スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブ子動画 その3



さっき撮ったばかりのアツアツ動画です。( ̄∇ ̄)



しかし静かに遊ぶね、あんたたち。( ̄∇ ̄;)
こんだけサイズの違う犬同士が…違った…犬と猫が楽しそうにじゃれ合っているなんて。
なかなか見ていて癒されるわぁ。とのんきに構えていたら。



またやりましたですよ、フランが。
サブ毛むしり。


2011_09290007.jpg
真っ白いサブ毛がヨダレにまみれて床に点々と…



しかもフラン、目立たない腹側の毛をむしっている様子。
2011_09290038.jpg
目立たなきゃいいって訳じゃありませんのに…( ̄ω ̄;)





それでもサブ子はフランが好きなんだよねぇ。
2011_09290040.jpg





スポンサーサイト

1年契約で買っちゃいました。

終にとりアタマ、こういうものに手を出してしまいました。。。( ̄∇ ̄;)





「ねこのきもち」
2011_09250002.jpg
正直、今まで「いぬのきもち」も「ねこのきもち」も全然興味なかったんですよ。
犬って、犬種によって特性が相当違ってくるので、ひとくくりに「いぬのきもち」といわれても、なんかなぁという感じでしたしね。本のターゲットは明らかに小型犬だし。能天気ゴールデンに関する情報は少ないのではないかしらと思いまして。




「ねこのきもち」の方もね。
たとえ猫の気持ちはわかっても、アビ介様の気持ちの理解には決して繋がらないのじゃないかと…



何せ、彼は「ぢごく猫」ですからね。普通の猫とはいろいろ違うですよ。
2008_10080023_20110928225832.jpg

元気な頃のアビ介です。
オーラ、ビンビンに出てますねぇ。




ただ、今は。
とりアタマ家には紛れもない猫がいるもので。
保護して2ヶ月近く経つというのに、いっこうに人に慣れない彼女の気持ちを理解するのに役に立つかしら…
と考えたしだいでございます。
2011_09290001.jpg
ガン飛ばし、復活してます。




あとやっぱ、今回の付録に惹かれちゃって~(^o^)
ちょうどサブ子に、もう一箇所隠れ家を作ってやりたいと考えていたので、今回の「キャットプレイキューブ」はタイムリーでございました。
2011_09250004.jpg




警戒してまだ使ってくれませんけどね。( ̄‥ ̄)
2011_09250008.jpg
本当にサブ子は慎重派だわ。





こんなに警戒心が強くて慎重なサブ子が、何でフランにだけはこうなのか…


2011_09290024.jpg
その答えは、やっぱり本や雑誌の中にはないんだろうなぁ。





終わった終わった。

久々に見た、フランの超真面目な顔。( ̄∇ ̄)


2011_09250071.jpg




その訳は…
2011_09250072.jpg





梨がもらえるから~。ヽ( ´ー`)ノ
2011_09250073.jpg
フラン、この度獣医さんとの相談の結果、アレルギー除去テストを完全に終了して、とりあえずヤバそうだと判っている食材以外何でも食べさせていこうということになりました。
これからは、アレルギー対策フードをメインのご飯にしつつも、野菜や果物、カンガルー肉や鹿肉などかつてのフランの好物が復活してきます。


結局、フランのカイカイは食物だけでなく植物や化学物質なども含めた複合的な原因であろうという、まあ最初からそうだろうなと思っていた結果を、1年かけて確認しただけという、何とも「何やねん」な結末なのですが。



「全て白黒はっきり付けられないのが人生」だと、思っておりますので。
ま、いっかと。┐(´-`)┌ 10ヶ月ばかし、カリカリしか食べられなかったのは、とりアタマじゃなくてフランだし~。



梨がもらえてブンブンのしっぽで、楽しく遊ぶサブ子。
2011_09250076.jpg
結構キツイじゃれ付き方をしているのですが、フランは全然気にしてない様子。
こういうところ、能天気なワンコでよかったわ~。




サブ子、薄っすらと目を開けて寝ております。
2011_09250001.jpg
このあたりも猫太郎一族ですねぇ。





サブ毛復活のきざし。

同じポーズで寝てる…(* ̄m ̄)プッ


2011_09250068.jpg
犬猫って妙にシンクロするよねぇ。
なんでだろ?





フランにむしられたサブ毛、だいぶ生えてきました。
2011_09250067.jpg





さて。
いつもガン飛ばしのサブ子なんですが。
あんまり爪がピンピンに伸びていたので、フランにじゃれ付くときに危ないと思い、今朝少し切ってやると…




思いっきりおびえられました。( ̄∇ ̄;)
2011_09260043.jpg
おびえた目で見つめられるより、ガン飛ばされて方がまだマシだわ。



サブ子の爪切り。
これもまた涙なくしては語れません。
まだ写真に撮る余裕がないので、詳細はまた後日。。。



出ました。

今日は、アビ介さんから一言。



2011_09200040.jpg



2011_09200041.jpg
おめでと~!!ヘ( ̄▽ ̄ヘ)(ノ ̄▽ ̄)ノ


前回のうんちから実に7日目にでました。
すごいのが。( ̄∇ ̄;)



あんまりすごいんで写真を撮ったのですが、そこはいい大人の理性が働いて掲載自粛。



代わりに、うちにあるもので今回のアビうんちに一番近い形状のものを載せることにしました。



それは、コレ↓。


2011_09200039.jpg
まさに、太さも長さもコレです。マジでいっぽん○ソでした。



すんごいねぇ、アビちゃん。
出すとき絶対つっかえたでしょう?

2011_09200042.jpg
だと思うわ。
まぁとりあえずは良かった良かった。


ヤクルトミルミル、効いたかな?
それともオリーブオイルかな??





撮れた撮れた♪

サブ子の…
2011_09200006.jpg




いいお顔が…
2011_09200009.jpg




撮れました~ヘ( ̄▽ ̄ヘ)(ノ ̄▽ ̄)ノ
2011_09200030.jpg
少なくともガンは飛ばしてないざんしょ?









でも本当のいいお顔は、やっぱりふーちゃんと一緒にいるときのお顔なのね。

2011_09200024.jpg
こうしてみるとサブ子って福顔なんだけどなぁ。(・ω・ )




ウラオモテ激しすぎだろ。

台風接近で雨がよく降るせいか、気温が少し落ち着いてきた神戸は六甲山のふもと。



アビ介と同じく短毛のサブ子は寒さに弱いようで。


とにかく、フランにべったり。( ̄∇ ̄;)
2011_09200002のコピー
弱いったって、生粋のノラさんなんだから、今の気温がそんなに堪えるはずないんだけど。
まあ結局、色々理由つけてフランに甘えてるだけなのよね。ね?サブ子。




2011_09200005a.jpg
サブ子。あ、あんた。
キャラが定まってきたわね。( ̄∇ ̄;)
ふーには常にデレデレ。ふー以外には常にツンツン。
すっげぇ二重人格。こりゃ新しい形のツンデレだわ。





カワイイ写真を撮ろうとカメラを向けても…
2011_09200022.jpg


サブ子が目線をくれるときは、常にガン飛ばし状態。
2011_09200020.jpg
もうちょっといいお顔してくれないものか。




その点、アビ介はわかってらっしゃる。
アビちゃん、ちょっと写真撮りたいから、いいお顔してよ~。
2011_09110036のコピー
おお。いいね~。
ちょっとアンニュイな雰囲気で。



2011_09200043.jpg
さすがアビ介、ちゃんと考えてるんだねぇ。(・ω・ノ)ノ
暴れん坊のぢごく猫だけど、お怒りモードじゃないときは甘えただし、撮影にも協力的だし。(常に上から目線ではあるけどさ)




何だか最近、アビ介が天使に見え始めたわ。。。(6 ̄  ̄)





異次元へ繋がってるとか?

今年最後のゴーヤを一気に収穫して…

2011_09100003.jpg




とりアタマんちの夏の庭、終了いたしました~。ヽ( ´ー`)ノ
2011_09150011.jpg
後残っているのは茄子と11月収穫予定のさつまいもだけ。





いつもは撤去した葉や茎は生ゴミに出すのですが、今年は地面に埋めました。
2011_09150010.jpg
秋の畑の予定をなんも考えてなかったので、ま、しばらく土を休ませようかと。
まいど行き当たりバッタリで何なのですが…( ̄∇ ̄;)




さて、BUN175のアビ介君。
2階でまったりと穏やかな日々を過ごしています。
2011_09110007.jpg
ゴメンなさいね。80過ぎたジジイのナマ足なんぞブログで公開して…



アビ介は過去にフランとの完全隔離生活のため、ずっと2階だけで暮らしていたので…(詳しくはカテゴリより「猫パニック障害」を参照してくださいね)
2011_09110010.jpg
この度も2階だけ生活を自然に受け入れてくれました。
体力値も落ちているし、階段の上り下りをする機会が減ったのはむしろ良かったのかも。








吐き気もなく、ゴハンもよく食べ、いい感じのアビ介なんですが。
彼の今の最大の悩みは。


2011_09110013.jpg
で、出ないんだよねぇ。( ̄ω ̄;)
腎不全で活性炭飲んでる猫の宿命かしら…。
前回は1週間出なくて、病院で摘便してもらいました。
それから既に今日で6日目。


ただ、まだ便意自体は来ていないようで。別にトイレで唸ってるわけじゃないんですよね。
摘便してもらったときも、先生は「それほど固まってない。あと1日か2日で自然に出たかもよ」とおっしゃっていたので、今回はもう少し粘ってみようかと思ってます。


しかしこの1週間で食べた大量の猫缶とおさしみ…
いったいその体のどこに溜め込んでるの???
それともあんたの直腸はどっか別の世界へ繋がってるの??



第一種接近遭遇。

さて、ついに。
計画は最終段階へ。す、進めるんだろうか…( ̄∇ ̄;)







彼が終にリビングに降りてきました。


2011_09010037.jpg



2011_09010038.jpg



2011_09040030.jpg
第一回目の接近遭遇では、サブ子だんまり。
アビ介も毛を逆立てているものの、特に攻撃的にはならず。
お互いどこまで相手の存在を感知しているのやら。(6 ̄  ̄)ナゾだわ。




久々にアビ介がリビングに降りてきて、一番緊張していたのはもちろんフランでございました。( ̄∇ ̄;)
2011_08290027.jpg


10分ほどリビングで過ごした後、アビ介が自分で二階に上がったので、この日の接近遭遇はここまで。



サブ子のケージカバー(もちろん、とりアタマ父お手製)をめくってみると…


2011_08290097.jpg
サブ子も固まってました。アビ介の毒気に当てられたのかしら?



サブ子との面会はアビ介の体調を見ながらボチボチです。
アビ介のストレスにならないこと。それが必須条件ですから。




憑き物が落ちた。

さて、皆様。
まず昔のこの日記を読んでいただけますか?


「魔性の女に引っかかる。」←クリックすると別窓で開きます。






…。
読んでいただけました?





では。
発表いたします。



このたびピッチ君。
無事去勢手術を終え、見事に憑き物が落ちました~!!
ヘ( ̄▽ ̄ヘ)(ノ ̄▽ ̄)ノ



2011_09100025.jpg
本当に久しぶりだねぇ。



2011_09100037.jpg
本当?
目が覚めた感じがする?




2011_09100033.jpg

2011_09100032.jpg
おお!
そりゃ良かった。
本当に「目が覚めた」んだねぇ。 o(゚◇゚o)




2011_09100035.jpg
そうでしょうとも!
ピッチ君ならいくらでもカワイイおしとやかな彼女が出来るよ。( ̄∇ ̄)この辺りにはそういう子、見当たらないけどさ。。。



2011_09100059a.jpg






優等生のピッチ君。
スッキリと本当に憑き物を落としてきたようです~。ヽ( ´ー`)ノ
いや~良かった良かった。
悪い女に引っかからなくて。

2011_09100058.jpg



馴染んでは来たのだけど。

サブ子。

2011_08280032.jpg



結構、リビングを自由に動くようになってきました。

2011_08280031.jpg
ただし、とりアタマたちがイスに座っていれば、ですけどね。( ̄∇ ̄;)






冷え冷えマットを正しく使うサブ子。(・ω・ )オヤ
2011_09150001.jpg
この上で寝るとヒンヤリ気持ちがいいってちゃんとわかってるんだなぁ。
こういうところ、外猫さんは目ざといというか、ちゃっかりしてるというか。


サブ子は夜寝るときはケージに入り、昼間はほとんどの時間をケージから出てリビングで自由に過ごしています。
フランと長いこと二人っきりになるときは、サブ子のハゲをこれ以上増やさないようにケージに入ってもらってますけどね。
夜鳴きも時々はするものの、ほとんどなくなりました。生活のパターンが出来てきた模様。


本当に、どんどん家猫としての生活に馴染んできているというのに。
人にだけはなかなか慣れないんだよねぇ。
困ったもんです。



外ではお触り禁止?

サブ子は、とりアタマやとりアタマ父が近づくと、脱兎のごとくケージに逃げ帰り、


2011_08140008.jpg
気合の入ったガンを飛ばしてくれます。( ̄∇ ̄;)





が。
ケージの中に入ってしまえば意外と平気にさわらせてくれるので。
2011_08280035.jpg





最近ではお尻ポンポンのカイカンを体に覚えさせております。( ̄ー ̄)フフッ
2011_08130044.jpg
ジャッキアップするようになってきたぜ。体は素直よのぉ。




でもサブ子が触らせてくれるのは、あくまでケージに追い詰められたときだけ。
いつまでたってもその状態から先へ進めないので、とりアタマちょいと一計を案じました。



つまり。
サブ子はフランと一緒だと気を抜いちゃうので。


フランを、とりアタマが寝転がってるソファのすぐそばにゴロンさせて、そこにサブ子を呼び込み…
サブ子がくつろいでいるところにそっと手を伸ばしてなで繰り回す!



名付けて、「この手はフランの手だよ」作戦。
2011_09040054.jpg
とりアタマ、すごく無理な体勢でカメラを構え、左手を必死に右方向からグッと回り込む形に伸ばしております。ちょっとしたヨガのポーズのようです。
そのおかげか、サブ子はとりアタマがなでているとは気がついておりません。たぶんフランが舐めてくれていると思っているのでしょう。グルグル言っております。( ̄∇ ̄;)




でも調子に乗ってもっと近くで写真を撮ろうと身を乗り出すと…
2011_09040056.jpg
さすがに気がついて…





はい。ケージ入りました~!(T▽T)
2011_09040042.jpg
いいじゃんかよ。いいじゃんかよ~。ちょっとくらい触らせろよ~。( ̄。 ̄メ)ちっ
絶対なでられるのキライじゃないくせに。
ぜってーそのうち、グニャグニャのぐねんぐねんにさせちゃる!






フランがむしったサブ子の背中。乾いた部分とてらてらの部分が混在しております。
2011_09040055.jpg
まあ舐め壊すでもないので、放置。
何か塗ると余計気にするのでね。



サブ子動画 その2

サブ子動画の第二弾です。




とりアタマたちが朝のニュースを見ながらごはんを食べているときのひとコマでございます。





サブ子。
夜はふーのお腹で眠り…
2011_09100013.jpg



朝はふーのシッポで遊ぶ…( ̄∇ ̄;)
あるときは母のように、またあるときは親友のように。
サブ子の心のど真ん中にフランがデ~ンと存在しているわけね。




でもって、とりアタマたちが近づくと即座にケージに逃げ込み…
2011_09040042.jpg
まるでケダモノを見るような目で睨みつけます。( ̄‥ ̄) = =3



彼女がなついてくれる日はいったい何時のことやら。



サブ子がとりアタマかとりアタマ父のヒザに自発的に乗って、お尻ぽんぽんを要求する日はいったい何時頃やってくるのでしょうか???


1 年内には。

2 1年後くらいには。

3 3年はかかるかも。

4 5年は覚悟しとけ。

5 永遠に来ません。


さあ、あなたの見解は?



アビ介のその後。

さて。
腎不全が悪化しているアビ介君なんですが。


点滴を開始して1ヶ月たったので再び血液検査に行ってきました。
週に三度の点滴と活性炭入りゴハンによって、少しでも数値が改善されていることを願っていたのですが。



結果は。




BUN:175  (前回、107)
クレアチニン:9.1  (前回、8.1)



上がってるし。。。_| ̄|○ il||li
しかも上がり方が尋常じゃないし。
BUN175て。何じゃそれ?何でそれで普通に生きてるの??



2011_09110036.jpg
そ、そりゃそうかもしんないけど…。でもだからって、BUN175て。クレアチニン9.1て。



先生に、「これって、すでに超末期じゃないですか?」って聞いたら。
「数値の上ではそうだねぇ。」とのお返事。続けて、「この子は、尿毒症に対する抵抗力が相当強いんだろうね」ですと。


抵抗力が強いのか。ナルホド。
それか、あれだね、やっぱりアビ介は猫じゃないのかもね。
地獄から来たぢごく猫なのか。ひょっとしたら宇宙から来た猫似の異星人なのか。



2011_09110034のコピー
え?それってどっちかが当たりってこと?(・ω・ )ヤッパリ



とりあえず、点滴の回数を増やして様子を見るしかありません。
食欲はあるのだけど、処方食には一切口をつけなくなりました。もともとあんまり好きじゃなかったしねぇ。




2011_09110015.jpg
うん。それはそうだろうねぇ。



2011_09110017.jpg
いや。その件に関しては姉ちゃんもそう思うわ。
もう何でも好きなもん、好きなだけ食べたらええよ。




2011_09110018a.jpg
うむ。
それならだね。昨日シンちゃんのママがアビ介のお見舞いにって、なんと本マグロのお刺身を持ってきてくれたのだよ。
これをちょっとたたいてあげるから、食べんさい。





2011_09110028.jpg
キハダやメバチとちゃうで。ホンマにホンマの本マグロやで。( ̄∇ ̄)




2011_09110030.jpg
こ、こら。落ち着いて食べなさい。あんまりがっついたら、吐くよ。本マグロ吐いたら姉ちゃん許しませんからね。
(↑これ、正規の食事の後のデザートとして召し上がっております。本当にむちゃむちゃ食欲あるんです。どれだけ食べても体重は全然増えませんが…)





2011_09110033.jpg
だそうです、シンちゃんママ。ありがとう。(またよろしく♪)






彼がいつどうなるのか。とりアタマにはわかりません。
わからないことをぐじぐじ考えてもしょうがないので、とにかく点滴を続け、彼が食べられるものをちょっとでも食べさせて体力維持に努めます。
多少ダルそうにはしていますが、苦しむ様子もなく、のんびりしているのが幸いです。
さすが、ぢごく猫。いや、宇宙猫なのかな。
ま、どっちでもいいや。生きててくれれば。




だってフランは犬だもの。

さて。


サブ子の「ふーちゃん、ペロペロしてニャア」という、熱烈アピールに応えて、ときどき背中をなめてやるようになったフランですが。。。

2011_08300018_20110908230401.jpg
うんうん。( ̄∇ ̄;)
もうちょっとヨダレの分泌を抑えてくれたら助かるんだけど。無理だよねぇ。フランは犬だし。猫みたいなざらざらした乾いた舌はしていないものねぇ。
まあサブ子が背中ベチョベチョになってもいいっつってんだから、姉ちゃんは何も言うことないけどさ。




そんな今日この頃。
ふと、二人の様子に目をやると。



2011_08280001_20110908230401.jpg
あ~!!!((((゜ロ゜屮)屮



むしった!
フラン!!今、サブ子の毛をむしっただろう!?



サブ子、ちょっと背中見せて!!
2011_09010004_20110908230400.jpg
や、やっぱり~!
サブ子の背中にでっかいハゲが出来てるよ~!!ヽ(°▽、°)




ふーちゃん!
あんた、親切に毛づくろいしてやるフリして、実はサブ子にちょっとイヤガラセしてるでしょう!?
2011_08300013_20110908230400.jpg
い~や。
あんた、サブ子にしつこく安眠妨害されて、相当イライラしていたから。
ちょっと意地悪したに違いない。( ̄ヘ ̄)




2011_08300021_20110908230400.jpg
う。
そりゃそうかもしれないけど。(6 ̄  ̄)
確かに、カイカイ持ちのフランは自分の前歯で痒いところをガジガジやって、時には自分で毛をむしっちゃうこともあるんだけど。そして多分それがとっても気持ちいい刺激になってるんだろうけど。。。


だからって、あんなに小さいサブ子の背中で同じことやっちゃったら、背中中の毛がむしれて「因幡の白ニャンコ」になっちゃうよ。




しかしその後も、ときどきふーがサブ子の毛をむしるものだから、リビングの床に「サブ毛」が散乱…
2011_08300016.jpg
サブ子の背中のハゲ、すでに500円玉2枚分くらいになっております。(T▽T)シャレになんない。。。




サブ子~。
あんた、こんなに大量に毛を引き抜かれて痛いでしょうに。
何でおとなしくむしられてるのよ。
イヤだったら逃げるとか、(軽く)抵抗するとかしなさいよ!
2011_09020006_20110908232147.jpg
ア、アカン。
サブ子、フランのこと信頼しすぎ。
何か、怪しい宗教みたいになってきてるぞ…( ̄ω ̄;)



今までサブ子のことはフランに任せとけばいいと思ってましたが。
ここにきて、フランとサブ子を二人っきりで置いておくと、サブ子の毛がなくなる危険が出てきました。
当分は、人が完全に監視できる状況でしか、サブ子をケージから出せません。


せっかくサブ子がリビングの環境に慣れてきたというのに。
これは正直、ちょっとキツイぜ。_| ̄|○ il||li




サブ子動画。

本日ちょっとお疲れモードに付き、動画でお茶を濁しまする。m(_ _)m




サブ子動画。


もみもみもみもみ…



サブ子、どんだけフランのことが好きやねん。( ̄‥ ̄)



フランの毛づくろい。

サブ子は頭とシッポががキジ(+サバ少々)トラっぽいシマシマで、
2011_08290102_20110906160546.jpg



後ろ頭はこんな感じの、9割がた真っ白の短毛のニャンコです。
2011_08280073.jpg
白い猫だから汚れが目立つだろうなぁと思っていたのですが、サブ子は毛づくろいが大変上手なので、



保護したときにはダークグレーだったかかとの辺りも、だんだん白くなってきました。
2011_08300040.jpg
よかった。この様子じゃあお風呂に入れる必要はないみたい。入れろっつったって、無理だけどさ。( ̄∇ ̄;)




さて、こんなにセルフ毛づくろいが上手なサブ子ですが。
毛づくろいをしてもらうのも大好きらしく、よく、シッポをピンと立てて、お尻をぴくぴく痙攣させながら、フランに擦り寄っていきます。時にはフランの目の前でごろんと身を投げ出したりしてね。(・ω・ )
猫同士なら、これで「毛づくろいしてニャァ」って意味だと通じるんでしょうけれど、フランには「何のこっちゃ」でございまして…

2011_09010008_20110906160911.jpg
すごく迷惑そう。( ̄∇ ̄;)




「ふーちゃん、サブ子がペロペロしてくれってさ」って教えてやるも、当然さらに「何のこっちゃ」のフラン。




…と思っていたら。。。
それがですね。
何と、この間、フランがサブ子の背中をペロペロしてやってたですよ! o(゚◇゚o)オオ!


2011_08300006.jpg
わかりにくい写真ですが、フランがサブ子のケージに頭突っ込んで、背中を舐めてやっているところです。






「よかったねぇサブ子」と様子を見に行ってみると。。。アラ???



フランが舐めたサブ子の背中は、ヨダレでべちゃべちゃの…
2011_08300008.jpg



ぼっさぼさ。
2011_08300031.jpg
そ、そりゃそうだわな。
普通ゴールデンに舐められたらヨダレでべちゃべちゃになるわなぁ。(6 ̄  ̄)


これって、毛づくろいの意味あるのかしら?っつーか全然「つくろってない」ような気がするんだけど。むしろマイナス?やらないほうがマシ??





サブ子が満足そうにしてるんだから、ま、いっか。( ̄∇ ̄;)
2011_09020044.jpg






サブ子は幸せなのか?

台風直撃で大荒れの近畿地方…


お外は大雨なのに、低気圧のせいかケージでのびのび爆睡しているサブ子を見ていると。。。


2011_09040013.jpg
「保護しておいて良かったなぁ」としみじみ思います。
ま、サブ子の方は「保護されてよかったにゃぁ」とは感じていないでしょうけどね。
( ̄∇ ̄;)



とにかくサブ子は自由な猫だったからねぇ。
2011_07100056.jpg
「ケージ中心、自由に出来てもワンルームまで」という生活に慣れるまでには相当時間がかかるでしょう。




ただ、サブ子は本当にフランが大好きなので。
2011_09020040.jpg



ふーさえいれば、かなり快適にゆったり過ごせるみたい。(^-^)
2011_09020048.jpg
撮影しようと近づいても気にせず寝てましたから。
ちょっとずつちょっとずつ、緊張がほぐれてきているようです。



2011_08140035.jpg
そうか、そりゃ良かったねぇ。( ̄∇ ̄)




2011_08140036.jpg
う、う~ん。それはそうかもねぇ。( ̄∇ ̄;)





それはそうと、サブ子さん。だんだん贅沢になってきたようで。
お外猫時代にあげていたカリカリがまだ残っていたので、それにちょっとグレードの高いカリカリを混ぜてあげているのだけど。



最近、安いカリカリだけを残すようになってきました。
2011_09020004.jpg
赤い矢印が安いカリカリでございます。器用に残しやがる。( ̄‥ ̄) = =3





サブ子の家猫修行……え~と何番だっけ?

さっき撮った写真。。。


2011_09020028.jpg
仲よさそうで何より。正直フランは相当なストレスでしょうが。( ̄∇ ̄;)



さて。
サブ子が大分リビングの環境に慣れてきたので(人には相変わらず慣れてませんが…)。


そろそろ作戦は次の段階に進みます。


これこのような綿の手袋を100均で買ってきてですね。
2011_08280059.jpg



アビ介のあご周りとか、
2011_08280081.jpg



肛門付近をなでくりまわします。
2011_08280083.jpg


でもって、その匂いをサブ子にかがせると…
2011_08280061.jpg



逃げました。( ̄∇ ̄;)
2011_08280065.jpg
そうか。怖いか、アビ介の匂いが。



一方のアビ介には、いつもサブ子のケージの中に敷いてあるタオルを持ってきて、
2011_08280085.jpg



嗅がせてみると…
2011_08280086.jpg



さすが貫禄のアビ介君。
2011_08280091.jpg
色々分析している模様。┐(´-`)┌



逃げるわけでもなく、怒るわけでもなく、ただ、「ちっ」って舌打ちして悠々去って行きました。
2011_08280093.jpg
ま、そりゃアビ介君に比べたら、サブ子なんてまだまだガキの部類だよねぇ。







アビ介とサブ子を引き合わせる下準備を始めています。
まずはお互いのフェロモン交換から。


実際のご対面はまだまだ先でしょうねぇ。





父、イージーパンツを縫う。

久々のとりアタマ父ネタです。



齢79辺りからミシンにはまり、糸のかけ方を間違いつつも、着実に腕を上げ、色々な作品を生み出してきたとりアタマ父ですが。。。


それはどれも、基本「直線で縫って、四角く仕上げる」タイプのものばかり。
複雑な縫製はしたことがありませんでした。



それがこの夏市販の型紙を使って、とりアタマのイージーパンツ(部屋着用)に挑戦♪
いや。挑戦させたんですけどね。無理やり。
型紙渡して「これ頼むわ」って。( ̄∇ ̄;)






「頼むわ」って言われて、「うん、ええよ」と答えるところがすごいと思います。マジで。きょーびの若者のように、「ぜってー無理!」とか簡単に言わないのよ、昭和一ケタは。
2011_07230023.jpg







でもって、作成に当たって、父がメジャー持ってとりアタマの部屋に入ってきてですね。
「ウエストとヒップ計らせろ」と。。。(・ω・ )あ?

そっか、服を作ってくれと頼むとそういうことになるわけか。いいけどね、別に。B型のクセに(←偏見)結構完ぺき主義者の父に、「Mサイズでいいよ。」と言っても納得しないことはわかってるし。
そういや最近、ウエストが何センチかなんて気にもしてなかったし。今あるパンツがはけるのでとりあえす「ヨシ」としてたからさ。








2011_07230028.jpg
ロックミシンも普通に使えるようになりました。
いくつになっても人間て学ぶことが出来るのですねぇ。┐(´-`)┌







でまぁ、80過ぎた父にウエストとヒップの採寸をしてもらうという非常に貴重な体験をして、完成したのがこの七分丈イージーパンツ。↓


麻混のストライプの生地が涼しげでございます。バーゲン品だけど。
2011_07240026.jpg



ポケット部分のガラ合わせをしているところがすごいと思う。とりアタマが自分用に縫うなら絶対面倒なことは避けて通りますもの。
2011_07240030_20110901224036.jpg
でも、父。ここには相当注目して欲しかったらしく、たいそう自慢げに「ちゃんとガラ合わせたで~」とのたまってました。スゴイスゴイ。""ハ(^▽^*)



うむ。
父。本当に上達したねぇ。
次はアレだね。ブラウスだね。襟と袖がちょっとアレだけど。とりアタマも実は一回しか縫ったことないけど。
大丈夫。父ならできるよ。根拠はないんだけどさ。
それと、ホラ。市販の型紙は数が限られてるから、本を見て製図できるようになると便利だと思うよ。とりアタマは出来ないけど~。



て、父に言ったら、「でっかい方眼紙探してきてくれ」って言い放ちよりました。今度船場※に布見に行くかとも…
ヤル気ですわジイ様。( ̄ω ̄;)マジカヨ



※船場(せんば):大阪の有名な生地問屋街。



カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。