スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんまジャーキー試食会。

ながなが引っ張ってゴメンなさい。
さんまジャーキー試食会の様子です。



まず最初に、食に関するハードルが異様に低いフランから。




さんまは初めてだよね。
さかなはカイカイが出ないと思うんだけど。。。
toriaezu



さあどうかな~?
u
って、あれ?
リアクションがありませんけど。
ひょっとして小骨があった?




umai
うまいんかい。( ̄∇ ̄;)
そりゃあようござんした。
18時間かけて作って「これキライ」とか言われたら切ないし。。。



しかし、次は食へのハードルが異様に高い、アビ介。



hayo
目の前でさんまジャーキーをちらつかせると、一応興味はある模様。
これは期待できるか?( ̄ω ̄)b



早速ちょびっとだけあげてみると…
tyobitto



食べてる食べてる…
tebeteru


なめてるなめてる…
nameteru



okawari
ハイ、よろこんで~!(^o^)

二人とも気に入ってくれたようで何より。
製作過程に改良の余地が大いにありますが。
安いし。ヘルシーだし。とりアタマんちの定番になりそうな予感。




さかな系のオヤツは、取り合いになっちゃいそうだね~。ヽ( ´ー`)ノ
toriai





スポンサーサイト

ついに!

お魚ジャーキー完成ですね~ヽ(´ー`)ノ

恥ずかしながら、私ジャーキーメーカーって知らなかったです。
でも検索してみたら、主に犬飼いさん達にはメジャーな物っぽくてビックリ!
犬飼いさん達のワンちゃんを愛する気持ちに感動しましたですよ~m(;∇;)m

うちも買おうかな~・・・・お父ちゃんにクリスマスプレゼントとして頼んじゃおうかなぁ。
でも・・・天日干しで出来ないものですかね~???日数がかかるでしょうか?
でもなぁ・・・ふーちゃんとアビ介の「ウマイ顔」見ちゃったら・・・欲しくなっちゃいますね~(≧▽≦)

i-237すごいですね~
ジャーキーって買うと
けっこうお値段しますし
材料なども気になるところでして・・・
これがあれば ウチも
大喜びするだろうなぁーi-175

茶太鈴んち母さま

基本天日干しでOKですよ。うちもそうですから。
でも、天日が出来るのは晩秋から冬にかけてだけ。だから、それ以外の季節はこれが重宝しそうです。それと、天日で干していて急にお天気が崩れたときとか、ジャーキーメーカーに切り替えると、失敗せずに完成にこぎつけますね。
特にお魚は、ジャーキーになるまでにカリッカリに乾燥させようとすると、天日だけではちょっと無理みたい。最終的には機械の力に頼らないといけないようです。干物くらいなら天日で充分なんですけどね。

テリヤキ便さま

確かに買うと高いですよね~。安い牛のモモ肉を使ったジャーキーだったら、絶対家で作るのがお得ですよ。2日くらいでできるし。味付けすると、人間のビールのつまみにもなりますしね。
まず、500円くらいで釣具屋さんで干しカゴを買って、天日干しではじめてみては?テリヤキ便さんのおうちなら、ベランダに干しておけば夜も出しっぱなしで大丈夫じゃないですか?

そっか~!

天日干しだと、季節限定になってしまいますね。
そうか~・・・そうですよね。
よし!ボーナス出たら、お父ちゃんにおねだりしてみます!(^―^)
それまではヨイショして持ち上げて、良い気分になってもらうことにしましょう(^m^)

茶太鈴んち母さま

おお、ボーナス!良い響きの言葉でございます。(^o^)
茶太鈴んちの父さまはやさしいから、きっとおっきなくつ下に入れてプレゼントしてくれますよ♪
そういえば、茶太鈴さんちはイチデジもゲットしたんですよね。すごいなぁ。いいなぁ。kx、何色ですか?

おはようございます~(^―^)
K-xは色んな色が選べるので迷いましたが、
無難に白にしました(●´ω`●)ゞ
うちにしては結構奮発しちゃいましたよね~。
でもお晴ちゃん、あっという間に成長するので、
その時その時をちゃんと撮っておきたくて。
動画も撮れる、安いデジイチの発売を待っていたので、
K-xが発表された時嬉しかったです。キター!!!って(^m^)
Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。