スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チープなおもちゃ。

六甲山のふもと。。。まさに梅雨。よく降っております。



たいてい一日中起きているんだか寝ているんだかわからないような、実にうらやましい生活をしているアビ介君ですが。
雨の日の寝方には気合が感じられます。( ̄∇ ̄;)
2010_05310010.jpg
そんなに一生懸命寝なくてもいいと思うんですけどね。


ところがですね。
雨の日は彼が覚醒した後が怖い。
たっぷり眠って気力体力ともにマックスゲージにきてますので、遊べ遊べ攻撃が激しくなるんです。

しかし、今とりアタマはとても忙しいので、猫と戯れているヒマなど1秒たりともない。
ええ!ありませんとも!!



そこで。
新しいおもちゃを導入しました~。ヽ( ´ー`)ノ
おもちゃで遊ぶアビ介の様子を久々の動画でどうぞ~。




も、布団ぐちゃぐちゃ。。。( ̄∇ ̄;)



小さいおもちゃが、布団のしわの間に入り込んで見えなくなったりするのが楽しいらしい。。。
きっとリアルに獲物を追っている気分なんでしょうな。
足元にあるのに、あらぬ方向を必死で探したりして、ちょっとお間抜けな感じもぬぐえませんが。┐(´-`)┌



で、このおもちゃ。
何かというと、コレですコレ。
2010_06150016.jpg
ポリプロピレンかなんかの帯。





実はこれ、ガムの容器についている、
2010_06150013.jpg
アレですわ。なんていったらいいんだ、ほら。





この部分についているシール用の帯です。
obi.jpg
何かコレが最近のアビ介のマイ・ブーム。
軽くて適度に弾力があって、真っ直ぐじゃなくて絶妙のたわみがあるので、ちょっとはじくとピョンと跳ねるんです。これが面白いらしい。




いや~。
前に一大ブームを巻き起こした、「使い終わったボールペンの芯」といい、猫に高いおもちゃを買うこたぁないですな。ありもんで充分。猫ジャラシなんてぜいたくぜいたく。( ̄ω ̄)b



2010_06150008.jpg





あのね。
そうおっしゃいますけど、アビ介君。
猫太郎を保護したとき、小麦母様に一応交渉はしてみたんですよ。

猫太郎をとりアタマんちに入れて、代わりにアビ介を小麦くんちにあげるっつーのはダメかしら?って。




小麦母様、電光石火の即答で
「絶対イヤ」
と拒否なさいましたから。


これってひとえに、アンタの人格つーか、猫格のなせる業だと思うんですけど。( ̄‥ ̄) = =3



2010_06150007.jpg





あ。
それから皆様、忙しい割にはしっかり動画を撮影しているとか、ブログの更新はしているとかいう突っ込みはお控えくださいませ~。
その分睡眠時間を削っております。それもどうかと思うけど。。。



スポンサーサイト
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。