スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後の更新です。

年に一度、思いっきりぜいたくに大量のダシをとってのおせち作り。。。



2010_12290043.jpg
大鍋いっぱいのダシが先ほど全部なくなりました。
現在夜11時前。8割がた終わったかな~。



あとは明日ちょこっとしたつまみを作って、サラダ作って、ブリ焼いて、ちらしずし作れば終了。
これらは当日作った方が絶対においしいからね。





今年もアビ介に見張られながらの作業でございました。( ̄∇ ̄;)
2010_12290041.jpg
いやぁ…
毎年毎年、同じような大晦日を過ごしておりますが。きっとそれが幸せってものなんでしょうね。





ふーあびを見に来てくださった皆様、今年も本当にありがとうございました。
どうか良いお年をお迎えくださいね。

また来年お会いしましょう♪(^o^)





スポンサーサイト

手作りのシステムトイレ。

い、いそがしい。。。
今年は31日の午前中まで仕事が入っちゃったので、どうにもこうにも、にっちもさっちも、あわあわふたふた…ヽ(°▽、°)

今年も換気扇の掃除はポイッ(ノ ̄ー ̄)ノ⌒ かなぁ。





さて。
今年は何度も何度も何度もシッコテロを繰り返してくれたアビ介君。


二階の畳の部屋にカーペットを敷いてコタツを出した瞬間に、カーペットとコタツ布団の端にシッコしてくれやがりました。┐(´-`)┌ソレモ,レンゾク2カイ。


しかしですね。多分これはテロではない。
以前猫の病院で、「多飲多尿になるとオシッコが間に合わなくなることがある」と言われていたので、これもそのケースだと思われます。しかし悪気はないとはいえ、こう頻繁にカーペットやらコタツ布団に放尿されると困る。




そこで。
間に合わないというなら間に合う場所にトイレがあればそこでするんじゃね?と、コタツの部屋にもう一個トイレ増やすことにしました。( ̄∇ ̄;)
2010_12280026.jpg
とてもじゃないけど既製の大きい猫トイレを置く余裕がない部屋なので、手作り猫トイレです。(当然、設計とりアタマ。製作とりアタマ父)



できたら、砂の飛び散りにくい「ニャンとも清潔トイレ」方式にしたかったので。
100均で水切りカゴのセットを買ってきて(確かカゴと受けは別売で各300円)、カゴと水受けの隙間にペットシーツを挟み込み…(↓写真のグリーンのカゴと白の水受けの間です)
2010_12280027.jpg
ニャンとも清潔トイレの猫砂が下に落ちないように、目の細かいネットをはりました。このネットは植木鉢の底の穴をふさぐのに使うものと同じものです。ホームセンターに行くと10センチ刻みで好きな長さを買えます。
これで手作りシステムトイレが完成♪




え~と。制作費は1000円かからなかったと思います。水切りカゴのセットがもう少し安く買えるといいのだけど。ダイソー以外の100均だったらひょっとして各100円で買えるかもしれませんね。あと張りかえ後の古い網戸の網を取っておけば、使えるかもです。

それでも、市販のシステムトイレに比べたらリーズナブルでしょ?
そしてこのトイレ、使わなくなったら今度は食器の水切りカゴとして再利用…はできねーか。( ̄ω ̄;)ヤッパシ


使用済みの猫砂をパラリと上に撒き、そのまま放置すること1週間。
アビ介君、問題なく使用してくれております。でもって、同時にこの部屋での粗相はなくなりました~♪ヘ( ̄▽ ̄ヘ)(ノ ̄▽ ̄)ノヤタ~


でも。
アビ介1匹にトイレ4つて。
あと、トイレの置かれていないのはとりアタマ父の部屋だけ。
遅かれ早かれ、ここにも設置することになるでしょうけどね。





小ぶりサイズなので体の大きい子はお尻がはみ出しちゃうかもしれませんが、小さめの猫ちゃんなら十分システムトイレとして使えますよ。トイレの増設をお考えの方お試しくださいませ~。




遅まきながら…

一日過ぎてしまいましたが。( ̄∇ ̄;)
今年のクリスマスカードをご紹介します。
シンちゃんママの力作です。



xmas2011.jpg

メリー・クリスマス。



さあ、次はおせちだぞ、と。( ̄‥ ̄)
何故か年末になるとカマボコやら伊達巻やらの消費期限がぐっと延びるような気がするのは、とりアタマだけかしら?



今年のベストショット

突然ですが。
今年何百枚、ひょっとしたら千枚以上撮った写真の中から、自分で選んだベストショットを発表したいと思います。
なんか年の瀬ぽくっていいでしょ?( ̄∇ ̄)




ベストといいつつなかなか絞りきれないのでとりあえず3枚を選びました。
なお、ピントが合っているかとか、構図がどうかとかそういう観点からは選んでおりません。とりアタマが「この写真好きだ~♪」と感じるかどうか、その一点だけが審査基準です。






まずフランのベスト3から。





2010年度ふーふーあびあび掲載写真、ベスト3は!






タイトル:「シンクロ寝んね」
2010_03300029.jpg
フランと猫太郎の仲良しぶりがこの一枚に集約されております。
やっぱりこの写真ははずせないなぁ。完全にシンクロしてるものねぇ。(^o^)
今見ても可愛くてニヤけてしまうわ~♪
フランは猫太郎がお婿に行った後も、しばらくドッグベットの端に寝て、猫太郎の場所を開けていたんですよ。



そして、ベスト2は!!





タイトル:「ぬくぬく寝んね」
2010_03260072.jpg
ベスト3の「シンクロ寝んね」と迷った末にどっちもはずせなくて、2位と3位はフランと猫太郎の独占です。

これはね。猫太郎が甘えてくるのを最初フランは嫌がっていたのだけど、終に根負けして彼を受け入れた瞬間の写真なのです。このときから二人の仲は急速に接近して行ったのでした。





さてそれでは、注目の(?)ベストショットは!!






タイトル:「お別れの朝」  に決定です!ヽ( ´ー`)ノ
2010_04120045_20101224004829.jpg
いよいよ猫太郎が小麦くんのうちにお婿入りする日。
奇跡のツーショットが撮れました。
この写真が今年のベストショットに間違いありません。( ̄∇ ̄)







と。
彼が何か言いたそうですけどね。






2010_04040108.jpg
い、いや、アビ介君。
もちろんキミの写真でも大好きな写真はいっぱいあるのよ。



例えばこれとかさ。



タイトル「初めての散歩を満喫」
2010_11120058_20101224004828.jpg
アビ介がお庭散歩を楽しんでいる様子を捉えた、面白い写真だと思うよ、我ながら。
でもね。
やっぱり今年は猫太郎の年だったのよねぇ。
公園時代から保護生活まで、猫太郎の写真異様に枚数が多いですから。
またフランとの絡みが面白かったからねぇ。そのあたりでもアビ介君は大分損をしているのよ。
今年の敗戦はしょうがないと思うよ~。





あ。そうそう。とりアタマが撮ったのではないけれど、とても気に入っている写真を一枚。番外編として紹介します。





タイトル「賢さ3割り増しモード」
IMGP9191_20101224004827.jpg
茶太鈴んちの母さま(父さま?)が一眼レフで撮ってくれた写真です。おバカなわんこを賢そうに撮る「賢さ3割り増しモード」が付いているらしいです。
とりアタマが撮るフランは、「アハ♪」とか「ほへ~」とかいう写真ばっかなのに、カメラマンが違うと全然別のわんこが撮れるものなんですねえ。



って。
最後までアビ介に酷な結果となりましたとさ。



調理にはむかないエビ。

更新が途切れ途切れで見に来てくださった方申し訳ありません。m(_ _)m


ここ数日。パソコンの前に座るヒマがないのです。
とりアタマ家はみんな元気にしておりますのでご心配なく。(^o^)



さて。
忙しい忙しいといいつつ、色々余計な仕事を増やしているとりアタマ。




たとえば。
熱帯魚水槽のウィローモスが成長してきたのが気になってしょうがないので…
2010_12070008.jpg



いったんモスを引き上げてこのようなものを作りました。あ、いや正確にはとりアタマ父に作ってもらいました。
2010_12140011.jpg
細竹を使ったアパート。
こういうの、先日熱帯魚屋さんで見たのですけどね。
なんとお値段1600円。



いいいなぁ、これ。
でも高すぎる…( ̄∇ ̄;)
こんなの作ろうと思えば作れるよね。
そういや、家に細い竹あるわ。(←家庭菜園の支柱やらアビ介の猫ジャラシの製作用)
アルミのワイヤーもあるから固定も出来るじゃん。モスを絡めさせるネットも植木鉢のアナをふさぐやつがあるじゃん。





じゃあ。
タダで作れるじゃんか。





つーわけで、作ってもらったの。
2010_12140015.jpg
昭和一ケタ。お裁縫だけでなく何でも器用にこなしております。┐(´-`)┌
市販されていたのはもう少し大きかったのですけど、うちの水槽の大きさに合わせて小さい目に作りました。こういう融通が利くところも手作りの良さね~。



で、まあ実は。この竹のアパートを作ったわけは他にもありまして。



はい。
「レッド・ビーシュリンプ」入りました~♪
2010_12170002.jpg
わかります?画面左にいる赤と白のシマシマの小さいエビさんです。
小さいけれど、一匹598円もするという、超高級エビ。
598円あったらブラックタイガーでエビフライが何匹作れるかとか、そいういうことを考えてはいけません。(もちろん、とりアタマは即座に考えた。)



このレッド・ビーを二匹入れたのですが。(そのお金でエビフライ定食を楽に食べられるとかも考えてはいけない。)
この水槽では最高級魚(海老)なので、ビップ待遇で専用のエサをあげたら。




オトシンが横取りしました。( ̄∇ ̄;)
2010_12170007.jpg
食域が重なるんだよね、オトシンとレッド・ビーシュリンプって。
ふーとっと1号、ビーちゃんが近づいてくると「ウガァッ!」と威嚇して追い払います。


能天気でおとなしいオトシンクルスも、おいしいゴハンが絡むと性格が悪くなるんだよねぇ。



そういうところも、
2008_04170005_20101222081354.jpg
誰かさんにそっくりなんだよねぇ。( ̄ω ̄;)







コメントいただいている皆さん、レス遅れて申し訳ありません。
いつもありがとうございます。m(_ _)m


アビ介の体のことを心配してくださっている皆さんも、本当にありがとうございます。
今のところ腎臓病以外に新たな疾患は見つかっておらず、様子見の状態が続いております。
ああいう性格ですから、病状が進むといろいろまた問題が起こってきそうですが、そのつど知恵を絞り、皆様に色々教えていただきながら対処していけたらと考えております。




虐待じゃないもん。

週末。
アビ介は今年(たぶん)最後の病院に行って来ました。



2010_12170014.jpg
アビ介君。
最も汚い関西弁のひとつを巧みに使って己の感情を見事に表現しております。( ̄∇ ̄;)



今回はいつもの爪切り耳掃除なんかのほかに、予防接種と血液検査もプラス。プロフェッショナル三人がかりで処置していただきました。(いつもいつも人員を割いてしまってすんません。m(_ _)m)
2010_12170017.jpg
盛りだくさんの内容で、サイレンの音もいつもより長め。






それがですね。
実は血液検査の内容、あまり芳しくありませんでした。
あきらかに数値悪くなってます。4年間ほど現状維持してきただけにちょっとショックな結果でございますが。

ま、とりあえず本人元気で、吐き気もなく、尿量も多いけれども急激に増えたりはしていないのでもう少し様子見です。次回の検査の数値しだいでは、処方食だけでなくお薬も開始するかも。
しかし、どうやって飲ませたものかねぇ。直接口に放り込むなんてホオジロザメの口の中に手を入れるようなもんですから。



そういや処置中の先生の手を見ると、あちこち傷だらけでございました。
2010_12170015.jpg
やっぱりプロでもやられちゃうよねぇ。(あ。これはアビ介の付けた傷じゃないですよ~)




そうそう。
最近のアビ介君、異様に食欲があるというのに、体重を量ってみたら0.2~0.3キロ減。(・ω・ノ)ノアラ?

腎臓病が進んできているせいもあるかもしれないとのことですが、「ものすごくゴハンを欲しがって困るんです…」と先生に言うと、「欲しがってるんだったらもうちょっと食べさせてあげれば?体重減ってるんだし」と言われました。


あ。さいでっか…(・ω・ )


いえ。先生、弁解じゃないですが。決してエサ代をケチっているわけではないんですよ。いや、マジで。
ただですね。あまりに猫缶の減る量が早くて驚愕してはいますがね。ええ、本当にビックリなんですけどね。
でもカリカリの置きエサもしているし、絶対ひもじい思いはさせていないはずなんですがねぇ。




フランの散歩のとき、猫の病院でこんなこと言われちゃったと話をしたら。
アビ介が脱走するのも、思いっきりとりアタマの手をかんだのも、ひもじさからきているのではないかと言われまくりました。。。┐(´-`)┌あの~、とりアタマ、ひょっとしてみんなから虐待疑われてます??



4秒では撮影不可能。

先日、シンちゃんママと一緒にトイプードルのサニーちゃんのおうちに行ってきました。


その目的は実はサニーちゃんの写真撮影だったのですが。。。。



が。。。( ̄∇ ̄;)



撮れねー。
2010_12140042.jpg




サニーちゃん、来客に大興奮。
はしゃぎまくってじっとしていないので、ボケボケ写真しか撮れません。。。
2010_12140029.jpg
フラッシュたくとなんとかなるんだけどね。↑。できれば自然光がいいしねぇ。



「すぐ終わります。4秒で終わります。」
と言ってみるものの。( ̄∇ ̄;)
2010_12140037.jpg
ムリ。




4秒どころか。
2010_12140038.jpg



0.4秒もじっとしておりません。
2010_12140050.jpg
すげぇな。トイプードル。あの小さい体のどこからそんなエネルギーが出るのか。
きっと原子力で動いているのね。




サニーちゃんのママ。サニーちゃんを落ち着かせるために犬用のCDをかけるそうなのだけど。
2010_12140102.jpg
効果はあるかと聞いたならば、「ない」とキッパリ。
そりゃそうでしょうねぇ。( ̄‥ ̄)



サニーちゃんに必要なのは犬用CDじゃなくて、犬用トレッドミル(←ウォーキングマシン)じゃないかしら。でもってそれを発電機につなげれば、冬の暖房費が相当浮くと思われます。
いや。とりアタマ小型犬と暮らしたことがないのでよくわからなかったのですがね。
たぶん大型犬より小型犬のほうが発電能力はデカイですね、きっと。大型犬もはしゃぐとすごいですが、はしゃいだ分ごはんもたくさん食べるので、コストがかかりますもの。小型犬は燃費がいいので、少しのごはんでたくさん発電してくれそう。


…と。
しょーもないことをつらつら考えて、年末進行の強行軍から精神的に逃げまくっているとりアタマでございます。
ああ。忙しいのにメシがうまい。酒もうまい。
自分の丈夫さが恨めしい。( ´△`)








オトシン入りました~。

いや~なんかもう忙しくて忙しくて。師でもないのにむやみに走り回っているとりアタマです。( ̄∇ ̄;)
なんで年末ってこう忙しないんでしょ。



つーことですみません。
今日もあきらかにお茶にごし企画。





えと。
熱帯魚の水槽のガラスがぼちぼち青藻で汚れてきたので、掃除屋さんを雇いました。
2010_12070007.jpg
オトシンクルス2匹。
この子達は気質も大変穏やかで、他の魚とトラブルと起こす心配もなく、しかも日々ガラスや機器に付着した青藻を食べてくれるというとってもいいヤツです。
熱帯魚やっている人は大抵水槽掃除屋さんとして、何匹かオトシンちゃんを雇っているのじゃないかしら。



でも、掃除してくれるとかそういうの抜きにしても、とりアタマはこの魚が大好きなの♪
2010_12070005.jpg
このなんとなく間抜けな面構えと…




水槽に離してすぐなのに全く動じることないその図太い神経。
環境の違いも省みず、マイペースにのほほんと、ガラスに付いた藻を食べ始めるその能天気さがなんともツボにはまるんですわ。





そう。
まさにオトシンは熱帯魚界のフラン。
2010_11100026_20101214234304.jpg
オトシン二匹は大きさで容易に固体が識別できるので、デカイ方を「ふーとっと1号」、ちっこい方を「ふーとっと2号」と名付けました。( ̄∇ ̄)


あ。
ちなみにカージナルテトラ5匹のうちの一番でっかいのが、とっても性格が悪くて、自分より小さい仲間を追い掛け回していじめるので、彼が「アビとっと」に決定いたしました。
「アビとっと」は特に注意深く管理されることになっております。







いじけフラン。

なんだかちょっといじけモードのフラン。( ̄∇ ̄;)
2010_11290015.jpg
ああ、そーね。




2010_11290016.jpg
またアンタはそゆこと言う。。。( ̄ω ̄;)





そんなこと言うなら、ちょいとふーの秘蔵写真出しちゃうぞ。








2010_11290018.jpg
トナカイふーちゃん。(^o^)
クリスマスカードの撮影も終了し、いよいよ2010年もあとわずか。


あともうちっと。気合入れていきましょう!




お魚入りました~♪

アビ介逃走事件ですっかりご無沙汰してしまいましたが。




超小型水槽に、カージナルテトラ入りました~♪
2010_12010002.jpg

水温合わせ中。


ついでに前に植えていた「ヘア・グラス」が、どうも根付かなかったようなので、
2010_12010003.jpg
水草も入れ替えです。で、何だろこの水草?
名前がわっかりませ~ん。( ̄ω ̄;)
丈短めの丈夫なヤツください、っつったらこれが出てきたの。





3時間ほど水温合わせした後、魚たちを水槽に放してみると…
2010_12040001.jpg
図太いはずのカージナルテトラちゃんたち(5匹)が隠れるように泳いで、なかなか落ち着かないので…




とりアタマ父作の目隠し布で水槽を覆いました。(^-^)
2010_12040004.jpg
これ、じつはアビ介がキラキラ泳ぐ魚を追いかけないようにするために作った目隠し布なんですがね。
テトラたちが環境に慣れてくるまでは、人工的に夜の状態を長くしてやるのに役立ちそうです。





あと、こういうすっぽりかぶせるカバーも父に作ってもらいました。
2010_11250002.jpg
こちらは油よけ。
何せ水槽を置いている場所が台所カウンターなもので。
炒め物とかの料理をするときには、油が飛ばないように完全に布をかぶせることにしました。
熱がこもって水温が上がってしまうので、短時間しか使えませんが。かぶせるのは油を使った料理している間だけなので問題ないでしょう。(^o^)



とりアタマ父。
「こうこう、こういう感じのものを作って」と注文を出すと、ちゃんとイメージどおりのものを作成してくれるので助かります。
とりアタマ。もう自分で何か布物を作成する気が全くなくなりました。もうミシンもロックミシンも父にあげますわ。名前書いといていいよ。


だから父~。
この調子で、早くとりアタマのブラウス縫ってくれ~。






脅威の回復力。

包帯取れました~♪


2010_12070001.jpg



なんかね。お医者さんによると、動物に噛まれた傷にしては脅威の回復力なんだそうですよ。
もっと長引くと思ってたのに。何でこんなにキレイに直ってきてるの?
と首を傾げてらっしゃいました。(マジです。)



「そりゃ、若さの勝利ですかね」


と言ったら。
さり気にスルーされました。( ̄∇ ̄;)
ええ。そりゃそうでしょうよ。
どう見ても、とりアタマよりお医者さんの方が若かったし。(20歳のとりアタマより、4,5歳くらい若く見えましたから。)




いや。
正直言うと、心当たりあるんです。この脅威の回復力に関してはね。





アビ介に噛まれてから、とりアタマは流水(水道水)で4~5分くらい、そりゃもう指先が冷え切って痛くてたまらなくなるまで傷口を洗い続けたのでございます。どうやらこれが幸いした模様。


先生も、「あ、それはいいことしましたね。へたに消毒液を塗るよりも流水でよく洗うのが正解です。」とおっしゃってました。
バイキンが流されて化膿しにくくなるんですと。
みなさ~ん。
猫(犬)に万が一噛まれたら、まずは流水でこれでもかっちゅーくらい傷口を洗ってみてくださいね~。


2010_11150012.jpg
アンタが言うな。( ̄‥ ̄) = =3
アンタがガブガブ噛まなけりゃ何事もなく済んだ話だ。



あ。
あと、躊躇せず病院に行って、抗生剤を処方してもらったのもよかったのでしょうね。

笑われたっていいじゃない。
みなさん、もしものときは「飼い猫に手を噛まれました」って、ウケねらって病院行きましょうね~。







その後のアビ介。

逃走騒ぎを起こした土曜日の夜。



いつもは膝の上にポンポン上がってくるくせに、なんとなく遠慮がち、遠巻きにこちらを眺めるアビ介。
2010_12040022.jpg
ちったぁ反省してるんかいな。。。( ̄‥ ̄) = =3




んなわけないか。
とりアタマの手は消毒液くさいし。
父はこの日終日アビ介に冷たく当たったので甘えづらいし。
しゃーないからここにいるだけだな、きっと。




だって。とりアタマの部屋にいるときはこの顔だもん。

「プリンタ使用中に付き、座布団を撤去され御不満の図」。
2010_12040018.jpg
後日猫を飼っていない知り合いに、この話をしたならば。。。


「気の毒に。あんなにかわいがってもらっているのに噛むなんて。所詮は畜生だね」と同情(?)されました。


…「畜生」て、あんた。( ̄∇ ̄;)
なんか久々に聞いたわこの単語。犬飼い、猫飼いの間では決して使われることのない死語ですから。
おお!猫って畜生なんだ~。とむしろ新鮮なくらいで。
でも、やな響きの言葉だね、コレ。(・ω・ )



「なんでそんな凶暴な猫、飼ってるの?」とも。
ほんとにねぇ。としか答えられません。
どんなに凶暴で極悪でパニック体質でも、絶対「アビ介はうちの子」なもんで。どうして?と言われてもどう答えていいのやら。



少なくとも今回の件に関しては、アビ介に何の非もないと言っても理解してもらえないのだろうなぁ。
あ、「いつまでたっても何の学習もせず、考えなしに外に飛び出す」…だけは出来れば改めていただきたいですがね。


2010_12040013.jpg
騒がんでよろしい。
座禅でも組んで修行しろ。





師走には何かが起こる。

とりアタマ、近所の100均でおしゃれなハンドカバーを買って来て、常時着用中です。
2010_12040029.jpg
これ、神戸は六甲山のふもとの辺りでとっても流行っているおしゃれアイテム。(^o^)




ではなくて。。。





実はハンドカバーの下、包帯ぐるぐる巻きでございます。しかも両手。



何故ならば。



このおっさんが、
ossann.jpg
思いっきりガブガブ噛み付きやがったからです。

そりゃもう思いっきりガブガブガブガブ噛み付きやがったからですわ!(腹が立ったので2回言った。)




土曜日の朝、とりアタマ父がまた油断して、アビ介が屋外に逃走。
2時間半ほど色々すったもんだの挙句(といってもほとんど「待ち」時間でしたけど)、すっかりパニック状態に陥り我を失った彼をとっ捕まえた結果がこれでございますわ。( ̄ω ̄;)
一応バスタオルも使ったし、軍手もしていたんですけどね。軍手してても裂けましたよ。
いや。軍手がじゃなくて、とりアタマの皮膚が。



2010_12040030.jpg
消毒薬の匂いだっつーの!



とにかく捕まえたアビ介を落ち着かせるべく、独居房とりアタマの部屋に完全隔離しておいて、近所の病院へGO。
受付で手を見せて、消毒して薬出してくださいというと、受付のおばちゃんと若い女の先生がビックリして、「いったいどうされたんですか?」と。
「猫に噛まれました。」ととりアタマはまじめに答えたんだけど、なんだか小さく「ぷっ」て吹かれた。(・ω・ノ)ノあり?そこ笑うとこ??


パスツレラ菌とか怖いから、抗生剤が欲しくて病院行ったわけで、傷自体は消毒だけしてもらって絆創膏もらえばいいやと思っていたら、「そういう傷じゃない」とガーゼと包帯でぐるぐるされました。
浅いけど長く裂けた傷とか、深い噛み傷が両手の甲に点在していて、縫えないし、絆創膏でも対処できないらしく。。。

全くあのおっさん、本気でガブガブ何度も噛み付きやがって!(3回目)


で、1時間半ほどして、家に帰ってみると。
加害者のおっさん。




寝てるし。。。
2010_12040021.jpg
しかも座布団の上で。






あんまり腹が立ったので、たたき起こしたら、寝ぼけ眼でこっちを睨み…
2010_12040014.jpg
今朝の出来事をきれいさっぱりお忘れになっている様子。




てめ~!この年末の忙しい時期に、手がフルに使えないって、どう落とし前つけるんだよ!щ(゚ロ゚щ)
…とは言うものの。




この不祥事の責任は99%とりアタマ父にある!
責任とって、大掃除キビキビ働いていただきますから!




怒りの猫太郎。

久々のツボセミナーで、小麦くんのおうちにお邪魔しました。


2010_11290011.jpg



猫太郎は相変わらず、とっても冷たかったです。( ̄∇ ̄;)
2010_11290051.jpg
むちゃむちゃ怒っとるがな…
いや。猫太郎。一応母さまの了解はいただいてお家に入らせてもらってるんだけどね。




まあしょうがない。今回は猫太郎に随分嫌なことしちゃったしね。(その件に関してはまた後日にご報告します~。あ。虐待はしてないですよ。多分…主観的には…)
2010_11290049.jpg
でもこうやって、お母さんにしがみついている猫太郎を見ると。
もう猫太郎は小麦ちゃんちの家族なんだなぁとしみじみ。。。(´-`)






ヤマトを観て来ました。

ええと。
昨日平日なのに更新できなかったです。見に来てくださった方すみません。m(_ _)m


実は昨日の夕方、シンちゃんママとある映画を見に行ってちょっと帰りが遅くなって疲れちゃって。


ある映画。
ええ。
もちろん、「Space Battle Ship ヤマト」ですが。


しかし、スペースバトルシップて。( ̄∇ ̄;)

nanndemo.jpg

いや。その通りなんだけどさ。
色々著作権問題のある作品だから苦肉の策なんじゃないかな。
そういやプロデューサーの西崎さん、不慮の事故でこの実写版ヤマトの公開を待たずお亡くなりになったのですね。
なんでよりによってこの時期に「不慮の事故」て。船から海に落ちて転落死なんだそうですが。。。最後まで人騒がせなお方です。




それはさておき。
公開第一日目に気合入れて観て来たので、これから見に行く方のためにネタバレするような発言は一切控えたいと思いますが。



ひと言だけ。



宇宙って無重力じゃなかったっけ?( ̄ω ̄;)








あ。
もういっこだけ言わせて。

どうなるのあの配役…とずっと気になっていたデスラーとスターシャですが。

とりアタマの予想、
デスラー総統:髪を金髪に染めて顔を青紫に染めた唐沢寿明
スターシャ:美和明宏

は見事ハズレました。┐(´-`)┌
この二人が誰だったかは、実際に見に行って確かめてみてね~。



2010_11280002.jpg
アビちゃん。「もういっこだけ」って言ったのに。二個になっちゃったじゃないか。





追伸:
コメントくださった方。ありがとです。思いっきり気の抜けたスペル書いてましたね。(・ω・ノ)ノ
直させていただきました。
ヤマトの好き嫌い、大きく分かれるところでしょうが、この映画の好き嫌いもかなりはっきり分かれるんじゃないかと思います。特に、リアルに見ていた世代にはね。ええと、とりアタマはもちろんリアル世代と違いますが。


カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。