スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今のうちに。

とりアタマの住む神戸の東の端では、とても平穏な日常が続いております。


阪神大震災のときの関東地方もきっとこうだったんだろうなぁ。


テレビで流れ続ける震災関連情報が別の次元のお話のように思われ。。。ただ、不思議なのは、東北地方のあの惨状の方だけが現実で、今とりアタマのいるこの平穏な世界の方が虚構なのではないかと。そんな風に感じてしまうのです。



今回大きく動いたのは太平洋プレート。近年その発生が懸念されていた、東海、東南海地震とは別のプレートですが。
東海、東南海地震だっていつ起きるかわからない。今日起きるかもしれない。
別に、不安をあおるわけではないですが、それが現実なのです。東北地方のあの惨状は、明日の自分たちかもしれない。そして、今もし大地震が中部関西を襲っても、救助や救援は到底望めない。範囲が広すぎるから。
自分の身を、家族の身を、ちゃんと守れるように、供えの点検をしませんか?



まず必要なのは、水。複雑な調理が不要な食料。もちろんペットフードも。
懐中電灯があっても、電池が切れていたら何にもなりません。震災後に買いに走っても売り切れは必至。日頃から備えておけば電池を奪い合うこともないです。そう言えば、こういうときエネループって役にたたないですね。充電電池って平時の発想なんですね。
電気が来なけりゃネットも使えない。携帯だって電池切れしたらそれまで。最後に役に立つのはラジオです。手回し発電できたらなおヨシ。



こうして見ると、山へ行くときの装備が震災の装備と重なっている気がします。まず生き延びるのに必要最低限の物資を自分が楽に背負えるザックに入れて、ベットのそばにおいておきませんか。


2011_0207006822.jpg



スポンサーサイト
Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。