スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父、パティシエになる。

とりアタマ父の料理の教科書、最新刊が出ていたので買ってきました。
2011_05280024.jpg
「LIFE」第3巻です。



さて、今度はこの本のレシピから、どんな料理を作ってくれるのかしら…?と期待していたら。。。






父が選んだのは何と!
2011_05290024.jpg
レモンパイ、ですって奥さん。





とりアタマ父、ついにお菓子作りに手を出しました。
しかも初めて作るお菓子がレモンパイて。それってどうなのよ。
難易度高くないか?



「お菓子作りは動きに悩みがあってはいけない。手順を頭に叩き込んで、一気に作業を進めないと失敗するですよ。」という優しい娘(=とりアタマ)のアドバイスにより、本に書き込みをして予習を欠かさない父。
2011_05280022.jpg
気合入っております。( ̄∇ ̄;)


そしてもうひとつ。
娘から父へのアドバイス。



本の通りに全部自分で作りたいだろうけど。
今回はガマンして、これ使いなさい。



冷凍パイシート。
2011_05280026.jpg
出来ないことはないだろうけど、ゼロからパイ生地を作るのは時間も手間もかかりすぎますので。
しかも、父は生のパイ生地を扱うのは初めて。これってちょっとしたコツがいるのですよ。

だから、今回は冷凍のパイシートでパイ生地ってどんなもんか経験してもらって、次にやってみたければゼロから生地をこねればいいかと思ったのですわ。



父。80歳を過ぎて初めてパイ生地をのばすの図。あ。机の上ちゃんときれいに磨いてますよ~。
2011_05280028.jpg
絶対に生地をダレさせないように、できるだけ手早くのばすのがポイントです。





型に置いた生地を冷蔵庫で休ませている間に、フィリング作り。
2011_05280034.jpg
慎重に卵を黄身と卵白に分ける父。



フィリングは一人で作れるというので、さいでっかと放っておいたら…ちゃんと作ってました。( ̄∇ ̄)
2011_05290001.jpg
満足げにレモンフィリングを見つめる父。


冷やした生地を一気に焼き上げて。。。
2011_05290003.jpg
思わず五・七・五。(^o^)


じゃあ、あとは焼けたパイのアラ熱が取れたら、フィリングを詰めて八分に泡立てた生クリームを乗っけたら完成だから。
一人で出来るよね?



と、再び放っておいたら。。。





出来てました。





だいぶ本の写真とは違うけど。(↑2枚目の写真参照)

かなりワイルドな感じの、「父レモンパイ」。( ̄∇ ̄;)
2011_05290009.jpg





こりゃあれですな。
生クリーム泡立てすぎですわ。

聞いてみると、「八分立て」っいうのがよくわからなかったらしい。
わからんなら、聞けよ!っつー気もしますが。でもまあ、こういうのは失敗した方が早く覚えるしね。食べられない素材を使ってるわけじゃないのだから、まあヨシですよ。


カットした感じも超ワイルドでございます。
2011_05290014.jpg
ちょっとお土産に持っていくにはアレな感じですが…家で食べるから問題なし。かな?


2011_05290013.jpg
いや。姉ちゃんもあんまり気にしないよ?
多分、キレイに仕上げられなくて一番残念がっているのは頑張って作った父だと思うよ。

お味のほうはなかなか。
レモンの酸味が程よく利いて、おいしかったです♪



父。
また挑戦するそうですが。
そのたびに、直径20センチのパイをホールで消費しなければならないのはちょっとどないやねん。
父~、できましたら1ヶ月以上間あけてくださいね。でないととりアタマ、ブタになります。







おまけ。

余った卵白で作った胡桃のサブレ。
2011_05290027.jpg
粉砂糖と適当に泡立てた卵白とホットケーキミックスと刻んだ胡桃をざっくり混ぜて焼きました。
これはこれで結構いける。
でも入ってる粉砂糖の量がハンパねぇ!!



スポンサーサイト

ギネスに挑戦!?

台風が接近し、梅雨前線が活発化した近畿地方の週末。。。





散歩に行けなくてダレダレのフラン。( ̄∇ ̄;)
2011_05280018.jpg
まあ散歩に行けないってだけで、ダレダレ具合は普段とほとんど変わんないんですけどね。



雨が激しく降っているとき、一番困るのがやっぱりトイレ。



フランは普段から気が向いたときには家の中でオシッコします。
以前は脱衣場に敷きっぱなしにしてある布製のペットシーツでしていたのですが、最近は完全にお風呂場でしてくれますので、後の処理が大変楽チンです。水で流しゃいいんですから。
この点に関しては、フランは本当に最高によく出来たワンコです。



2011_05280010.jpg
いやホント。えらいえらい。(^o^)



たぶんウンチのほうもガマンできなくなったらお風呂場でしてくれるでしょう。
今までも何回かありましたから。


ただ。
ただですね。


フランの場合、オシッコにしてもウンチにしても決まった時間にするとは限らないのが、どうにもこうにもややこしいところでして。。。
ある日にはちゃんと朝の散歩でオシッコしていたのに、お昼頃にもお風呂場でしていたし。
またあるときは、夕方の散歩に行く前に先にちゃっちゃと用を足していたし。。。あと1時間もすれば散歩にいけるというのに何故このタイミングでするのか…どうしてもがまんできなかったのかしら。。。(・ω・ )


かと思えば、雨続きで散歩に行けないときに37時間もオシッコをガマンし続けたりもする。( ̄ω ̄;)
何故そこまで我慢する必要があるのかしら。。。お腹をさわってみると結構パンパンに張ってますし。絶対行きたいはずなのに、何故行かぬ?




で。
今回もすでに24時間近く、トイレをガマンしているフラン。




2011_05280013.jpg
挑戦せんでよろしい!
しまいに膀胱炎になるよ。



彼女がどういうときに風呂場トイレを使用し、どういうときには使用したくないのか。。。その基準がさっぱりわかりません。
ま、どっちにせよ、フランは「根性」とかいう言葉と縁遠いと思われるので、ガマンできなくなったらどこででもしてくれると思いますが。←正直あんまり心配してない。






ちなみに気圧の関係か、眠くて眠くてたまらない様子のアビ介君。
2011_05280021.jpg
雨の日のとりアタマ家は退屈だけど意外と平和だったりします。( ̄∇ ̄;)





仲直り♪

ついに。











サブ子との関係修復に成功したシンちゃんママ。



2011_05210001.jpg











ケツもさわれます♪
2011_05210003.jpg






初物をいただく。

エ~、本日5月の25日ですが。
通常、とりアタマ家ではありえない食べ物が夕食後のテーブルに乗りました。





5月のスイカ♪
2011_05240021a.jpg
「季節をちょっと外れた果物」というような高級な食材は、とりアタマ家とは本来無縁のもの。
それが何でここにあるかと言うと。。。



実はとりアタマ父のお見舞いに、レオ君のお母さまにいただいたのです。
とりアタマ父、ここ一月ばかり膝を痛めてまして(つーか、ぶっちゃけ年のせいですが)。それでお見舞いにおいしいスイカをいただいたのでした。( ̄∇ ̄)母さま、ありがとうございます。
父、スイカ大好きなもので大変喜んでおりました。元気でた様です。



さて。



写真を見ていただくとお分かりのように、三角形に切られたスイカの横にヘタの白っぽい部分を乗っけた小皿がありますが。
2011_05240021.jpg




これは何かといいますと。もちろん…




この方用のスイカさんでございます。( ̄∇ ̄;)
2011_05240026のコピー
大好物のスイカさんを前に、フランの顔つきが完全に変わっております。




これ以上は無理というくらい真剣なまなざしで、「おりこうなワンコ」をプロデュース。
2011_05240030.jpg






でも。
食べる瞬間は思いっきり地がでてます。( ̄∇ ̄;)
2011_05240022.jpg
舌から迎えに行っとるし。。。






思わぬところで、スイカのアレルギーチェックが出来ました。
レオ君母さま、お気遣いありがとうございました~♪





ローソン、なかなかやりおる。

最近近所に出来たローソンは、敷地の奥まったところにワンコを繋いでおくポールが立っています。


2011_05150054.jpg



こういう心遣いは大変嬉しい。ヽ( ´ー`)ノ
2011_05150056.jpg
ちゃんと入り口から離れたところで、でも通りを歩く人がちょっかいをかけにくい生垣の内側で。
しかも店内からも見える場所。



お散歩の途中でちょっと牛乳だけ買いたいってなとき、これなら安心してお店には入れるわ~。
幹線道路を挟んで向かい側にあるスーパーが犬連れで買い物に来ることを禁止してるのとえらい違い。「犬連れで店内に入ることを禁止」してるんじゃないですよ。(←そんなの当たり前。)店の前の街路樹につないでおくのもNGなのです。ちなみに、店舗は階段を4,5段上がったところに入り口があって、歩道の街路樹とは十分な距離があるんですけどね。



生き物がダメな人ももちろんいらっしゃるし、そもそも目の届かないところで犬同士のトラブルもあるかもだし。
店側の判断もわからんでもない。

ま、考え方はそれぞれですが。




2011_05150055.jpg
とりアタマは単純な人間なので。やっぱり「来るな」と言われるより、「ここ、どうぞ~」と言われると素直に嬉しいです。(^o^)
フラン連れでないときでも、ローソンはなるべくこのお店を使おう。潰れないように…



フランも被害者。

ねぇ、アビ介君。




えらく気持ちよさそうに寝てるけどさ。



2011_05210052.jpg






あんた。
ちょっと人の寝床盗りすぎじゃないですか
2011_05210049.jpg
アビ王子には誰も逆らえません。
いや、マジで。
逆らうと危険を伴いますので。( ̄ω ̄;)





終にここまで来ました。

2011_05150041.jpg
何すか、ふーちゃん。
朝っぱらからその笑顔のアピールは?( ̄∇ ̄;)





2011_05150025.jpg
いや。
それ頑張ってるのはむしろ姉ちゃんのほうじゃないかと思うんだけど。。。
あんたは目を瞑って、じっとしているだけじゃん。




本当に奇跡的に、毎週1回のお風呂ちゃんと続いております。←あ。獣医さん推奨の週2のお風呂は、ハナッからあきらめてました。( ̄ω ̄)b
毎週薬用シャンプーするとお肌の状態も毛の状態も大変グッドでございます。(^o^)
こっちは腰にきますけどね。




2011_05150027.jpg
それ?
ああ、これ、ね。



う~ん。
まぁ、ぼちぼちいいか。


じゃあちょっと食べてみますか?ふーちゃん。



待望のリンゴさんを!
2011_05150029.jpg




2011_05150030.jpg




2011_05150033.jpg
そりゃ良かったね。( ̄∇ ̄)



フラン。
キャベツ、ニンジン、小松菜、白菜と無難な野菜シリーズをクリアして、やっと果物が食べられるようになりました。今のところ、カイカイが酷くなる様子もないので、リンゴもクリアかなぁ。




これからはイチゴとか夏みかんとか。フランが去年まで好んで食べていた果物シリーズをチェックして、そのあと芋類をチェック。豆腐やおからといった豆類加工品。そしていよいよ動物性たんぱく質のチェックへと突入予定です。
カイカイが酷くなればその影響がなくなるまで2ヶ月くらいは次のチェックが出来なくなるので、食品の選択は慎重にしなくちゃなりません。

気分は「黒ヒゲ危機一髪ゲーム」ですな。( ̄∇ ̄;)





乗っ取られた。

今日はうちの猫について。







ねぇ、アビ介君。






姉ちゃんは今晩、一体どこで寝ればいいのかね?





2011_05160002.jpg
さあボチボチ寝るべか…と。ベットを見たらこの調子。
時計は深夜0時を指している。
どないせぇっちゅーねんな、ホンマ。







前言撤回。

え~、前回の日記で「サブ子がうちまで遠征してくることはなくなっちゃいました」と書いたのですが。。。











昨日来ました。( ̄∇ ̄;)
2011_05160030.jpg




シンちゃんママとシンちゃんに連れられて…
2011_05160028.jpg
なんかね、シンちゃんたちが公園の前にいたサブ子に「一緒にふーちゃんち行こう!」と誘ったら、あっさり付いてきたんだって。
さすがは猫太郎一族っちゅーか、なんちゅーか…( ̄ω ̄;)色々忘れるのが早い早い。




正直ちょっとまだ警戒しておりますが、
2011_05160027.jpg
それでも、




フランの前ではこれですから。
2011_05160032.jpg





サブ子、道路でひっくり返って腹を見せるのは止めなさいってば。
2011_05160033.jpg






せっかくきたんだからちょっと飯でも食っていきねぇ、とカリカリを少し勧めた後、みんなで公園までお散歩しました。
2011_05160036.jpg
写ってませんが、シンちゃんもいますよ~。うちに来る道中は、サブ子はシンちゃんにラブラブだったそう。





2011_05160040.jpg
さすがはサブ子。世渡りも上手いわ。( ̄‥ ̄)




サブ子の勘違い。

とりアタマんちのそばで怖い目に会ってからというもの、サブ子はうちまで遠征してくることがなくなっちゃいました。( ̄∇ ̄;)



ま、その方がサブ子が安全だと思うならそれでヨシ。
正直。玄関ドアを開けたらサブ子が待っていて、「ふーちゃん、お散歩いこー♪」とか言ってくれないのはちょっとさびしいけどさ。。。



でも。
家にこそ迎えに来ないけれど、サブ子はときどき、とりアタマんちから公園へ向かう路地の出口の辺りでフランを待ち構えていたりするので、それもまたサプライズで楽しいの。



何で路地の出口の辺りかというと。



ここからは地下の道を通って公園までずーっと安全にいけるから。
2011_04060023.jpg
どうもこの地下の道、うちの家のほうの通路とは隔絶されているようなんですよね。たぶん鉄製の柵かなんかがあって、通れないんでしょう。この通路が繋がっていると、うちまでずっと地下の道でこれるのにね。



途中、グレーチングがはめ込んであるところを歩くときには、サブ子はときどき「ニャ~、ニャ~」と位置を知らせながら、歩きます。
2011_04060027.jpg
とりアタマがフランの代わりに返事してやると向こうも返事を返してくるの。
ヽ( ´ー`)ノカワイイ~



で、公園の近くまで来ると一方通行の路地になっていて滅多に車も入ってこないので、サブ子は地上に上がってきてフランと並んで歩くのです。
2011_05150003.jpg



しかしまあその、ラブラブなことといったら…


サブ子はときどきフランにスリスリしたり。。。
2011_04060028.jpg


鼻キスしたり。。。
2011_04060030.jpg
いや、まあご覧の通り。
どっちかと言うと、サブ子のほうがフランにフォーリンラブなんですけどね。





どうも、先日とりアタマんちの近くで帰れなくなって野宿した翌朝、フランと一緒にサブ子を公園へ送って以来。
サブ子は、自分を連れて帰ってくれたフランをすごい尊敬のまなざしで見ている様子。



2011_04060029.jpg
それ、ちげーよ、サブ子。( ̄‥ ̄) = =3

連れて帰ってやったのはとりアタマだよ。言っとくけどフランにはそんな能力ございませんから。





とか言っても、サブ子の目にはふーしか映ってないからしょうがないか。本当にサブ子、とりアタマのことなんて眼中にないんだから。




まあ、仲良しなのはいいことだよ。( ̄∇ ̄)
2011_05150018.jpg
奇跡の友情を大切にしなさいよ、お二人さん♪





やばい猫。

完全に憑かれてます。





どなたかエクソシスト(悪魔祓い)お願いします。( ̄ω ̄;)








母、初登場。

この何ともいえない面構えの猫は…


2011_05080028.jpg



おそらく、彼(猫太郎)と、
2010_04070058_20110511070759.jpg




彼女(サブ子)のお母さん。
2011_02250042sabu.jpg
この猫(名前はまだなし)、すごく警戒心が強くめったに姿を見ることはないのだけど。





「妖怪のような顔をした白い猫」と言えば、わかる人にはわかります。
( ̄∇ ̄;)
2011_05080029.jpg
…いやしかし、ホント個性的なお顔ですな。



浮世絵に描かれている猫にもそっくし。
002-092453.jpg

正直に言いますが。
猫好きのとりアタマも、お世辞にも「キャ~♪カワイイにゃんこちゃん~(゚∇゚)」とは感じないのですが。←見た目の話ね。

でも、男の猫さんたちには非常にモテるらしく、猫太郎一族の猫のほとんどは、このお母さんから生まれてきたと思われます。


避妊したいんだけどねぇ。そもそも滅多に姿を見ないしなぁ。
もうちょっとエサやりおばさんから情報を集めないと。


猫太郎はあきらかに性格も容姿も父親似ですが。


サブ子はちょっと母親似。
sabukotyann_20110511071036.jpg
犬好きで大胆な性格は父親の血でしょうかね。

ちなみに父親猫と思われるキジトラ猫のプリモちゃんは、人にも猫にも愛想が良くて、パトロン見つけてうまくやってるようです。







軽率な犬と慎重な猫。

フランのごはんにニンジン入りました~。ヽ( ´ー`)ノ
2011_05080024.jpg
キャベツを食べさせても特にカイカイ度に変化はなかったので、次はニンジンでございます。本当は白菜の予定だったけど、白菜高くなってきてるから予定変更です。( ̄∇ ̄;)




いつものことだけど、「ヨシ」の合図で、何の迷いもなく一瞬たりとも匂いをかぐことすらせず。。。フランは与えられたごはんをバクバク召し上がります。
2011_05080027.jpg
アンタね、入ってるものの確認くらいしなさいよ。( ̄ω ̄;)
ひょっとして、ドッグフードの替わりに砂利とか木屑とか入れておいても、数口くらいは気がつかずに食べるんじゃないだろうか。。。いや、マジ。きっと食べるに違いないわ。



一方のアビ介君は。
大変慎重な性格で、いつものごはんでも匂いをかいで納得してから出ないと絶対に口をつけません。



実は先日。外出先で普段は行かないスーパーにちょこっと寄った際、マグロのすきみが大変リーズナブルな価格で売っていたので、「こりゃ身をほじくって丼にするのにちょうどいいや♪」と買って帰ったのですが。。。


いつものように少しだけアビ介におすそ分けをしてやったのに、
2011_05020003.jpg
あんなに好きなマグロなのにチラ見しただけで、そっぽ向いて、




素通り。
2011_05020004.jpg
何で食べないのよ。お腹すいてないの??といぶかしんでいると。
自分たちが食べる分用に台所で身をほじくっていた父が、階下から「お~い、これ加熱用って書いてあるぞ」




ありゃ。マグロ、古かったですか。
見た目きれいな色だったんで、てっきり生食大丈夫なヤツだと思ってましたわ。





これ見よがしに、マグロをスルーして、カリカリを食べるアビ介君。
ちょっと背中の毛が立ってます。ムカ入っております。
2011_05020005.jpg
( ̄ω ̄;)スマン、ワルカッタヨ。


その後おわびに、夕食用に買ったブリのブロックをちょっとだけおすそ分け。
ちゃんと「お刺身用」ってシールが貼ってあったやつだから安心して食べてください。



でもやっぱりチェックしてから口をつける慎重派。
2011_05020007.jpg




今度は納得したのか、キレイに完食されました。( ̄∇ ̄;)
2011_05020012.jpg
いや。
おみそれしました。
これから、魚の鮮度はアビに見てもらうことにしよう。




ちなみに、アビ介がダメ出ししたマグロのすきみは、ショウガと醤油とみりんと砂糖でくつくつ炊いて角煮にしていただきました。ちょっと人としてのプライドが揺らぎますが。とりアタマんちはビンボーなので猫がまたいだものでも食べます。加熱すりゃあ大丈夫です。





性癖。

アビ介が甘えてきたので、お尻ポンポンしていると、ふと目に付いた耳アカ。


割と外側に付いていたので、指を突っ込んでとることに。。。


2011_05060001.jpg



茶色い耳アカが少しだけ取れました。
2011_05060003.jpg
ホントはもっと黒い塊が見えてたのにさ。目算誤ったなぁ。



で。アビ介は耳アカをとると必ず、「どんなん取れたんか、ちょっと見せて」と言います。
2011_05060002.jpg
匂いも入念にかいで「ふむ。」とご納得の様子。




ま、その気持ちは大変よくわかりますけどね。( ̄∇ ̄;)


そういや、フランの耳掃除をしても、「ちょっと見せて」と言われたことはないなぁ。
マラセチアが増殖しやすいフランの方が、立派な耳アカが取れて楽しいんだけど。。。大きな塊が取れたときのヨロコビを分かち合えないのがちょっとさびしい。。。


とりアタマ、犬猫の耳アカや、目ヤニを取るのが大好きでございます。(^o^)
あと、ヒトの黒ニキビ取るのも好き♪決して変態というわけではないですが。(ないと思ってますが!)




女の子のはずなのに。

5月5日と6日、とりアタマんちの地域のだんじり祭りがありました。
毎年この時期はにぎやかなんですが、今年はとりアタマ仕事が入っちゃってあまり参加できず。(T▽T)


なのでフランのお友達のシンちゃんのブログで紹介された写真を拝借してきました。。。無断で。




すッごい男前なミラちゃん。( ̄∇ ̄;)
mira.jpg
もうどっから見ても「若だんな」にしか見えません。
問題は何屋さんの若だんなか、ですな。


呉服問屋か、薬問屋か。
はたまた油問屋か。

『あいつの親父はなかなか良くできた人物で、商売もうまいし町衆からも信頼されているが、息子の方はどうもいけねぇ。(ホントはムスメだけど)
性根はまっすぐなんだか、どうも向こうっ気が強くて、押さえが利かない性分だ。ちょっと気の沿わない相手に出会うと、すぐに大ゲンカおっぱじめやがる。』


2011_05040036.jpg


『おふくろさんも心配してるぜ。まぁもうちっと歳食やぁ落ち着いてくるんだろうが。早く嫁さんでももらったほうがいいやな。(だから女の子なんだけど)』






え~。
閑話休題。





で。一方のフランですが。
ミラちゃんと同じはっぴを着ても、どうも趣が違うのね。
2011_05040013.jpg




フランの場合はどう見ても、飲み屋街の外れにあるキャバクラの呼び込み兄ちゃん。
2011_05040012.jpg
時給780円くらいでしょうかね。で、きっと客を一人引っ張り込むごとに100円付くのよ。




上の写真のミラちゃんも、フランも。
知らない人が見たらきっとどっちも男の子だって言うだろうなぁ。




で、この写真のシンちゃんが、一番女の子らしかったりするのよね。
2011_05040017.jpg





それなりに使えているiPad。

今年の1月に購入以来、とりアタマ父、あきることなくiPadを使い続けております。( ̄∇ ̄;)ヨカッタ、無駄にならなくて。


パソコンより起動も早いし、終了させるのも簡単だし、どこにでも持ち運べて楽に使えるのがいいみたい。
メールも、パソコンを使っていたときは苦手だったのに、iPadにしてからはちゃんと送れるようになりました。ビバ!アポー(≒Apple)





自分でアプリを入れることはまだ出来ないけれど、とりアタマが適当に選んだアプリで適当に遊んでいる様子。


これは日本地図を使ったパズル。
2011_04240032.jpg
頭と指先を同時に使うので、きっとボケ防止にもなっていることでしょう。
つーか。なっていてください。マジで!!(*_ _)人





先日、遅まきながらグーグルアースを入れたら、大層気に入ってずっと見てました。


父、そんなに熱心に見入って、いったいどこにいってるのかな~?
エジプトにスフィンクスでも見に行ってるの?
それとも地球の裏側のマチュピチュとか?ああ、万里の長城を端から端までずっとたどってみてるのかしら?
いやいや、実は日本とは趣の全く違うヨーロッパの古い町並みやお城を見て回っているとか?







と、そっと後ろから覗き込んでみると。。。






朝のフランの散歩コースをたどっておいででした…( ̄ω ̄;)
2011_04240061.jpg
…えらい近場でんな。
もうちっと羽ばたいてみようよ、父。。。





手始めのキャベツ。

フランの食事に、
2011_05020038.jpg
ゆでキャベツ入りました~♪



本人、気がついているのかいないのか…(たぶん気がついていても気にしてはいない…)
2011_05020039.jpg




「ヨシ」の合図で躊躇なく一気食い。夢中でがっついておりました。
2011_05020040.jpg
ドッグフードだけのときより食べごたえもあるようで、いい感じです。



3日キャベツをトッピングして、カイカイがひどくならなければ、次の野菜を追加する予定。
2011_05020035.jpg
このすっかりなくなったウエストが戻る日が来ますように!運動もしっかりして、筋肉をつけたまま痩せるようにしないとね。めざせ19キロ台!




祝!いつの間にやら10万アクセス♪

何だかふと気がついたら、アクセス数が10万突破しておりました。( ̄∇ ̄;)
ここまで続けてこられたのも、みなさまがこのブログに遊びに来てくださったからこそ!


本当にありがとうございます。m(_ _)m


今後も細く長く続けていけたらいいなと考えております。


当初はアビ介とフランのネタだけだったのが、今では水耕栽培や熱帯魚、それに公園猫の皆様もちょくちょくネタ提供してくれますし。
何より、とりアタマ父という強力なネタメーカーを得て勇気百倍。(疲れも百倍だけど…( ̄ω ̄;))


どうぞこれからも、「ふーあび」を可愛がってやってくださいませ。



2011_02070076_20110502224221.jpg







フラン、改造されました。

2011_04260032.jpg
ほうほう。( ̄ヘ ̄)いったいどうしたのかね?




2011_04260044_20110501075818.jpg
いやいやいや…それはちょっと、というか大分違うし。
変身しないし。強くもならないし。そのそも「人間」じゃないし。( ̄ω ̄;)




ふーはいったい何を言いたいのかといいますとですね。
実は先日狂犬病の予防接種のついでに、マイクロチップをふーの体内に埋め込んできたですよ。

↓これ、マイクロチップの挿入器。ちょっと太目の針の付いた注射器みたいなものです。
2011_04260020.jpg
出始めの頃は「マイクロ」とか言いつつも、相当な大きさがあったと思うのですけど、今は随分小型化されているのね~。(挿入後皮膚の上からさわっても全然わからないです。)



マイクロチップに関しては色んなご意見があるでしょうが。
つーかどちらかと言えば、とりアタマも以前は「体の中にチップを埋め込むのはちょっとなぁ」派だったのですが。
やはり、今回の大震災が効きました。
神戸の場合、読み取り機の設置も大分進んできているようですしね。この際着けておこうかと。


最近とりアタマはお外の仕事も多いので、色んな「もしも」を考えちゃうですよ。
もしも、父に何かあってフランを確保できなかったら。
もしも、フランがパニック起こして飛び出してしまったら。
もしも、とりアタマが帰宅難民になって家に帰るのが遅れたら。もしくは帰れなかったら。

フランと再会できるように、ちょっとでも役に立ちそうなことはしておくか、と動物病院の待合に貼ってあったマイクロチップのポスター見て思ったですよ。
まんまと病院の営業戦略に引っかかったと言えなくもないですが。( ̄∇ ̄;)





2011_04260015.jpg
挿入位置は首のちょっと下辺り。「あっ」っちゅーまに終わります。
お値段5250円でした。価格も大分リーズナブルになりました。









2011_04190014_20110501081909.jpg
ああ…そうね。
そのご意見はごもっとも。( ̄ヘ ̄)


どうでもいいわけじゃないっすよ、もちろん。
とりアタマもね。本当にマイクロチップが必要なのは君の方じゃないかと正直思いますよ。



そのことを動物病院の先生に言ったところ。
「震災時は猫は隠れちゃって出てこないから、捕まえてマイクロチップを読み取るところまで事がすすまない」とのご意見をいただきました。
それもある意味、なるほど。( ̄∇ ̄;)確かにそうなる可能性大ですな。



でもまあ「出来る事はやっておく」の精神からすると、フランにチップを埋めてアビ介に埋めない理由など全くないので、今度猫の病院で相談してみます。アビ介は日常的に脱走を企てているので、震災時以外でも有用かもしれませんし。

ただ。


埋め込みたくても、あばれて無理という可能性はありますけどね。何せアビ介ですから。



アビ介はアレだね。チップも大事だけどさ。ハーネスにもっとなれて、避難生活に対応できる術を身に着けておいたほうがいいかもね。




カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。