スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真教室の課題。

先日、写真教室の合評会用に、六甲アイランドでふーの写真を撮ってきました。

P3230014.jpg



写真教室では毎回お題が出るのですが。

今回のお題は、「ワンニャンが横向きに歩いている(走っている)姿」。





で、出した写真が、これ。

P3230084.jpg



もういっちょ。
P3230085.jpg
…いや~、なかなか難しいです。( ̄∇ ̄;)


もっとぱーんって元気よく飛んでる姿を撮りたいのだけど。
イメージはあるのだけど。


撮れないもんすねぇ。( ̄‥ ̄) = =3



何度も「おすわり」、「まて」、「来い」を繰り返させたれたフラン。
いい加減うんざりしていたようですが。


それでも、終始ニコニコ。
P3230054.jpg




何年かぶりの六甲アイランドの広い空間が楽しくて楽しくて仕方ない様子。
P3230096.jpg



こんなに喜ぶなら、ちょくちょく連れてきましょうかね。
P3230067.jpg





ちなみに、次回のお題は「こっちに向かってくるワンニャン」。



ハードル高そうだわ~。( ̄∇ ̄;)

P3230058.jpg




スポンサーサイト

みんな1歳♪

これ、↓、アンジーがブリーダーさん宅からうちにやって来るときにしていた首輪です。

P3300004 - コピー
初めての首輪として、記念にとっておいたの。




2012_05270137_20130330080012.jpg
ホラ♪チビアンジー。(´▽`) かわいかったなぁ。←さりげに過去形。





P3300002 - コピー
本人はすっかり忘れているようですが。( ̄∇ ̄;)




昨年5月ごろのアンジーは、こんなだったのよねぇ…
2012_05280025_20130330080012.jpg



2012_05280031_20130330080212.jpg
ああ♪仔猫ええなぁ。("▽"*)
ずっと、こんなんでもよかったのに…





P3300008.jpg
なった、なった。( ̄∇ ̄;)
でっかくなったねぇ。最近、関西弁しゃべるようになってきたし。







さて。
アンジーが1歳になったということは、アンジーの兄姉も1歳になったということで。
アンジーと同腹の兄姉の写真が、こちらで見られます。あ、ひょっとして、弟妹なのかもしれませんが。
兄(弟)のアビー君。アンジーとあまりにそっくしで大笑いできますよ。ぜひ見に行ってみてくださいね~。



アビー君とアンジーの小さいときの写真はこちら。↓
20120516213524c6f_20130330080056.jpg
上の段の右側がアンジー、左側がアビー君です。下の赤毛の子は、とりアタマがアンジーにするかこの子にするか最後の最後まで悩んだ異母兄弟です。



アンジーの姉(妹)の名前はメイちゃん。残念ながら小さいときの写真は撮ってないの。とりアタマはもともと男の子が欲しかったから、そっちばっかりに気が行っちゃって…( ̄∇ ̄;)。
でも、こちらのページでは今の様子が見られるよ~。



アンジーを譲ってくださったブリーダーさんのブログです。幸せそうなニャンコたち満載でほっこり。アビ好き、ソマリ好きにはたまりません。
…ほんと、たまりません。( ̄∇ ̄;)よだれ出る…









健康家族…かな?

もみの木動物病院で、アンジーのお誕生日月無料健康診断を受けてきました。


有料の血液検査はこの間したばかりなので、今回は無し。



院長の診察を受けるアンジー君。

IMG_1776.jpg
相変わらず、迫力のないシャーでみなを笑わせておりました。( ̄∇ ̄;)



お父さん猫もお母さん猫もそこそこ大きいのに、思った以上に大きくならなかったことを院長に相談してみたら。



「ぼくの母親は小さいけど、こんなでっかい息子生んだしなぁ。まあ、世の中色々あるんちゃう」

ですと。



ああ、さいでっか。


何かねぇ。もみの木の院長、若い頃はものすごい熱血先生で、犬猫の健康管理に対してむちゃくちゃ厳しかった記憶があるんですが。


年くってから、丸くなったっちゅーか、ゆるくなったっちゅーか。(6 ̄  ̄)


いや、決していい加減になったという意味じゃないんですよ。(多分)
アンジーも、血液検査に何の異常もないし、毛づやもいいし、体つき見ても病的にやせているという印象を受けないという、色々そういう根拠があっての発言ですから。


まあそれにしても。人って変わるのねぇ。( -"-)





お誕生日の記念撮影をしてもらいました。
img001.jpg
あえて、カワイイ顔じゃなく、迫力のないシャー顔を狙ったそうです。
これはこれでかわいいけども。←親ばか





フィラリア検査のときにした、フランの血液検査も出ていました。
結果はまったく問題なしの花丸。
P3230030.jpg
怖がりサブ子はなるべく病院に連れて行きたくないので、血液検査はしませんが。
あれだけ艶々の毛をして、濡れ濡れのお鼻で、食欲もあって、毎日よい便をしていれば、問題ないでしょう。




ケダモノはみな元気。
人間は鼻炎でずびずびのへとへと…のとりアタマ家でございます。





虐待じゃないって。

この間、アンジーをお風呂に入れたときに、フランも洗ったのですが。



このとき、ただならぬ気配を感じたのか、サブ子がむちゃくちゃ警戒しちゃいまして。( ̄∇ ̄;)



CIMG2838_20130325225408.jpg


P1010917.jpg
いやいやいやいや。人聞きの悪い。
虐待じゃないってば。






CIMG2840.jpg


2012_02020016のコピー
だから、違うって。虐待じゃなくて、愛です、愛。





CIMG2839のコピーa
フランを洗っている間、ずっとソファベッドの下にもぐりこんで出てこなかったサブちゃん。
シャンプーの日はいつもこうです。
次は自分の番に違いないと相当警戒している様子。




でも。
安心してサブちゃん。
おばちゃん、正直サブちゃんを洗う自信ないわ。(多分パニックになる)


サブちゃんは毛づくろい上手だから、いつも真っ白でピカピカだし。
自分でキレイにできない後ろ首の辺りは、おばちゃんがペット用のウエットシートできれいに拭いてブラシもしてあげるから。
だから、安心していいよ。



どうやら自分は大丈夫そうだと、ベッドの下から出てきたサブ子さん。(´▽`)
CIMG4930.jpg
なんか、これ一家団欒の写真みたいでいいね。








お誕生日のプレゼント。

先日、とりアタマの大好きなゴールデン・レトリバーのタンタンちゃんのブログ、「犬のいる生活」を見ていて、タンタンちゃんの誕生日に、それはそれは心のこもったすばらしいお誕生会が催されている様子に痛く感動したとりアタマ。


思えば、フランの(仮定)誕生日にも、サブ子の(仮定)誕生日にも、ほとんど何もお祝いらしいお祝いはしていないなぁと。こりゃ、いかん。これではあまりにも、飼い主として愛情がなさ過ぎると、大変反省しまして…



このたびのアンジーの誕生日には、思い切ったプレゼントをすることに。


P3200081s.jpg
ああ。いやいや。誤解を与えたらごめんなさい。



それはしません。( ̄‥ ̄) キッパリ




だって。
あんたお腹弱いじゃん。
決まったカリカリ以外食べるとすぐにピーしちゃうんだもん。(カリカリの分量を増やしただけでもユルユルになる)


正直、おもちゃとかもいっぱい持ってるしねぇ。ワンコと違って車で遠出してお散歩ってわけにも行かないし。
なかなか難しいのよ、ニャンコの誕生日プレゼントって。


だから、考えた末。




お風呂に入れてあげることにしました~。(´▽`)




P1010905.jpg
アラ?そうかしら?

思えば、風邪をひいては大変と、冬の間約4ヶ月ほどお風呂に入ってなかったアンジー君。
結構毛がベタついてたのですよ。
アンジー君、意外と脂性な上に、サブちゃんみたいに毛づくろいが上手じゃないからね。



前にも書きましたが、アンジーはネットに入れなくてもお風呂に入れます。あ、一応爪は先に切っておいたけど。でも、洗っている間一度も爪立てられなかったし。


毎回毎回、かえるさんのバス枕に興味津々だし。( ̄∇ ̄;)
P1010900.jpg


温かいお湯が気持ちいいのか、全身濡らされてもぐるぐるごろごろ…
P1010907.jpg
アビシニアンは水を嫌がらない子が多いって聞くけど、ホントなのねぇ。





とはいうものの、調子に乗って二度洗いしたら、さすがに嫌になったらしく。
P1010917.jpg
(誕生日なのに)悲痛な叫び声をあげたので、このへんですすぎ終了。
人間用のくるくるドライヤー(弱)でざっと乾かして、




あとは遠赤外線パネルヒーターの前に放置。
P1010919.jpg




1時間もすれば、ピカピカのアンジー君の出来上がりです。
P2100049d.jpg
どうかな?アンちゃん。
姉ちゃん(←とりアタマ)からのお誕生日プレゼント気に入ってくれたかな?




P2100049.jpg
あれ…







アンジー君、1歳。

本日、3月20日はアンジー坊ちゃまの誕生日でございます。(´▽`)


めでたく1歳になりましたよ~。


P3200081のコピー
いや~、まったくそうあって欲しいもんなんですけどね。
現実にはまだまだ子供です。
図体ばっかりデッカくなって…





て。




あら?あんまり大きくなってないのね。( ̄∇ ̄;)
P3200073.jpg
アンジー坊ちゃま。意外と小ぶりな男になりました。お父さん猫の大きさからすると、もうちょい大きくなるかと思ってたのだけど。
アンジー君は大変な食欲魔人で、出せば出すだけどんどん食べちゃうタイプなので。でもって、そのくせ胃腸は弱いらしく、結構頻繁にピーしたり吐いたりするので、厳し目に食事管理をしてたのだけど…
ひょっとして栄養が足りなかった?( ̄∇ ̄;)


ま、いいや。(いいのか!?)
来週には、動物病院でお誕生日月検診を受けるから、そこで色々わかるでしょう。





アンジー君。
サブ子ねーたんとはもちろんのこと…
IMG_1760.jpg
(とりアタマ父、iPhoneで撮影。ズームの使い方を知らない模様)





ふーねーたんとも大変仲良し。おかげでとりアタマ家は大変平和でございます。
P3200077.jpg
ホント、よい男に成長しました。(^o^)




願わくば、シッコはトイレでしておくれ。くれぐれも。




こら。

どーでもいいが…



P2100015.jpg
iPadの上に座るな。( ̄‥ ̄) = =3座布団か。




アンジー。
もうすぐ1歳です。





でれでれ。

サブちゃんの肩をもむ父…f^_^;)


もう父は、サブちゃんにメロメロデレデレ…

iPhone5来た~!

最近AndroidにけちょんけちょんにやられているAppleさんですが…


とりアタマ、そんなことは全く気にせず、iPhone5をゲットいたしました。(^^)
いえ。現実には気にしようにも、iMacユーザーだし、iPadユーザーだし、今更どうしようもないんすけどね。(^^;;


本体の色は黒。カバーの色は思い切って赤。本当は黒のカバーが良かったのだけど、それだと前のiPhoneとかぶるので。
ちなみに前のiPhoneは、

とりアタマ父が使うことになりました。齢82歳のiPhoneユーザーでございます。(^^;;
何かね。先日、Appleの保証期間中にバッテリー交換しておこうとショップに行ったら、「バッテリーには異常がないので、本体交換します」とか言われて、いきなり新品のiPhoneをくれたのでね。それを父用にしたわけです。決してお古をあてがったわけじゃないのよ。(≧∇≦)
もともとiPadユーザーの父ですので、何とか使ってくれるのじゃないかと…
出来れば、自力でなんとかしていただきたいと、切に祈るとりアタマでございます。(^^;

サブ子玉。

今年は抜け毛がスゴイわ~。(ー ー;)


ものすごい役にたってます、「ねこの気持ち」のふろくのラバーブラシ。


白くてキレイなサブ子玉♪
たまったら、ミニサブちゃん作りましょう♪

神戸の春。

神戸の春の風物詩、「いかなご」買ってまいりました~。


CIMG4832.jpg


神戸では、このいかなごを釘煮にして楽しみます。つまりは佃煮です。いかなごが熱で古釘のように曲がるから釘煮というんだそうです。



去年も書きましたが、とりアタマ、料理は好きなほうなのに、この釘煮というのは作ったことがありません。というのも、年上の犬友達の方が毎年送ってくれる釘煮が激ウマで、自分で作る必要がまったくないから。



とはいいながら。もう十年以上、毎年毎年送っていただいてさすがに申し訳なく、去年作り方を書いて送ってもらって、次は自分で作ろうと(そのときは)決心していたのですが。。。( ̄∇ ̄;)





まだ、作っておりません。



まだ作ってないですよ~!二度言った。





いや。材料そろえたんですけどね。
鍋も。



CIMG4863.jpg


まだちょっと小さいかなという気もして。どの辺りの大きさで佃煮にするかも、各家庭の好みが出る場面ですの。

じゃあ、なんで買ってきたのかというと、彼女らに食べさせるためです。


いかなご大好きの、フラン。
CIMG4833.jpg
パック開けたとたんに台所に来た。匂うのかなぁ。



昼に水揚げされたばかりの新鮮なものなので、生のままいっていただきます。あ、ちなみに人は生では食べませんよ。
CIMG4837.jpg
縁あって神戸の家にもらわれてきたのだから、春にはいかなご食べないとね~。(´▽`)





サブ子もいかなご好きです。
CIMG4842.jpg
何か相当怖い顔して食べてますが、喜んでくれていると思います。多分。




アンジーは初いかなご。気に入ってくれるかな?
CIMG4844.jpg




ありゃ?(゚◇゚;)
CIMG4857.jpg
めずらしい。アンジーが食べ物拒否るなんて。




ま。いいですけどね。家にはいかなご好きが二人も控えているから。
CIMG4852.jpg





CIMG4861.jpg
そうなんだよねぇ。積極的にあげたことなど一度もないのに、アンジーはなぜか小麦粉系、コメ系の食べ物に目がないのよ。カリカリのキャットフードも大好きだから世話なくて良いけど。


喜んでくれると思っていた飼い主はちょっとさびしい気がするのでした。( ̄∇ ̄;)







風吹き岩の猫。

この間の日曜日、今年初めてのお山に行ってきました。



選んだコースは芦屋のロックガーデンから有馬に至るロングだけど超メジャーなコース。


大阪湾を望む。
P1010865.jpg



こんな岩場を登っていくのですが、厳しいところには鎖がたらしてあり、見かけほどハードではありません。
P1010867.jpg



途中で、風吹き岩という大岩のある場所に出るのですが、そこで小休止していると、何と猫が!


登山口から小一時間、岩場をよじ登ってくるようなこんな場所に、なんで猫!?(゚◇゚;)


三毛っぽいちょっと長毛の彼女。目が合うと近づいてきて、哀れに「ニャァ」と鳴いた。。。
P1010868.jpg




P1010869.jpg
そりゃそうだろう。山小屋があるわけじゃなし、こんな岩場でどうやって生き延びたの?
ハイカーがくれるゴハンだけを頼りに生きてきたの??




少々パニクっていると、猫はさらに近づいて、前足を岩にかけ、伸び上がってくる。
P1010870.jpg
とりアタマは、去勢や避妊のため餌付けすることはあっても、不用意にお外の猫にご飯を上げません。結局それは不幸な猫を増やすことにつながるから。


でも、ここは民家から遠く離れた山の中。


ここで食べ物にありつけなかったらこの子は今度いつご飯が食べられるのかしら?と思ったら、思わずかつお入りおにぎりを分けてあげてしまっていました。





一体何故こんな場所に猫がいるの?
猫が自分から山に登るとは思えない。エサもないのに。
ということは、わざわざここまで猫を捨てに来たバカがいるってこと?
いままでどうやってこの子は生きてきたの?



いろいろ疑問が沸き起こり、誰だか知らないが、こんな場所に猫を捨てるやつがいるなんて!と怒りまくっていたら。。。
目の端に別の猫が…今度は白茶トラ。(写真無し)
でもって、向こうの茂みからもキジトラが一匹のそのそと…(写真無し)


ハイカーが増えるにしたがって、あちこちからわらわら出てくる猫たち。。。(6 ̄  ̄)え~と…







おい。








あんた、一匹だけだと思っていたけど、実は群れなんかい。( ̄□ ̄;)






何か、後から来たアベックのハイカーが話しているのを聞いていたら、どうやら風吹き岩の猫、って有名らしいですわ。Webでもヒットしました。
ハイカーから、お弁当をねだって増殖してるんですと。



だまされた。
あまりに哀れに鳴くから、てっきり一匹だけ捨てられた猫かと思っちゃった…

P1010873.jpg
よ~見たら、結構ぷっくりしてるし、したたかな目をしてるわ。( ̄∇ ̄;)




いやしかし。
やはり猫たちに罪はない。
ここで繁殖はしているにせよ、最初の何匹についてはわざわざこんなところに猫を捨てに来たやつがいるはず。(人家から本当に離れている岩山なのです。)




当然耳カットされている子はいないし。
このままだと、増える一方。何とかならんかなぁ。
捕獲器もって登ってつかまえて降りるのって、考えただけでものすごく大変そうなんだけど。。。う~む。





携帯から。

あまりに時間がないので、携帯から投稿…f^_^;

まんまるサブちゃん。

何か美味しそう。^ ^


あ、起きた。

目つき悪すぎだってば…

ウソついてごめんなさい。

毎日更新…とかいいながら。


えらい長いことお休みしてしまいました。
ありていないい訳ですが、この一週間忙しくってもう!( ̄∇ ̄;)


でもって、今日はしっかりネタがあったのですが、電池が切れそうなのでそれは明日(以降)にまわして、写真だけで~



最近撮った、うちの子たちのベストショットを。


こうして見ると、
P2020003.jpg



みんなそれぞれに、
P2100030.jpg





なんて、賢そうでかわいいのでしょう♪
P2100114.jpg






ま、現実はこんな感じなんだけど。( ̄∇ ̄;)
P2020006.jpg


OMD大変良いカメラです。(´▽`)




カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。