スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝起きのサブは、ちょっと違う~♪

朝5時過ぎ。


寝起きのサブ子。( ̄∇ ̄;)




視線がまるで定まってないよ…
2012_01310001.jpg
あんた、実は低血圧なの?



寝起きのサブ子は触りたい放題♪(約5分間)
爪を切るのもこのときがチャンスですの。


だんだん覚醒してきて攻撃されても、攻撃力がアビ介の1000分の1くらいしかないので、どうってことないことが判明しました。
噛まれても、痛くな~い。ヽ( ´ー`)ノ





スポンサーサイト

父ミシン、稼動中。

またとりアタマ父が何かを縫っている。。。


2012_01290016.jpg
今度は何を作るのか。
作るのはいいのだけど、洗い物くらいしてくり。


何かに熱中し始めると、ほかがとたんにお留守になるB型。←A型の偏見アリ。








新しい技術についていけません。

ううむ。

新しいカメラは嬉しいけど難しい。。。特に今回はメーカーが違うからね。


どの写真を見てもちょっと青っぽいね。
2012_01290040.jpg
白とびしちゃってるし。



6年近くフジのコンデジ写真を見慣れていたから、雰囲気が大分違うなぁ。



それと、このカメラ。色々機能が付いていて…正直何がなにやら。
最近のカメラってペットを撮るためのモードとかあるのね。←この時点でかなり遅れてるでしょ?
2012_01290029.jpg
でも、カメラにお任せにしちゃうと、夜の室内でのワンニャン撮影とか過酷な状況の場合、シャッタースピードがすごく遅くなって、置きピンしてもブレブレ…( ̄∇ ̄;)




2012_01290047.jpg
あ。いや、早い話が結局そうなんだけどね。


なんか、サブちゃん。
ものの言い方がアビ介に似てきたなぁ。



次回の写真教室までに、新しいカメラで一枚いいのが撮りたいのだけど。なかなか難しそうです。



愛機、新調。

本日のスバル君はセーター着用でした。(^o^)


2012_01280015.jpg
今日はハダカじゃないのねって言ったら、「ハダカって言わんといて!」とスバルのお姉さまにおこらりた。( ̄∇ ̄;)
どうやらデリカシーがなかったらしい。ごめんね、スバル君。( ̄∇ ̄;)でも、やっぱハダカっぽいよな…






さて。
このブログをはじめたときに購入したコンデジ、フジのFinePix V10。
2012_01290001.jpg
初号機と弐号機は既に完全にオシャカになり、現在使っているのは参号機と四号機。ちなみに初号機以外はオークションで落とした中古です。


いまどき512万画素という携帯にも劣る画素数。訳のわからんゲーム機能付。FinePixの正当な系列からすると明らかな異端児。。。という何でこんなコンデジにこだわってるの?と自分でも思うような機種なんですが。
まあこだわりなんてそんなもので。扱いが単純で、液晶画面が見やすいという理由でもってずっと使ってきました。


しかしさすがにここにきて限界が。
ピントが合いません。合ったとしても時間がかかりすぎて、シャッター切れる頃には被写体はどこへやら。


20枚撮っても、30枚撮ってもブログで使える写真は1,2枚という、悲惨な状況。



で、終に買いました。







今度はパナのLumix FT3。

2012_01290002.jpg
防塵防水カメラです。イチデジがLumixなので基本的な使い方はすぐにわかりそうだし、ソフトとか共有できるので具合がいいです。



夜間の室内撮影でも、ちゃんとピントが合いますわ♪
今知ったけど、手ぶれ補正までついてるのね。

サブ子のこの上ないブチャイクな寝顔も、これこの通り。ふふふ~ヽ( ´ー`)ノ
2012_01280047.jpg



そしてレンズが飛び出さないタイプのカメラなので…
2012_01280055.jpg



遠慮なく近づいてくるサブ子。
2012_01280057.jpg
こりゃいいわ。お外の子たちも警戒されることなく撮影できそう。



このカメラ、GPS機能はもちろんのこと、高度計とかも付いているのでお山でも重宝しそうです。



ただ。
使う人間の側に問題ありなので、宝の持ち腐れにならないようにしないといけませんけどね。



フジのV10も、明るい屋外ならまだ何とか使えるので、動かなくなるまで並行して使います~。本当に好きなの、この機種。




そういうことか!

見かえりプードル。。。(^o^)

スバル君♪
2012_01220020.jpg
いつもお母さんの手編みのセーター着用のスバル君なのに、この日はハダカでした。犬にハダカッつーのもなんですけど。。。



でも、小型犬って服着てないとハダカっぽく見えるよねぇ。冬は特にデフォルトが服着用の子、多いし。





それに比べて、大型犬は。

2012_01220007.jpg
基本、毛皮が「服」ですな。
もう、見てるだけでぬくぬく♪
ボーダーコリーのくぅちゃん。このままどこでもドアで槍ヶ岳のてっぺんに連れて行っても、多分動じないでしょうな。





ゴールデン・ドゥードゥルのクッキーちゃんも、どちらかというと寒冷地仕様です。
2012_01220059.jpg
手が冷えると彼女のわきの下に手を入れると、すぐに温もります。顔をベロンベロンに舐められて顔が寒くなるかもしれないけど。




長毛の大型犬は皆温かそうかというと、実はそんなわけでもなくて。




例えば身近な例で行くと、フランなんか明らかに寒々しい感じがするのですわ。
特に背中の辺りなんか…
2012_01220012_20120126222219.jpg
実はフラン。
残暑が長かったせいか、毛の生え変わりが遅れちゃって、やっと今抜け毛が収まったところ。つまり、今、胸毛以外はアンダーコートほとんどなし。。。( ̄∇ ̄;)




あ。

だから冷えて膀胱炎になっちゃったのか!( ・◇・)ナルホド









出てはみたいけど。

このところの寒さのせいか、ちょっとおシモの調子のよくないフラン。


2012_01220012.jpg

やや頻尿で、残尿感があるらしく、膀胱炎が疑われます。


が、採尿がうまくいかなかったのと、とりアタマのお仕事が込み合っていたせいでなかなか病院に連れて行ってやれず、その間、漢方薬なぞ飲んでいただいてしのいでおりました。


え?
犬用の漢方薬かって?
いえいえ。
以前とりアタマが泌尿器科からもらっていた猪苓湯ですわよ。
ま、猪苓湯に人間用も犬用もないでしょうから。(たぶん)
体重で考えて半分くらいの量を飲んでいただいて、いつでもオシッコにいけるようにリビングのドアをちょっと開けておいたら…




あ!





そうだ。今はリビングにはサブ子もいるのだった!!


サブ子。お家の猫になってから、いやに怖がりになっちゃって。。。ちょっとのことですぐにパニックを起こして大慌てで狭いところに入り込んで出てこなくなっちゃうの。
それでサブ子、保護されて半年近くたつけれど、いまだにリビングとキッチン限定の生活をしております。リビンとキッチンだけなら、引きこもる場所も限定されるし、そんなに怖いことも起こらないしね。


でも、ドアを開けっ放しとなると。。。


来た来た…
2012_01200003.jpg



う~ん。フランのためにここを閉めるわけには行かないしなぁ。
2012_01200007.jpg
サブちゃん、いっそこれを機会に新しい世界を広げてみる?



2012_01200009.jpg
なんだ。怖いんかい。( ̄∇ ̄;)



おお?
でもまたチャレンジしてみるの?
2012_01200008.jpg




2012_01200005.jpg
やっぱりダメか。
あんた本当に慎重だね。
公園からとりアタマの家まで、道路を2回も渡って、地下通路を駆使しながら通っていた猫と同じ猫だとはとても思えないわ。(6 ̄  ̄)



リビングのお外は気になるけれど。どうしても出るのが怖いサブ子。夏には脱衣場限定で探検したりもしていたのだけど、あの時は開いた扉で廊下をふさいで脱衣場方面にしか行けないようにしていたしねぇ。
今のように、ずっと玄関のほうまで廊下が広がる風景は、サブ子にとって迷宮の入り口のように見えるのかも。。。ま、実際はたかだか2メートルほどの廊下なんですけどさ。( ̄∇ ̄;)




それにしてもサブちゃん。さっきからドア付近をチョロチョロちょろちょろ。
2012_01200013.jpg
あのさサブちゃん。無理に出ろとは言わないけど。出るなら気合入れて出る、出ないなら出ないってハッキリしてくれない!?
なんか見ていてイライラするのよね。( ̄‥ ̄) = =3




2012_01200014.jpg
逆切れかい…
サブ子、あんたが二階にも上がってきて、アビ介みたくボーダレスに過ごすようになるにはあと何年かかるかねぇ。






あ。
フランの膀胱炎(かな?)、漢方薬で落ち着いております。このまま治まってくれないかな。












実は結構なおばさんです。

今日、お散歩で久しぶりにゴールデン・ドゥードゥルのクッキーちゃんに会いました。


2012_01220041.jpg
相変わらずぬいぐるみのようでカワユイ~。ヽ( ´ー`)ノ






フランとクッキーちゃんはとても相性が良いようで、会うと必ず…
2012_01220031.jpg






プロレスごっこします。( ̄∇ ̄;)
2012_01220026.jpg




ええ、そりゃもう。
2012_01220027.jpg
壊れかけのコンデジではとても追いつけないようなスピードで…





取っ組み合い。
2012_01220034.jpg
ふーちゃん、あのね。言いたくはないけど。
あなたがとりアタマ家にやってきて、5年と半年が過ぎましたのよ。あなたの保護年齢は推定3、4歳。
つまり、ふーちゃんは現在8~9歳。今年中には9~10歳ってことになるわけよ。





そろそろその全身を使ったプロレスごっこは止めといた方がいいのじゃない?
いい年なんだから!





2012_01220010.jpg
いや、でも。いつまでもやることが幼いから、1、2歳くらいにしか見えないけど。
実はもうそんな年なんだよねぇ。
保護された成犬って、年をとるのが早くて辛いなぁ。(6 ̄  ̄)







サブ子ってこんな子。

先日コメ欄でも指摘されましたが。。。



確かに、サブ子って
2012_01180065.jpg
「小さい」というより、「短い」。( ̄∇ ̄;)





そして以前、小麦くんの母さまからは、「サブ子は、丸くて平たい」と言われました。

2012_01180051.jpg
確かに。。。(6 ̄  ̄)ウーム






短くて丸くて平たい猫。
それがサブ子。



猫でよかったね、サブ子。
人間だったらえらいこっちゃ。



一ヶ月が過ぎました。

かつての第一秘密基地、
2009_03100007_20120118224624.jpg


2012_01180072.jpg
撤去。






第二秘密基地も…
2011_11220106.jpg


2012_01180073.jpg
撤去。





隔離用の階段上ゲート
2009_03240013_20120118224152.jpg


2012_01180075.jpg
当然撤去。(階段下ゲートはサブ子が二階に迷い込まないようにまだ稼動中)






お気に入りだったプリンターの座布団も、
2010_04070003_20120118224349.jpg


意味がないので撤去。
2012_01180092.jpg




…まあ実は、これらの撤去作業は彼が亡くなった翌日には完全に遂行されていたのですけどね。
片付けないとダメなんですよ。
アビ介がいたときのままのレイアウトだと、つい目で彼を探してしまうので。で、「ああ、そうだ。もういないんだった」と思う瞬間がすごくイヤなので。




でも、ついつい。
使っていないキーボードを立てかけておくクセとか。(アビ介がキーボードの上に吐かないように)
2012_01180080.jpg


猫ドアの付いていない部屋の扉を完全に閉めちゃわないで少し開けておくクセとか、コタツで足を伸ばさないクセとか…
まだまだ、「あ、もうこんなことしなくていいんだ」と思い出しては、うううとなる日々。






アビ介がいなくなって一ヶ月。
2008_09080016.jpg
彼の存在が、とりアタマにとって如何に大きなものだったか。気づかされる毎日です。





密かなお楽しみ。

ピンボケになるくらい近くで寝るようになったサブ子♪


2012_01180048.jpg
iPhoneじゃなくてカメラを向けても逃げなくなりました。




最近のとりアタマのお楽しみは、サブ子の目ヤニを取ること~。ヽ( ´ー`)ノ
2012_01180056.jpg




あまり病的でない、コロンと簡単に外れる目ヤニなので、とるのがすごく楽しい!!
2012_01180055.jpg



夕食後、酔った勢いも手伝って、ガンガンにセクハラしていたら…
2012_01180058.jpg



思いっきり嫌われました。ヽ(°▽、°)サブちゃ~ん…
2012_01180062.jpg
ああ。その冷たい目がたまりませんわ。(*゚ー゚*)ポッ
とりアタマ、久々に自分がドMだったことを思い出しました。






さて。
実はこの間、こんなものを買いました。
2012_01180002.jpg
カリマーのクーガーという50~75リットル入る大型ザック。背負えるんだろうか、こんな大物。。。


とりアタマ、自分がどこに向かっているのか、だんだん判らなくなってきたわ。



負けたくない。

最近、とりアタマがソファベットに寝転がると、必ずやって来るようになったサブ子。





_77e.jpg
でもな~んか、微妙な距離感があるんだよねぇ。(6 ̄  ̄)








まだまだフランの方が安心できるみたい。
88e.jpg
フランに負けたみたいでちょっと悔しい。。。( ̄。 ̄メ)ちっ






猫にまたがれました。

さて。


手作り納豆をサブ子にあげてみたのですが。。。




ちょっと残された。( ̄□ ̄;)
na.jpg
むっちゃ腹が立つんですけど、サブ子さん!!
何でおばちゃんの作った納豆を残すのかな!?




2011_12260024.jpg
う。
まだ熟成が足らんかったか。
でもって、サブ子が食べるにはもうちょっと柔らかく煮た方がいいかしら?


手作り納豆、色々改良の余地がありそうですな。




結局手作り。

サブ子があんまりおいしそうに納豆入りご飯を食べるので。。。
6.jpg


とりアタマ父が「おれも食べよかな…」などと言い出しました。
父~、以前「あんなクサイもん、よう食べへん」言うてたやんか~。猫に感化されるて、人間としての尊厳はどうした…( ̄ω ̄;)



まあ納豆は大変健康にいい食品だし、父が食べるならそれはとっても良いことなんだけど。
じゃあアレだね、ちょっとフランにも食べさせてみて、アレルギーが出なければ家族みんなで毎日納豆食べましょうか。てな話になり、結局。。。




納豆手作りすることになりました。( ̄∇ ̄;)



「作る」ちゅーか、市販の納豆を使って増殖させるというのが正しいかも。ヨーグルト作るのと同じ様な感じです。



まず、大豆を買ってくる。
2012_01110035.jpg
ええ。南京町で買った100%中国産の格安大豆。1キロ290円なり。



でもって、市販の納豆を用意する。
2012_01110039.jpg




大豆をよく洗って半日くらい水につけ十分に吸水させる。
2012_01110030.jpg
今回は吸水前で100グラムの豆を使いました。



つけた水ごと圧力鍋で柔らかめに茹でる。
2012_01110031.jpg



その間に100均で買ってきた背が高いガラスのコップを煮沸消毒しておく。
2012_01110034.jpg


茹で上がった豆の水をよく切り、アツアツのうちに煮沸したガラスのコップへ入れて、
2012_01110043.jpg
そこに市販の納豆を、これまた煮沸したスプーンですくって入れて混ぜ混ぜする。入れる納豆の量は、ひとパックの4分の1くらいにしたけど、多分もっと少なくて大丈夫。



軽くラップをかけて、布巾でくるんでヨーグルトメーカーにイン。
2012_01110049.jpg
このヨーグルトメーカーは牛乳パックをそのまま使うタイプのもの。
納豆の発酵温度は確か40度~45度くらい(多分)なので、この機械で十分発酵するはず。。。はず!!



なんか前面から熱がもれそうな予感がしたので、プチプチシートを貼りました。
2012_01110055.jpg



で、放置すること約6時間。。。



その間に、サブ子のお尻をさすさすして楽しむ♪
2012_01110050.jpg






様子を見てみると、糸は引いているものの、まだまだ納豆というより茹で大豆に近いようなので、煮沸スプーンでざっくりかき混ぜて、さらに一晩放置。
2012_01110053.jpg



翌朝見てみると…はい。ちゃんと納豆っぽくなっておりました~。ヽ( ´ー`)ノ
2012_01110058.jpg
食べてみてもちゃんと納豆の味がするし。何より、台所に納豆臭が充満してるし。




煮沸したタッパに入れ替えて、冷蔵庫でさらに熟成させるとよいそうな。納豆菌が豆の中心までしっかり入り込むのだって。
2012_01110063.jpg
豆が大きいので、サブ子には引き割りにしないとね。





納豆作りの注意点は、以下の通り。

1 他の雑菌を繁殖させないよう、器具は全て煮沸すること。納豆菌は熱に強いので100度でも死なないから大丈夫。大豆も茹でたての熱々を使いましょう。

2 納豆菌は好気性の菌なので、容器は密閉しないこと。発酵中に何度かかき混ぜて空気を入れてやるといいかも。

3 納豆菌は水気に弱いので、結露した水滴がなるべく落ちないようにすること。


4 40度~45度くらいで温度管理できる環境ならヨーグルトメーカーなぞなくてもできます。コタツやホットカーペットを利用している人もいるようです。


今回は16時間ほどかけて作りましたが、環境にもよると思うので、あんまり参考にならないかも。食べてみて納豆の味がしたら、出来たってことで。。。( ̄∇ ̄;)



さあ。サブ子は自家製納豆を気に入ってくれるかしら?
結果は明日~。






そして、奇跡が起きた。

終に。


終に!!



サブ子がとりアタマの寝転がっているソファベットでくつろぐようになりました~。
ヘ( ̄▽ ̄ヘ)(ノ ̄▽ ̄)ノ


喜びに打ち震えながらiPhoneで撮影したので、ボケボケ写真でご勘弁を…
( ̄∇ ̄;)

5_20120109224949.jpg
お腹出してゴロ~ンのサブ子。



「足と足を合わせて、幸せ♪」
4_20120109224948.jpg




サブ子を保護してから、正味五ヶ月にしてやっと。
やっとこの段階まできました。
でも、ここ何日かで急速に距離が近づいたような気がするのよね。




サブちゃん、どういう心境の変化なのかしら?
3い
う。
出たな、ゆーれーアビ。
そういやサブ子、最近手にスリスリしてきては、いきなりガブッと噛み付くけど、さてはアレもアビ介直伝だね。
ま、アビ介みたいに本気噛みじゃなくて、そっと噛むだけだから実害はないのだけど。以前はあんなことしなかったのに、アビちゃん余計なことまで教えないで!







以前アビ介がくつろいでいたソファベットで、サブ子が寝転がる。
7_20120109224948.jpg
うれしいような。さみしいような。。。





かなり家猫化。

サブ子のお夜食。(サブ子のゴハンは一日4回)
1.jpg
最近ウエットフードより明らかに納豆の方が多い。しかもカタマリのまま…( ̄∇ ̄;)



でもバクバク食べるサブ子。
6.jpg
あんた相当納豆好きだね。あ、この夜食は寝る前にケージに入ってもらうためにあげるオヤツ的ゴハンなので、総合栄養食のカリカリは入ってません。朝昼夜のゴハンは、これにカリカリが入るの。



でもって、サブちゃん、毎日毎日ものすごい量のウンコを出します。
正直、とても猫のものとは思えない。。。( ̄∇ ̄;)
そいでまたい~い感じのヤツなのよ。
納豆、どうやら体に合っているようです。



外猫時代には、ゴハンを食べながら「うみゃい、うみゃい」と鳴いていたサブ子だけど、
2011_08030081.jpg
今ではもう、ゴハンを食べながら鳴くことはありません。
外猫時代は相当お腹がすいていたんだねぇ。毎回毎回、声に出ちゃうくらいゴハンが嬉しかったんだねぇ。




今では食べているときではなく、何かもらうために「おねだり鳴き」をしよります。( ̄∇ ̄;)
2012_01060004.jpg
この声がまたデカいんだわ。( ̄‥ ̄) = =3


だんだんと家猫らしくなってきたね、サブちゃん。(^-^)


どこまで一緒にいられるか。

最近恒例となってきた、朝のおねだり中のお二人。


2012_01060014.jpg
フランはミカンを。サブ子はミカンが食べられないので、マグロのチップスをおねだり中。




って。
2012_01060012.jpg
顔デカッ!!
魚眼レンズ使ってないのに、。この顔のバランス、おかしくないか?
ひょっとしてふーちゃんの首はろくろっ首?( ̄ω ̄;)







さて。
最近お散歩でお友達になった、ブリタニースパニエルのナナちゃん。
2012_01060016.jpg
とりアタマ、ブリタニースパニエルってはじめて。
体小さめで、落ち着いていて良いなぁ、良いなぁ。




この知的な瞳がたまりません。
この目で見つめられたら即落ちですわ~。ヽ(°▽、°)
2012_01060021.jpg
とりアタマ、最近年取ったときに一緒に暮らす犬のことをよく考えます。
ゴールデンのような大型犬はフランが最後かなぁ。好きなんだけどなぁ、ゴールデン。


出来るだけ長く犬猫と一緒に過ごしたい。でも、置いて死ぬわけにいかないから、年をとったら生き物と暮らせない。なかなか難しい問題です。特に子供のいないとりアタマにとってはね。


…い、いや。とりアタマまだハタチですけどね!ね!




寝たふりがうますぎる!

フランとサブ子が仲良く爆睡していたので…


2012_01020006.jpg
起こすのもかわいそうだし、まあちょっとスーパーに買い物に行く間くらいサブ子をケージに隔離しなくて大丈夫かな、と。このまま二人を放っておいて出かけたのだけど…



30分ほどして帰ったら、惨劇のあとが。。。ヽ(°▽、°)わぁ。
2012_01020001.jpg
あちこちにむしられたサブ毛。噛み千切られたティッシュ。クッションは床に落ち、猫草の土は部屋中に撒き散らされ…




ああ。
せっかく生えてきていたのに、また無残にむしられたサブ毛…
2012_01020003.jpg





あんたたち、絶対姉ちゃんたちが出かけた瞬間に、むっくり起きだしてプロレスしてるだろ!
もう騙されないからね。



これからはどんなに気持ちよさそうに寝ていても、サブ子はケージに隔離してから出かけます!( ̄ヘ ̄)
2012_01020012.jpg
そうしなけりゃ、いつまでたってもサブ子の背中の毛が生えてこないからね!




今年のお正月

さて。
毎年毎年、正月の宴会のために気合の入ったおせち料理を作るとりアタマなんですが。。。参照記事はこちらなど。


今年のお正月宴会は甥っ子が大学受験目前のため中止となりまして。
で、とりアタマ。自分たちだけのためにおせちを作るような根性は到底持ち合わせてなかったので、今年は何にも作らずじまい。なますも田作りも煮しめも数の子も鯛の子も何にもなし~。ヽ( ´ー`)ノ



あ。黒豆とローストビーフは作りました。父が肉買ってくれたので♪

2012_01020015.jpg





後、お雑煮とね。( ̄∇ ̄)
うちのお雑煮は煮干で濃い目にとった出汁に合わせ味噌、それに焦げ目をつけてから茹でたもちを投入してかつお節をパラリとふりかけるという、極めてシンプルなもの。よく知らないけど兵庫県の中部から北部にかけて作られている雑煮だそうな。
2012_01020027.jpg
正直普段の味噌汁のほうが格段に手間かかっております。
でも、とりアタマ家の味噌汁は普段かつお出汁なので、煮干で出汁をとるこの雑煮はちょっと特別の風味なの。





おせちはなんと、とりアタマ兄が買って送ってくれました。
珍しいこともあるもんだ。
珍しすぎてちょっと…というか、かなり不吉だわ。( ̄ω ̄;)
2012_01020018.jpg
すごいよねぇ。こんなのが丸ごと冷凍で届くんだから。
お味のほうもわりとおいしかったです。。。が。飽きが来るのが意外と早いですね、この手の料理は。




で。
御節を作らなくてよかったので、ゆったりと年末年始を過ごせたかといいますと、根っからビンボウショウなのでそのようなわけもなく。



とりアタマ父は、年末にバナナケーキを4台。元旦にレモンパイを焼いておりました。


↓レモンクリーム作成中の父。
2012_01020013.jpg
久々のケーキ作りで相当手際が悪かったので、とりアタマもかなり手伝いましたが。



バナナケーキは「なんちゃってお年賀」用に。
レモンパイはどうやら大学受験の甥っ子に食べさせたかった模様。


涙ぐましい爺ぃの愛情でございます。┐(´-`)┌
2012_01020029.jpg
元旦にお茶だけしに来た兄貴夫婦に、レモンパイを託しておりました。
父~。甥っ子はレモンパイよりお年玉の方が重要だと思うから、それも忘れないようにね。



このたび、「おせちを作らない場合、ケーキを焼いてしまうので、結局のんびり出来ない」という悲しい主婦根性が露呈したので、今年の年末は自分でおせち作ります。

手順が明確な分、その方が楽チンだわ。






細かいことを気にするな。

元旦は朝から金麦!


2012_01020014.jpg
プレミアムモルツは来客用に冷蔵庫で待機。
自分用は金麦でございます。( ̄∇ ̄;)




リビングにある先住犬ハンナのコーナーをお正月仕様にして…
2012_01020023.jpg




アビ介の一等カッコイイ写真を飾りました。
2012_01020024.jpg
アビ介はお客さんが来ると必ず出てくる猫だったので、ここにいればにぎやかでさみしくないよね。…まあ出てきては気に入らないお客を攻撃するという、とんでもない猫だったんだけど。(6 ̄  ̄)






あ、あら?
何かしら?
空耳かしら?
アビ介の声が聞こえるわ。「おい!」って、怒ってるような声。。。






2011_04190014_20120102091150.jpg
ちっ。( ̄。 ̄メ)
気がついたか、そこに。





2012_01020031.jpg
適当な写真立てがほかになかったんだよ。いいの見つけたら買ってくるから。
しばらくそれで辛抱してちょうだいな。






カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。