スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪マラソンへの道 ⑦

トイレに入っている間に限りなくビリに近い位置を走ることになったとりアタマですが。。。



その後何とか追い上げ、たくさんランナーがいるところに戻ってきました。(^o^)ほっ。

IMG_2764.jpg


事前に下見をしていたので、安心して走ることが出来ました。コースがわかっているとやはりペース配分しやすいですね。



大阪マラソンは大会要綱にハッキリと「ランナーの仮装禁止」を謳っているのですが。
実際は、仮装だらけ。



あ。
いや、ひょっとして、とりアタマの見落としかしら。
「仮装禁止。ただし、タコ焼きは除く」とか書いてあったのかしら?
タコ焼きの被り物している人たくさんいました。


あと、殿様が走ってましたが。(速いんだこの人)
IMG_2767.jpg
これは仮装じゃなくて、この人の職業だからいいのよね?きっと。殿様がエントリーしちゃいけないってルールはないものね。



あと、結婚式の途中の人とかもいました。
IMG_2769.jpg
これも、結婚式を走りながらしちゃいけないって書いてなかったからいいのよね。( ・◇・)




あと、アシモっぽいロボットが一生懸命走ってました。HONDA製じゃなくてHONNARA製でした。
IMG_2772.jpg
これも多分仮装じゃないのよね。きっと大阪マラソンはロボットも参加できるんだわ。




保育園児もがんばって走ってます。
IMG_2784.jpg
ずいぶんトウがたった保育園児だけど、きっと何年も留年してるのね。



それから、こちらのおじ様。
沖縄の三味線をずっと弾きながら走ってました。当然コレも仮装とはいわないでしょう。
IMG_2763.jpg
すごいなぁ。最後まで走れたんだろうか?



これこのように。
大会コンセプトそのままに、みなさん派手に大阪マラソンを盛り上げてらっしゃいました。
沿道で応援していた方たちにも大ウケ。
このノリがなければ大阪マラソンではありません。



さて。
コースも30キロを過ぎる頃には、


歩き率高し。( ̄∇ ̄;)
IMG_2776.jpg
でもって走っている人もそれほど早くないので、ほとんど歩きと変わらないという状況。


32キロ辺りに、大阪マラソン名物の給食所があって、お稲荷さんとか、冷やしキュウリとか、プチトマトとかいろいろ食べ物があるはずだったのだけど。


なんとほとんど売り切れ。

残っていたのは缶詰パインと、漬物、かろうじてわらびもち。_| ̄|○ il||li楽しみにしていたのに。
IMG_2777.jpg
完走を目指して5時間6時間かけて走るランナーには食べるものも残っていないの。。。食べたかったら早く走れるようになるしかないのね。大阪マラソンのシビアな一面でございます。(6 ̄  ̄)



最後の難関、35キロを過ぎた辺りの「南港大橋」へ上がる坂。
IMG_2785.jpg
この段階に至っては、5人に4人が歩いています。( ̄∇ ̄;)




で。
実は写真はここで終わってます。


というのもですね。
南港エリアに入って、残り3キロ当たりで時計を見て気が付いたんですが。




この調子で行けば完走はできる。もう時間制限に引っかかる心配もない。なんなら歩いても大丈夫。
でも。
がんばれば、ギリギリ5時間台でゴールできるのではないか?
もともとの目標は完走だったけど、ひょっとして初マラソンでサブ5いけるかも??





で、ここに来て欲が出ちゃいました。
ラスト2キロちょい、ラストスパートです。いや、他人さんから見たらスパートに見えなかったかもしれませんが、本人的にはスパートです。写真撮る余裕ありません。


結果。記録は5時間54分49秒。
マジ、ギリギリでサブ5達成でした。南港に入ったとき何気に時計を確認しなければきっと6時間越えていたでしょう。大変ラッキーでした。6時間1分とかだったらきっと悔しいもんね。



でもって、ゴールゲートをくぐったときに、ログを取っていたアプリを終了したとたん、スマホの電源が落ちました。スマホも限界ギリギリまでがんばってくれてたのね。(;´Д`)


よってゴール以後の写真もありませんが、ゴール後の流れが大変面白かったのでちょっと書きますね。


まず、ゴールすると順路に導かれインテックスの敷地内に入ります。で、その突き当たりに、久光製薬さんが待ち構えていて、みんなにエアサロンパス配ってくれるのです。ちゃんと椅子も用意してあって、ランナーのみんなはそこに座って足にエアサロンパスを吹きつけてホッとしますの。

で、その後順々にインテックスの中に入ると、まず、大塚製薬さんが、アミノバリューを1本「どーぞー♪」とくれます。それを飲みつつ進むと、ミズノさんがビニールバックをくれます。
何で、ビニールバック?と思っていると、その先でお姉ちゃんたちがバナナとアンパンを配ってますの。そーゆーものをお入れなさいな、というバッグなのです。



バナナとアンパンの次に、別のお姉ちゃんが完走記念メダルを首にかけてくれ、フィニッシュタオルを肩にかけてくれて、ここで、本当にすべての行程が終了するのでした。


みんなが口々におめでとう、おめでとうと笑顔で言ってくださり、正直疲れ吹っ飛びます。こんなにおめでとうおめでとう言われるのは大学に合格して以来かしら?あ、とりアタマ未婚ですので、結婚式と出産のおめでとうは未経験ですの。


そして、このあと、預けていた手荷物を受け取り、着替えをして、充実した気持ちでインテックス大阪を後にするのでした。


ただし。ここで注意が必要です。(・ω・)b
ゴールはバラけているとはいえ、何千人もの人が一気に駅を目指します。ニュートラムは駅も電車も小さいので、なかなか乗れないどころか、入場制限がかかったりします。よって、2駅ほど歩いて、地下鉄の駅に行かねばなりません。フルマラソン走った後にこれはキツイ。むっちゃキツイ。(二度言った!)
しかも、電車混む混む。
いいですか、皆様。走り終わったからといって気を抜いてはいけません。家に帰るまでがフルマラソンですよ!





以上、「大阪マラソンへの道」終了でございます。応援してくださった皆様、色々励ましのメールを下さった皆様、本当にありがとうございました。m(_ _)m




スポンサーサイト

大阪マラソンへの道 ⑥

大阪マラソン当日の大阪城公園。
では、本日は僭越ながら、今後大阪マラソンを走る方たちのために役に立つような立たないようなアドバイスなど。( ̄∇ ̄;)




こちらはランナー更衣エリア。
IMG_2751.jpg
ご覧のとおり単なる広場でございます。女性ランナーの方、家やホテルから着替えて行きましょうね。


仮説トイレは数多く設置されていますが、何せ31000人のランナーが集うお祭りですので、どこも大変込み合います。
IMG_2752.jpg
気合を入れて並ぶ覚悟が必要です。イライラしないで、他のランナーのファッションなどをチェックして楽しみましょう。
時間内に荷物を預けないといけないし、出走ブロックに整列しないといけないので、早めに並びましょう。




出走ブロックに整列中。
IMG_2756.jpg
この状態のまま30分以上立ちっぱなしです。
正直ストレッチする隙間もありゃしません。ストレッチは事前に済ませてもあんまり意味なくなりますが、それでもしないよりマシなので、整列前にしておきましょう。
でもって、整列中も体を冷やさないようにこまめに動かしておきましょう。



特に完走を目指すグループであるQブロックは人数が多いです。
IMG_2758.jpg
スタートも最後尾なので「ヨーイドン」してから、実際にスタートゲートをくぐるまで時間がかかります。




リアルに言うと、とりアタマのいた辺りは「ヨーイドン」から14分後に動き始め、ゲートをくぐったのは25分後くらいでした。あせってもしょうがないし危ないので、流れに身を任せましょう。
IMG_2760.jpg
さあ。
いよいよスタートです。この辺りのランナーはとりアタマも含め、少なくとも5時間前後は絶対に走り続ける(もしくは歩き続ける)グループです。長丁場です。


で、ここでシリアスな問題なのが、トイレです。
実際、とりアタマはスタート直前からトイレに行きたくて行きたくて…(T▽T)
でも、列から離れてトイレに行くと、最後尾に行かされるかもしれないので、ガマンして並んでました。スタートしたら、まず空いているトイレに駆け込もうと思って。


で、スタートしてもなかなか動かない間に近くのトイレを探していこうとしたんですが、「とりあえずスタートゲートをくぐってからにしてください」と係の人に止められちゃいました。



でもね。生理現象って皆同じタイミングでくるですよ。
スタートしてからすぐにあるトイレには長蛇の列。
「ここは一杯だから、次のトイレに行って!」といわれて向かった先もやはり長蛇の列。(;´Д`)ああ…

もう次のトイレまでガマンするのもいやなので、思い切って並んだら…
たっぷり20分かかりました。


で、あわててレースに戻ったら。




アラ不思議。あんなにいたランナーがほとんどいなくなってる…( ꒪Д꒪)うあっ
IMG_2761.jpg
これはひょっとしてマジで最後尾…???
後で確認したら後ろにまだ3000人近くいたらしいですが、このときはそんなことわかりませんもの。そりゃ正直ビビリましたよ。


えらいこっちゃと必死の追走が始まったのでした。



ま、終わった今だから言えますが。このとき大会は始まったばかり。なんぼでも挽回できますので、今後同じような目に会う方、心配要りません。生理現象は無理にガマンしないで、時間かかってもトイレ行きましょうね。






次で大阪マラソンへの道、終わります。


大阪マラソンへの道 ⑤

え~皆様。


ツイッターのほうでちょいと書きましたので、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、昨日の大阪マラソン、とりアタマ無事完走を果たしました。("▽"*)



タイムは、5時間54分49秒。
ぎりぎりサブ5達成でございます。(5時間台で走ることをサブ5といいますの。)




フィニッシュメダルとフィニッシュタオルもらいました。
CIMG5985.jpg
なかなか気合の入った作りです。(^o^)


メダルはこんなデザイン。
CIMG5986.jpg


裏はコースの地図が入ってました。
CIMG5987.jpg




さて。
ではここからは時間をさかのぼって出走手続きの模様などご紹介しますね。



ランナーはマラソンの前日か前々日に、本番のゴールとなるインテックス大阪までゼッケンを受け取りに行かねばなりません。代理受け取りなど一切ダメ。必ず本人が行くことになってます。
CIMG5949.jpg



会場はお盆休みの関空並みの混雑。
いや。知りませんけどね、お盆休みの関空がどんなんか。( ̄∇ ̄;)
CIMG5950.jpg



身分証明書を見せて本人確認してもらった後、当日使う手荷物袋とゼッケン、ICタグをゲット。
CIMG5952.jpg
とりアタマの番号は34417番。Qブロックの出走です。Qブロックというのは、完走を目指すランナーのブロックで最後尾になります。



この後昨日アップした公式Tシャツを受け取り、手続き終了。引き続きEXPO会場へ入場します。このエリアは一般の人も入れるので…





もう、人、人、人!!
CIMG5956.jpg
前日の金曜日が台風の影響で雨だったからね。土曜日に集中しちゃったのよね。



協賛企業のブースがほとんどなので、ちゃんとマラソンエキスポっぽいブースもあるのですが、
CIMG5957.jpg




もはや、どこが大阪マラソンとつながるのか良くわからないブースも。。。( ̄∇ ̄;)
CIMG5959h.jpg
ランナーとその家族の方がカルニバルのお姉ちゃんと記念撮影中。。。






こちらは大阪の物産の紹介ブースなのですが。

何故か、夜店なんかである「型抜き」が出展されてました
何故、ここで「型抜き」なのか?(6 ̄  ̄)わからん…
CIMG5960.jpg
何箱売れたか、大変気になります。






変わったところでは、整体とかアロママッサージのブースがあったこと。あけっぴろげの会場で、皆さんマッサージを受けてました。( ̄∇ ̄;)
CIMG5967.jpg
マラソン終了後もやってくれるそうです。



さらにもうひとつの会場では、「大阪うまかもん市」というのをやってまして。
CIMG5971.jpg
でも「大阪」といっている割には、「気仙沼ホルモン」や「大分とりてん」なども出展されてまして。
すでにB級グルメ大会会場の様相。



ま、もう何でもアリですな。
何せ大会のコンセプトがこれですから。
CIMG5968.jpg
まさに大阪のノリです。
「おもろけりゃ、ええやん」ってやつですな。







前に大阪マラソンに参加した人に、「協賛企業の試供品一杯もらえるから大きい袋持って行ったほうがいいよ」と教えてもらったので、ちゃんと袋持って行きました。(^o^)

サロンパスとか、ヴァームとか、ノンアルビールとか色々もらいました。
CIMG5977.jpg



特にこの化粧品会社のが充実。気合入ってます。
CIMG5984.jpg


だいたい人がたくさん並んでいるブースはイケテル試供品をくれます。
あんまり並んでいないブースは「大阪マラソン限定セット」とかを売ってるブースです。



あのね。消費者を甘く見ちゃいけません。何でもかんでも「大阪マラソン」ってつければ買うと思ってるところがアマアマでんがな。賢い消費者はそんなことに踊らされたりしませんよ。






ま。
とりアタマは踊らされてますが。( ̄∇ ̄;)
CIMG5981.jpg
Tシャツとランニングキャップ、買っちゃいました。いや、ミズノだしね。物がいいしね。記念だからね。ね。






さあ。
明日は大阪マラソン当日の様子をお伝えしたいと思います。




明日、じゃなくてもう今日か。

もうちっとちゃんと更新するつもりだったけど、遅くなったので写真一枚だけ~(;´Д`)



今年の公式Tシャツはこんなんでした~(^o^)
CIMG5979.jpg
明日はこれは着ませんが。
とにかくがんばって参ります♪


大阪マラソンへの道 ④

ええと。
気が付いたら、明日は大阪マラソン当日でんがな。(6 ̄  ̄)う~む。光陰矢のごとし。



先々週の週末に生まれて初めて30キロ走って、先週末は石鎚山登って、で、今週末が大阪マラソンです。



誤解のないように言っておきますが、とりアタマはインドア派です。いや、マジで。
子供の頃からの知り合いはわかってくれるでしょうが、家の中で本を読んだり、マンガ読んだり、何かこちょこちょ作ったりするのが好きな人間なんです。今でも。


体育も好きではなかった。走るのは大キライだった。


なのに何故?

この歳で(20歳と○○ヶ月だよ!!)、大阪マラソンなんでしょうかね?
何故こうなったのか、自分でもさっぱりわかりません。親もあきれてます。



でも、とりあえず、本日出走手続きにインテックス大阪まで行って参ります。
せっかく練習したし、もったいないので。←多分この考え方が良くないのよね。( ̄∇ ̄;)



一ヶ月ほど前に大会事務局から送られてきた書類。↓
IMG_2612.jpg



中味は参加案内の冊子と、
img004_20131026084117cda.jpg
協賛企業の公告チラシが多数。。。



その中に混じって面白い案内が…

こんなのあるんですってよ、奥さん。
img005a_20131026084119e25.jpg
「完走者新聞」。( ・◇・)ほえ~。
申し込み締め切りが10月30日だってのがミソね。申し込んだけど完走できなかったってことがないものね。



あとね、商魂たくましい案内が二枚。
img006.jpg



他の大会でもこんなのあるのかしら?
img007a.jpg
本当に色んな商売考えますねぇ。




この一週間久々の山登りのダメージがなかなか抜けなかったのですが、(登山で使う筋肉は久しぶりに動かしたため)、やっと今日は体がどこも痛くなくなりました。と、思い込むことにしました。


では、皆様。
出走手続き行ってきます。
本日、もう一回更新あるかもしれません。





石鎚山登山 ③

石鎚山の山頂小屋のすぐ横には石鎚神社があります。


P1020358.jpg
中の御神体は撮影禁止なのでこの角度からパチリ。正面から撮ると御神体が写っちゃいますので。


さて。
山頂小屋があり、神社があるというのに、実はここは石鎚山の頂上ではありません。



向こうに見える天狗岳が頂上なのでございます。
P1020360.jpg
山のガイドブックとかを見ると当然のごとく、皆この天狗岳を目指しているのですが。
何故だかこの日は稜線上に人影なし。小屋に到着している多くの登山者も、こっちに足を伸ばそうとしません。
何故かしら?確かにきつそうではあるけれど、そんなにヤバイのかしら??と思っていたら、先ほど鎖場をひょいひょい登って行っていた兄ちゃんがちょうど天狗岳から戻ってきたところだったので、ルートを聞いてみました。



とり:「稜線伝いに行くんですか?」
兄ちゃん:「風もあるし、稜線だけを行くのは危ないと思う。ちょっと脇にルートがあるから」
とり:「こっからはルート確認できないんですけど、行けば見えてきます?」
兄ちゃん:「たぶん大丈夫」


明らかに、この兄ちゃんととりアタマたちの技術には大きな差がありますが、まあルートがあるなら何とかなるかと、行ってみることに。




とりアタマたちおばさん二人組が出発すると、行くか止めるか迷っていたらしい若い兄ちゃんたちも続々降りてきました。( ̄∇ ̄;)みんな迷ってたのね。
P1020364.jpg




最初は稜線伝いに行きます。しかし先の兄ちゃんの言ってたごとく、風もあるし、濡れていてすべるし、ちょっと危ない。
P1020365.jpg
左右は絶壁。道幅狭し。正直腰が引けます。で、やはりずっと稜線を行くのはあきらめました。



でもね。確かに脇にルートはあるにはあるんだけど、ガケをいったん2メートルばかし降りないといけない。しかもとりアタマの位置から真下には降りられないので、トラバースしながら。落ちたら断崖絶壁。当然ビレイ(確保)なし、ヘルメットもなし。

はい。写真撮る余裕ありません。三点確保を心がけながら、日ごろ伸ばしたことのない筋肉を思いっきり伸ばして、岩にへばりつきながら踏み分けルートまで下りました。




その後踏み分けルートを使って頂上直下まで行き、そっからガケをよじ登って…とりあえず、天狗岳山頂に到着。
いや。険しかった。こりゃ空身じゃないと厳しいわ。
IMG_2713.jpg
ところで、手前に写っている兄ちゃん誰やねんとお思いでしょうが。とりアタマたちの後にきた二人組みの兄ちゃんのうちのお一人です。高所恐怖症だそうで、交代で写真を撮ってたんだけども、腰抜かして立てなかったので一緒に写りました。( ̄∇ ̄;)兄ちゃん、高いとこ怖いのにようがんばったねぇ。




天狗岳から見た石鎚神社。帰りのルートのほうが良くわかる♪
P1020366.jpg



翌朝の風景。
P1020378.jpg
ガスで真っ白。(6 ̄  ̄)天狗岳見えん。
昨日のうちに登っておいてよかった~と思ってましたが。この日に登った人から聞いたところによると、ガスってて下が見えないからかえって怖くなかったそうです。
なるほど。
でも、危険には変わりないですわね。( ̄∇ ̄;)




石鎚山は一般の登山者とお参りの方が入り乱れるちょっと変わったお山でした。(^o^)
とりアタマからすると、お参りの方の軽装が気になったなぁ。コンビニレインコート率、スニーカー率高し。傘差して歩いている人もいたし。(;´Д`)マジ危ないよ、それ。
石鎚山は関西最高峰なんだから、やはりそれなりの装備が必要と思います。雨具と靴だけでも山用のものを使うと、ぐっと安全性が高まりますよ。



お参りの方は日帰りが多いようですが、ここは泊まってこそ価値のある山かもしれません。
宿泊客は神社の夕拝、朝拝に参加できます。祝詞をみんなで読み上げ、御祓いしてもらって、朝拝では御神体に直接触れることも出来ますの。こんな神社、日本中ここだけだそうですよ。



で、山小屋のトイレにはこんな張り紙が。
P1020371.jpg
登山者に、「雨乞い」か「節水」を呼びかける張り紙…。

とりアタマたちが登った日は、雨降ってましたので雨乞いはしませんでした。晴れ続きの日に登った方はぜひ、雨乞いしてくださいませね。






石鎚山登山 ②

雨でも満面の笑み。(^o^)



P1020333.jpg
なぜなら背後の雲海がきれいだから♪
雨も悪いばっかじゃありません。快晴ではこの風景は見られませんのでね。



さて、「夜明かし峠」と呼ばれる場所まで登ってきました。
矢印のところに小屋が見えます。
P1020338.jpg
すごく遠くに感じますが、1時間かかりません。



石鎚山は修験の山で、長い鎖場(ガケ)があることで有名なのですが…

実際行ってみると、こんな感じのごつい鎖が付いてるまさにガケでした。
P1020340.jpg
ここは一の鎖場。3つある鎖場の中で距離も一番短く(でも30メートル以上ある)、角度も緩やか。緩やかといってもやっぱりすごい壁ですがね。(6 ̄  ̄)


一歩先行く兄ちゃんが、ひょいと取り付いて、登っていきました。
P1020342.jpg
回避ルートはあるのだけど、せっかく石鎚に来たのだから一本くらいは登っておきたい鎖場。



で、とりあえず一の鎖は登ったのですが。
すみません。
登りながら写真撮る余裕なんかありゃしませんでした。(;´Д`)


だから、登りきった後に相方が登ってくる様子をパチリ。
P1020344.jpg
とりアタマ、ボルダリング(←手足のみを使って登る、壁登り)の経験はあるのだけど、正直雨に濡れた岩をごつい登山靴でよじ登るのは相当大変でした。なんせ、すべるしねぇ。落ちたら間違いなく大怪我しますし。下手したら死にますし。



というわけで、60メートル以上ある二の鎖は今回はパス。
P1020350.jpg
鳥居の向こうが二の鎖だけど、ここは次回の宿題にします。三の鎖は今工事のため閉鎖中なので、この工事の終わる頃(来年だか再来年だか)にまた来て全鎖場を制覇しましょう。



迂回路の階段を上り、工事中の三の鎖前をやり過ごすと、
P1020351.jpg
程なく…


今晩宿泊する山頂小屋に到着します。
P1020356.jpg
登山口から、2時間半くらい。途中ご飯を食べても3時間ちょいの行程です。

なかなかキレイで清潔感のある小屋でしたよ。
マンガ一杯置いてあったし。(^o^)



次回で石鎚山登山編終了です。


石鎚山登山 ①

ええと。
石鎚山なんですが。


行ってきましたとも。
皆様の祈りむなしく、土砂降りの中を。(T▽T)




とりアタマたちが登ったのは、ロープウェイのあるいわゆる表参道コースなんですが。


このロープウェイ乗り場付近が何というか、すっごくディープ



ディープな温泉街。「街」っちゅーのも正直はばかられますな。( ̄∇ ̄;)
P1020306.jpg


超ディープなみやげ物屋。
P1020308.jpg
ディープというか…怪しすぎだろ。
誰が買うねん、こんなみやげ物…。




錆びてハゲハゲの看板。本当に営業してるのか不安になりましたが。
P1020309.jpg



ロープウェイは一応ちゃんと動いてました。
P1020321.jpg
これで、登山口のある成就社まで一気に上がります。徒歩で行くコースもありますが、なんせ雨降ってるので迷いなくズルしますわ。(というか、ここはロープウェイで行くのがメジャールートです。)



成就社近くはまたまた濃ゆ~い感じのお食事どころ、旅館が立ち並んでおります。
P1020322.jpg
これは登山客のための宿ではなく、お参りの方のための宿のようですね。
石鎚山は信仰のお山なのです。
ハイカーに混じってほら貝を持った山伏の方や、白装束のお参りの方が多数いらっしゃいます。



みんな土砂降りの中、どんどん登山口に向かっていくのよねぇ。
「アホな人がぎょうさんおるわ…」と言いながら、とりアタマと相方も土砂降りの中山に入っていきます。



完全防備です。
P1020327.jpg
濡れると体にこたえるので、山では絶対に体を濡らさないのが基本です。
逆に言うと濡れなきゃ大丈夫です。



登山中、大学サークルか何かで強制的に(?)登らされている若い兄ちゃんたちと何度もすれ違ったのですが、その兄ちゃんの一人が、とりアタマたちに聞いてきました。


「何であなたは雨の中山に登ったりするんですか?何か楽しいですか?」



…。もっともな疑問だわ。


でもね。登らないといけないのよ。だって嵐が来ているわけじゃなし。単なる雨だし。装備さえしっかりしてれば危険というわけじゃなし。


なぜなら山頂小屋の予約取っちゃってるもの。小屋でご飯食べてビール飲んでみんなで雑魚寝するんだもの。
だから行かないとダメなんだもの。
ちなみに、その兄ちゃんたちはあまりきちんとした装備をしていなくて、ジャージやユニクロダウンにスニーカーで雨具なしで登ってたので、ずぶ濡れで相当気がめいってたと思われます。テンションは異常に高い人たちだったけど。( ̄∇ ̄;)


…というわけで、後二回ほど続きます、石鎚山登山編。


大阪マラソンの前に

とりアタマ、今週末は四国の石鎚山に登ってきます。



高速バス乗り場にて。

おニューのザック。




今晩は、徳島市内で知り合いの家に泊めてもらい、明日早朝より移動。

石鎚山に登って、山頂小屋泊、翌日下山して温泉行って、また高速バスで神戸に帰って来て、翌日から働くという強行プラン。…でもって来週は大阪マラソン。(^◇^;)

友人からも父からもアホとお言われてます。(-_-)確かに。

おまけに、雨きそうだわ~。
こういう時、日頃の行いが試されるのよねぇ。



行ってきますよ、


みなさん♪

あんまり酷く降らないように祈ってて下さいませ。

大阪マラソンへの道 ④

ええと。
最近マラソンネタがなかったことにお気づきでしょうか、皆様。( ̄∇ ̄;)


中には、「ああ、あきらめたんだな。」とお考えになっている読者様もいらっしゃるかと思いますが。




あきらめてませんよ~。とりアタマは大変ねちっこい性格ですので~。
9月の10日に生まれて初めて10キロ走り、21日には15キロ。28日には25キロと順調に走る距離を伸ばし…


昨日ついに、30キロラン達成しました~。(´▽`)
4時間10分もかかったけども…



先週仕事中にちょっと腰を痛めちゃって、夜ランは大事を取って止めていたのですが。この週末に最後の長距離を走っておかないと、来週は石鎚山登山を控えているし、その翌週はもう本番だし。思い切ってチャレンジしてみたら何とかいけました。ホッ。正直今日は筋肉痛で大変ですが。(T▽T)




気持ちを奮い立たせるためにまたもや形を整えたとりアタマ。


ランニンググッズ増えました。("▽"*)
IMG_2670.jpg
サロモンのボトルポーチとランニング用キャップ。CW-Xの柔流、TABIOランニングソックス。

はい。とりアタマ今月どころか来月まで貧乏決定しました。( ̄∇ ̄;)スッカラカンです。




以前買ったCW-Xの機能タイツと組み合わせて着ると、こうなります。(久々の自虐ネタっす)

IMG_2674.jpg
スリッパを脱げ、スリッパを!



まああれですね。
ものすっごい高いスキーウェア着て、一流の板履いて、ゆる~い斜面でへっぴり腰でボーゲンしている人くらい痛いんでしょうね。


でもいいの。
以前のとりアタマだったら、こういうカッコで走ること自体がなんかこっぱずかしくて絶対ダメだったのだけど。
最近、何かがアタマの中でブツンと切れて、全く平気になりました。

またひとつ、おばさんの階段を登ったのかしら?




仮装に逃げようかということもマジメに考えたんだけど、送られてきた案内見たら「出場者の仮装は禁止します」とハッキリ書いてあったのであきらめました。。(たぶん、禁止されてもする人はするんだろうけど。大阪マラソンだし。)



さあ。
山も登るし、来週再来週と仕事も立て込んでいるので、もうあんまり無理は出来ません。
調整しつつ、本番を迎えるのみ。


ぎっくり腰になららいように気をつけなくちゃ。
あとねぇ、足の指の爪が4本ばかしぐらぐらしていてはがれそうなんだよねぇ。どなたかいいケアの方法知りませんか?



初犬猫団子。

少し冷やっこくなってきたら、こんなラブリーな状況が…


かわええ~(^^)


でもってそこにアンジー坊っちゃまが。

サブ子の耳を舐めております。



分かりにくいですが、サブちゃんもアンジーをペロペロ。(≧∇≦)クゥ~。多頭飼いの醍醐味だわ~。


やっといい季節になって来ました。
このままちゃんと秋がやって来ますように!

型が付いちゃわないかしら?

さ、サブちゃん?


CIMG5879.jpg
あんたどこに寝てるの!?





CIMG5883.jpg
そんなところに寝て痛くないの?





CIMG5883f.jpg
特に、この辺りがすっごく痛そうなんだけど。( ̄∇ ̄;)





CIMG5893.jpg
何かの健康法ですか?それとも修行??





サブ子さん。
ときどき訳のわからない行動を取ります。
それともマジで気持ちいいんだろうか…




花嫁修行中ですか…

先日家に帰ると、一階のトイレに何だか違和感が。あれ?( ・◇・)あれナニ?



トイレットペーパーの下に知らぬ間にホルダーが設置されておりました。
CIMG5897.jpg




なんと。
とりアタマ父手作りのペーパーホルダーらしく…
CIMG5898.jpg
父曰く「トイレットペーパー切れたとき不便やないか」と。
齢82才にしてそこに思い至ったのね。(6 ̄  ̄)




どこかでこういう商品を見ていたらしく、家にあったあまり布で作ったそうですわ。
父~、あんた「すてきな奥さん」ですか?
お昼ごはんの後、いそいそミシン出してきて、ちょいちょいと作っちゃったですか?



しかも、けっこう縫い目きれいだし。
IMG_2658.jpg



ま、願わくば。布のチョイスがね。
とりアタマの枕カバーと同じっつーのが個人的にはちょっとアレだけど。
IMG_2649.jpg
しかし文句言えた筋合いじゃありません。この枕カバーもとりアタマ父に作ってもらったものなので。( ̄∇ ̄;)




それにしても。
最近料理の腕も上がったし、マジでいつでも嫁にいけますねぇ。
つーか、10歳くらい年上の資産家の女性と再婚するとか言い出さないかしら。とりアタマ、喜んでその人のことをママと呼びますよ。







と。
そうそう。
新しい首輪をしたアンジー君ですが。


イマイチな写真ですけど、こんな感じになっております。

ピンクのほうは引き締まった雰囲気。
CIMG5904.jpg




水色のほうはやさしい雰囲気。
CIMG5907.jpg


今はピンクをしてます。
ごとーさんの猫首輪はとても軽いのだけど、それでも今までつけていたゴムひも首輪よりは重いし幅も広いので、ちょっと嫌がるかしらと思っていたのですが。


父が言うには、全く気にも留めていない。らしく。
というか、多分首輪が変わったことに気が付いてもいないだろう、とのこと。



アンジーだもの。さもありなん。




写真教室と猫のお店。

昨日の土曜日は月に一度の写真教室の日でした。


先日持って行った写真はコレとコレ。

P9270132ss.jpg

img003.jpg







一枚目のフランの写真は、ブログにこういう形でのっけてたやつです。
P9270132_20131006215159ddc.jpg
この写真はモノクロかセピアにしたほうが雰囲気が出るんじゃないかと思い、パソコンで加工してみました。
どうやら狙いは良かったみたい。セピアの写真のほうが評判良かったです。


人に写真を見てもらうのって、本当に勉強になりますねぇ。(´▽`)



写真教室終了後、ちょっと大阪に足を伸ばして谷六(谷町筋六丁目)の「ギャラリーひなた」さんに行ってきました。
PA050007.jpg
今ちょうど、「猫のお店」というのをやっているので。



お目当ては、「ひぽたまパン」♪
PA050005.jpg



たまたま昨日は月に一回の出張販売の日でしたの。
PA050004.jpg
売り切れてるかと思ったけど、何とかありました。「猫パン」!



中にはシナモンの効いたカボチャ餡が入ってるのですが。。。
IMG_2641.jpg
顔のついたものって、食べるのちょっと躊躇するよねぇ。(;´Д`)


いや、食べますけど。
絶対食べますけどさ。(6 ̄  ̄)


P6010128.jpg
悪いね、サブちゃん。
とりアタマ父も食べたいといったので、ガブッとする前にまず真っ二つに割りました。( ̄∇ ̄;)

重めのパン生地で餡も甘さ控えめ。大変おいしゅうございましたよ。


あとね。アンジー用にごとーさんの猫首輪買いました。
何せアンジー坊ちゃま。坊ちゃまという割には、ブリーダーさんのところでしていたゴムバンドの首輪と、とりアタマ父が100円ショップのゴムひもで作った首輪しか持ってないもので。
P3300005.jpg




奮発して、二本買いました。ひとつはバックル、ひとつはマジックテープ。どっちが使いやすいかなぁ。
IMG_2642.jpg
ちなみに、サブ子さんは何度首輪をしても、外しちゃうのであきらめました。万が一外に出ちゃったときのためにしておきたいのは山々なんだけどなぁ。ストレスになるのもかわいそうなので。


元ノラのサブちゃん、今ではものすごくお外が怖いようで、網戸が開いてても出ようとするどころかダッシュで窓から離れて逃げます。だから、ま、無理にしなくてもいっか、と。


新しい首輪をつけたアンジー坊ちゃまの写真は、また後日~。



R18必要でしょうか。

ある日のアンジー坊ちゃま。



適度に日が当たり、心地よい風が入ってくる掃きだし窓近くの(フランの)マットの上で、おっぴろげ。
CIMG5846.jpg




開放的にもほどがありますわよ、坊ちゃん。( ̄∇ ̄;)
CIMG5848.jpg
うちのブログ、R18指定かかってないんだからね!





しかしさすが、ねずみ男でもアビシニアンの端くれ。けっこう筋肉質の細マッチョ。
CIMG5849.jpg
ただし、真ん中のナニは大変ちんまりさんですが。何せ、元、「玉無し王子(停留睾丸)」でしたからね。。。




CIMG5851.jpg
いや~。いやいやいや。

正直たいへん微妙です。




悪徳リフォーム。

以前、友人の「りーちゃん」からもらった、キャットキャッスルですが。



CIMG5609_2013100218584281f.jpg


その後もサブちゃんが使い続け、今ではこんな風に…
P9270146.jpg
な~んか、サブちゃんが齧ってむしってボロボロにしちゃうんだよねぇ。(6 ̄  ̄)
とりアタマ父がビニールテープやなんかで補強してくれたんだけど、サブちゃんの顎力の前には無駄でした。




サブちゃ~ん、せっかくのお城が完全に廃屋状態だよ。まだ築3ヶ月経ってないのに!
何でそんなに齧っちゃうの?





P9270148.jpg
え?
マジっすか?





CIMG5855.jpg






IMG_2631v






IMG_2633.jpg
ほほう。コレは破壊ではなくリフォームであると。( ̄∇ ̄;)
モノは言い様っつーか。。。


しかし、無理なリフォームがたたったのか、すでにお城の基礎がゆがんできてますので、倒壊は時間の問題かと。
年内持つかしら…(;´Д`)








ついに…

こんなん来ました~。



もう逃げられません。^^;
今日も夜ランで10キロ走りました。はぁ、しんど。(´o`;

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。