FC2ブログ

室内で青シソ栽培。

苗で買ってきて、その苗ポットのまんま室内で水耕栽培をしている青ジソさん。
ほとんど何の加工もせず、苗ポットを少し丈夫なプラスチックのポットにそのまま入れて、底を1センチくらい液肥につけているだけです。
2010_05060026.jpg



これ以上ないくらい手抜き栽培なのに、こんな大きな葉っぱをつけてくれました。(^-^)
2010_05160022.jpg
掌より大きいの♪
シソ栽培は初心者向けだと、家庭菜園の本には必ず書いてあるけれど、実はとりアタマ成功したためしがありません。( ̄∇ ̄;)
シソってすごく虫がつきやすいんだよね~。ちっこい毛虫や青虫が先端部分について、成長点を食べちゃうの。
マメに虫をとればいいんだけど。
ほら、そこんところがとりアタマですから。「マメ」という言葉が脳内電子辞書から削除されかかってますから。




でも、室内栽培だと少なくとも毛虫青虫はつかないもんね。
あと問題なのは。。。






うっとりとシソを見ながらよだれをたらしている、この犬なんですけど!( ̄‥ ̄) = =3
2010_05160023.jpg
そのわけはこちらをご覧ください。


2010_05160024.jpg
シソ見てよだれたらす犬。。。
これって一般的なんだろうか…( ̄ω ̄;)
確かに清涼感のある独特の風味は、とりアタマも大好きだけれど。
何枚もバクバク食べるもんでもないと思うよ、これ。


あ。でも。
そういや、シンちゃんはハーブのチャービルをバクバク食べていたっけか。。。
何かこういうのを欲しがるときって、体が要求しているのかしら?
それとも単に「食えるものは何でも食う」という精神の現われなのかしら。


ま、多分答えは明らかだけど。┐(´-`)┌
2010_05160025.jpg
いいですよ。
散歩中に道端の草を歩き食べするくらいだったら、家で作ったシソを食べてください。
今日のゴハンにもトッピングしてあげようね。





スポンサーサイト



Secret

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ