スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとっつあんは元気そうだったよ。

久々に雨の神公園で見かけた猫、その名もプリモちゃん。
2010_10290049.jpg
名前はプリモですが立派な男の子です。
いや。
そもそもプリモと呼んでいるのはとりアタマとシンちゃんママと小麦母様だけで、公園に来る人はそれぞれ好き勝手に呼んでおるのですけどね。( ̄∇ ̄;)




そして、彼は多分。

「彼」の父親。
2010_04070058.jpg
猫太郎、あんたの父ちゃん元気そうだったよ。
どうも噂によると、公園の近所にいい避難所とパトロンを見つけたらしいわ。



他の公園猫たちも、うまいこと近所の猫好きさんの家にもぐりこめたらいいのだけど…寒くなる前に。






スポンサーサイト

今日もちょっと少なめ。

やっぱり悪い癖がついてます、アビ介君…( ̄∇ ̄;)



毎朝毎朝、フランの朝ご飯を狙っております。
2010_10290009.jpg
で、それを撮影するとりアタマもどうかっちゅー話なんですけどね。



とりあえず今回は動画も撮りましたので、どうぞ~。
盗み食いの証拠映像でございます。




ドッグフードは粒が大きいので、一生懸命カリコリ食べているのが何か微笑ましいような…ホンマにそんな苦労して食べるほどウマイんかい?と突っ込みたくなるような…
あ、バックに流れている声はNHKの朝のニュースでございます。



あんまり調子に乗って食べるので、この辺りでストップをかけました。
2010_10290014.jpg
フランも気の毒だし、この処方食はちょっとお腹がゆるくなる傾向があるのでね。
アビ介がお腹こわしたら、もうどうしようもないので。何せ誰も彼に薬を飲ませることなど出来ませんから。( ̄ω ̄;)



2010_10290015.jpg
いや、だからアンタのためでもあるんだってば!( ̄‥ ̄)




あ。そうそう。
ふーはやっぱりちょっと少ない朝ご飯に全く気づかず、ご機嫌で130グラム弱のドックフードを飲み下しました。( ̄∇ ̄;)





やるな。ミラちゃん。

フランとフランの親友のクッキーちゃん。(^-^)
2010_10070013.jpg
この二人、とっても相性がよく。。。
出会うと必ず取っ組み合いをします。( ̄∇ ̄;)


いや。
本気のケンカじゃないんですよ。
わんこに詳しくない方は見ていて恐怖心すら覚えるらしいですが、飼い主たちはいたってのんきに、「ホントにこの二人、仲がいいよね~」と笑って見ていられるような取っ組み合いです。



でも、もともとクッキーちゃんとフランは体格差があるうえに、フランの高齢化に伴い、最近どうも勝負にならなくなってきてまして。。。クッキーママさんもフランが怪我をするのじゃないかと心配してくださっているご様子。




しかし、そこに思わぬ救世主が出現!
そう。この辺りでダントツのイケイケピッチピチ娘。ミラちゃんです。
2010_10070003.jpg
ミラちゃんとフランが力をあわせればクッキーちゃんといい勝負が出来るはず。



さあ!
二人で力を合わせていくのよ!
2010_10070010.jpg
必殺ダブル攻撃!!





ってね。
フランとミラちゃん、初めはふたり力を合わせてクッキーちゃんに挑んでいったのですが。。。



しばらくすると、ふと、ミラちゃんが気づいてしまったらしいのですよ。
2010_10070011_20101028212729.jpg
弱いフランより強いクッキーちゃんについた方がずっとお得だってことに。┐(´-`)┌



そこに気がついたミラちゃん。
その後の行動は大変素早いものでございました。
クッキーちゃんと力を合わせて、全力でふーを倒しにかかっておりましたから…( ̄ω ̄;)
2010_10070006.jpg




2010_10070005.jpg
いや。
そんなこと言ってもねぇ、フラン。
自然の摂理としては、強いほうにつくというミラちゃんの行動は至極真っ当だと思いますけど。
でもって、自然の節理とかなしにしてもさ。
女の友情なんて所詮そんなもんですから~。( ̄∇ ̄;)





しかしさらにその後。




クッキーちゃんと別れた後、ぷんすか怒るフランに体を摺り寄せてご機嫌をとるミラちゃん。。。
2010_10070024.jpg
この要領のよさこそが、最強の武器なのかもね。(* ̄m ̄)プッ




ナゾの人面犬!?

怪奇!
謎の人面犬!!
photo001.jpg
その正体は!?





デジタルトイ・カメラで撮った、小麦くんでした。(^o^)
2010_10200003.jpg
このカメラ、なんと30万画素なのよ。お値段2100円。
ちなみに電気屋さんでは売ってません。( ̄∇ ̄;)
大抵、雑貨屋さんとかファンシーショップの片隅でそっと埃にまみれております。


でも考えてみたら、デジタルカメラの出始めって確か20万画素か30万画素だったような。。。
でもって、4~5万円していたような。。。
そう考えると、何だか最近の技術の進歩ってついていけないもんがありますね~。




こちらは、520万画素の愛機で撮った小麦くん。
2010_10200025.jpg
でも。
520っちゅーのも、ひょっとしたら既にトイ・カメラの域なのかしら。




体全体がポカポカ。

最近、アビ介は…






プラズマテレビの前で寝るとぬくいということに…
2010_10050011.jpg




気がついた模様。( ̄∇ ̄;)
2010_10050021.jpg
部分的に熱くなるのじゃなく、どうやら体全体が芯からあたたまるらしい。
遠赤外線でも出てるのかしら?





でも。
「そのうち、寝返り打った拍子に落ちる」というのに3000点。( ̄ω ̄)

(とりアタマ父も「落ちる」に5000点だったので賭け不成立)



意外と役に立ちます。

さて、昨日の日曜日お山に登り、帰ってきたらテーブルの上にこんなものがありました。


DSCF4263.jpg
大学いも。

おお。ウマソーじゃん。( ̄∇ ̄)
でも、これどうしたのかしら?こういう形状の大学いもはウチの近所では売ってないのだけど。
日曜日だし、とりアタマ叔母でも遊びに来たのかしら???
って、聞いたら。(・ω・ )


父曰く、「作った」ですと。



ほえ?(・ω・ノ)ノ
父~。いつの間にこんなもの作れるようになったんよ。
大学いもってさつまいもを素揚げにしたりして結構ややこしいでしょうに。
って、聞いたら。(・ω・ )




これ使うと簡単なんですと。
DSCF4259.jpg
今流行のシリコンスチームなべ。



これね。
雑誌の付録なんです。つーか今、本が主体か付録が主体かどっちやねん、っていう雑誌がいっぱいあるじゃないですか。ああいうやつです。


これこれ。↓
DSCF4256.jpg
バッグとか化粧ポーチとか美顔ローラーとかとは縁がないとりアタマですが。
この雑誌(付録?)には心惹かれましたのよ。
だってお値段1680円。レシピつき。いや、シリコンなべつきレシピBOOKか。
どっちにせよ、巷ではやっているシリコンなべに比べたら随分お安い。
これなら、ためしに使ってみようかというお値段設定。やるな、主婦の友社。



このシリコンなべ、へちゃけます。
DSCF4258.jpg
あ。「へちゃける」=ぺちゃんこにつぶれる。です。
関西弁…ですらないかも。
しいて言うなら、とりアタマ家弁。( ̄∇ ̄;)



このなべを土曜日に本屋で買ってきて。日曜日の朝、お山に出かける前に「父が洗っておいてくんないかな~」と期待して、流しの横においておいたのですが。。。



洗うどころか。
レシピ集みて、大学いもまで製作しておりましたわ。
DSCF4264.jpg
えらいぞ、父!ヘ( ̄▽ ̄ヘ)(ノ ̄▽ ̄)ノ



父、「色々できる」と気に入った模様。そりゃ良かった。良かったけど。。。



こんなことなら、これ、しまっておいて父のクリスマスプレゼントにすればよかったかしら。
そしたら、プレゼントって恩に着せた上で、さらに料理も作ってもらえるという一石二鳥になったのに。( ̄ー ̄)フッ


と。
娘はどこまでもみみっちい画策をめぐらすのでございました。



シリコンスチームなべつき レシピBOOKはこちらからどうぞ~。











セレブな下山。

毎度まいどなんなのですが。
また山に行ってきました。( ̄∇ ̄;)


今週は油コブシから六甲山です。
今回は先週山ガールデビューした、カイトママのお友達のKさんとご一緒。
Kさん、5時間も歩かされてもう山が嫌になっちゃったかと思いきや、積極的に参加を表明してくださいました~。とりアタマ、その性格ゆえか極端に友人が少なく。普段から一人歩きが多いから、一緒に行ってくれる人がいると大変うれしい♪ヘ( ̄▽ ̄ヘ)(ノ ̄▽ ̄)ノ


あ。そうそう。
Kさんのお友達も一緒でした。





ペンギンなんですけど。( ̄∇ ̄)
2010_10230001.jpg
Kさん、ペンギンをこよなく愛してらっしゃるそうで。前回の再度山のときも、この子が一緒でした。とりアタマ、ずっとこのペンちゃんと心でお話しながら歩いております。
でも実はこの子、緊急時の飴玉を持ってくれている頼りになるペンなのです。



珍しく、団体さんと行き会いました。
油コブシは六甲山に上がる道としては最も楽なコースなんですが。
それでも所々きつめの登りがあります。
2010_10230003.jpg
ちょっと渋滞中。
一番後ろの赤いザックのおばちゃんは実はこのグループの人ではありません。その背中から「もうっ。早く行ってくんないかなぁ。」感があふれ出ておりますね。( ̄ω ̄;)


この間の再度山よりずっときついコースであったにもかかわらず、Kさん、順調に歩みを進めて…
2010_10230007.jpg


「あっ!」っちゅーまに六甲山に到着。
2010_10230008.jpg
曇天ですが、こういう空もいいですね。



このコースから六甲山に行ったら絶対に立ち寄るのが「登六庵」。
2010_10230019.jpg
ここで名物のカレーを食べるのが今日の目的です。

以前も紹介しましたが、ここ店の中と外、あらゆるところに猫の置物があって。。。2010_10230012.jpg
2010_10230018.jpg
そりゃもう、「あなたんちの猫に似た猫が必ず見つかるに違いない」くらい色んな猫(の置物)がいるのですが。


いましたわ。やっぱり。
nita.jpg
むちゃくちゃ機嫌のいいとき限定ですけどね。( ̄∇ ̄;)


で。本日は昼から雨の予報であったので、ムリせずケーブルで降りようか、それとも六甲山ホテルでお茶をして、送迎バスのチケットをゲットしてそれに乗って帰ろうか、とか考えていたら。。。



何故か、キャデラックで帰ることに!
2010_10230021.jpg
今日の午前中用事があって不参加だったカイトママが、用事の後に車を六甲山に回してくれてピックアップしてくれたのでした。玄関先まで一気に下山でございます。ヽ(°▽、°)わぁ、はやい。

しかし、なんぼ山の上に町が広がる六甲山からの下山とはいえ。
キャデラックで下山て。



何か、とりアタマの山行きのスタイルが大きく変貌を遂げつつあるかも~。




習慣化するのかしら?

毎朝、フランはとりアタマ父と散歩に行きます。
でもって、二人が出ている間に、とりアタマがアビ介にごはんを食べさせ、フランのご飯の準備をしているのですが。。。

最近のフランのご飯は、キッチリ130グラム量ったドッグフードを器にざらざら入れるだけなので大変簡単♪



今朝もご飯を楽しみに帰ってくるフランのために、器をセッティングして床に置いておりました。

すると、自分のご飯を食べ、(たぶん)二階のトイレでシッコを済ませたアビ介が降りてきて。。。


どういうわけか、フランのドッグフードに注目。( ̄∇ ̄;)
2010_10220024.jpg



今までそんなことしたことないのに。
今日に限って何を思ったのか、おもむろに器に顔を突っ込んでドッグフードをパクリ。
2010_10220017.jpg
あ、アビちゃん?



原則「ドッグフードは飲み物」のフランと違って、カリコリいい音をさせて食べるんですわこれが。┐(´-`)┌
2010_10220015.jpg



どうやら気に入ったらしく、その後も何度もカリカリコリコリ。。。
2010_10220020.jpg




このままふーが帰ってきたら、彼女どんな反応するかしら?とワクワクして待っていたのですが…←鬼飼い主。
2010_10220019.jpg
アビ介が満腹になるのが早くて、ドッグフード争奪戦はなしでした。そりゃそうだ。アビ介は自分の朝ご飯を平らげた後に、フランのフードに手を出してるんだものね。



今日の朝ご飯は、実は130グラムなんだけど、そんなことには全然気がつかない、幸せな幸せなフランでございました。
2010_10220026.jpg
でも。
アビ介はこの盗み食い、毎朝続けるつもりかしら。。。( ̄ω ̄;)
明日も続けるようならとめた方がいいよねぇ。




久々のツボ・セミナー

昨日、小麦くんの家で久々の犬のツボ・セミナーが催されました。


参加者は小麦くん、シンちゃん、フラン。あと、オブザーバーで猫太郎。(^-^)
2010_10200052.jpg



今回のテーマは腰痛。特に老化に伴う腰痛に良いとされるツボを教えていただきました。
2010_10200039.jpg
筋肉質の小麦くんは、肋骨や腰椎を数えるのが大変みたい。


こんな模型や、
2010_10200054.jpg


終いには人間の骨格図まで持ち出しちゃったりして、そりゃもうまじめにお勉強です。( ̄∇ ̄)
2010_10200056.jpg



でも。
体をまさぐられて色んなツボを押される、わんこたちはというと。


だんだん眠くなってきちゃったり…
2010_10200050.jpg


いじられるのが嫌になって逃げたり…。
2010_10200030.jpg


あげくは親子でイチャつき始めたり。ヽ(°▽、°)
2010_10200062.jpg
シンちゃんママ、シンちゃんのどこに手を置いてるの!?今日はそんなとこのツボは習ってないでしょうに。




お勉強時間は約2時間。
では、オブザーバーの猫太郎さん。一言どうぞ。
2010_10200072.jpg
オイ!


セミナーの間中、猫太郎はケージで寝ていたのですが。
やはりうるさかったらしくご機嫌ななめ。( ̄ω ̄;)
2010_10200086.jpg
何だよ~、久々に会ったんだからもちっと愛想良くしろよ~。




猫太郎、大変な衣装持ちになってました。
彼は胸や首周りの皮膚炎を気にして舐めちゃわないように服を着ていることが多いのです。
2010_10200063.jpg


なんと!
2010_10200006.jpg
いったい誰の趣味?
小麦母様曰く、猫太郎すごくセーラー服が似合うらしいの。
母様~、写真お願いしま~す!





やっとこさ秋だね。

先日シンちゃんママから栗をたくさんおすそ分けしていただきました。(^o^)
2010_10180008.jpg



こんなメッセージつきで…( ̄∇ ̄;)
2010_10180009.jpg
確かに、栗の皮むきって大変だからね。
頑張りましたとも!



おもに、とりアタマ父が。┐(´-`)┌
2010_10180012.jpg



いや。とりアタマもちゃんとやったのよ。ホントよ。( ̄∇ ̄)
実はね、栗の皮を簡単にむく方法がクックパッドに載っていたのですよ。
正確には茹で栗の簡単な作り方なんですが。




こんな風にナイフで栗に切込みを何本か入れて、ひたひたの水とともに圧力鍋で5分~7分加圧調理した後、流水で急速減圧すると。
2010_10180011.jpg




2010_10180015.jpg
何と!
こんな風に花が咲いたみたいに切込みが開くんです。(・ω・ノ)ノオオ!




後はだいたい手で剥けます。
2010_10180019.jpg
虫がついていたり痛んだ部分は剥きづらいみたい。そういう部分は無理せずナイフでカットします。




皮をむいた茹で栗はシロップ漬にしてもよし、少量のシロップとともにマッシュして栗のジャムを作っても良し。
もちろん、そのまま食べてもおいしい♪←とりアタマはもちろんコレ。




2010_10180018.jpg
茹で上がった栗のいい匂いにつられてふーがやってきたけれど、ここは無視。
やっとこさ完全処方食に移行できたフランに、決められたドッグフード以外のものをあげるわけには行きませんので。





2010_10180020.jpg
あ。さすがの能天気フランも、ボチボチ気がついた?( ̄∇ ̄;)
バカだねあんた。気づかない方が幸せだったのに…



クックパッド掲載の茹で栗の作り方はこちらからどうぞ~。





暴君と人民。

フランのことが嫌いだ嫌いだと言いながら。




リビングにあるフランのマットの上でのほほんとくつろぐアビ介。
2010_10180001.jpg
シッポゆらゆらさせて、ご機嫌さんで日向ぼっこしております。
( ̄∇ ̄;)



フランの匂いがたっぷりついたフランの毛だらけのマットに、こんな風にくつろいで寝ているアビ介を見ていると。
2010_10180004.jpg
アビ介は口で言うほどフランのことを嫌っていないのかしら、と思わず錯覚を起こしそうになりますが。



それは錯覚なのよね。
ええ。わかってますわよ。( ̄ω ̄;)




oreno.jpg
そう。
アビ介は単に「このマットがフランのもの」という認識がまるでないだけなのよね。
むしろフランに対して、「これはオレのやからな」と誇示しているようにも見える。。。






でもって、あんまりフランも気にしていないような感じなんですわ。
すっかりアビ介の圧政に慣れちゃって、もう「世の中こーゆーもんだ」と思っちゃっているのか。。。( ̄ω ̄;)
2010_08070032_20101019234824.jpg
まあ。フランは狭いところに入り込んで寝るの好きですしね。
リビングでの二人の関係、納まるところに納まってきたかなぁ。




山ガール?

昨日の日曜日。
とりアタマ、またまたお山に行ってきました。(^o^)
本当に毎週行ってますね。こんなに詰めていくのは、六甲全山縦走のトレーニング以来でございます。




今回は、つい先日うっかりお山に目覚めてしまったカイトママと、そのお友達のKさん。Kさん、お山を歩くのは中学校以来だとか。



つまりお二人とも、今回が山ガールデビューというわけでございます。( ̄∇ ̄)
2010_10160001.jpg




2010_02210007_20101018125808.jpg
アビちゃん!そーゆーとこ突っ込まない!( ̄□ ̄;)




2010_10160003.jpg
比較的のぼりの少ないコースでしたが、それでもほぼ5時間近い山歩き。
お疲れ様でございました。ヽ( ´ー`)ノ
筋肉痛など出ていませんか?




2010_02210006_20101018130458.jpg
アビ介~!щ(゚ロ゚щ)ヤメロ~!




せっかくのご好意なのに。。。

いやあ。タマにありますね、FC2さんの入室拒否。( ̄∇ ̄;)
一時期に比べると随分良い状態が続いていたんですが。久々だったんでちょっと慌てました。






さて。
で、今日の日記でございますが。
実はちょっとはしたない内容だったりして…( ̄ω ̄;)










毎日毎日、散歩でシンちゃんに会うと必ずあいさつ代わりのマウントをするフラン。。。
2010_10150014.jpg
こゆことするから、いつまでたっても「ふーちゃんって女の子だったの!?」ってなこと言われるんですが。



自分がマウントされるのは絶対にイヤらしく…
2010_10150008.jpg




フラン、先日バーニーズマウンテンの若武者ピッチ君にマウントされそうになってブチ切れておりました…( ̄∇ ̄;)
2010_10150006.jpg
ふーちゃん、いいじゃんかよ~。
ピッチちゃんのマウントはフランがシンちゃんにするマウントとは意味が違うでしょうに。

ピッチちゃんのマウントは力関係の誇示ってのではなくて、フランのことをちゃんと女子と認めた上の行動でしょうが。
ここでブチ切れるってのは、人で言ったら、ピッチピチの男子高校生に50代のおばちゃんがマジで迫られてるのに拒否しちゃうという、それはもう天に唾するに等しい行為なのよ。(なんてもったいない…)




2010_10150026.jpg
ピッチちゃん。それはもっともな意見だと思うわ。
でも。。。おしとやかな女の子…おしとやかな女の子…



……。
2010_05280025.jpg


……。
2010_03280030.jpg





2010_10070011.jpg




…ごめん。ピッチちゃん。
おばちゃんのデータベースではこの辺りにそういう子はいないかも~( ̄∇ ̄;)








やっと入れた~!

何故か今日ずっと、管理者ページにログインできませんでした。
自分の家のカギをなくしたような、何ともいえない心細い気分でございました。( ̄∇ ̄;)


お散歩の時間なので正式のアップはまた後ほど~。ヽ( ´ー`)ノ


2010_06090035_20101016165013.jpg
「しばらくお待ちください」

相対評価を要求される。

今朝起きてリビングに行ったらば。。。



フランが異様に高いテンションで出迎えてくれて、しっぽブンブンで擦り寄ってきました。

どうやらすごく何かを褒めて欲しい様子。



2010_10130022.jpg
はいはい。( ̄∇ ̄;)



2010_10130023.jpg
えらかった。えらかった。





彼女、何をそんなに褒めて欲しいかというと、今朝方、オシッコをお風呂場でしていたようなのです。
カイカイ止めのステロイドを飲むとどうしても多飲多尿になって、朝までオシッコがもたないことがあるのですわ。
今までだったら脱衣場に敷いてある布製のペットシーツにしていたのだけど、この間、ウンチをオシッコをお風呂場でしたのを褒められたのがよっぽど嬉しかったらしく、最近はもっぱらお風呂場でするようになりました。「褒めてしつける」がドンピシャはまった非常に珍しい例ですな。( ̄ω ̄)b



uhunn.jpg
そうでしょうともさ。
布製ペットシーツ洗濯するより楽でいいもん。




2010_10130031.jpg
へいへい。
じゃあクッキー一枚だけ上げましょうかね。( ̄∇ ̄)






2010_10130032.jpg
うわっ。((((゜ロ゜屮)屮 アビ。そんなとこにいたのか!
まあまあアンタは納得できないかもしれないけどさ。
今日びの教育は相対評価が主流なのよ。アンタもフランのことをあったかい目で見てやって…つーか



アンタもトイレ以外でシッコするのキッパリ止めたら、むちゃくちゃ褒めてあげられるんだけど!!


2010_10130038.jpg
ウソつけ~!!щ(゚ロ゚щ)







ギンちゃんの憂鬱。

お散歩で会ったギンペイちゃん。
何だかとっても憂鬱そうなお顔。
2010_10070060.jpg
そのわけは?





これこれ。( ̄∇ ̄;)
2010_10070047.jpg
右前足の内側の毛を剃って、点滴の針を刺した痕が気になるのよね。
自分で舐めちゃうものだから炎症を起こして真っ赤になっちゃって…で余計に痛くなっちゃって。



2010_10070055.jpg
ああっ!
ほら、言ってるそばから。ギンちゃん舐めちゃダメだよ~。
余計に痛くなっちゃうから!



…でもさ。
ギンちゃん。そもそも何で点滴なんかしたの?何かあったの?




と、立ち上がったギンちゃんのわき腹を見ると…!!





わき腹から腰にかけて豪快な毛剃りの跡と、20センチ以上にわたるこれまた異様に大胆な縫合の痕が!
2010_10070040.jpg
ぎぎぎ、ギンちゃん!間違ってる!気にするポイントが間違ってるよ~!




実はギンちゃん。
先日左のわき腹にあった大きな腫瘍の摘出手術を受けたのです。



しかし、ギンちゃんママ曰く。
「彼は手術をしたことに全く気がついていない」らしく…ヽ(°▽、°)ハァ?



みんなが心配して傷口の匂いをかぎにきてくれるのに。
2010_10070043.jpg





ギンちゃんはどうしても納得いかないらしい。
2010_10070044.jpg
ギンちゃんが痛くてしょうがないのは、あくまでも点滴を入れるために作った小さいハゲの方なのね。( ̄∇ ̄;)






こんなに痛くて痒くて大変なのに、だ~れもわかってくれないのね~。
2010_10070049.jpg
ギンちゃんの憂鬱はまだまた続きそうです。┐(´-`)┌


どうせなら抜糸がすむまで気づくなよ~。





いろいろ迷っています。

昨日の日曜日は、久しぶりに単独ではなく、山の友人と一緒にお山に行ってきました。
六甲縦走や八ヶ岳に行くときのメンバーです。激しい山歩きになりそうな予感…( ̄ω ̄;)



コースは、中山寺から奥の院、中山山頂を経て十万辻方面に下り大峰山をへて武田尾へ。そして廃線ハイクをしながら生瀬へというだいたい6時間くらいかかるかなぁというもの。



中山寺から奥の院、中山山頂へのルートは以前も書いたので、大峰山に向かう道の様子からレポートいたします。( ̄∇ ̄)

先にお断りしておきますが、グチが多いです。
何かね。今までに経験ないくらい道を間違いまくってですね。実を言うと結局大峰山に登ることすらできなかったんですわ。




中山寺出発9:05。中山山頂到着10:40。山頂でお昼ご飯を食べて、大峰山目指して十万辻方面に降りました。
このときはまだ待ち受ける「ここどこやねん!?」の恐怖を知る由もない。( ̄∇ ̄;)



2010_10090003.jpg
あんまり人が通らないのか、やや荒れ気味。前日の雨のため滑りやすいので慎重に降ります。



途中ゴルフ場と隣接する道を下りながら、30分ほどで塩瀬宝塚線という道路に行き当たりました。
ここまでは予定通り。
手持ちの地図(昭文社の山と高原地図北摂・京都西山)では右手方向に道なりに20分ほど進むと、十万辻のバス停があり、そのさらに先に大峰山への正規の登山ルートへ至る軽車道があるはず。
2010_10090007.jpg
でもわれわれはその道ではなく、十万辻のバス停へ至る直前にあるカーブのところから、ショートカットで大峰山登山道に入るルートを選ぶ予定…でしたのよ。。。



この辺りの標識は行政が管理しているものではないのか、手作り感満載の非常に見つけにくいものが多いので、よくよく注意して歩いていると。


ありました!地図どおりの場所に、ちっこいちっこい「← 武田尾」の標識が。
2010_10090009.jpg
踏み分け道もしっかりしているので、迷うことなくここから入山。




しかし。



おかしいな。
方向的には西向きにカーブしていかないといけないのに、道をたどっていくとほぼ真北に導かれていくのよ。
しかも登りのきつい山だと聞いていたのに、一向に登らない。
友人と「何処か左手に分岐あった?」と確認しあうも、ハッキリしない。登り口を間違えたかとも思ったけど、これは道路が大きく右カーブする所にあるので、間違えるはずもない。


しかたなく、とりあえず道なりに進んでみると。。。
アスファルトの軽自動車道に出て、ゴルフ場のフェンスに突き当たる。(・ω・ノ)ノアリ?


ここにも小さく手作りの標識。「← 武田尾」
2010_10090013.jpg


「これはアレじゃね?正規の登山ルートへ至る軽自動車道じゃね?」
地図を見てもこのあたり他にアスファルトの道路はない。他に考えられないので、とりあえずショートカットの登山道はあきらめて正規ルートから大峰山に取り付くことに。
自分のいる位置が軽自動車道のどの辺りかまるでわからないので。間違っても損の少ない「武田尾」方面にルートを取ることにしました。どっちにしろ目的地は武田尾だからね。



しかしルートが合っていれば、少なくとも数分以内に左手に出てくるはずの正規の登山口が一向に出てこない。
「おかしいね。」「はずしたかなぁ。」と言いつつさらに5分。まだない。それどころか横に小川が流れ始めた。地図でみると川が出始めたら、正規の登山口はとうに通り過ぎている証拠なの。


「やっぱり間違えたね」

ここでしばし作戦会議。取れる対策は二つ。
もと来た道を戻って正規ルートを探す。なければ十万辻のバス停まで戻って探す。
このまま大峰山には登らず、大峰山の北側の谷筋(地図には「トチゴ谷」とある)の軽自動車道を通って、武田尾に行く。
出した結論は、このまま直進。大峰山は今回拒否されたということでまたトライしましょうということに。


中山から塩瀬宝塚線に至る道でも、前回一人で行った大峰連山縦走でも感じたのだけど。
どうもこの辺りのお山は道標がしっかりしていない。ボロボロに朽ちているのがそのままだったり。地面に投げ出されていたり。火の用心の看板に誰かがマジックで書いてあったり。
きれいな分岐点に出ても道標がないのでどちらが正規ルートか判断に迷ったりすることもしばしば。
六甲山と違い土地勘のない場所なので、無理にルートを探さず、確実に武田尾に至る道を選択したのでした。



どうやらこの道は塩瀬宝塚線と武田尾温泉郷をつなぐ抜け道的ルートらしい。途中3台ほど車が通りました。
2010_10090016.jpg
左が大峰山、右が検見山から切畑。道なりに行けば途中自動車道を左にそれる道があり、武田尾に至るはず。
しかし本当に道標が少ない。ここがどこいらなのか。あと武田尾まで何キロくらいなのか、さっぱりわからない。
50メートルおきにしつこく出てくるのは、こういう看板ばっかり。


2010_10090017.jpg
左手に登山道が見えていても手前に「松茸山。全山立入り禁止!」なんて看板があると入るには入れませんよ。
本当にこの看板だけはやたら出てくるし、道沿いずっと虎ロープが張ってあるし。
こんなお金があるなら、道標くらい整備しろよ、と思うのだけど。


こっちのほうはかすかに読み取れるかどうかというようなものばかり。(T▽T)
2010_10090023.jpg
読めます?「武田尾」って書いてある(あった)のよ。






途中小さな集落のような場所に出て驚く。
手持ちの地図からはそういうの全く読み取れないので。
で、やはりここでも分岐がよくわからず、「方角的にはこっちだよなあ」と思いつつも、地元の人が書いてくれた、「武田尾まで2.5キロ」という看板を信じて進んだら…
武田尾に出るには出たけど、だいぶん外れに出ました。(具体的には、大岩稲荷前という所です)


中山を降りてバス道に行き当たってから、武田尾まで所要時間2時間(武田尾到着13:40)。もし大峰山に登れていても同じくらいの時間がかかったと思われるので、結果オーライと言えないこともない。でも釈然としない。思った道を歩けなかったって悔しい。あ~あ。
まだ時間が早かったし、単独行じゃなかったし、方角的には間違いはないので不安というのはなかったですが。
これ、夕方だったら結構焦ったかもなあ。



河原で休憩しながら、手持ちの地図を確認しても。どうしても間違えた箇所がよくわからない。
で、家に帰って国土地理院のHPから2万5千分の1の地形図を引っ張り出してみてみたら。。。


2010_10100001.jpg
はい。
自分たちがどの道を歩き、でも本当はどの道に行きたくて、結局どこで間違ったか…
全て合点がいきました。( ̄ω ̄;)


昭文社の山と高原地図に載っていない徒歩道がこっちにはハッキリ載っているし、また地形図に載っていない道が昭文社に載っているという部分もある。
そして。中山から大峰山に至る一番メジャーなショートカット登山道は、どちらの地図にも載っていないことが判明。_| ̄|○ il||li



どうもこの大峰山は地図に載っていない林道が縦横無尽にあるらしい。(でも松茸山だからこの時期うかつに入れないけど。)で、もちろん分岐表示などはほとんどなく、地元の人はこの道はどこに出るのかなあと冒険するのがひとつの楽しみでもあるらしい。ヨソもんにはそんな楽しみ必要ないっての。



いや。
今回は勉強になりましたよ。
いままで六甲山登るときは昭文社の地図だけで必要充分だったけどね。この辺り低山ハイクでは地形図までは要らないと思っていたけれど。そんなことないですわ。


少なくとも今回地形図を持っていれば、地図記号がちゃんと書いてあるから武田尾に至る途中で集落を抜けることもわかったし、開けた場所での方角もちゃんと取れたはずですから。
これからは、知らないお山には地形図をダウンロードしていこう。


って、思ったら。
国土地理院の地形図ってダウンロードできなくなっちゃったのね。( ´△`)




この後武田尾から生瀬までトンネルハイクをしたのですけど。
長くなりましたので、ここまでで~。









不具合顛末記

あんまり楽しい話題でもないので、サクッっといきます。



ipod とiturns の不具合ですが。



その後2回ばかり復元を繰り返したのですが、どうにも自動で同期が出来ない部分があり、いい加減うんざりしたので。。。
結局、音楽と動画と写真は手動でチマチマ同期させました。
特に写真は手間取ったなぁ。
何故か「アルバムをアップロード中」?とかなんとかの表示が出てアルバム自体が開けなくなったりするんですよ。結局再度復元をかけて何とか元に戻りましたが。




そして、iturns の不具合ですが。
これはipod とパソコンをつなぐとiturns はちゃんと立ち上がるのに、デスクトップ上のショートカットやスタートメニューのアイコンから起動させようとすると、


こ~んな表示が出やがるのですよ。┐(´-`)┌
2010_10090001.jpg
あ。
バックに写っている巨大アビはとりアタマのパソコンの壁紙です。



ご存知のようにアップルさんの日本語のヘルプってほとんど役に立たないので、別方面で色々調べてみると。
この症状について、いろんな方が実に色んなことをおっしゃっていましたが。。。



結局iturns のアップデートのときに、ショートカットメニューとスタートメニューへの関連付けが更新されなかったということらしい。(なんでじゃ???)


既存のアイコンを削除して、あらためてプログラムファイルからショートカットキーを作成してやると問題は解決しましたが。。。
はっきり言って、うざいぞ、アップル。
シャンとせぇ。( ̄‥ ̄) = =3




で。
今日の夕方、またアップルさんからアップデートのお知らせが来たのですが。。。


2010_10090002.jpg
…この間も来たとこなのに。


これはあれか。
不具合が出て苦情がきたので、改善プログラムを配布しているのか?
それとも、不具合はスルーして、本当に新しい機能が追加されるのか???


どっちにしろ。
やっと上手く動き始めたipod と iturnsなのに。
ここで、更新に「はい」と答えるのは、勇気がいるなぁ。( ̄∇ ̄;)





今日は何日?

昨日ひさしぶりに、手持ちのipod touchに新しいアプリケーションをダウンロードしたのですが。
何かちょうどアップデート情報があったらしくて、「アップデートするかい?」って聞いてきたので、「うん。やっといて~」とお気軽に返事したならば。。。



思いっきり不具合が出ました。(T▽T)





アップデート直後は気がつきませんでしたが、今朝 touchを見たら今日の日付が…

2010_10070025.jpg
1970年の1月10日になってるし。。。( ̄ω ̄;)
へぇ~、1970年1月10日って土曜日だったんだ~。




DSCF5097_20101008143252.jpg
アビちゃん!
姉ちゃんはまだ生まれてませんから!!






どこをいじくっても直らないし、時計もしっかり狂っているし。
よく調べたら、今までこつこつダウンロードしてきたアプリケーションが一個を除いて全部なくなってるし。
いや正確に言うとですね。
パソコンとipod touch をつないで中味を見ると、ちゃんと全てのアプリケーションが存在しているのだけど、それが ipod touch 上に反映されてないみたいなんですよ。



これはあれか。
やりたくないけど、アレをやらなきゃしょうがないのか。



アレとは。
ipodの復元。
2010_10070026.jpg
パソコンでいうところのリカバリですな。
買ってきたときの状態に戻すわけですよ。
やだな~。iturnsにはデータがちゃんと残っているのだから、すぐにもとの状態に戻せる(ハズ)なんだけど。
なんか嫌な予感するんだよな~。

でもまあしょうがないよね。このまま過去を刻み続けるipodを持ち歩くわけにも行かないし。


で、初めて復元ボタンを押すとですね。
画面上にアップルのマークが出てくるのですが。

そのマークが今までと微妙に違うの。
2010_10070027.jpg
リンゴの左下から斜め上に向けて傷が入ったみたいなマーク。
これ、新しいデザインで、シャープでメタリックな感じを演出したらしいのですが。


どうみても、傷にしか見えません。( ´△`)
何かシステムがクラッシュしている証しなのかとマジで心配になりましたよ。




で、10分ほどで復元か完了し、その後改めてiturns のデータを同期したら。


ほら。
やっぱり、エラー出るし
「同期が完了できませんでした」って、あっさり言うし。

どうもiturns自体にも少し不具合が出ている模様。
多分こちらもこの間アップデートしたときからだな。



とりアタマ。実は携帯の契約更新が近くってですね。
今のauからソフトバンクに乗り換えてiphoneにして、歩くお父さんもらっちゃおうかな…なんて考えていたのですが。
iphoneでこの手のエラーが出たらシャレになんないなぁ。
ちょっと考えちゃうなあ。




ipod touch 及び iturns の不具合顛末気、明日も続くかも~。







海獣なのか。

フランはよくこういうポーズで寝ています。( ̄∇ ̄;)

2010_10050003.jpg
彼女は後ろ足が両足とも股関節から外れた状態なので、いわゆるフセの姿勢が出来ないし。後ろ足をそろえて寝ると楽なのはよくわかるのだけど。。。
問題は前足の折り曲げ方。





姿勢の安定を求めたらこうなったのかしら。
2010_10050006.jpg
ここまで肩関節を開いた状態で寝ている犬はあまり見たことがないのだけど。
足首の関節も相当柔らかくて肉球が完全に天井むいてるしさ。





フランのことをゴールデンだゴールデンだと思っていたけど、アレですね。
2010_10050007.jpg
ちょっとオットセイの血も混じってますね、きっと。┐(´-`)┌
アジとかイワシ好きだしな。






プチ・パニック

現在のアビ介とフランの力関係を如実にあらわす写真が撮れました。( ̄∇ ̄;)


横目でフランを睨みつけるアビ介と、必死に目をそらすフラン。
DSCF5071.jpg
アビ介の全身から不機嫌オーラが発射されております。
シッポもイライラ。





DSCF5074.jpg
あ、ふーちゃん。先に言っとくけど助けないからね。( ̄∇ ̄)
ヤバイと思ったらさっさと自分で逃げてください。





DSCF5075.jpg
だってさ。
ふーちゃんに加担するとアビ介が余計にイライラすんだもん。
本当に血を見そうなときは何とかしてあげる(かもしれない)から、心配すんな。






…とか言っていたら。
実は、夕べちょっと危ない状況になりました。

テレビの大きな音に驚いたアビ介が、軽いパニックになり声が変わっちゃったのです。( ̄ω ̄;)
とりあえずフランをじっとさせて、アビ介をエサで釣って引き離し、何とか事なきを得ましたが。。。


エサになんか見向きもしない本当のパニックになっていたらえらい事でした。
テレビの音量、もう少し小さくしないとダメだな。ε=( ̄。 ̄;)







大きな感動をありがとう!

神戸は六甲山のふもと、日曜日はほぼずっと雨でございました。つーか、月曜の朝方まで降ってたのよね。


朝の散歩はなし、ってことで。
ちょっとゆっくりめに起きて階下に降りていくと…
フランがまた情けない顔をして出迎えてくれました。( ̄∇ ̄;)←先週からとりアタマは2階で寝ています。





2010_10030014.jpg
ああ、やっぱりね。
なんかね、二階の部屋のドアを開けた瞬間に感じていたのよ。そこはかとないオシッコの匂いを。(あ、遅いかもしれませんがお食事中の方、後で読んでくださいね)



昨日は雨が小降りのときを狙って、とりアタマ父がフランをオシッコに連れ出してくれたのだけど、やっぱりそれだけじゃすまなかったか。。。そういや夜遅く、何かフランがリビングや廊下を行ったり来たりしている音がしていたし。きっとあの時ガマンできずに出しちゃったのね。



2010_10030013.jpg
何言ってるの。
オシッコくらいで怒んないよ。2日前にステロイド飲んでるから、オシッコの量が多くなって当たり前なんだし。それにアンタはちゃんとオシッコをペットシーツの上でしてくれるじゃないの。
はいはい。じゃあご飯のしたくの前にサクッと片付けるから。ふーちゃんちょっと待っててね。


と、ペットシーツの敷いてある脱衣場を覗くと。。。
あれ?
濡れてない???
なんで?どっか別のところに粗相したのかしら?
でも、確かに匂いはこの辺りから…




と、さらに奥を覗くと。
ありました。
お風呂の洗い場に、ドッヒャーッちゅうくらい大量のウンチとオシッコ。( ̄ω ̄;)


2010_10030026のコピー
ふ、ふーちゃん!あんた!!



yappari.jpg



なんて賢い子なの!?
2010_10030020.jpg
オシッコだけのときは布製のペットシーツでするのに。
ウンチも一緒のときは、お風呂場でするなんて!
おかげで布製のペットシーツをゴシゴシ手洗いする手間が省けたわ。




えらい!
本当にえらい!
ehe
おおよ。正直こんな賢い犬だとは思わなかったよ。
あんたはエライ!天才だ!!ヘ( ̄▽ ̄ヘ)(ノ ̄▽ ̄)ノ






フラン、いまだに処方食の切り替え途中なのですが。
そろそろ慣れたかと思ってちょっと処方食の割合を増やすととたんにおなかがゆるくなるのです。
それで今回もいつもだったらガマンできる便意がガマンできなかった模様。


「カミナリうんこたれ事件」のときは、廊下にしていたのに、今回はちゃんと水で流せてドメストで除菌も出来るお風呂場でしてくれて、とりアタマ、マジで感動しましたよ。
あ、そうそう。しかも食糞もなし!(今回に限り、レベルの低い感動だという指摘は受け付けません~)



いやあ。あのうんこたれフランがねぇ。
ちゃんとお風呂場でねぇ。どんなにおつむがアレなわんこでも、長い年月をかけたらちゃんと成長するもんなのねぇ。ヽ( ´ー`)ノ
2010_10030025.j<br />pg
いや、ホントえらかったよ。
いいネタ提供してくれたし。




と。
今日朝一番の仕事が、お風呂の洗い場に「大量に放置された糞尿の処理」だったにもかかわらず、心はルンルン、鼻歌混じりで超ご機嫌のとりアタマ。(^o^)


ふと、この反応はおかしいんじゃね?と思わないでもなかったけど、いいの。
長年犬猫飼っていると、きっと誰でもこうなるはずだから。







摩耶山一人歩き。

昨日の土曜日、とりアタマ摩耶山に登ってきました。
何か一度山に行き始めると、休みの日に家にじっとしているのもったいなくて…ヽ( ´ー`)ノ



今年初めての摩耶山なので、歩きなれた布引の滝から市ヶ原経由で縦走路を歩くコースで…
2010_10010001.jpg


さわやかな秋晴れ…と言いたいところですが、正直暑かったです。
シャツもパンツも完全に夏物仕様で歩きました。
2010_10010003.jpg


赤い葉っぱなど一枚もない、布引貯水池周辺。途中で芝栗を拾いに来たというおっちゃんと話したのですが、異常気象で栗がものすごく少ないとのこと。「イノシシとケンカしながら拾うてくるわ」ですと。おいといてやれよ、イノシシに。。。と心で思ったけど言わない。大人だから。┐(´-`)┌
2010_10010004.jpg


2時間強で掬星台着。
2010_10010010.jpg
10時半くらいなんだけど、ほとんど誰もおらん~!
山の会の方々がボランティアで清掃活動をされているのに出会うばかり。
やっぱ、まだ暑いからかなぁ。


掬星台でおにぎりを食べて、さて、下りは青谷道を降ります。初めての道です。
2010_10010013.jpg


摩耶山の南側を下るのだけど、こちら側は途中に史跡公園というのがあって。。。
2010_10010022.jpg


昭和51年に火事で燃えてしまった「天上寺」の跡を見ることが出来ます。
2010_10010023.jpg
天上寺って真言密教のお寺だったのね。



でも実は本日のハイライトはこの後に待っていたのでした。
今回の摩耶山登山の目的は、「摩耶の大杉」を見ること。
樹齢1000年とも言われる古木ですが、天上寺の火災の影響で枯れてしまっています。


しかし、死してなおそのたたずまいは威風堂々。
2010_10010037.jpg


幹の周囲は8メートルあるらしい。
2010_10010040.jpg
ううむ。これは良いものを見た。
今までなんで来なかったのかしら。って、単に知らなかったからなんですが。
意外と地元のことって知らないことが多いもんです。



生まれてこの方ほぼ全ての人生を神戸で過ごしているのに、全然知らなかったことがもうひとつ。
青谷道を下ってきて、街中に出る直前に、いきなり広がる茶畑。。。え?神戸でお茶???
2010_10010063.jpg
何か神戸で唯一の観光茶園らしく、園内でお茶やお饅頭をいただくことも出来るそう。
知らんかったわ。神戸にこんな場所があったなんて。


青谷道から降りると、王子公園の北側に出ます。この間麻酔事故でパンダが死んじゃった王子動物園のあるところです。( ̄ω ̄;)


まっすぐ家に帰るつもりだったのだけど、途中の住宅街を歩いているとき、ちょうどお昼時でソース焼きそばのいい匂いが漂ってきて、そりゃもうすきっ腹には拷問のような良い香りで。。。


思わず駅前商店街でお好み焼き屋を探し、おばちゃんが一人でやってるようなジモティ御用達のお店に飛び込んで、モダン焼きとビールの小ビン(神戸では「しょうビン」と読む)を注文するとりアタマ。
最近はおしゃれな「山ガール」とか言うのがはやりだというのに、何でかとりアタマは山に行くと男性ホルモンが多く出るようで。。。
自分のオッサンさかげんにいい加減嫌気が差しますが、いいの。すんごいんまかったから♪


ちょっとピンク顔のほろ酔い加減で帰宅するも、とりアタマ父には「日に焼けちゃった~」と言ってごまかす。( ̄ー ̄)


2010_09110003.jpg
へいへい。わかってますよ。夕方までには酔いも冷めますからご安心を。




カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。