりますようにと始めて一緒に暮らしたサビ猫で一昨年亡くなった“フクさん”とか、保護当初は風邪引きでヤバカッタので願いをこめて“麟太郎くん”とか。

預かりっこは保護主さんに『適当に仮名』を付けてと言われ、急いで考えて、さび猫サーシャちゃん、キジ猫ライラちゃん、白黒猫アリスちゃん、キジ白のエリカちゃんとか横文字の名前をつけます♪
だってトラ次郎とかありきたりすぎて、募集で目立たないかなと思って。

No title

私はこーゆーふーちゃんの写真のほうが断然好き☆サブ子もころころして超かわいいっすなぁぁ。返事までしてくれるなんて!!むっふぅぅ。サブ子って名前結構合ってると思います。絶対彼女は横文字のカタカナ系の名前じゃないかんじのお顔ですよね。演歌系もしくは昭和女子なかんじ。

ぽっぽさま

そうかあ。募集で目立たせるという目的があると、また名前の付け方も変わってくるんですね。
私自慢じゃないけど名前付けるのヘタクソです。でもいったん付けちゃうともうどうしようもなくて。サブ子ももうちっと考えてやればよかった。。。ちょっと後悔です。

みふぃぃ様

たぶん、平安時代に生まれていたらサブ子はかなりの美形として認められていたかも。。。丸くて平たいから。←むちゃくちゃ言ってますがほかに表現の仕様がないのです。


そうなんですよね。
賢そうなフラン、わりと不評なんですよ~。「ふーちゃんらしくない」とか「かわいくない」とか。。。
やっぱ能天気な子は能天気なように、自然に写してやるのがいいのかもしれません。心配しなくてももう二度とあんな写真取れないと思いますが。( ̄∇ ̄;)
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。