スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランが折れました。

ついにフランが根負けです。( ̄∇ ̄;)





konmale
ねこ太郎の粘り勝ち。





ねこ太郎にもたれられて、最初はキ~ッってなりながら耐えていたフランですが。。。
kintyou





だんだんとリラックス。
rirakkusu
能天気娘のことだから、多分ずっとキ~ッっとしているのに疲れちゃったのねぇ。┐(´-`)┌




neru





neyou






nukui
そりゃ良かったねぇ。( ̄∇ ̄)



フラン、ねこ太郎が寝返りをうっても起きやしねぇ。
ねこ太郎はねこ太郎で、フランが下敷きになっていた前足がしびれて引き抜いた拍子に、「にゃっ!」って文句たれてたし。


これはアレっすね。
両方が超天然系の能天気野郎だってことが幸いしているようですね。



スポンサーサイト

初めての「ねこの病院」

ねこ太郎、初めて「ねこの病院」に行ってきました。



首周りから胸にかけての湿疹がどうも広がってきたような気がするので、診てもらいに行ってきたのですが。



なんだろうなぁ。この和やかな雰囲気は。。。( ̄∇ ̄;)
nagoyaka


多少は姿勢を低くしつつも、
guruguru
基本的にずっとグルグルゴロゴロ言っているし。
去勢手術のときとは違う病院とはいえ、何で診察台の上で、胸や直腸をまさぐられながら、グルグル言えるのかしら。







なんだかすっかり落ち着いちゃっているねこ太郎。┐(´-`)┌
daisuki
ねこの病院の先生は、私と話している間もずっと猫を撫でているの。とりアタマは先生のそーゆーとこ好き。(*゚ー゚*)ポッ



湿疹については、注射を一本打ってもらって様子見です。
これで舐めずに皮膚が乾いてくるようなら、心配なしということみたい。
このまま治まってくるといいのにねぇ



あ、そうそう。
保護した当初体重4.2キロだったねこ太郎ですが。
昨日病院で体重を量ったら、なんと4.05キロに減っておりました。


あり~?ヽ(°▽、°)


てっきり太ったとばかり思って、ゴハン控えめにしていたのに。。。えらいこっちゃ。
himojii
うわああぁ。ゴメンよ~。{{{{(゜∇゜;)}}}}
今日からちょっと増量するからカンニンしちくり~!









春はいつ来るの?

さ、さ、さ寒い~!
何かねぇ、雪が降ってるんですよ。それも横なぐりで!
3月末の神戸で雪て。。。


アビ介はデロンキ裏の秘密基地でまるくなり、
2010_03300007.jpg



ねこ太郎は、保護ケージのペットヒーターでぬくぬく…
…かと思ったら。
自然派の彼は、人工的な温かさより、天然の暖房器具がお好みのようで。。。




anka.jpg
2010_03260024.jpg
よくご存知で~。(^o^)





2010_03260027.jpg
2010_03260029.jpg



2010_03260030.jpg
2010_03260032.jpg




2010_03260033のコピー
2010_03260034.jpg



samui.jpg
ねこ太郎。
やっぱ、あんたもそうとう天然素材なおつむだねぇ。( ̄∇ ̄;)


いいのよ。
きっとその方が、幸せになるの早いと思うわ。





フランも頑張ってます。

本当に。
ねこ太郎がここまで小さい子供が苦手だとは思わなかったわ。。。( ̄∇ ̄;)


茶太鈴んちの母さまに抱っこしてもらうねこ太郎。
nigate
甘えているけれど、体がキュ~ッてなってます。
あんた、公園でどんだけ酷い目に会ってたですか。
こういうトラウマってずっと続くのかなぁ。



一方、大人も小さい子も満遍なく好きなフラン。
お晴ちゃんと一緒に歩くとみんなが注目してくれるので大変ご機嫌な様子。
tokui


普段、おばかだとか、アホだとか、能天気だとか、回路がどっか接触不良だとか、ちょっとアレがナニしてるとか、むちゃくちゃ言われているフランですが。。。
今回のねこ太郎の件では、たいへん頑張っております。(^-^)
ganbaru
そもそもフランがいたからねこ太郎の保護を決めたと言えなくもないんですよ。
フランなら大丈夫。ねこ太郎と絶対うまくやれるし、ねこ太郎が家猫修行するのにフランがいいお手本になるだろうと、そんな風に思えたんですよね。
それは確信に近かったと思います。
この件に関してはフランを全面的に信用できました。




言葉を変えれば。
ふーの能天気さに関して、絶対的な信用があったということなんですけどね。┐(´-`)┌
kuzureru


ただ彼女、ちょっとジェラシーを感じていることも確か。
2階ではアビ介も待っているし。
体が二つ欲しい。あ。出来たら3つくらいあればなおヨシかも。










茶太鈴んち一家来たる。

土曜日、淡路島から茶太鈴んち一家が遊びに来てくれました。




ひさしぶりに皆の注目を一身に集めて、ご満悦のフラン。(^o^)
gomanetu
もう、ニッコニコです。





つかね。
意外にも、ねこ太郎が怖がって保護ケージから出てこれなかったんですよ。( ̄∇ ̄;)
kowai
元公園念猫のねこ太郎。
実はかなり子供が苦手です。
悪気はないんだろうケド、結構追い掛け回す子がいたりしたからね~。



茶太鈴んちのお晴ちゃんは、生まれたときから猫にまみれて育っているので(←決して比喩ではなく)、猫の扱いはそりゃあ上手なのですが。ねこ太郎にそれを分かれというのも酷な話。

ごめんね。猫好きの茶太鈴んち一家がせっかく来てくれたのに。


「こーゆーときにうちの接待猫でガマンしてね」といえないところが辛い。

simeiryou
何せうちにはこういうやつしかいないもんで。。。( ̄ω ̄;)




雑食性なのか!?

ねこ太郎、うちに来てから確実に太りました。( ̄∇ ̄;)
保護猫だし、去勢手術の後だし、当然ちゃー当然だわな。


で、ややフードを控えめにしたら…


猫草をバカ食いする、ねこ太郎。
kusa
しかも吐かね~し。
出てきたウンチに未消化の草が混ざっている気配もなく。。。


丈夫な胃腸をお持ちのようで、何よりですわ。
suki




ねこ太郎を一時預かりし始めてもうすぐ2週間。

何だかこういう風景も見慣れてきました。
nakayosi
フランは大変迷惑そうですが~。┐(´-`)┌




色々書くことが多いのですが、筆のほうがおっつきません。
ボチボチ更新していきます~。




最大の課題をクリア。

ねこ太郎。
フード付き猫トイレも使えるようになりました。(^-^)


fu-do
実はこのトイレが使えるようになるかどうかが、家猫修行の最大の難関でございました。
フード付きトイレでも保護ケージ内のフードなしトイレでもどっちも使えるようになって、かる~く難関突破。
ホントにえらいわ、ねこ太郎。


ねこ太郎はウンコもシッコもしっかり埋めるタイプなので出来たらフード付きトイレの方が砂が飛び散らなくて助かりますの。ごめんね、人間の都合で勝手申しますが。( ̄∇ ̄;)







イッツァ ミラクル!!

何か日に日にとりアタマ家がすごいことになってます。( ̄∇ ̄;)



お?
sugoi1
sugoi2



おおお~っ!ヽ(°▽、°)
sugoi3
sugoi4




sugoi5
な、何ですかふーちゃん?


sugoi7
sugoi8
ステイッ!!
ぜってー動くな!ヾ(`◇´)ノ彡☆


sugoi6
sugoi9





sugoi10
あ~あ、フランが嫌がって逃げちゃった。( ̄∇ ̄;)

しかしすごいな。
よそのブログでワンコとニャンコが一緒に寝ているのを見たことあるけどさ。
まさか自分のうちで、しかもほんの10日前に保護した猫とフランがこーゆー関係になるとは。。。


ねこ太郎。
もう猫団子にはなれないけれど、もっとでっかいムクムクでホカホカのベットを見つけちゃったんだねぇ。┐(´-`)┌
もっともこのベット、結構気難しくてすぐにどっか行っちゃうんだけど。








防衛本能とかって知っているか?

ねこ太郎の上半身…と。
jyouhannsinn







下半身。。。( ̄∇ ̄;)
kahannsinn
ねこ太郎。
一枚で納まりきらないくらいに伸びるなよ。
スライムじゃないんだからさ。





ねこ太郎の首周り、毛が抜けて皮膚が赤くなってます。
ねこ太郎が公園にいた頃から首周りの皮膚の状態は気になっていたのですが。。。
ときどきかさぶた付きの毛が抜けたりするので、どうやらケンカ傷の後らしいの。
こんな猫でもケンカするんだ、と言うのは新鮮な驚きですが。
さらに、けつっぺたの傷じゃなく、向かい傷であることは驚愕の事実でございます。ヽ(°▽、°)



赤くはなっているけれど、皮膚は乾いていて状態はよし。
おそらくは去勢手術ときに打ってもらった抗生剤が効いているのでしょう。これ以上酷くなることはないようなのですが、かといって直るわけでもない。

一度ちゃんと見てもらったほうがいいかも。
万が一たちの悪い皮膚病だったら困るしね。







意外とやきもち焼き

何か意外なところで意外なのが意外な反応をしております。( ̄ω ̄;)



ねこ太郎をかまっていると、フランがすかさずやって来て頭をスリスリ。
ふーちゃん、ねこ太郎に感化されてない?まるで猫みたいよ?
igai
はいよ、ふーちゃん。何ですかね?



hannnou
はいはい、好きですよ。




iranai?
言わねーって!( ̄∇ ̄;)

正直あんたのジェラシーまで考えてなかったわよ。
しかも、フランのやきもちは意外としんねり、ねちっこい。。。


あのね、ふーちゃん。
姉ちゃんはふーちゃんのことが(ハンナの次に)大好きだし、ここはずっとふーの家なんだからヘンな心配しなくていいのよ。


kokoroga
あのね~。ε=( ̄。 ̄;)フゥ





自分が止められない。

ずっと天気が悪くて、少し冷えるので床暖房入れました。
yukadanbou
あ、あかん。
過保護になってきてる。
過保護になってきてるぞ、自分~!!щ(゚ロ゚



いやだってさ、猫団子にもなれないしさ。
あっためたほうが便秘にも良いかと思ってさ。


婿入りの時にはペットヒーター持たせます。( ̄∇ ̄;)
アビ介のお古で悪いけど。


行動範囲ちょっとだけ広がる。

今日少し自由に動ける範囲を広げてやったら。。


すんごいへっぴり腰で探検しに行ってました。( ̄∇ ̄)
 doko
お。
ちょっとは猫っぽいじゃん。




今のところ、ねこ太郎のテリトリーは…

保護ケージの中と。
teritori


ソファの上。
sofa
後ソファの下にもぐって、狭いところでネズミのおもちゃで遊ぶのも大好き。(^o^)
以前はソファの下に入り込むと、どうやって出ていいかわからなくなって途方にくれていましたが。
昨日今日で自力で脱出する術を覚えたようです。

台所にも洗面所にも自由に行けるのだけど、まだテリトリーには加わってない様子。
実はねこ太郎、先日台所にひとりで探検に入って、洗いかごの前のすごい狭いスペース(しかもガラスの小さい器が置いてあった!)に飛び乗り、とりアタマに怒られちゃったんです。
それ以来、台所に一人で入ろうとはしません。( ̄∇ ̄;)
酷く怒ってないよ。机をたたいて、「ダメ!」とひと言いっただけだよ。
とりアタマやフランと一緒にならついて入ってくるところがおもしろい。みんながいれば大丈夫だと思ってるのかしら。

ハンナの祭壇に上ったときも同じように「ダメ!」と怒ったら、やはり二度と上がろうとしません。
ひょっとして、意外と賢いのか、ねこ太郎?


猫に犬のようなしつけを入れようとはゆめゆめ考えていませんが、どうしても譲れないことは根気よく教えるとちゃんとわかってくれると思いたいです思います。



またちょっと、便秘気味。
カリカリのせいかなぁ。
もうチョイ繊維質の多いのに変えてみたほうがいいかしら?




冷静な苦情。

夕べ、とりアタマが自分の部屋に戻ると。



アビ介君が珍しく、あらたまった感じで近づいてきた。
naa
なになに?どうしたのアビ介。夜のオヤツならさっき食べたでしょ?




samisii
う。( ̄□ ̄;)
ごごごご、ごめん。
今日は急に用事が出来たりして、全然アンタのことかまってなかった。←ねこ太郎はかまった。( ̄ω ̄;)ヒドイ




明日も用事がいっぱいだけど。。。
時間作るから。いっぱい遊ぼうね。アビ介の好きな取って来い遊びしようね。




って、思ったのに。




雨降ってるから、朝から爆睡して起きやしねぇ。
bakusui
いいんだけどさ。
本当に出かける用事がいっぱいあるから。
今晩もきっと苦情言われるのね。ε=( ̄。 ̄;)フゥ




興味津々。

今朝撮った写真。。。



gohan
こんだけ覗き込まれて「ウ~ッ」とも言わないフランも、なんちゅーかすごいワンコだよねぇ。



ねこ太郎、今朝はウンチもオシッコもなし。
昨日もウンチなかったし。
もう大丈夫かと思ったけど、まだまだ安定しないなぁ。



すでに修行ではない。

これはもはや修行とは言わせない。
syugyoujanai



絶対言わせませんとも!( ̄‥ ̄)
tigu



決まった時間に決まった量の食事をし、猫トイレで失敗なくオシッコもウンチもし、猫ジャラシを追いかけて遊んだ後は、ブラシをかけてもらってグルグル言いながらソファと人の間に挟まって寝る。


ねこ太郎。
キミ、きっちり一週間で家猫になったね。
でもさ。ちょっと早くねぇですか、それ。

何かこれからあるのかしら?とりアタマ、小心者だから順調すぎると怖くなるの。( ̄ω ̄;)



ねこ太郎の家猫修行、なのか??

なんかアレですね。
とりアタマという人間は、相当非常識な、何をやらかすかわからないヤツだと思われているようですね。


昨日、色んな方面から、「本当にねこ太郎を病院に連れて行ったと思った!」と言われました。( ̄∇ ̄;)



あ。しまった。
今年のエイプリルフールのハードル、自分で上げちまったかも。




さて。ねこ太郎ですが。
彼の今の生活を「修行」と呼んでいいのかどうか、非常に悩むところです。( ̄‥ ̄)


siturei


dokkoisyo


nsyo


sukasuka

むしろフランの方が、修行中というにふさわしいかも。。。( ̄∇ ̄;)






ねこ太郎、今まで夜間しかトイレには入れなかったのに、昼間でも、近くに人がいても、平気でウンチもオシッコもできるようになりました。(^-^)
んでもって、昨日の夜はじめて自分の水入れから自発的に水を飲んだの。
これで深刻な心配事は、ほぼなくなったかな。


ねこ太郎の家猫修行⑧

こーゆー技も覚えました。(^-^)
higi


あ、落ちた。
otita




朝NHKを見ていたら、テレビの中でチンパンジーが大騒ぎしていてちょっと緊張。。。
kouhunn
でも、逃げたりしません。
個人的には逃げた方がいいんじゃないかと言う気がしないでもないけど。( ̄∇ ̄;)



ねこ太郎、テレビはわりと好きなようです。


一緒に見舞いに行く。

昨日の日曜日、シンちゃんママのお見舞いに行ってきました。

本当はまだ家族しか会えないのだけど、ちょっとだけと言う約束で無理言って押しかけたの。すまんね。


まだ食欲もなく、お見舞いは不要とのこと。
でも、手ブラで行くのもアレなんで。


デカイかばんにあるものを詰めてえっちらおっちら担いでいってきました。( ̄∇ ̄;)
kaban
我ながらアブナイことしてるなぁ。ふつうここまでやるかなぁ、と思わんでもなかったけどね。


一応、リクエストがあったのですよ。


「来るなら、ねこ太郎連れてきて」って。

「帽子かぶせて杖でも持たせたらわからんやろ」と。


さすがに素のまま抱いていくわけには行きませんから。
猫かごに入れて、かばんに詰めましたよ。



病室に入ると、ちょうど迎えのベットにお見舞いの人がいらしていたので、「ちょっと待って。あの人が帰ったら、開けるから!」とシンちゃんママに言い含め。。。



タイミングを見計らって、いざバックを開かん!!
in
頼むから誰も来るなよ~!
家猫になったねこ太郎との感動の再会です!


















dairi
…いや。
いくらなんでも病院に猫連れて行けないっスから。( ̄∇ ̄;)
ねこ太郎によく似た「はっちゃんぬいぐるみ」にねこ太郎の首輪つけて、ねこ太郎の猫かごに入れて連れて行きましたのよ。
これでも結構重かったわ。。。



シンちゃんママに、「血圧上がったわ!」って怒らりた。( ̄ω ̄;)
彼女、猫かごのふた開ける瞬間まで本当にねこ太郎を連れてきたと信じていた模様。
とりアタマは相当常識のない人間だと思われていることが判明しました。



でも、ウケた♪
uketa
帰るときまでずっと代理人形を抱っこしていたので、きっと喜んでくれたのだと信じております。
おいて帰ろうとしたら、点滴漏れなんかで汚れるからいいって。別にかまわんのに。
ま、退院したらなんぼでも本物を抱っこできるからね。







この後でっかいかばん抱えて、ジュンク堂書店と東急ハンズと回って、ちょっと後悔。
でもいいの。確かにウケはとったから!




ねこ太郎の家猫修行⑦

ねこ太郎、猫ジャラシに対する反応がイマイチだったので、ネズミのおもちゃにマタタビ粉を振りかけてあげたら、結構気に入った様子。


一人遊びに慣れてるのかしらね。このあたりもアビ介とは真逆だなぁ。( ̄∇ ̄;)


omotya
アビ介のお古で悪いけどね。


gabu
おお!強い強い。(^o^)


kedarake
あらら。
あんた、意外と細かいこと気にする男だね。


kiniitta
そりゃよかった。結構長い時間、自分で放り投げて遊んでいたものね。



samisikunai
う。




実は今朝、ねこ太郎は窓際をウロウロしながら結構大きな声で鳴きました。
うちに来て初めてのことです。
外の景色を見て、里心がついたみたい。


ま。15分くらい鳴いて、その後さっさとケージに戻って毛づくろいして寝てましたけど。( ̄ω ̄;)




ねこ太郎には3匹の兄弟がいます。
彼らを引き離してよかったのか。
夕べの激しい雨風の中、ねこ太郎は快適なケージの中でお腹いっぱいで寝ていたけれど、彼らの兄弟はどう過ごしていたのか。
心がすっきり晴れない部分も確かにあります。
でも、今はこれが精一杯。
ごめん。


アビ介は元気ですよ。

フランのお散歩に行くと、皆様から「アビちゃんは元気にしているのか?」とご心配をいただいております。
あの悪魔のような猫のご心配をいただくなんて、ありがたいことです。m(_ _)m


これ、たった今撮った写真ですが。
sokusai
彼はこのように息災にしておりますので、ご心配なく~。ヽ( ´ー`)ノ



今回ねこ太郎をとりアタマ家に保護してからというもの、アビ介は一度もリビングへ降りていません。そんな恐ろしいこと、試してみる気にもなりません。
ただモチロン気配は感じているらしく、多少物音に過敏になってます。
しかし意外にも落ち着いていて、リビングに行かせろ!そいつに会わせろ!と騒ぐこともない。。。正直ちょっと拍子抜け。( ̄∇ ̄;)


anjyou
おお!
アビちゃん。外から保護された客人に対して、そんな気遣いまで見せるのね!?
何てまあ大人になって!ヽ(°▽、°)



しかし皆様。
このようにアビ介が落ち着いていられる本当の理由は、とりアタマの必至の心配りによるものですのよ。


とりアタマ、リビングでねこ太郎と触れ合うときは、専用の服に着替えております。
kikae
で、2階に上がるときは上から下まで全部服を着替えて、携帯やデジカメもアルコールで拭いてから上がります。
一日何回も何回も、脱いだり着たり脱いだり着たり。。。アホや。


でもですね。
色々ガマンしてもらっているアビ介に対して、ねこ太郎の匂いがたっぷりついた服で接するのは、なんか仁義に反する気がするですよ。お前がこの家の猫だよ。お前が一番可愛いよ。ということにしておくよ。
…ということを態度で示さないとダメかなと思いまして。



それと。
着替えないと、正直とりアタマの身が危険な気がして。


ご近所の皆様。
アビ介だけではなく、とりアタマの体の心配をしていただけるとちょっと嬉しいかも。





ねこ太郎の家猫修行⑥

ウンコ出た~!!ヘ( ̄▽ ̄ヘ)(ノ ̄▽ ̄)ノ



典型的なポロポロガチガチの便秘ウンチだけど、出ればヨシ。
水分摂取量増やそうね。
hai


ねこ太郎のケージにはいつも新鮮なお水を用意しているのだけど、彼は自分から飲もうとしません。
これって、ノラ猫さんのサガかしら?
あの公園のノラ猫さんって、ゴハンはもらっていたけど、それは撒きエサで、器に盛ってもらっていたわけじゃないからね。お水ももらってなかったからね。
器に入った新鮮なお水を飲むという習慣がないのかも。。。



とか思っていたら。
なんか、フランのお水を飲んでるし。。。( ̄∇ ̄;)
pitya
フランのヨダレの浮いたちょっとアレな感じのお水がお好みのようで。。。いいけどね。



それでも、水分摂取量は少ないので、カリカリを水に浮かべてスープ仕立てで食べていただいております。


腎臓に少し問題のあるアビ介はすごく水を飲むので、ねこ太郎のあまりの水の飲まなさに最初はビビッておりましたが。考えてみたら、猫って犬みたいにがぶがぶ水飲まないよね。←アビ介は飲むのよ。
とりアタマ、普通の猫飼うの初めてなもので、色々新鮮です。


ま。ねこ太郎もあまり普通じゃないけどさ。( ̄ω ̄;)





ねこ太郎の家猫修行⑤

ウンコが出ない。
denai
おしっこは毎晩出るけれど、ウンコはうちに来て一回しか出てない。( ̄ω ̄;)ウ~ム
一昨日の夜辺りから、普通にご飯を食べているから、もう出ないとねぇ。
運動量が足りないかと思って、猫ジャラシで遊ばしてみたけど、ノリがイマイチ。


ゴッドハンド~!
早く退院してくれ~!!


ねこ太郎の家猫修行④

ちょっとフランも呆れ気味。。。
akire


ま、いつもいつもこんな感じと言うわけではないですが。
でも大分なじんできたのは確か。

今日は朝、ソファの下にもぐりこんで長いこと出てきませんでした。
腕つかんで引っ張り出して抱っこしたら、ゴロゴロ言っていたので、ひょっとしたら出られなくて途方にくれていたのかも。。。( ̄ω ̄;)







ねこ太郎の家猫修行③

今日3回目の更新です♪



ケージを解放したままにしていると。。。


リビングと台所を探検した後、勝手にケージに戻り…
katteni



勝手にくつろぐねこ太郎。
kuturogu
ケージがくつろげる場所になるのはいいことですな。( ̄∇ ̄)



とりアタマたちが留守にしている間と夜間はケージで過ごしてもらってます。
リビングに誰かがいるときは、扉を開けて自由時間。
今のところ、粗相はなし。
というか、夜間にしかオシッコしないんだよなぁ。
朝になったら、トイレにしっこ玉が出来てるの。




ねこ太郎の家猫修行②

また催促が来ない間に、今日2回目の更新です~♪(^o^)




ねこ太郎、ただ今とりアタマんちで家猫の基本を学んでおります。




本日は爪とぎ講習。
tume
そうそう、じょうずじょうず。♪


ついでに、初体験も。
matatabi
爪とぎ用のダンボールには、マタタビの粉をふりかけてあるからね~。┐(´-`)┌



修行中にアブナイ世界も垣間見たねこ太郎。。。
uttori
今のところ楽しそうにやっております。





ねこ太郎の家猫修行①

公園にいるときから変な猫だとは思っていたけれど。
hen
やっぱり大分変わってるわ、ねこ太郎。




これは昨日の朝の写真なんですが。
ケージの扉を開けて自由にしてやったら、さっさと出てきて、普通に歩いてました。( ̄ω ̄;)


はじめての場所なんだからさ。
一応シッポくらい巻けよ、コラ。ε=( ̄。 ̄;)
pinpin
姿勢を低くするとか、壁際を歩くとか、ソファーの下にもぐりこむとか…
何故そういうことをしない?


もともと顔見知りのふーとは、何の違和感もなく一緒にいられます。
tomodati
まぁもともとフランとの関係は何の心配もしていなかったのですけどね。
どっちも能天気そうだからさ。





とりアタマの役目は、ねこ太郎の術後のケアと、彼を立派な家猫にすること。
なんだか、ゴールはすごく近そうな気がする。( ̄∇ ̄;)


トイレを完全にこなしてくれれば、自由時間をもっと増やせるんだけどなぁ。
ねこ太郎の家猫修行、まだ続きます。(^-^)





催促。

わたくし、もう結構長いことこのブログをやっておりますが。



コメントで、次の更新を催促されたの初めてです。( ̄ω ̄;)


ええ。
今入院中の人から更新の催促が来ましたのよ。↓
saisoku
これ、シンちゃんママが具合が悪くなるその日の、まさに数時間前(ひょっとしたら、2,3時間前)の写真です。
このときには夢にも思わなかったよねぇ。後ちょっとで脳の血管が詰まるだなんて。。。ヽ(°▽、°)



シンちゃんママ、ねこ太郎からの伝言だよ~。
sikkari
シンちゃんママの退院祝いは、ねこ太郎の首にリボン付けて持っていこうかという案が急浮上中のとりアタマ家でございます。┐(´-`)┌





色々大丈夫です♪

皆様おはようございます。


皆様からご心配いただいているねこ太郎ですが。
結論かろ申し上げますと、夕べ無事ご飯を食べました~。( ̄∇ ̄)


昼の間まったく興味なさそうにしていたので、あえて置きエサをせず。。。


夜にササミを茹でて、それをむりくり口の中へ放り込むと。。。

いきなり目の色が変わるねこ太郎。( ̄∇ ̄;)ウメーダロ
metuki
ボケボケ写真ですみません。


本当は相当お腹がすいていたはずなので、後はカンタンでした。
umyai
カリカリにササミの茹で汁のちょっと暖めたヤツをかけてやったら、一気食いです。
とりあえず、これでゴハンと水分補給の件は解決。



ねこ太郎、満足満足の毛づくろい。(^o^)
manzoku


そうそう、あんた結構汚れてるからさ。しっかり毛づくろいしておいてよ。
でないと、お風呂に入ることになるからね!
そんなのイヤでしょ?とりアタマは絶対イヤですから!
kedukuroi


おっと、でもあんまりタマタマのあたりはなめないで。
rirakkusu
なに?いつもと感じが違う?
そりゃそうかも。
なにせ中味がカラですから。



どうも彼は毛づくろいがヘタなタイプのようなので、ラバーブラシをかけてやったら。。。
gokuraku
大音響のグルグルゴロゴロ。。。
初めてのブラシ。
快感だそうです。( ̄ω ̄;)






さて。
そして今朝のお話ですが。
夕べのうちにウンチとオシッコもしていてくれました~。
しかもちゃんとトイレで!


ねこ太郎、あんたはエライ!
soukanya
…でも、ちょっとくつろぎすぎじゃない?
あんた、うち来て丸々3日たってないんだよ。。。( ̄ω ̄;)イイケドサ




ねこ太郎、実況中継⑤

今日2回目の更新です。


部屋の隅でじっとうずくまっているねこ太郎。
相変わらず、ゴハンもお水も興味なし。
よって排泄もなし。
明日の朝までシッコが出なかったら病院です。( ̄∇ ̄;)←獣医さんの指示
sumi


ケージに手を突っ込むと、鳴きながら頭を擦り付けてきます。
nade
やっぱりお前、人の手が大好きなんだね。


ケージから飛び出して逃げようともしないし。
ただひたすら甘えてくるし。。。
hodokeru
撫でていると、体もだんだんリラックスしてくるし。。。
こりゃあ、ケージに一人でずっと入れておくのは逆効果かも。
少しずつ外に出して、存分にスキンシップを図ったほうが早くなじみそうだなぁ。


とりあえず、ちょっと冷えるかしらと思って、ペットボトルに温かい程度のお湯を入れてアンカを作りました。
anka



オシッコだけしてくれないかな。
また病院に行くのは負担だろうし。
ケージの中に入れてあるトイレに、アビ介のシッコ玉を入れておくという案と、公園の砂場の砂を入れておくという案と、どっちにしようか迷ってます。



ねこ太郎、実況中継④

今朝リビングに下りていくと、フランが。。。


houkoku
と、報告してくれました。( ̄∇ ̄;)
そうね、夕べ姉ちゃんも気配に気をつけてはいたんだけど、ウンともスンとも言わなかったね。
ときどき、保護ケージの中で上がったり降りたする音はしていたけど。


さて、どんな様子かと目隠し布をめくってみたならば…
neruna
トイレの上で寝てるし。。。( ̄ω ̄;)
アカンやろ、それ。


ねこ太郎の健康診断の結果は次の通り。
・猫エイズ陰性
・猫白血病陰性
・耳ダニなし
・瓜実条虫あり←ただいま駆虫しております
・体重4.2キロ
・推定年齢1~2歳
・健康状態良好

ねこ太郎、1歳くらいかと思っていたけど意外と大人だったのね~。(ノ゜?゜)ノ


しばらくとりアタマんちで家猫修行をする予定で、昨日の夕方動物病院から引き取りました。
現在は保護ケージに入れて様子見の状態です。
今朝の段階では、水もゴハンも手をつけた形跡なし。
オシッコもウンチもなし。
今日はどうかなぁ。



アビ介は2階で過ごしています。
昨日ねこ太郎がうちに来たときには、かなり興奮していたらしいけれど。
otituki
リビングの扉を閉めて、なるべく音が2階まで届かないようにしているので、比較的落ち着いてます。


kakusuna
あ。
やっぱり知ってたのね~?ヽ(°▽、°)




とりアタマ、外猫保護は初体験。しかも相手は大人猫。
わからないことだらけで、途方にくれることもしばしば。相手は生き物だからね。


外猫保護に詳しい方、またそのようなサイトを知っているという方、こんなやり方もあるとか、こんなんじゃダメよ、とか、アドバイス等ありましたらコメントいただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。m(_ _)m




カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。