スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽率な犬と慎重な猫。

フランのごはんにニンジン入りました~。ヽ( ´ー`)ノ
2011_05080024.jpg
キャベツを食べさせても特にカイカイ度に変化はなかったので、次はニンジンでございます。本当は白菜の予定だったけど、白菜高くなってきてるから予定変更です。( ̄∇ ̄;)




いつものことだけど、「ヨシ」の合図で、何の迷いもなく一瞬たりとも匂いをかぐことすらせず。。。フランは与えられたごはんをバクバク召し上がります。
2011_05080027.jpg
アンタね、入ってるものの確認くらいしなさいよ。( ̄ω ̄;)
ひょっとして、ドッグフードの替わりに砂利とか木屑とか入れておいても、数口くらいは気がつかずに食べるんじゃないだろうか。。。いや、マジ。きっと食べるに違いないわ。



一方のアビ介君は。
大変慎重な性格で、いつものごはんでも匂いをかいで納得してから出ないと絶対に口をつけません。



実は先日。外出先で普段は行かないスーパーにちょこっと寄った際、マグロのすきみが大変リーズナブルな価格で売っていたので、「こりゃ身をほじくって丼にするのにちょうどいいや♪」と買って帰ったのですが。。。


いつものように少しだけアビ介におすそ分けをしてやったのに、
2011_05020003.jpg
あんなに好きなマグロなのにチラ見しただけで、そっぽ向いて、




素通り。
2011_05020004.jpg
何で食べないのよ。お腹すいてないの??といぶかしんでいると。
自分たちが食べる分用に台所で身をほじくっていた父が、階下から「お~い、これ加熱用って書いてあるぞ」




ありゃ。マグロ、古かったですか。
見た目きれいな色だったんで、てっきり生食大丈夫なヤツだと思ってましたわ。





これ見よがしに、マグロをスルーして、カリカリを食べるアビ介君。
ちょっと背中の毛が立ってます。ムカ入っております。
2011_05020005.jpg
( ̄ω ̄;)スマン、ワルカッタヨ。


その後おわびに、夕食用に買ったブリのブロックをちょっとだけおすそ分け。
ちゃんと「お刺身用」ってシールが貼ってあったやつだから安心して食べてください。



でもやっぱりチェックしてから口をつける慎重派。
2011_05020007.jpg




今度は納得したのか、キレイに完食されました。( ̄∇ ̄;)
2011_05020012.jpg
いや。
おみそれしました。
これから、魚の鮮度はアビに見てもらうことにしよう。




ちなみに、アビ介がダメ出ししたマグロのすきみは、ショウガと醤油とみりんと砂糖でくつくつ炊いて角煮にしていただきました。ちょっと人としてのプライドが揺らぎますが。とりアタマんちはビンボーなので猫がまたいだものでも食べます。加熱すりゃあ大丈夫です。





スポンサーサイト
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。