スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真だけで。


とりアタマ、何年かぶりに風邪をひいてしまいました。マスクしていようが、うがい手洗いしていようが、ひくときはひきますね、風邪。
皆様もお気をつけくださいね。


というわけで。
すみませんが、本日は写真だけで~。



CIMG4123.jpg


CIMG3989_20121129080638.jpg


普段、とりアタマから「オツムがアレだ」と言われ続けているフランですが。
こうしてみると、たいへん「賢そう」に見えますな。( ̄∇ ̄;)


性格は抜群に良いんだけどねぇ。
最近「知恵が働く」という面においては、アンジーにも抜かされた気配があるからねぇ。



スポンサーサイト

暴かれた深夜の秘密。

さて。昨日の続きですが。



フランとサブ子が気持ちよさそうに寝ているのは、実はソファベッドの上であります。( ̄‥ ̄)



「ふーあび」を読んでくださっている皆様はお気づきかもしれませんが。
とりアタマんちでは、フランにソファベッドの上に上がることを許しておりません。


理由は、フランの足には致命的な欠陥があるので、なるべく日常的な上り下りの衝撃を足に与えたくなかったことと。。。。。。あと、ソファベッドが毛だらけになることが嫌だったから!щ(゚д゚щ)←正直こっちの理由が大きい。



フランもそのあたりは良くわかっていて、決して自分からベッドに上がろうとはしなかったのに。
ある日の夜遅く、とりアタマがいったん自室に上がった後しばらくして、携帯をリビングに置きっぱなしだったことに気が付いて取りに降りていくと。。。



衝撃の映像が…


CIMG4155.jpg
ソファベッドでぬくぬく快適そうなお二人。┐( -"-)┌
とりアタマが二階に上がって、しばらくしてからそっと上がった模様。←気配感じなかったゆえ。「そっと」上がったと思われる。
あ、サブちゃんはもちろん自由にソファベッドで寝てますわよ。猫だからね。




いきなり電気がついて、とりアタマが帰ってきたものだから、フラン明らかに動揺しております。
CIMG4156.jpg
もう、必死に顔をそむけております。( ̄∇ ̄;)





呼びかけても…
CIMG4157.jpg
顔も動かさず、聞こえないふり。




何度呼びかけても…
CIMG4159.jpg
絶対にこっち向かない。
でも、尻尾がかすかに振れちゃってるところがワンコらしくて面白い。( ̄∇ ̄;)



いつになったら観念してこっち向くだろうと、しつこく呼んでたら。


サブちゃんに怒られました。┐(´-`)┌
CIMG4158.jpg
ごめんよ、サブちゃん。
ぬくぬく寝たのにね~。(;´Д`)←サブ子にはちょー甘い。




しゃーないなぁ。
サブちゃんがぬくくて快適だというなら、夜の間だけはフランがソファベッドに上がるの黙認するか。
つーか。
このところ、とりアタマがソファベッドに寝転んだら、服が毛だらけになって大変だったのは、フランが夜上がって寝てたからだったのね。一体いつからだよ、まったく。。。



翌朝、サブ子がいないときにフランを詰問してみると。
CIMG4161.jpg
こーゆー顔で言い訳してました。ホラ、ここにも腹黒女の片鱗が…( ̄∇ ̄;)


ま。多分、サブちゃんに誘われたのは本当だと思いますが。
「朝までに降りとけばわからないニャ」とか何とか言われてね。



何だか、フランの防寒のために、断熱シートを床に張ってやろうかとか、サブ子に電気マットを買ってやろうかとか、いろいろ考えてたのがバカらしくなってきたわ。
この冬は、二人でソファベッドの上でぬくぬく犬猫団子になってしのいでくださいな。






ベストコンビ。

いろいろ更新したいことはあるのですが。

ちょっと、本日アレなので。

CIMG4152.jpg


写真だけで失礼いたします。m(_ _)m


CIMG4153.jpg



こうしてみると、ちょっと繊細ちゃんなサブ子と、物事に無頓着なフランは本当にベストコンビですな。



ところで、この二人が寝ている場所が大変問題なんですが。。。



そのお話は明日。( ̄∇ ̄;)ごめんね、こんなんばっかりで。





これは見逃すわけにはいかんわ。

ねぇサブちゃん。


おばちゃんは、サブちゃんのことが大好きだし、サブちゃんの言うことは何でも聞いてあげたいし、サブちゃんのすることは何でもニコニコ笑ってみていてあげたいけど。。。




これだけはダメだわ。
どうしても、黙認するわけには行きません。
CIMG4185.jpg
今サブちゃんがお付き合いしているボーイフレンドとは、別れてもらいます。
( ̄‥ ̄) = =3絶対に!



サブちゃんは、あんまり彼のことが好きじゃないけど、彼のほうがとってもしつこくてどうしようもないのはわかっているのよ。

でも、サブちゃんは優しいから、このままじゃ彼に押し切られてズルズルと無益な関係を続けることになっちゃうわ。
CIMG4186.jpg
それは、彼にばっかり都合のいいことで、サブちゃんにとっては百害あって一利なし。
いつか体も心もボロボロになって…で、ポイって捨てられればまだ良いけれど。あなたの彼は本当にしつこいのよ。知ってた?





このままじゃ、サブちゃんが生きている限り一生付きまとわれて、サブちゃんだけじゃなく、弟のアンジーにまでひどいことをしようとするのよ、あなたのボーイフレンドの、
CIMG4178.jpg
瓜実(うりざね)君たちは!




だから、嫌でも何でもしっかりお薬飲んでもらいますからね!!
CIMG4187.jpg






でましたわ。
サブ子のお尻から瓜実条虫。_| ̄|○ il||li
上の写真は、ブチブチに切れた瓜実条虫の切片が乾燥したものです。まるでゴマ。まんまゴマ。





瓜実君は、ノミの体に潜んでやってくるので、フランが連れてきたと思われます。
フラン、当然ノミ駆除してるんだけど。何でやねん。




とりアタマ、昨日はお仕事お休みだったのだけど、朝から掃除と洗濯に追われまくりでした。
サブ子にはボーイフレンド(たち)ときっぱり縁を切っていただきました。






最近おもちゃを使って遊ぶようになりました。

普段おもちゃで遊ばないサブ子が、

CIMG4146.jpg



夜中にひっそりと…
CIMG4150.jpg




またたびの入った魚の形のおもちゃで、
CIMG4147.jpg





無心に遊ぶ姿に
CIMG4149.jpg





再び激萌。("▽"*)アカン可愛すぎる。
CIMG4148.jpg
ちなみにおもちゃはとりアタマ父の手作りです。( ̄∇ ̄;)



この様子を眺めながら一人晩酌するしゃーわせ♪
一日の疲れも吹っ飛ぶわ。



ところが、このようにかわゆくて愛しいサブ子さんが、実は大変なことに!


詳細は明日!




あ。
大変は大変ですが、あまりマジに取らないで。ケダモノと暮らすとこのようなこともまま、ある、のか、な?




萌えメシ。

仲良く陽だまりで眠るお二人♪(´▽`) ぬくそう~。




このときのサブちゃんの、
CIMG4131.jpg




この、
CIMG4132.jpg





足のそろえ方に、
CIMG4133.jpg
劇萌え。("▽"*)




これだけで白メシ3杯いけます。( ̄∇ ̄;)






こわいこわい病。

最近ちょっと「こわいこわい病」が出ちゃったサブ子さん。


食欲はあるし、アンジーの相手もちゃんとしてくれるのだけど、何故だか人がこわい。もっとはっきり言うととりアタマ父がこわい。( ̄∇ ̄;)お気の毒、父。



父がいつものようにケージにご飯を入れても、こわがって入らないので、




本日のゴハンは外食です。(6 ̄  ̄)


CIMG4143.jpg
サブ子がゴハンの間、とりアタマ父は姿を隠しております。


なんで、サブ子が「おっちゃん怖い病」になったか。
実は原因ははっきりしておりまして。



ひとつには今フランの抜け毛がものすごく、父がしょっちゅうハンディ掃除機で毛を吸い取っていることが、掃除機が怖いサブ子には脅威だったことと。。。


CIMG4144.jpg


去勢手術後、ますます食欲魔人となったアンジーが隙あらば盗み食い、ゴミ箱漁りをするので、父が「こらっ!」を連発することが大きな要因と思われます。


でかい声出すと、アンジーじゃなくてサブ子が怯えるからダメだっつってんのに、つい出ちゃうらしいのね。あ、ちなみにアンジーは怒鳴られようがまったく動じません。( ̄∇ ̄;)意味ねーし。



それと。
もうひとつの要因がコレ。



干し柿。
去年に引き続き、ぎんちゃんちからおすそ分けいただきまして、干し柿を干しております。去年の記事はこちら。
CIMG4136.jpg




実は今年は自分ちでも渋柿を買ってたのね。あまりに去年のがおいしかったので。
で、ぎんちゃんちからもいただけたので、70個近くの干し柿を、干しているのだけど…
CIMG4126.jpg


今年はやたらと雨が多く。
軒のないとりアタマんちでは、雨が降る前に柿を取り入れなきゃいけないので大変。


雨だ、雨だ。急げ急げ。とばたばたするのがサブ子にとっては怖いらしく、こわいこわい病の発病の原因になっちゃったようです。繊細だねぇ、サブちゃん。(;´Д`)




ちなみに取り入れた干し柿は、風呂場へ。。。
CIMG4135.jpg
夜雨に降られると、お風呂に入れません。┐( -"-)┌

二日続けて雨にならないことを祈る日々。
干し柿完成まであと10日。←ヤマト風に。
雨。夜は降らないで。





おうちタコ焼き。

ちょっと寒くなると、関西人はタコ焼きを食べたくなります。(・ω・)b


とりアタマんちの近所でもタコ焼きの専門店は何軒かあるのだけど、ソースの味が気に入らなかったり、タコの大きさが気に入らなかったりするので。


とりアタマんちではもっぱらおうちタコ焼き。
CIMG4125.jpg
今年の冬に一台使いつぶしたので、現在2代目のタコ焼き器でございます。カセットコンロ方式。ガス火で焼くから早く焼けておいしいの♪
ちなみに粉は絶対にパロマの「タコ焼きミックス粉」。全国区の商品ではないと思いますが、マジうまし。ネットで買えるみたいですよ。


さて。
タコ焼きとか、お好み焼きとか、あと鍋とか。
テーブル上で料理しながら食べるとき、大変困るのが、彼。


CIMG4118.jpg
食べ物全般、何にでも興味あります。しかも火を恐れません。┐( -"-)┌
彼をフリーにしておくと、アチアチの鉄板に手をかけて、タコ焼きをゲットしようとしかねないので、ここは…




ゲージに隔離。



隔離されても坊ちゃまは全然めげません。
お昼にサブちゃんにあげたオヤツの器やその周辺を必死になめております。
CIMG4130.jpg
坊ちゃまにあるまじき、意地汚さ…ちゃんと食べさせてるんだけどねぇ。(6 ̄  ̄)




ちなみに、フランもサブ子もオヤツをもらえるときともらえないときの区別がちゃんと付くので、いい匂いがしていても、よってくることはありません。
CIMG4113.jpg
アンジー坊ちゃまも、こういう大人に育って欲しいものです。







サブ子母さん。

めっきり寒くなって、フランにくっついて眠ることが多くなってきたサブ子さん。

IMG_1469.jpg



しかし彼女は大変できた猫なので、ただでフランの懐にもぐりこんだりはいたしません。(・ω・)b
自分がくつろぐ前に、まずはフランの毛づくろい。
IMG_1470.jpg
それはそれは、丁寧に、熱心に。
フランの耳や口周りや足先を毛づくろいしてあげるのです。面積広いから大変だろうに…( ̄∇ ̄;)




サブ子を見ていると「昭和のお母さん」みたいだと思うのね。昭和も一桁あたりの。「女性の社会進出」とかいう前のお母さん。白い割烹着とか着せたらむちゃくちゃ似合うだろうなぁ。



お父さん(フラン?)を立て、子供(アンジー)の世話をし、自分は控えめで。
IMG_1472a.jpg
そうするとまたフランが昭和のお父さんに見えてくる。会社ではどうか知らないけど、家では何にもしない。「おい」「あれ」「ちょっと」くらいしかしゃべらない。もちろん子供の面倒なんて見る気もない。



しかしまあ、今も昔も、どんなにお父さんが家でえらそうにしていても、本質的に実権を握っているのは「お母さん」なんだろうけどね。



そう。今も昔も…
IMG_1474.jpg
「母は強し」なんですな。





エリザベスカラーの王子様。

アンジー坊ちゃま、今でこそ元気に走り回っておりますが。。。


CIMG3991.jpg



手術した日は、やはり傷が気になるのか、しきりに傷口をなめなめし…
CIMG3964.jpg




こりゃあかんわ、とエリザベスカラーをつけられておりました。( ̄∇ ̄;)
CIMG3933.jpg
突然こんなもの装着されてわけがわからない真正玉無し王子。



しかし根が能天気なアンジー君。
カラーの存在をあんまり気にすることなく、というか。
ほとんど何も考えず、いつもどおり動こうとするので。


まあ、思いっきりあちこちにぶつかるわ…
CIMG3935.jpg



いつものようにサブ子ねーたんに擦り寄ろうとして、思いっきり警戒されるわ…
CIMG3927.jpg
(チビ介じゃねーよ。)



だんだんカラーも重くなってきて、意気消沈。
CIMG3942.jpg
おそらく、アンジー坊ちゃま。生まれて初めての試練でございますな。




まあしょうがないです。下手に傷口が膿んじゃったらたいへんだしね。
2,3日はガマンだ、アンジー。
CIMG3945.jpg
だから2,3日だってば。( ̄∇ ̄;)




カラーをつっかえ棒にして、えらい器用なカッコで落ち込んでいるなぁと思ったら。
CIMG3952.jpg
いつの間にか寝てるし。┐( -"-)┌さすがはアンジー。





そのうち、これはチビ介だと気が付いたサブ子からも、慰めてもらい…
CIMG3959.jpg
アンジー君、無事この難局を乗り切ったのでした。やれやれ。







抜糸してきました。

アンジー坊ちゃま、昨日抜糸に行ってきました。

CIMG3984_20121106235404.jpg

傷口を少しなめちゃって、赤くテラっとなってたのですが、猫の病院の先生曰く、「くっついてるから大丈夫」とのこと。
抜糸して消毒もなく、ほっときゃ直るって「ほい」っと返された。
こーゆーちょっと大胆なとこ、この病院好き♪(´▽`)



CIMG3982.jpg
「今日は抜糸だけだから、御代は要らないよ~」って。こーゆーところも大好き~♪ヽ( ´ー`)ノ




さて、アンジー坊ちゃま。これからは食欲との戦いになりそうです。去勢後半年ほどは特に太りやすいからね。それでなくても食欲魔人だし。
CIMG4035.jpg
絶対に太らせないぞ、とここに決意表明いたします。( ̄∇ ̄;)





山、行ってきました。

とりアタマ、昨日予定通り、兵庫県は姫路市の北部にある雪彦(せっぴこ)山に行ってきました。
900mちょいのそんなに高くはない山ですが、


急登あり~の…
P1010754.jpg



岩場あり~の…
P1010762.jpg



滝あり~の…
P1010795.jpg
の、なかなかバラエティにとんだお山でした。
休憩込みで所要時間5時間というのもお手ごろ感あり。(´▽`)




いや~富士山以来のお山で大変楽しゅうございました。
これで近頃ずっと続いていた偏頭痛も治るはず。(・ω・)b



ただ、結構人が多くて賑やかでございました。
登山口に車を置いてぐるりと3つの峰を回って戻るコースなので、人がバラけることなくず~っと一緒なのね。
もうチョイ早くに出発すればよかったかも。






さて。
山のご報告だけではなんなので。
アンジー坊ちゃまの写真を一枚。



寝る前にケージに入れられたところをパチリ。(^o^)
P1010749.jpg
もっともっと遊びたいと、不満顔ですなぁ。(´▽`)
しばらくニャーニャー不平を言いますが、そこはまだ子供。5分ほどで爆睡モードに突入しちゃいます。


アンジー、とりアタマ家に来てからずっと、寝るときはケージに入ってます。
その理由は、仔猫の頃から夜はちゃんと寝る癖をつけさせたかったのがひとつ。何せ外に出したままだと、夜中中サブ子ねーたんを追っかけまわしそうなもので。( ̄∇ ̄;)

あと、アンジー坊ちゃまシッコ大王なもので、夜中にフリーにしておくとどこにシッコ引っ掛けて回るかわからないことも大きな理由のひとつですね。
去勢が済んで、無事真正玉無し王子となった今、オシッコの癖が直っていってくれるといいのだけど。


それとアンジーはものすごい悪食なところがあって、お茶は飲むは、トーストは引きずって持っていこうとするは、三角コーナーに頭突っ込むは、ゴミ箱ひっくり返してお菓子の包み紙をゲットするは…
夜中にフリーにして置けるわけがない。。。フリーにすると熱帯魚が危ない。


これらの課題をクリアーするめどがついたら。アンジーのケージ暮らしも終わるかも。何年かかるかわかりませんけどね。ちなみにサブちゃんは、保護後約1年で、夜も完全フリーとなりました。今は好きなところに寝てますが、ご飯を食べるのだけは、ケージの中。そのほうが落ち着くようなので。

ま、震災のときとか考えると、クレートやケージに慣れておくのも悪くはないと思います。


ちなみに、アンジー。通院時に猫カゴにはいつも自ら入りますが、これはかごが好きだからとかじゃなく、単に物覚えが悪いだけだと思われまする。( ̄∇ ̄;)



簡単更新ですが…

更新滞っていてすみません。



とりアタマ、ちょっと煮詰まりましたので、ガス抜きにお山に行ってきます。雪彦(せっぴこ)山という、兵庫県は姫路の北のほうにある岩山です。ソロです。無事帰ってこれますように。( ̄∇ ̄;)



とりあえず、本日は写真だけでも~♪


CIMG3989.jpg
最近この二人もよく一緒にいるなぁ。


この間サブちゃんはやきもちも焼かず、ヤレヤレってな調子で二階で一人で寝てます。





カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。