FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父ハンバーグ。

日曜の夜。
とりアタマ父がハンバーグを作ってくれました。(^o^)



父。
齢79歳にして、人生初の手作りハンバーグ。
2010_05230062.jpg
あ。一応、付け合せのサラダとフライドポテトとかぼちゃのソテーと超ミニエビフライはとりアタマが添えました。
何せ父に盛り付け任せると、皿の真ん中にハンバーグ一個だけドンと乗っけようとするもんで。( ̄ω ̄;)




レシピはもちろんこちら。
2009_04140030_20100524212640.jpg
父。すっかり飯島奈美さんのレシピを信頼してます。
この通りに作れば美味く出来ると確信している模様。


それは正しい。
まったくもってその通りなんだけど。

問題は本に書いてある通りに作れるかどうか…なんだよねぇ。( ̄∇ ̄;)
どうもね。父は、普通に料理をする人には何でもないようなところで、妙に引っかかったりするんですよ。



例えば、ハンバーグを作るときに必要な、タマネギのみじん切り。。。




「みじん」に切るの「みじん」がですね。
2010_05230049.jpg
どうもハンバーグに入っているタマネギの大きさというのが具体的に思い浮かばないらしいです。


だいたいね。今、目の前にあるタマネギが、大タマネギなのか、中タマネギなのか、小タマネギなのか、それすらもよくわかんないみたい。
レシピにはタマネギ大を使えとあるのですが、とりアタマが見たところ、「そりゃ小だろ!」と突っ込みいれたくなる大きさでございましたから。

あとね、「中火で焼く」の「中火」がどれくらいの火力かがわかんないらしい。
「中火からやや弱火」なんて言われるともうお手上げらしい。
「コショウ少々」の「少々」がどれくらいかさっぱり見当がつかないらしい。



ナルホドねぇ。
そういうところで引っかかるもんなのか。( ̄ヘ ̄)



でもまあ、とりあえず「中火」だけは教えて、後は好きにしてもらいました。結局味付けの感覚って自分でやらないとわかんないですしね。実際「コショウ少々」の正しい量なんて、とりアタマにもわかんないし。常にテキトーですから。でも何とかなってますから~。┐(´-`)┌




入念にレシピを確認しながら作業を進める父。
2010_05230050.jpg
で、手も口も出したいところをグッとこらえるとりアタマ。( ̄ω ̄;)


挽肉のコネ方と、
2010_05230052.jpg

成型の仕方がよくわからん、というので、そこだけちょっとやって見せ、後は忍耐で見守ることに。。。
2010_05230054.jpg
父、この辺りで「タマネギがちょっと大きすぎたな」とつぶやいてました。( ̄∇ ̄;)エライ。ヨクキガツイタ!



なかなか立派なハンバーグのタネが出来上がりました。
レシピでは4分割ですが、うちでは小さめの5分割です。二人とも小食なので~(*゚ー゚*)ポッ
2010_05230056.jpg
父は焼き方を確認中。そうそう、焼き方を間違ったら全てが台無しだからね。
中火で1分から1分半、ひっくり返してやや弱火にして1分。蓋をして弱火で5分。火を止めて2分…
なかなか技術的な焼き方でございます。タイマーで時間を計り慎重に焼きを入れます。





で、出来たハンバーグがこれなわけです。
2010_05230065.jpg
ソースも父の手作り。
このソース、絶品でした~!
今まで食べたハンバーグソースの中で一番好きかも!




いや~。
父。おいしいわ。マジで。
作ってもらったご飯はそれだけでおいしいもんだけど。
そういうレベルではなく、ガチでおいしいです、このハンバーグ。


もちろん。
レシピがいいからなんですけどね~。┐(´-`)┌
(あと、指導者とね♪)







スポンサーサイト

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。