スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アビ介の点滴の様子。

お仕事が込み合っている上に、年末イベント盛りだくさんのため、なかなかパソコン前に座ることが出来ないとりアタマです。


すみません。
きっと皆様にご心配おかけしていると思いますが、BUN200越え男は、今日もなぜか元気に本マグロを食べております。( ̄∇ ̄;)


2011_12120037.jpg
はいはい、ただ今すぐに~!



この本マグロ、実は週末にとりアタマの古い友人が「アビちゃんに」と届けてくれたもの。


彼女曰く、「クロアチア産とかとちゃうで、長崎産の本マグロやで!」ヽ(°▽、°)おお!国産本マグロなのか!



アビちゃん、半値シールを貼っていない、超新鮮高級本マグロのお味は…
2011_12120042.jpg
。。。聞くまでもないわな。( ̄∇ ̄;)
Mちゃん、ありがとね。あの日の夜、彼はおかわり3度でしたわ。





さて。
その友人が、アビ介の点滴の様子を撮影してくれました。
どうしても点滴中は、とりアタマやとりアタマ父がカメラを触るのが不可能なので、これまた大変助かりました。

アビ介の点滴の様子は記録に残しておきたかったのでね。


アビ介、現在はとりアタマ父の部屋で点滴しております。もともとしていたお部屋はコタツを出してりして、点滴台が置けないので。
2011_12120003.jpg
とりアタマが補定して、父が針を刺し、片手で針が抜けないように支えながら、もう一方の手で加圧バッグのポンプで圧を調整。


ね。
カメラを使うには、あと二本手が足りなかったのよ。(6 ̄  ̄)





とりアタマ、当然手袋着用です。ゴルフ用の皮手袋が薄くて丈夫で大変具合が良いですよ。
2011_12120007.jpg
手は軽く添えているだけですが、わきの下に指を差し入れて前足の動きをブロック。
後ろ足をカキカキしてきた場合は、体全体を少し持ち上げ気味にして防ぎます。



おとなしくしているように見えますが、毎回結構な心理戦が繰り広げられております。
とりアタマが彼の微妙な筋肉の動きを先読みして、少し指で胸を触って落ち着かせたり、急な動きに対応するために握りを変えたり。。。アビはアビで隙を狙って反動なしでいきなりジャンプしようとするし。。。


猫の病院の先生曰く、「末期の尿毒症の猫は知覚過敏の傾向があるから、点滴液を入れること自体が不快だったり、加圧パッグのポンプの音とかが気に触ったりすることがあるかも。」とのこと。
それに、痩せてくるとそれだけで、知覚が敏感になるそうで。。。
そのせいか最近、点滴をとても嫌がるアビ介君。
2011_12120009.jpg
それでも点滴すると食欲が出るのは間違いないし、しないとすぐに脱水しちゃってアウトなので、毎日頑張ってます。



以前、コメント欄で「たんちん」さまが教えてくれたように、加圧パッグの使用をやめると、不快感は軽減されるかもしれませんが、まだまだ瞬発力を維持しているぢごく猫アビ介なので、なるだけ早く点滴を終わらせる方向で頑張ってます。



つーか。
彼がぐったりして、なんでもされるがままになることなんて、本当にあるのかしら。
正直、まだその様子が想像できません。
何か死の間際まで、威嚇して暴れてそうな気がする。。。



スポンサーサイト

No title

アビ君ほんとに目力すごい!!元気なときと変わらないじゃありませんかー!!点滴中もおのれぇぇーって顔が健在☆さすがですわぢごく猫様あぁん♪もしかしたら徐々にぢごく星(界?)にスピリチュアル的に移動中とか。人間界では腎臓が悪いということにしといてあって実はぢごく星(界)に帰る準備中??だから人間界で大好物の本マグロを今のうちに食いだめしているアビ君。うん。っぽい。

No title

確かに。なにせぢごく猫ですからね。( ̄∇ ̄;)
Secret

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。