スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どっちもアビですが。

アンジーがとりアタマの机の下で寝てます。


ここはかつてアビ介が息を引きとった場所。(._.)
ここに別のアビシニアンがいるなんて不思議だなぁ。




アンジーはアビ介と違って、決して人を引っ掻いたり噛み付いたりしない、大人しくて気のいいアビですが。




あまあまちゃんなところは、そっくりです。f^_^;
スポンサーサイト

お屋敷のお嬢様

サブ子さん。やっとサブ子ハウスに慣れてきました。^_^


お二階でまったり…^ ^





サブちゃ~ん。(^O^)






お屋敷のお嬢様みたいだね。←親バカ

サブ子の憂鬱。。。

サブ子さん。


サブ子ハウス前で途方にくれるの図。( ̄∇ ̄;)


CIMG6143.jpg
サブちゃん、どうしたの?新しいおうちに入らないの?





CIMG6141.jpg
あう。(;´Д`)
やっぱ、サブちゃんは新しいものに弱いよねぇ。




CIMG6142.jpg
あ~。
ごめん、捨てた。



















サブちゃん、やっと観念してサブ子ハウスを使いはじめました。
IMG_2849.jpg
まだちょっと緊張してますが…( ̄∇ ̄;)



劇的びふぉーあふたー ②

さて。
サブ子ハウスの詳細をご紹介しましょう。(差し支えなければ本日もサザエさんの声で)



愛しい愛しいサブ子さんのために匠が精魂こめて作ったサブ子ハウスの正面玄関は、まるで還暦のちゃんちゃんこのような赤い門で彩られています。
CIMG6121_20131121231956173.jpg




そして一階玄関にはアルファベットの表札が。
CIMG6122.jpg
堂々、サブ子さん所有の一戸建てです。





こちらは向かって右側面の出入り口。
CIMG6135.jpg
一階横出入口からはソファベッドの下の空間へ、二階横で入り口からはソファベッドへ直接出入りが出来る高さになっています。


そして。
一階の床には、サブ子がいつも爪を研いでいるのと同じ素材の爪とぎ絨毯が!
CIMG6097.jpg
新しいものが苦手なサブ子のために使い慣れた爪とぎ絨毯を張った、匠の優しい心遣いです。



二階床面と…
CIMG6108.jpg



屋上には通り抜け通路が互い違いに開いていて、猫心をくすぐります。もちろん、爪とぎ絨毯張り。
CIMG6109.jpg
これらの床面は取り外しが可能で、痛んだ絨毯は張り替えることが出来ます。



さらに。
何ということでしょう!
サブ子ハウスの内壁には、ダンボールの壁紙が張られており、さらに窓枠も本体の木枠から2センチほどはみ出す形でダンボールが張られています。
CIMG6119.jpg
これは、齧り好き、破壊好き(!)のサブ子さんのために匠が考えた工夫です。壊されないような頑丈なお家を作るのではなく、基礎の部分は丈夫に作って、それ以外の部分は好きに齧って壊せるように。

匠のサブ子さんに対する深い愛情の発露といえましょう。



この屋上部分に張った枠も、
CIMG6121_20131121231956173.jpg
同様の理由でダンボールを使用。
サブ子さんは好きなだけ齧って、毟って、お家を破壊して楽しむことが出来るのです。





さあ。
猫生活のファンタジック・コンシェルジュ、東灘の匠が作ったこの家を、サブ子さんは気に入ってくれるでしょうか?
















とりあえず、リビング入り口で固まってます。( ̄∇ ̄;)
CIMG6127.jpg
ま、ある意味予定通りだけども。
(今後のサブ子の行動を注視せよ!)







あ。ちなみに、なんでファンタジック・コンシェルジュかというと。。。
IMG_2808.jpg
…やっぱりサンリオピンクがあまりに強烈だったので…。


じつは、「猫生活の夢前案内人」とどっちにしようか真剣に悩みました。で、こんなことで悩んでいる自分に愕然としたとりアタマなのでした。( ̄∇ ̄;)



劇的びふぉーあふたー ①

(本日のブログは、「サザエさん」の声で読んでみて下さい。)



縁あってとりアタマ家にやってきた、元ノラ猫のサブ子さんはとっても怖がりさん。
2011_07100056_20131120232820fab.jpg




そんなサブ子さんは家の中でも怖いことがあると洗濯機の裏に隠れたり、ベッドの下にもぐりこんだり…
でも、ある日ステキなキャットキャッスルをプレゼントしてもらい、やっと落ち着けるお家を手に入れたはず、だったのですが。。。
CIMG5609_2013100218584281f_201311202333435f7.jpg


意外と破壊魔のサブ子さん。何と自らの手で憩いの我が家を破壊してしまいました!
CIMG6113.jpg



全体もゆがみが生じ、いくら体重の軽いサブ子さんとはいえ、これではいつキャッスルの崩壊に巻き込まれるかわからない状態に!(自業自得ですが)
CIMG6114.jpg
同じキャッスルを買うことは容易ですが、また半年後には同じ状況に陥るでしょう。
サブ子さんに破壊されないような丈夫なお家が必要なのです。




そこで!



そんなサブ子さんを救うべく、東灘の匠が立ち上がりました!
CIMG6002_201311202333456c7.jpg
今までも、とりアタマ家の1階と2階を隔離するゲートや、とりアタマの部屋にねずみ男が入れないようにするための二重扉などさまざまな猫トラブルの解決グッズを作ってきた匠。




そんな匠を人は「猫生活のファンタジック・コンシェルジュ」と呼びます。(←呼んでやってください)




とりアタマ家がサブ子ハウスのために出せる予算は3000円。(これ以上かけるなら買ったほうがマシ。)
果たして、匠はこの低予算でサブ子のための丈夫なお家を作ることが出来るでしょうか!?










結論から言うと。
出来ました。





サブ子ハウス。
CIMG6121.jpg
詳細のお披露目は、また後ほど~。(^o^)




アメリカ土産。

研修でアメリカに行っていた友人のりーちゃんが、アンジーとサブ子にお土産を持ってきてくれました。



そのお土産ッちゅーのが、その。何と申しましょうか、なんともアメリカンサイズ

CIMG6013.jpg
なんだろね、これ?モグラ?ねずみ?
犬用じゃなくて間違いなく猫用です。だってキャットニップが付属してましたもの。





CIMG6014.jpg
遊ぶも何も、でかすぎてアンジーの顎では咥えられません。
これで遊べるって、アメリカの猫はどんだけデカイねん。。。ってリーちゃんに言ったら、マジでアメリカの猫って大きいんですってよ奥さん。( ̄∇ ̄;)




せっかくのお土産なのに、何とも膠着状態に…
CIMG6016.jpg




致し方ないので、リーちゃん自らが操ってアンジーと戦わせておりました。(^o^)
CIMG6023.jpg
キャットニップも入れたんだけど、あんまり効果なかったなぁ。アンジーはマタタビ派なのかしら?



さて。
お待たせして…いるのか、な?
くだんのサブ子ハウスですが。


父に、「みなさん、楽しみにしてくださってるよ~」と言ったら、「完成してないのにアップしたんか!」とちょっとお怒りでして。
どうやら、プレッシャー感じているようです。なんでやねん。(6 ̄  ̄)誰もそこまで期待してへんし。


でも、面白いので、日々「知らない方もサブ子ハウスの件でコメントくれたわ」とか「散歩中にも聞かれたわ」とかプレッシャーをかけ続けたら、サブ子ハウスがどんどん当初の計画より盛りだくさんの内容に…




我が父ながら、おもろいおっさんです。






サブ子ハウス、近日公開です!
CIMG6101.jpg
ちゃうのよ~。でもアンジーにも何か作ってたよ。(^o^)







冬支度。

急に寒くなったので、フランは禁断のソファベッドに上がることを(しぶしぶ)父に許され…



とりアタマの部屋には「ぬくぬくサブ子のお部屋♪」が設置された。





…でも入るのはサブ子じゃなくてねずみ男だったりして…^^;

サブちゃんは新しい環境に慣れるのに時間がかかるからねぇ。
この分だとサブ子のハウスもアンジーハウスになるかも…
思いっきりピンク色だけども。(≧∇≦)

いきなり冬!

き、急に冬がきた!{(-_-)}

夕方の散歩があまりに寒かったので、ジャンパーやらニットの帽子やら出しました。
最近、本当に気候が極端だわ~。ちょうど良い季節が全然ないのよね。



犬猫団子発生率上がってきました。(^^)





何故だかアンジーはいつも不参加。

人間にくっついて寝る方が好きなようです。(^^)

団子作る組と人間に寄り添う組。
うちのワンニャンは役割分担完璧だわ~(≧∇≦)

何ということでしょう!

サブ子ハウスが意外な展開を見せております。( ̄∇ ̄;)







サブ子ハウス…




まさかの




サンリオ仕様。。。(゚◇゚;)マジッすか。
IMG_2807.jpg
なんかね。材料に安いコンパネを使ったもんで表面が毛羽立っててサブ子のお手々に棘が刺さるかもしれないと。それを防ぐために布を張ったと…こういうことらしいのですが。



もうちょい、なんちゅーか、ナチュラルな感じの布地はなかったっすか?父…



父曰く「サブ子は女の子やねんからええねん」とのこと。



しかしですね。

父よ。サブ子にサンリオピンクが似合うとお思いか?
P6010129_20131107224723f4d.jpg
…百歩譲って意外と合うとしても。あたしゃリビングにでんとドピンクのキャットハウスがあるのはどうかと思うが。(6 ̄  ̄)

いや。な~んにも手伝ってませんから発言権ないのはわかってますけどね。
わかってるので、ブログで発信しとこっと。








匠の挑戦が今始まります!

サブ子さんお気に入りのキャットキャッスルですが。





もはやキャッスルとは名ばかり。完全廃屋状態に…

屋上の「枠」部分撤去作業中。(T▽T)
IMG_2790.jpg
これ全部サブちゃんの仕事です。アンジーはこの手の破壊活動は全然しませんので。




むっちゃドヤ顔のサブ子さん。(6 ̄  ̄)ううむ。すまんね、りーちゃん。←このキャッスルの贈り主。
IMG_2794.jpg




その後さらに解体が進み、いつ天井部分が崩落してもおかしくない状態に…
CIMG6004.jpg





でもって、中を見ると、すでに2階部分も床に穴が開きそうな勢い。
こりゃ、年末までに倒壊するな…_| ̄|○ il||li
CIMG6005.jpg





同じものをクリスマスにプレゼントしてもおそらく半年待たずに同じことになるでしょう。
かといって、キャットツリーはこの場所に置けないのよねぇ。
さて、どうしたものか。




と、考えていたら。




東灘の匠が立ち上がりました。(´▽`)
CIMG6002.jpg
キャットキャッスルのリフォームはもう無理なので、匠はサブちゃんにどーんと一戸建てをプレゼントするそうですよ。




さて。どうなりますことやら。
とりアタマ、なかなか手伝う時間がありませんので、自分で記録写真撮っといてくださいね、ネタ用に。





家族外通告!?

あああ。あのですね。(゚◇゚;)
コメント欄で指摘いただきましたが。

5時間台で走るのは「サブ6」ですね。5時間切れが「サブ5」。間違って大それたことを書きました。
謹んで訂正いたします。("▽"*)




で。
大阪マラソン終わって、燃え尽き症候群気味のとりアタマ…かといえば、そういうわけでもなく。
次のレース物色中です。
短距離ちょっとはさんで、また来春にでもフルマラソン走りたいなぁ。もうちょい速く…というより、ダメージでないように走りたいなぁ。


でもその前に、怒涛の年末年始が待っているし、仕事も混み合ってきてるし。
何かと忙しいとりアタマ。実は本日(=祝日代休)もこれからお仕事です。



サブちゃん、静かに怒ってます。( ̄∇ ̄;)
CIMG5868.jpg
確かにコミュニケーション不足は否めない。いつもより1割減くらいだけども。
サブちゃんは奥ゆかしいから、特に昼間はこっちからかかわっていかないとダメなんだよね。
ごめんよ、サブちゃん。家にいるときはできるだけお尻ポンポンしてあげるから~。







CIMG5859.jpg
何をいっちょ前な発言を!
言っておきますが、ねずみ男に責められる覚えはないぞ。
サブちゃんと違って、アンジーは自分が遊びたかったら何が何でも遊びに誘うんだから!








P9270114.jpg
…と、笑顔でザックリ切られるのもなんだかなぁ。
見捨てられた感が…(T▽T)




あかんわ。何とか家族サービスに努めないと、犬猫の皆さんから家族外通告されそうです。









カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。