スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演技力なし。

ふーをお風呂に入れようと、タオルを出したりシャンプーの準備をしたりしていたら…
どうやら、何かを感じ取ったようで。。。




寝たフリし始めたフラン。( ̄∇ ̄;)
netahuri
すごい大胆な「フリ」ですが。。。




本人、必死です。
daitan
声をかけても絶対に目を開けませんから~。┐(´-`)┌





honntono
ま。たとえ本当に寝ていてもたたき起こして、お風呂場に連行しますがね。








でもって。
シャンプー後のフラン。



今度は本当に寝てます。(^o^)
otukara
お疲れ様でした♪




昨日、12月3日はとりアタマの最愛のパートナー、ハンナの命日でした。
もう4年かぁ。早いなぁ。

ハンナを失った悲しみは不思議なほど綺麗に浄化されて、ハンナと過ごした楽しかった思い出だけが、心の中の納まるところにキチンと納まった感じがします。
闘病生活中の経験したこと、その頃先生から伺った色々なお話も、今となっては貴重な知識となっております。
こんな風に思えるのは、間違いなくアビ介とフランのおかげ。

犬を失った悲しみから、もう二度と生き物は飼わないと決心される方も多いと思います。
それは本当に人それぞれなんですが。
とりアタマとしては、次に進めてよかったかなぁ。





スポンサーサイト
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。