スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ眼力あり。

今年の1月に撮った写真。


2011_01250007_20111031223630.jpg









この間撮った写真。

2011_10160006_20111031223627.jpg



まあ、なんちゅーか…




痩せたなぁ。。。(6 ̄  ̄)ウーム

正直この2枚の写真は、ブログに乗っけるべきか否かかなり悩んだんですが。
あまりに変わり方が激しいのでね。自分で見つけておいてかなりビックリしましたから。




まだ目ぢからはあるんだけど。
むしろ、目ぢからだけがあるところが、なんだかちょっと…かえって辛いような気がしないでもない。



どの段階で気がつけば、もうちょっと何とかしてやれたのか。
それとも、どの段階で気がついても、できることはやっぱり限られていたのか。



でもね。
後ろ振り返っていても、過ぎた時間が戻ってくるわけじゃないからね。
そういうのは、アビ介も趣味じゃないと思うから。
とにかく、前だけ見て、行けるとこまで行きます。





角度によったら、まだまだイケニャンだし!
2011_10260006.jpg
そーゆー問題でもないんだけどさ。( ̄∇ ̄;)




スポンサーサイト

最近のお気に入り。

最近サブ子は、


2011_10230008.jpg
ソファベットで寝るようになってきました。( ̄∇ ̄;)
まあそりゃあ気持ちよさそうに寝ておりますわよ。




でもって、夕食後に寝転がってテレビを見ようとソファベットに行くと、とりアタマのことをものすごい睨みつけながら逃げるの。。。(T▽T)
2011_10230007.jpg
アビ介や猫太郎みたいに一緒に寝転がればいいじゃんよ~。




リアル因幡の白兎。

サブ子の背中。。。


2011_10280043.jpg
フランに毛をむしられてぼっこぼこ…




もちろんフランに悪気などないのだけどさ。
2011_10020020.jpg




そんなにされても、
2011_10020021.jpg
サブ子はフランが好きなのね。





…背中の毛を全部むしられないうちに、服でも着せるか。。。
無理だろうなぁ。( ̄‥ ̄) = =3
2011_10020022.jpg
何とか自分で防衛策を見つけてちょうだいよ、サブ子。
とにかく、毛、むしられたらグルグル言ってないで逃げなさい!



もうちょっと。

とりアタマのベットの枕の横で眠るアビ介が、


2011_10160009_20111028070024.jpg
あまりに寒そうだったので。




100円均一で座布団を買ってきて敷いてやりました。( ̄∇ ̄)
2011_10270001.jpg



しかし使ったのは初日だけ。
aby__.jpg
後は頑として使わない。どうやら100均だと気づかれた模様。( ̄∇ ̄;)←王子さまは昔から安モンがお嫌いです。



昨日はほとんど食事を取らず、水を少し飲むだけだったので、こりゃいよいよかと一瞬覚悟を決めました。でも今朝は何とか食べてくれたので、ほっ。
やはり寒さに弱いアビシニアン、この急激な冷え込みが堪えたのかな。
でもどういうわけか、秘密基地に入ろうとしないんだよなぁ。



アビちゃん、何時いくかはあんたが決めればいいけど。
姉ちゃんとしては、出来たらもうちょっと後が希望。でもって、いよいよのときは、「ボチボチいくで」ってわかりやすい合図してくれることを切に希望。







あ。
最近ちょっと出番場少ないですが、彼女は息災ですよ~。┐(´-`)┌

2011_10240003.jpg





まだイタズラだってできますもの。

とりアタマが趣味でやっている粘土細工やら、編み物やら、その他訳のわからないクラフト材料が色々押し込んである、ベット下の引き出し。

なかなか片付けるには難易度が高いのだけど、何とかこれを整理しようと頑張っていると…


すかさずぢごく猫が邪魔をします。。。( ̄∇ ̄;)


2011_10260001.jpg
アンタ何キッチリ収まってるんですか。
開いている引き出しには入らずにはいられないってぇの?


まあ最近とみに食欲が落ちてきて、げっそりやつれちゃったアビ介君なので、こんなことで怒るのは大人気ない、というか、アビ介が何かに興味を持って行動するのは久しぶりなので、好きなようにさせていると。。。


目ざとく使いかけの毛糸を見つけて、
2011_10260008.jpg





略奪。
2011_10260009.jpg
あんた絶対、もう怒られないこと知ってるだろ?




ひとしきり毛糸を引きずりまわして遊んだ後は、きれいに片付いた引き出しに戻ってきて、ご満悦の表情。
2011_10260023.jpg
そりゃ良かったね。
でもぼちぼちお片づけを終了したいから、出てくんないでしょうか?








本当に久々に、アビ介が遊ぶ姿を見ました。
アビ介、まだいけるのかな?







ちなみに、毛糸と一緒に保管していたとりアタマの編み物のバイブル。
2011_10260011.jpg
橋本治の 「男の編み物 手トリ足トリ」。
こんな本手に取っちゃったら、編まずにはいられない。。。これから年末にかけて怒涛のスケジュールが待っているというのに。。。墓穴




サービス、サービス♪

本日は動画だけで~。
サブ子の朝の日課、フランの毛づくろい。ヽ( ´ー`)ノ


あ、音でます。注意してね。





サブ子は朝ごはんをケージの中で食べると、「早く出して~!」と大騒ぎ。
扉を開けてやると、飛び出してきてフランに突撃します。


ひとしきりフランにじゃれて遊んだ後は、マッタリ毛づくろいタイムとなるのです。
実はフランはちょっと迷惑そうなんですけどね。( ̄∇ ̄;)




お片づけ、続いております。

シンちゃんママも頑張っているようですが


とりアタマんちのお片づけ、服が終わり、本もほぼ終わり、書類もほぼ終わり、ただ今小物類に突入しておりまして…またここの難易度が高いんですわ。
とりアタマ、実は文房具フェチ、お道具フェチなもんで。( ̄∇ ̄;)


こんまりさんの本には、ストックを持ちすぎる人の話が出てくるのですが。綿棒2万本とか、歯ブラシ60本とかね。



とりアタマの場合、ストックがダントツに多いのがペンです。


2011_10230001.jpg



2011_10160001.jpg
わかってるよ、わかってるよ~!ヾ(。`Д´。)ノ
だけどね。確かにこの中には使わないペンもあるけどね。それはもっといい商品が出てきたから必然的にデッドストックになっちゃっただけで、買ったときは使うつもりで買ってるんだよ。
それに、スケッチ用の鉛筆とかロットリングとか、近所で買えないモノもあるし。。。( ̄∇ ̄;)




でも。



はい。



判ってますよ。
使うことが確実な、心がときめくペンだけ残して処分しますよ。実際インクが出にくくなってるのもあるだろうし。
ちなみに、ペンに心がときめくことがあるのかというご質問もあろうかと思いますが、とりアタマはめっちゃときめきます♪


で、次に多いのがノート、メモの類。
今でも使ってます、アナログ文房具。ペン好きは必然的にノート好きなの。
2011_10230011.jpg
絞りに絞って、ちっちゃな衣装ケースほぼいっぱい残しました。
これもね、大好きなモレスキンのソフトカバーノートとか、コーネルメソッドのメモ帳とか。近所ではなかなか買えないもので、でも切らすと嫌なものを中心にしたストックなのです。萌え萌えに萌えてますから、処分しなくてもこんまりさんに怒られることはないと思うの。多分。


2011_10160003.jpg




あと、おそらく人よりたくさん持っているのが、鋏とかカッターなどの刃物類。
刃物もときめきます。もう鋏とかナイフとか見ているだけでワクワクします。
我ながら、ちょっとアブナイのかもしれません。 
2011_10230010.jpg
これに後カッターナイフが3本ばかし。部屋に置いとく用1本。持ち歩き用1本。ストック1本。
ちなみにマイ包丁は2本。プラス中華包丁。刃物にうっとりの人間は当然砥石にもうっとり…こうやってうっとりの連鎖が続くのね。
普通はアクセサリーやファッション小物でこの連鎖が起きるのでしょうが。
とりアタマ、そっちは大丈夫。アクセサリー、な~んも持ってない。冠婚葬祭に使えるパールを母から相続したのが唯一ですから。



この文房具の整理を乗り越えたら、峠は越した…かな?
後もうちょっとマニアックなお道具類が残っているけれど…エアブラシとかルーターとか、アクリル絵の具やスケッチブックや粘土細工のための精密カッターや…ああ。だめだ、きっとこのあたりは何にも捨てられない。捨てるものがない。。。

やっぱ、とりアタマにとっては服が一番難易度低かったなぁ。( ̄‥ ̄) = =3





想定の範囲外。

今年の秘密基地は暖色系でまとめてみました~。ヽ( ´ー`)ノ


2011_10100002.jpg
でも秘密基地設置してからまた気温が夏に逆戻りしたので、正直あんまり使ってないのよね、この猫ベッド。




アビ介は最近もっぱらとりアタマの枕の横で寝ています。
2011_10160009.jpg
直前までベット脇の棚のクッションの上にいても、とりアタマがベッドに入ると必ず降りてきて、枕の横で丸くなります。



アビ介がとりアタマ家にやって来て11年目に突入しておりますが、アビ介が寝るのはいつも自分のベッドか、とりアタマの布団の真ん中から足元にかけて。
とりアタマの顔の横で寝たことなど一度もありません。



もうっ!
アビちゃんは、どして今になってこゆことするかな!( ̄ヘ ̄)

そんなことされたら、ハンナのこと思い出しちゃうじゃないか。

先住犬のハンナはフランと違い、ずっととりアタマと一緒のベッドで寝ていましたから。
骨肉腫を患って具合が悪くなってからも、二階に上がれるうちはずっととりアタマと並んで寝てました。

その背中をなでながら、あと何回こうやって一緒の夜を過ごせるのかなと、なるたけたくさんの夜が残されていればいいのにと、夜毎そんなことを考えていたのを、リアルに思い出しちゃって。。。



2011_10180041.jpg
アビちゃん。
ハンナが死んだ後、あんたが体調を崩して、腎臓が悪くなっているとわかってからというもの。
姉ちゃんは何度も病気がどんなふうに進行して、どんなふうにあんたが弱っていくのかシュミレーションしていたのよ。いざってときにうろたえなくて済むようにね。
だから、今回急に数値が酷くなったのだって、想定の範囲内。年とったら急に数値が悪くなることもあるって病院で聞いていたからね。


でもまさか。
アビちゃんが姉ちゃんの顔の横で、眠るようになるなんて。
ハンナのように甘えて頼ってくるようになるなんて。正直想像していなかったわ。うん。完全に想定の範囲外。
さすがやるねぇ、アビ介は。



アビ介の背中をなでてやると、グルグル言いながら満足げに寝ております。
こんな夜がなるたけたくさん残っていますように。



つって。
デロンキヒーターつけるくらい寒くなったら、きっとまた秘密基地に戻るのよ。
その事だって、ちゃんとわかってますとも。





個性いろいろ。

もう、ボロッボロ。(T▽T)



2011_10190013.jpg





でも本猫は大変充実した時間を過ごした模様。
2011_10190012.jpg
絶対犬のしつけより猫のしつけのほうが甘くなりますねぇ。
にゃんこは基本的に、怪我せず病気せず、楽しそうに過ごしてくれたらそれでいい、みたいな?
猫に対していったいそれ以上の何を求めるというのか…


あ。
あと、とりアタマ家では、アビ介に対して「お願いだから攻撃しないで」と切実なお願いを常にしていましたけどね。何せ、彼は恐怖政治を敷いていましたから。



サブ子に対しては、少なくとも恐怖は感じないですねぇ。
と言うのはサブ子ね。実は攻撃力がすごく弱いのです。┐(´-`)┌


パニックにならない限り決して本気の攻撃はしてきません。
「あぐ」ってそっと噛んでくるだけ。咥えるといってもいいくらい。もうね。全然痛くないの~。


2011_10020004.jpg
本当にその辺りは、サブ子はいい子ちゃんだよね~。ヽ( ´ー`)ノ


つーか、聞く所によると、普通は猫ってそういうものらしいんですが。
多少嫌なことされても、「それ、イヤにゃ。止めてにゃ」とまずは抗議の意味でそっと噛んでくるらしい。。。です。よく知らないけど。猫飼ったことないから。



一方ぢごく猫は、このようにおっしゃっています。
2011_10100004_20111020214537.jpg
噛むからには常に本気。全身全霊をかけて噛んでくるのがアビ介くん。
とりアタマの手には彼に付けられた傷が、そりゃもうたくさんたくさん残っておりますの。( ̄∇ ̄;)



それぞれの個性といえばそうなんでしょうけど。
よくもまあこれだけ両極端な猫がそろったもんだわ。( ̄‥ ̄) = =3




サブ子は悪い子。

サブちゃん!
あんた。悪い子だね。( ̄ヘ ̄)

2011_10180002.jpg



い~や。
かわい子ぶったってダメだよ。
2011_10180001.jpg
そんなこと言って…。
あんた、イケナイことしたでしょう!?




ほら!
2011_10180015.jpg



2011_10180013.jpg



2011_10180021.jpg




2011_10180003.jpg
サブ子の秘密基地、短い命だったなぁ。代わりがないのでまだ何とか使っていますが。



しかしまあ、そりゃあもう、すごく楽しそうに破壊しておりました。( ̄∇ ̄;)
喜んでくれたんだから、ま、いっか。




「こんまり」さんの片付け術。

ブログアップ、シンちゃんちに先を越されちゃいましたが。。。←こちらの日記を見てね。



とりアタマも半月ほど前からはじめています。
「こんまり」さんこと近藤麻理恵さんの、お片付け術。


ちょうど夏服と冬服の入れ替えをしようと思っていたところに、タイミングよくこの方の出演している番組を見ちゃって。その豪快な物の捨て方に正直ちょっと引きつつも…。
テントやら寝袋やら、山道具を増やしたいと密かにたくらんでいたとりアタマ。しかしこのままではクローゼットに収納スペースはなく、ニッチモサッチモ行かない。

ここは、ちょっと生活をリセットするタイミングなのかも…と思い切って物を減らすことにしましたの。。。




2011_10030002.jpg
とりアタマ。服に関してはハードル低いんだけどね。
相当豪快に処理しましたよ。おかげさまで夏服と冬服の入れ替えの必要なくなりました。
全部一箇所にしまえるから。( ̄∇ ̄)




問題は本なんだよねぇ。
本は逆にかなりハードル高いのよ。
それでも、既に古本屋さんと家を往復すること3回。2万円以上売りました。



2011_10100014.jpg
そ。
まだまだかかるの。本は。
ごめんね、アビちゃん。休みのたんびにごそごそして。





でもおかげで、アビ介に新たなお気に入りの場所が。

2011_10180006.jpg
物が減って空いた場所にクッションを置いてやると、そこが気に入って最近ずっとそこにおります。(^-^)
とりアタマの顔を眺められるベット脇の場所です。



眠っているとりアタマをじっと見守ってくれているような…ではなく。
あんまりジッと見つめられると、なんか呪いをかけられているようで怖いわ。



noroi__のコピー
{{{{(゜∇゜;)}}}}
ああ。また年がばれるようなネタをふってしまった。。。( ̄∇ ̄;)




快腸な人と不腸な猫。

人間用の「鮮度イマイチいわし」は、梅煮になりました。


2011_10120046.jpg
見栄えが悪いなぁ。(・ω・ )
皮がめくれずにイワシを煮る方法ってあるのかしら?




最近とりアタマ家は玄米食ブーム。
久々に食べるとしみじみおいしいんですよねぇ、玄米って。
2011_10120049.jpg
おかずにお金も手間もかからないし。快腸だし。いいわぁ。ヽ( ´ー`)ノ






さて。
「腸」といえば。
アビ介君とサブ子さん、二人してどういうわけか軟便モード突入です。
二人は食べるものがキッパリ違うので多分偶然なんですが。


ペット用整腸剤を飲ませて一発で回復したサブ子に対し。
アビ介君は2日続けて軟便気味(少量)。ピーピーじゃないので様子見なんですけどね。


2011_10100004.jpg
アビちゃん、品がない。( ̄∇ ̄;)気持ちはわかるけど…。




明日一日様子見て、止まらなければまた病院かなぁ。




あ。
食事ネタと下のお話と一緒に書いちゃった。( ̄∇ ̄;)ゴメンなさい。品がなくて。





ギョウザ耳。

2011_10120013.jpg
ええ。そうでしょうとも。
姉ちゃんもすっごく不本意ですから。( ̄ヘ ̄)何であんたまで病院通い…




2011_10120014.jpg
正確には「耳介血腫」といいます。通称、「ギョウザ耳」。耳たぶに血液が溜まってタプタプする病気です。タプタプ具合がギョウザにそっくりなので、そう呼ばれている模様。





2011_10120016.jpg
外耳炎やら、耳周りにかゆみがあってグリグリ掻く刺激によるやら。。。原因は色々あるようですが、フランの場合は後者でしょうね。カイカイアレルギー持ちですから。( ̄∇ ̄;)






2011_10120017.jpg
回しません!!
血は何度でも溜まるらしい。そのたんびに針刺して抜くらしい。。。




何かね。
この処置、家で出来そうなんだよね。
アビ介に点滴するよりずっとずっとず~っと簡単そうなんだよねぇ。
あんまり頻繁に溜まるようだったら、先生に「家で私がやっちゃダメ?」って聞いてみよう。





当然の選択。

人間用イワシ。
2011_10120020.jpg
大特価12匹98円。鮮度イマイチ、加熱用。





アビ介用イワシ。ピッカピカのピッチピチ。
2011_10120021.jpg
10匹198円。


イワシも大好きなアビ介のためにスーパーめぐり。
最初に見つけたイワシは見るからに鮮度がイマイチ。でも、一応キープのため買っておいて、3件目で活きのいいイワシをゲットしました。



とりアタマ父と、特に打ち合わせをしたわけではなかったけれど。
当然のごとく、父は鮮度のいい方をアビ介用に、鮮度の悪いのを人間用に回しました。
10年前、「オレは猫嫌いや」と公言してはばからなかった父も、アビ介に見事に洗脳されましたねぇ。┐(´-`)┌



父の手によって手開きされ、丁寧に骨をとって叩いてペーストにしてもらったのを…
2011_10120070.jpg
んまそうに食べるアビ介君。( ̄∇ ̄)



よほどおいしかったのか、久々に「おかわり、おかわり」の前かきが出ました~♪
2011_10120072.jpg
今日、病院で量ってもらったらまた少し体重が落ちていたアビ介。
がんばれ。





チームワーク抜群。

あれから、ときどきサブ子に手からお刺身をあげるようにしてます。


2011_10120058.jpg
しつけとしてはむしろタブーなんでしょうけれど。


正直、うちの場合そういうレベルのお話ではないので。
どっちかというと、サブ子が「家庭内野良」になっちゃうかどうかの瀬戸際ですから。。。( ̄∇ ̄;)



おかげさまでというか何と言うか。
カメラを向けても(あんまり)睨みつけなくなってきました。
2011_10120059.jpg
お刺身の力は偉大だなぁ。(・ω・ )





弊害…もありますが。
最近夕飯時になると、二人でタッグを組んでおすそ分けをねだりに来るんですわ。
2011_10120051.jpg
このタッグ、結構強力です。二人そろうと、萌え度3割増し。


それにしても…。
ふーちゃん、お口を閉じなさい!( ̄‥ ̄)
ただでさえノーテンキなお顔なのに、ボーッと口を開けてたらまるでバカボンちゃんだわよ!
赤塚不二夫の漫画よろしく、頭から毛が一本立ってるし。






理想の猫。

アビ介の…


2011_10120005.jpg


「すまん寝」。
2011_10120004.jpg
窒息すんなよ~。( ̄∇ ̄;)







サブ子の…


2011_10100009.jpg
バンにゃい寝(シロ目付き)。
馴染んできたねぇ、サブ子。
人には相変わらずなつかないけどさ。( ̄‥ ̄) = =3




アビ介。
大分食欲が落ちてきました。
今はお刺身をたたいてペースト状にしたものが主食です。
ちょっとでも猫缶混ぜると、「いらんもん入れんな!」って睨むのよ。(6 ̄  ̄)
ま。食べてくれるならなんでもいいや。





やつれていても、
2011_09200004.jpg
アビ介は美形だ。最高にカッコイイ。
アビ介は10年かけてとりアタマを洗脳したみたい。


アビちゃん、あんたはとりアタマの理想のタイプだよ。




父、シナモンロール?を作る。

ある日家に帰ったら、甘~い匂いが家中に漂っていて。。。



とりアタマ父に、何か作ったの?と聞いたならば。
何と、「シナモンロールを作った」との返事。



おお。
そういや、この間リンゴ買ってきてくれって言われてたわ。
あれってシナモンロールを作るためだったのね。



電子レンジで簡単発酵させるパン作りにはまった父。
終にシナモンロールまで作れるようになったとは!



とりアタマ、娘として父を誇りに思うわよ。80の手習いで良くぞここまで出来るようになったものだわ。せいぜいロールパン辺りが関の山だと思っていたから。



で。
その出来上がったシナモンロールはいずこ???…とたずねると。



「目の前にあるやろが」との返事。




え。
目の前?
目の前のコレ???



このカタマリがシナモンロール???



2011_10060033.jpg
な、なんちゅーか。豪快なシナモンロールだわね。ヽ(°▽、°)
「シナモンロール」という名前の、可愛らしくてオシャレな響きに、一体どれだけ逆らえば気が済むのか。

ま、確かにね。
シナモンシュガーとリンゴの甘煮をパンに巻き込みゃあ「シナモンロール」としてなんら間違いではないはずなんだけど。


何故かしら。全てがまるで違う気がするのは、とりアタマだけ?
だって、シナモンロールって普通は…こーゆー感じじゃないかしら?






美しく正しいシナモンロールの例。

拾ってきたおさしん。
6d45c959570c23060be6f4c5fbbf5985a.jpg







父曰く。
生地がべたついて上手く巻けなかったのだ、と。
ああ、生地の水分が多すぎたのね。その日その日の湿度や気温によって、パン生地って水分量を微調整してやらないといけないから。なかなかレシピどおりには行かないときがあるのよ。


ま。父、いいんじゃないの。
チャレンジする気持ちが大事なのよ。大丈夫。これに懲りないで何度か挑戦したら、きっと要領がつかめるから。


と、ひさびさに超上から目線の娘(=とりアタマ)。



良かった。
ミシンではもう完全に追い抜かれたけど、パン作りではまだとりアタマのが上だわ。ε=( ̄。 ̄;)フゥ




久しぶりのお山。

すみません。今日は犬猫なしです。m(_ _)m




実はとりアタマ。
昨日は朝4時に起きて、5時過ぎには家を出、電車とバスを乗り継ぎ…延々歩いて歩いて歩き倒して…



こーゆーところに行って来ました。


滋賀県は比良山系の最高峰武奈ヶ岳。

2011_10080034.jpg

いやあ。遠かった。家を出てから登り始めるまでに5時間かかりましたもん。
登り始めから下山するまでが7時間。帰りが3時間弱。…移動時間と山にいる時間がほぼ同じってどうよ。( ̄∇ ̄;)



比良山系は関西で本格的な登山が楽しめるお山として人気があるのですが。



熊、でるそうです。( ̄∇ ̄;)
やっぱ、六甲山とは違うわね~。
2011_10080013.jpg



今回は日帰り強行軍だったので、下山してからお土産とか買う余裕もなく…


唯一のお土産は、足の親指に出来たでっかいマメ。
大きさは白花豆くらい。。。


参考写真。
sirohana.jpg
自己最高記録の大きさかも。
破裂する前に帰ってこれてよかった~。






作戦変更。

2011_10060007.jpg
入った、入った♪""ハ(^▽^*)





さて。


なまめかしいポーズをとりながらも、目つきはスケバン(死語)みたいにどぎついサブ子なんですが。
2011_09200018.jpg


あのですねぇ。
とりアタマ、作戦を変えることにしました。
お尻ポンポンで体にカイカンを覚えさせるくらいじゃダメですわ。
もっと、キョーレツな刺激を与えないと。


つまり。


ものすごく美味しい物を食べさせる。それも手から直接。←ここ重要!
名付けて、「美味しい物くれるこの人はいい人ニャ」作戦。…ええ。センスのカケラもありませんとも。( ̄ω ̄;)



さあ。
サブちゃん、おいで~。いいものあげるよ~。

2011_10060002.jpg
たくらんでない。たくらんでない。





ホラホラ。
サブちゃん、これ匂いをかいでごらん。
おいしいのよ~。

2011_10060020.jpg





これはね、アジ。丸アジのいいのが手に入ったのよ。
適度にあぶらがのってて、でも身もしっかりしまってて最高よ~♪

って。
2011_10060022.jpg
食べるの早っ!ヽ(°▽、°)
サブちゃん、意外とポリシーとかないのね…





2011_10060023.jpg
そうでしょうとも。
公園のエサやりおばさんの中には、ちくわとかイワシのミリン干しとかを持ってくるツワモノもいたけど。
さすがに生のお魚は持ってこなかったでしょうよ。






2011_10060027.jpg
で、出た~!!
サブ子がとりアタマに向ける初めてのいいお顔!!ヘ( ̄▽ ̄ヘ)(ノ ̄▽ ̄)ノ


こんなことなら、もっと早く手からお刺身あげてればよかったわ。
つーか、よく考えたら、これってケダモノを慣らす基本かも。( ̄∇ ̄;)





しかし喜びも束の間。

サブ子がフランに余計な一言を!

2011_10060030.jpg
ああっ。サブ子、シーッ!
フランに言っちゃダメだってば!



2011_10060032.jpg
い、いや。別にあんたは今更慣らす必要ないし。(6 ̄  ̄)

丸アジのお刺身。。。アビちゃんの分を姉ちゃんがおすそ分けしてもらって、それをさらにサブ子におすそ分けしたので、もうあんまり残ってないんだけど。。。
どうしても、欲しい???ペット用のいりこじゃダメかしら?





今日は写真だけで~。

とりアタマ父をユザワヤに連れて行ったら…






titi.jpg
始めてトイザラスに連れて来てもらった幼稚園児みたいになってました。。。
( ̄∇ ̄;)



おば様たちにまじって布選び。
楽しそうで何よりです。。。





今月の検査結果。

週末、アビ介の血液検査に行ってきました。
前の検査からちょうど1ヶ月。

ドキドキの結果は。。。



BUN  177   前回175
クレアチニン 8.6 前回9.1



…ほぼ変わらず。ε=( ̄。 ̄;)フゥ
前々回から前回にかけて、相当数値が上がったので、今回も上がってたらどうしましょうと緊張してたんですが。
何とか現状維持してくれました。点滴回数を増やしたのが良かったのかしらね。



正直ねぇ。10月の検査はないのじゃないかと覚悟決めてましたよ。




何だかだるそうにしている日が増えていましたし。

2011_09030011.jpg



食欲にもムラが出てきてましたしね。
2011_09030012.jpg

便秘も酷くて、体力消耗してましたし。



こりゃやばいかなと。

でも猫の病院の先生の指示通り点滴回数増やしてみると。。。


食欲復活!!""ハ(^▽^*)
2011_10030003.jpg
ごめん。今日はキハダです。



2011_10030005.jpg
ええ。その通り。( ̄∇ ̄;)
あんたの点滴代とお薬代でいっぱいいっぱいなのよ。
とりアタマ家の辞書には「予備費」とか「追加予算」とかいう言葉はありませんので。




とりあえず、点滴減らすと調子が悪くなることが目に見えて明らかですので、今日もせっせとおうち点滴。
2011_09200001.jpg
ええ。とりアタマ父が長袖を着ているのは、もちろん身を守るためですとも。
でも近頃では観念したのか、点滴中案外おとなしくしていてくれます。
こっちが慣れてきたのと同様、アビ介も慣れてきたんでしょうね。


猫さんが腎不全でお家点滴を勧められている皆様。
意外と何とかなります。このぢごく猫でも何となりましたから。れっつとらい、お家点滴!





カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。