スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやら食べごろらしい。

少し前のお話なんですが。

ギンペイちゃんのママさんから、「干し柿作りませんか?」と渋柿をたくさんいただきました。




こんくらいたくさん。( ̄∇ ̄;)
2011_10270006.jpg


干柿って作ったこと無かったのだけど。
とりアタマ父が作るというので、いただくことにしました。ちなみに父も初体験。作り方も知らないくせに、「やる」「だからやり方調べて教えてくれ」っつーとこが、思いっきりB型の父。(A型の偏見)



ヘタの枝の形を整え…(もちろん父が)
2011_10280022.jpg





皮を厚めに剥き…(当然全部父が)
2011_10280023.jpg






ビニール紐に引っ掛けて庭に吊るします。(父以外に誰が)
2011_10280026.jpg





ちなみに皮剥くときにずくずくに熟れている「ずくし」はその場でとりアタマがおいしくいただきました。
2011_10280027.jpg
究極の役割分担~。ヽ( ´ー`)ノ




で、ですね。
2週間ほど経って、柿が黒く小さくなって、いかにも干柿っぽくなってきたのだけど。
とりアタマがネットで調べた干柿の作り方ってかなり適当でね。どれくらい干せばいいのかはっきりのっていなかったの。
2週間から4週間で完成、とかね。完成するまで干す、とかね。


試しに食べてみればいいのだろうけど、出来てないのを食べるのはなんかもったいない気がして。我ながら貧乏性だわ。


なもんで、柿をくれたギンちゃんのママにもう食べたかどうかお散歩のときに聞こうと思ってたら。(ギンちゃんちでも作ってるゆえ)



ママさんじゃなくて、ギンちゃんが一言。
2011_11140023.jpg



あ、ギンちゃんちはもう食べはじめてるんだ~。ギンちゃんおすそ分けもらったのね。( ̄∇ ̄)
おいしかった?



2011_11140029.jpg
は?( ・◇・)
ここのつ…って9個?
ギンちゃん、干柿9個も食べたの?
あと、届かなかったって…つまりそれって。





こういうことか~!!
1CIMG4592.jpg
ギンちゃん。アンタ部屋干ししてあった干柿を、パン食い競争のパンみたく飛びついて食べたのね!
(この上下2枚の写真提供ギンちゃんママ)




CIMG4594(1).jpg
ギンちゃんママの話によると、柿は2階に干してあったそう。
ギンちゃんは足腰が弱くなって、もう随分2階には上がってなかったのに。。。
干柿の匂いに釣られて、自力で2階に上がって、しかもジャンプを繰り返し、9個の柿をゲットしたらしい。
多分もっと低い位置に干してあったなら、12個でも15個でもゲットしたに違いない。( ̄∇ ̄;)


相変わらず、おいしいものに対する執着が「ハンパねぇ」のね、ギンちゃん。(6 ̄  ̄)



でもおかげで、干柿がもう食べごろだってわかったわ。┐(´-`)┌


2011_11140031.jpg
随分ちっちゃくなりました。


かじってみると。


濃厚な甘みで、んまい!!
2011_11140033.jpg
こりゃ、ギンちゃんじゃなくても「ここのつ一気食い」いきそうだわ~。
ギンちゃんママありがとうございました~。





スポンサーサイト

No title

干し柿うまいこと出来上がりましたね。風通しのいい所に干さないとカビはえるんですよ~。お父様すごい!!大成功ですね!
私もずくし(こちらはそう言わないんですが)状態の柿が大好きです!!たまらなくおいしいですよねv-10

No title

わー、上手ですねー。昔は伯母さんが毎年作ってらしたので、
よく頂きました。手間かかるよねー。

ギンちゃんったら、旬のものが美味しいのはよくご存知なのねー♪

膀胱鏡ようこ様

そうそう、雨が降ったら取り入れないとマズいんですが、家の中に干す場所がなくて。。。カビが生えないかドキドキでした。皮を剥いて吊るす前に焼酎をスプレーしておくとカビが生えにくいときいたのでやってみたのですが、それが意外と良かったのかもしれません。味はなかなかでした。犬の散歩をしていて、木になったままの渋柿をみると吊るしたくなります~。あのまま朽ちさせていくのはもったいない~。

越後屋はなにゃんさま

手間かかるみたいですね。┐(´-`)┌←他人事。
こういうチマチマした作業は意外と父が得意なので助かります。でもやり方を調べたりするのはとりアタマなんですよね。iPad持ってるんだから、自分で検索してくれれば、もっといいのに~。

ギンちゃんの伝説がまたひとつ増えました。( ̄∇ ̄;)大きな手術を何度もして、今もガンキャリアの彼が、元気に飛び跳ねて柿を取ったというのは、飼い主さんにとっても、私たちお散歩友達にとっても喜び以外の何物でもありません。
でも、「ここのつ」は食べすぎだよねぇ。

ありがとうございます

銀平の「干し柿事件」 楽しんでいただけて良かったです。
とりアタマさんが言われる通り 病気や怪我の多い子なので
こんなに笑わせてもらえる日があると 本当に幸せな気持ちに
なります。 
彼は 9個の柿を種もろとも食べたので
ちょっと心配しましたが決して下痢することもなく
ごきげんでしたし、息子が言うように「桃栗3年柿8年」 
だから芽が出る心配もないでしょう。

先日獣医さん家も 干し柿を取られたそうで
そこは 猫ちゃんとタッグを組んでゲットされたそうです。
干し柿は意外に ワンコ達にとって魅力的なおもちゃ
であり おやつなんでしょうかね。

ギンちゃんの母さま

お腹壊さなくて何よりでした。9個食べたら普通はちょっとゆるくなりそうだけど、さすがはギンちゃんね。( ̄∇ ̄;)
Secret

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。