FC2ブログ

にゃんこの飲み水

ニャンコの飲み水の保温器についてコメントいただいたのでちょっと書きます(^-^)。


昨年(かな?)、よく行くニャンコのブログで、寒い時期は飲み水を温めた方が良いという話を読んで、さっそく購入したのが、赤ちゃん用の調乳器。いつでもミルクが作れるようにお湯を適温に保ってくれる便利な道具らしいっす。
赤ちゃんがいるご家庭ではきっとメジャー商品なのでしょうが、子供がいないとりアタマはそんなものがこの世にあることすら知らなんだ。

こういうの。
hoonnki

とりアタマの買ったのは、保温オンリー。沸かせるタイプのものもあるようだけど、ニャンコに使うにはかえって危ないと思いこっちのにした。ただ、一応、LOとHIの切り替えが出来る。できないのもあるらしいので注意が必要。LOで十分過ぎるぐらいぬくくなる。あとね、スイッチが上面についているタイプはニャンコが勝手にスイッチを押すといけないので、とりアタマは避けといた。

底が厚めの陶器の水入れをのっけて使っているが、間に薄い皿とかをはさんでやらないと熱くなりすぎるかも。写真では手ぬぐいを折ってはさんでるけど、もしものことがあるのではさむなら燃えない素材のものがいいと思う。(とりアタマはずっとこの保温器のそばにいるので、ちょっと不精しております。)
とりアタマは指を突っ込んで「おお、ぬくい…」と感じる温度になるよう心がけている。多分、38度くらいかな。つまりニャンコの体温くらいだね。

この調乳器(ポット付き)、ヤフオクで2個ゲットした。1個は100円。1個は500円だったかな。送料の方が高い…。
赤ちゃんがいるご家庭で、ほんの一時期しか使用しないものなので結構いつでもオークションに出品されてるよ。がんばって、ゲット!!

電気のコードが動物仕様ではないので、くれぐれもご注意を!


あと、もっと詳しくは、「つれづれ」をご覧くださいませ。。。トップページに「飲みやすい水を」というタイトルで上がってます。…ここでうだうだ書くよりも先にここを紹介すればよかったね。

あ、そうそう。部屋があったかいとかえってぬくい水を嫌がることもあるので、普通の水と2つ置くのがいいと思います。


スポンサーサイト

うわ~♪
早速の記事ありがとうございます。
横からの写真で仕組みがよーく解かりました。
こんな何気ない細かな点がとても参考になります。

私もおうすけさんのブログで見て探したんだけど「保温器」でさがしたせいかいいのに当たらなくて、ほったらかしでした。
そっか、調乳器なんですね。
赤ちゃんの育児経験のない私では解らなかったわ(笑)
ヤフオクに今も出品があるようなので入札してみます。
実は入札って初めてなんで(即決ってのなら何回かしましたが)今からドキドキです(笑)

越後屋はなにゃんさま

うう。そうですよね。うちを覗いてくださるニャンコ飼いの方なら当然おうすけさんちにも行ってますよね。失礼しました。

それと、「調乳器」より「調乳ポット」がメジャーな名称みたい。とりアタマも未知の世界なので正式名称とか、何処の製品が良いのかとかよくわかってません(^-^)。哺乳瓶とかついてるセットもあるようで、意外とそっちの方が安値でオークションに出てたりしますね。でも、哺乳瓶もらってもな。どないせぇっちゅーんじゃ…という感じです。うちにも捨てるに捨てられない、調乳ポット(保温器の方じゃなくて、上に乗っけるガラスポットの方ね)が2個、棚の奥に転がってます。誰かいらないかなぁ。

ぬくい水

そっか、冬は暖かい(ぬるめ?)水がいいのか。
初めて聞いた。
でもでも、うちのご近所ニャン'sは、どっちがいいんだろう?
あったかいの?冷たいの?
今日、早速試してみようと思う、まこぶーであった。。
結果のご報告は、また後ほど。。
※ メァドいれときま~す♪

ぬくい水・・・

↑ のコメ入れてから程なく、ニャンコたちのところへ行ってきました。で、結果から言うと、最初に口を付けたのが、「ぴょんち君」。舌の先で”ちょちょっ”と舐めて、「ん?いつもと違う!?」と、微妙な表情。少し考えるような仕草を見せ、飲みませんでした;^^アリャ。
最初は多分、40℃弱くらいの温度だったと思うのですが、徐々に冷め、30℃位の温度になったとき、何匹かの猫が飲み始めました。
まだ、東京はそんなに寒くないし、お湯も飲みなれてないからかな~?と、思った次第。
以上、結果のご報告でした。
・・・ん?なんか、雨降ってるし。

まこぶうさま

メアドどうもです。後でうちのも入れて送信しときます♪
お外のニャンコちゃんはぬくいお水は初体験だったのね(^-^)。じゃあ、ほんとにぬるめの30度くらいがお好みなのもわかる。外猫さんにはつらい季節になってきたね。冷たい水は体を冷やすだろうから、ちょっとでもぬくいお水でエネルギーの消耗を防いで欲しいものです。
Secret

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ