FC2ブログ

犬用・亜麻の実クッキー

最近手作りに勢いが付いてしまった、とりアタマ。
わんこメシに続き、わんこクッキーを作ってみました。

レシピを色々検索した結果、ニュージーランド発の超有名ブログに出たいたクッキーのレシピを参考にさせていただくことに。

何故って?

とりアタマ好みの超適当レシピだったからよ♪

曰く、

「・全粒粉
・セモリナ粉
・Linseed
・小麦ふすま・・・などを適当に混ぜて作って下さい」。。。だって!!

おお。何てわかりやすいんでしょう!
混ぜるときに、ビーフとラムのゆで汁を使うとワンコ受けがいいとある。なるほど。ビーフとラムは切らしているが(見栄)、チキンスープならまだ少し残っている。これでやっちゃいましょう。


とりアタマが使った粉はこれ。
kona
全粒粉、ブラン(小麦ふすま:小麦を皮ごと挽いた粉)、コーンミール。

上記のレシピに出ているLinseedはFlaxseedともいって、日本では「亜麻の実」と呼ばれるもの。この実そのものは日本ではあまり食用にしないみたい。「亜麻仁油」として利用したり、繊維にしたり。
でも栄養価が高くて、水溶性、非水溶性の両方の食物繊維を含み、オメガ3系の脂肪酸が豊富。。。まあ要するに、とっても具合のいい食材なのね。詳しく知りたい方は、ここ見てね。

で、新しい物好きのとりアタマはさっそく購入。

これこれ。ama



さて、作り方です。

「わんこ亜麻の実クッキー レシピ」

今回の分量

全粒粉       1カップ
ブラン       2分の1カップ
コーンミール    2分の1カップ
ベーキングパウダー 小さじ1弱
亜麻の実      小さじ3
卵         1個
オリーブオイル   大さじ1
チキンスープ    適量

亜麻の実はそのまま入れると、まんまウンチに出てきそうな予感がするので、荒くすりつぶす。
surisuri


こ~んな感じ。zurizuri
香ばしいかおり♪

上記のチキンスープ以外の材料を全部ボールに入れて混ぜる。
粉はふるう必要なし。卵のからざもとる必要なし。断言できるが、クッキーにからざが入っていてもワンコは気にしない。

当然これでは粉粉のままでちっとも混ざらないので、チキンスープを少しずつ入れてこねる。
あくまでも少しずつね。ここで、ドバッと入れると、ドロドロの焼く前のお好み焼き状態になり、慌てて粉を足し、また固くなってスープを足す…という無間地獄に陥ることになる。

ボールに付いた粉粉がきれいになるくらいにまとまればOK。型抜きクッキーなので固めの生地にする。
kiji

ビニールに入れて2~30分冷蔵庫で落ち着かせる。

強力粉で軽く打ち粉をして、生地を伸ばす。厚さもお好みで。かなり固いクッキーに仕上げる予定なので、小さいワンコは薄めにしたほうが食べやすいと思う。フランが食べるなら5ミリくらいかなぁ。

nosu


この辺りでオーブンの余熱をはじめる。180度くらい。

お好みの型で抜く。hone
ここはやはり骨型でしょう♪


フォークで空気穴を開ける。ana
見た目も開けたほうがカッコイイ。

天板に並べて焼く。tenban


上の分量で、とりアタマんちのオーブンの天板に1枚半くらいのクッキーが取れた。倍の分量にすると、きっちきちに並べて天板ちょうど2枚分(枚数にして80枚くらい)。とりアタマのオーブンは2段一度に焼けるので、2倍の分量にしたほうが効率がいい。


180度で40分焼く。20分で上下の天板を入れ替える。こげるようなら、アルミ箔をかぶせるとか、温度を少し下げるとか工夫してみて。



出来上がり♪
kukki
しっかり冷ますと固くなります。食物繊維たっぷりです。


さて、フランの反応は?


kudasai
真剣なまなざし。。。


onegai
作っている間中台所から離れなかったものね。


moratta




nmai


それは良かった♪
次は犬用チーズでも入れて焼いてみましょうか。。。

今日のクッキー、蜂蜜など入れるときっと人間用になります。その場合、粉をふるうか、卵のからざを取るかは、アナタしだい♪とりアタマはふるわないし、取らないけど。



スポンサーサイト



おぉ~~~うまそう♪
とりアタマさんは器用だね~
手作りを始めるとはまるよ(笑)なんでだろう。わんちゃんはお菓子が作れるからいいよね。。。猫は。。。
フランちんも美味しそうに食べてる^^
ほんと食物繊維たっぷりだよね~

あっカルシウム買ったんだよね?
栄養計算に追加するので商品のアド教えて~

kiriさま

ニャンコは手作りごはんも難しいし、オヤツっていっても粉もんはダメだし。。。せいぜいササミジャーキーくらい?確かにワンコのほうが作りがいがあるねぇ。作っている最中はアビ介も興味津々で邪魔してくれますが。。。

カルシウムの件、メールするね♪

基本的に

料理は、全て”目分量”のマコブーですが、何か?
「それ、くださいったら、くらさいっ!」で、お馴染み(?)のフランタン。。
んまいっ!まずぃ!が、100%分かるお顔を、アリガトゥ。
んまかったのね(笑)。

まこぶうさま

とりアタマも普段の料理は完全目分量っす。この間、家でお好み焼きを焼こうとして、粉のゆるゆる具合がうまくいかなくなっちゃって、マジで無間地獄を味わいました。出来上がったお好み焼きは超巨大。食べたけど。
ご覧の通りクッキーはフランに大好評でした~。でも、たいていの物は好評なんだけどね♪
Secret

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ