スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアル・パラノーマル?

皆様、おはようございます。今、2月28日日曜日の朝10時でございます。


え~。
本日は昨日の日記の続きで、ミラちゃんとクッキーちゃんの初体面の様子をアップする予定だったのですが。
ごめんなさい。ちょっと変更させてください。


実は昨夜、ちょっと理解に苦しむ事態が発生しまして。( ̄ω ̄;)
気持ちを整理するためにも、記録のためにも書いておきたいのです。
少し長いですが、お付き合いいただけたら。そして、ご意見などいただけたら幸いでございます。





とりアタマ、今大変眠いです。寝不足です。
なぜなら。
昨夜、午前3時過ぎごろから。
誰かがうちの玄関チャイムを鳴らし続けて、眠れなかったから。



でもね。
モニターを見ても、誰もいないんです。
inai
↑そのときに撮った写真。



マジです。



うちの玄関チャイムはこのようになっています。
tyaimu
下のが正規のチャイムとモニターカメラなのですが、この呼び出し音にアビ介が異様に興奮するので今は使っていません。でもモニターは生きてます。
上の小さいのが今使っているチャイムで、自分で録音した音をチャイムとして使うことが出来ます。今は小鳥のさえずりを入れています。



最初に気がついたのは、夜中の3時10分過ぎ。
小鳥のさえずりで目が覚めて、何事かと時計を確認しました。
もちろん通常人が尋ねてくる時間じゃない。
しかも。
外は結構激しく雨が降っている。


さて。
こういう時とりアタマはどうするか。


当然、無視です。( ̄∇ ̄;)


だって雨の深夜に玄関チャイムを鳴らす人なんて、よほど緊急事態か、でなければおかしな人に決まってるじゃないですか。
緊急事態なら続けて鳴らすだろう。もしくはそういう雰囲気が伝わってくるだろう、と。
暗闇の中耳を澄ませてじっと様子を伺っていました。

リビングにいるフランは静かにしているし。
アビ介も動かない。


ひょっとしたら、気のせいだったのかも。と、思いかけた3時32分。
再び、小鳥のさえずりが。



これはおかしい。
ひょっとしたら、マジで緊急事態かも。
例えばご近所さんとか。お付き合いはあっても電話番号を知らない人が助けを求めているのかも。ヽ(°▽、°)
でも。
本当におかしな人かもしれないから。まずモニターで確認しよう。
…と。部屋の電気もつけず、モニター画面をオンにしたのがうえの写真でございます。。。



う。
誰もいない。
あきらめて帰ったのか。ちょっと脇に隠れていて見えないのか。


「どなたですか?」
と、思い切って声をかけるも返事なし。
で。
しばらくの間、とりアタマがモニターを注視していると、再び小鳥のさえずり!


これはおかしい!ありえない。上の写真を見てください。モニターカメラに写らずに、チャイムのボタンを押すことはよほど意図的に隠れて押そうとしない限りありえないんです。

ここで、とりアタマは気がつきました。



アッチ系か~!!{{{{(゜∇゜;)}}}}


ううむ。どうしたものか。
悩んでいる間にも、再び小鳥のさえずり。
だんだん間隔が短くなってるし。


こうしていてもラチがあかないので、結局とりアタマ父を起こし、二人で確認しに行くことに。




玄関ドアをうちの中から見ても、人影無し。
でもそうしている間にも、小鳥のさえずりが鳴る鳴る。( ̄□ ̄;)オイオイ
思い切って、ドアを開けてみると。


やはり、誰もいない。
雨は激しく振っている。
kakuninn
↑その時の写真です。




その時、とりアタマは見てしまいました。
チャイムのボタンの下の小さい点。わかります?

これ、通常はチャイムを押すと緑色に光るんです。電波を親機に飛ばしている合図だと思うんですけど。
hikaru
ここが、勝手に光ったんですわ。ヽ(°▽、°)
で、スピーカーからはピヨピヨピヨとさえずりが聞こえたのです。




その後父も確認しました。ここが勝手に緑に光り、そして親機のスピーカーからは小鳥のさえずりが聞こえるのを。



さて。
こういうとき、どうすればいいんでしょう。
皆さんならどうします?


とりアタマととりアタマ父は相談の結果、親機の電池を抜くことに決定。とりあえずこれで誰が何度チャイムを押してももう大丈夫、なハズ。多分。( ̄ω ̄;)
で、もし、今使っていない正規のドアチャイムが鳴らされるようなことがあったら、もしくは、考えたくもないですが、電池を抜いた親機スピーカーから小鳥のさえずりが聞こえるようであれば、またその時考えよう、と。



果たして。
とりあえず、大丈夫でございました。
念のためモニターを枕元において、しばらく注意していたのですけど。
誰も正規のチャイムを鳴らすことはありませんでした。





なんなんでしょうね、いったい。ε=( ̄。 ̄;)フゥ
そういえば以前、似たような経験をこの日記に書いたのを覚えてらっしゃいますか?
あのときは、早朝、エッグ4という子供用のゲーム機が勝手に何度もなるということがおきました。

↓エッグ4
egg4


今回も現象としてはそれによく似ていますが。
これ。
科学的に説明できる現象なのかしら?
それとも、やっぱりアッチ系なのかしら?



一応、小麦母様にもらった「ばけたん」(=NASAもびっくりの化け物探知機)でチェック入れましたが。


赤くはなりませんでした。
(赤く光れば、お化けがそばにいる証拠)
aomidori


今朝はもう件の親機に電池を入れておりますが、一度も小鳥のさえずりは聞こえません。
今晩再び同じことが起こるか。
請うご期待。
もし毎夜起こるようなら、テレビ局に手紙出します。( ̄ω ̄;)





※どなたか合理的な説明が可能だと言う方、ご一報くださいませ。いえ、マジで。







スポンサーサイト

揉みすぎじゃないすか?

元気娘のミラちゃん。



シンちゃんママに揉まれてます。( ̄∇ ̄;)
momi
撫でてるんじゃないんです。揉んでるんです。揉みこんでるんです。



sugi
…シンちゃんママ。
若い肉体に魅了される気持ちはわかるけど、ちょっと揉みすぎじゃないですか?
ミラちゃんがフランみたいな変態になったらどうすんですか。
ま、それはそれで可愛いかもですが。(* ̄m ̄)






さて。
パワーがありすぎて、最近フランではお相手しきれないミラちゃんですが。
ついに、先日あのワンコと初対面を果たしました。




あのワンコとは。
kukki
そう。
クッキーちゃんです♪
クッキーちゃんも基本原子力で動いております。
正直、とことんミラちゃんのお相手ができるのは、クッキーちゃんをおいて他にはいないでしょう。




この二人の初対決初対面の様子は…
また明日~。






どちらも可愛いのだけど。

お外の猫と。
soto




おうちの猫。
ie
うちの猫のほうが警戒心が強そうなのはどうしたわけだ。( ̄ω ̄;)



今日みたいに激しく雨が降る日は、ねこ太郎がどう過ごしているのか気になります。





パラノーマルな映画を見てくる。

え~。
昨日映画を観に行ってきました。レディスデーだったもんでね。
「パラノーマル・アクティビティ」。レイト・ショーで。
kowagari
いや。そうなんだけどさ。
怖いもの見たさってあるじゃない。( ̄∇ ̄)
しかも、相手は映画だもん。
本物の心霊スポットに行くなら断固拒否ですが。
所詮は映画じゃないっすか。




で。これ、怖い怖いと評判の映画だったのですけど。
公式ホームページはこちら。
だから観たかったんですけど。
片っ端から、一緒に行かない?と誘ったのに、みんなに断固拒否されて。
じゃあ、しゃあねぇ。一人で行くか、と。とりアタマ父に、「ちょっと映画観てくるわ。」と夕食後に告げたならば、思いもかけず「ワシも行く」と言われて当惑したんですけど。( ̄ω ̄;)ナンデ?




な~んかね。
ど~もね。
どの辺りが怖いのか、さっぱりわかんね。ε=( ̄。 ̄;)





「フォース・カインド」はアッチ系だったし。
「パラノーマル」はコッチ系だろうよ、と信じていたのに。実はソッチ系だったし。
文化が違うんだよ~。日本人にはイマイチこの手の怖さがわかんねぇんだよ。



seyakedo
そうなのよね。


確かに安い資金で大当たりの映画を作ったのはすごいと思う。
登場人物4人(うち二人はチョイ役)。舞台も家の中だけ。物語の設定上、映像が悪くても何の問題もないし。そういう意味ではよく考えて脚本作ってるとは思うけど。

でも、ほんとに金かけてないぞ~。
大学の映画研究会の自主制作映画みたいだったぞ~。



帰りにエレベーターの中で女の子二人が。
「キャ~ッとかいって、男に抱きつくにはいい映画やん」と冷静に話していたのが笑えた。確かに。┐(´-`)┌

とにかくそんな怖いもんでもないです。ちょっとひなびた遊園地のお化け屋敷に入ったくらいの感じです。
みなさん、安心してどうぞ。ヽ( ´ー`)ノ
1800円の価値があるかどうかは大いに疑問ですが、1000円なら人によってはOKだと思いますですよ。



あと。
登場人物の一人、ケィティにひと言。
さっさとその男と別れた方がいいと思うよ。




みかんがツボにはまりました。

もう春だというのに、みかんを箱買いしました。
mikan
「有田みかん」。有田は旬が早いので、この時期に出ていることも驚きですが。( ̄∇ ̄)
なんで、わざわざシーズンの終わりに箱買いなんかしたかというとですね。。。




実はフランがみかんが異常に好きであるということに気がついてしまったから。
sinken


みかんを整理している間にも、フランの足元にはよだれの池が誕生しつつありました。
どんだけ好きなんですか、あんた。( ̄ω ̄;)
yodare




うっかりみかんを床に落とそうものなら、すかさず我が物に!
marumama
ふーちゃん。
いくらなんでも丸のまま食べるのは止めてください。
返しなさいってば!




わかった、わかりましたよ。
それはフランが拾ったからフランのみかんなのね。
今、剥いてあげるから。皮ごと丸呑みだけはやめてちょうだい。


nennjiru
ああ、もう!うるさい~!ヾ(`◇´)ノ彡☆


paku
この嬉しそうな顔…。( ̄∇ ̄;)



先住犬のハンナも果物は何でも好きだったけど。こんなにみかんにだけ執着することはなかったなぁ。



言っておくけど。
ふーちゃん、みかんは季節商品ですからね。
そりゃ高いお金を出せば、夏でも買うことは出来るだろうけど。
そういうつもりは毛頭ないですから。

この箱の中のみかんが消えるときが今年のみかんが終わるときと承知しておいてくださいよ。( ̄ヘ ̄)






究極の組み合わせ。

日曜日のことなのですが。
ぼちぼちお昼ご飯の準備しなきゃ~と、とりアタマが自室から階下に降りていくと。。。





とりアタマ父が、焼きマッシュポテトを作ってくれていました。ヽ( ´ー`)ノ
yaki
また、「ごはんにしよう。」からのレシピです。
父、じゃがいもも好きなんです♪
この間収穫した、「お庭じゃがいも」で作ってみたかった模様。





しかし、父。。。






nazeni
何で、焼きマッシュポテトに白飯?(しかもまたおかず一品だけ、ドン)
何か違うだろう、それ。



syouwa
ああ。そういえば、とりアタマ母もミートスパゲティに白飯っつー組み合わせのご飯を作ってたっけ。( ̄∇ ̄;)
何が何でも白飯は食卓にのっけとかないとダメなのね。





昭和ふたケタ平成生まれのとりアタマは、どうしてもこの組み合わせに納得できないので。
ga-rikku
自分用にガーリックトースト作って添えました。
あと写ってないけど、赤ワインなんか開けちゃったりして~♪




味は大変おいしゅうございました。
もういっそ父に三食任せようかしら。



そういや、昨日は平成22年2月22日という、究極のニャンコの日でしたね。
とりアタマ父、この良き日にさらにめでたく79歳になりました。
おめでと、父♪



朝から笑ってくださいませ。

Yahoo!で紹介されていたので、ご覧になった方も多いと思いますが。



あまりにウケたので、掲載します~。(^o^)




音出るのでご注意くださいね。
あと、爆笑必至。( ̄∇ ̄;)


「ダマされ方がかわいい従順なワンコ」





ゴールデンってこういうタイプの子が多いですねぇ。┐(´-`)┌


父マーボナス。

最近父がお昼の情報番組の料理コーナーを見ては何やらごそごそいたしておりまして。。。


先日も、冷凍庫を開けたらジブロックに入ったタマネギのみじん切りを発見。
父に「これ、なんすか?」と聞いてみると。


…何かね。
いったん冷凍したタマネギを炒めると手早く茶色くなるんですって。
で、試してみたくなって、とりあえずタマネギをみじんに切って凍らせてみたと。( ̄∇ ̄)ナルホド



父曰く、「南極料理人という映画の料理を監修した人が言うとったわ」だそうで。



ああ。そりゃ、飯島奈美さんですな。
南極料理人のレシピ集、持ってますがな。↓
resipi
しかし、アレだね。
この人の料理に惹かれるって、やっぱり親子ですね。
何か妙なところで血のつながりを感じますな。( ̄∇ ̄;)



父、興味あるなら、こちらもセットでどうぞ♪
kotiramo
…と本を渡しておいたら、ついに先日、この中から一品作ってくれました♪



今まではとりアタマがレクチャーしながら作った料理。
今回は、初めて本を見て(ほとんど)一人で作った料理。いや~、父。成長したねぇ。


選んだ料理は「ごはんにしよう。」からマーボナス。
父、ナス好きなんですよ。┐(´-`)┌

とりあえずとりアタマがしたアドバイスは、まずは本の通りにキッチリ作ること。
そして調味料は先に計量して全てそろえておくこと。



父、頑張っております。(^-^)
nasu



「ナスを少量の油で揚げ焼きにする」というのがわからないというので、そこだけちょっとやって見せましたが。
jyouzu
後は完全に自力で作りました。



とりアタマ父作、「マーボナス」完成です!
dekita



お味のほうは。
レシピどおりなので何の問題もなく♪
食べながら二人で話し合った結果、とりアタマ家の好みとしてはもう少し甘さを控えて醤油を少し増やすか、オイスターソースを足してみるのがよいのじゃないかという結論に達しました。
レシピにメモっておこうね、父。ぜってー忘れるから。



もともと向いていたのか、上達の速度が速いぞ父。エライエライ♪
飯島奈美さんの本で食べたいやつに付箋貼っておくから、こらから順番に頼むわね~。ヽ( ´ー`)ノ




ただ。
苦情というのじゃないけれど。



できたら、主菜だけじゃなく副菜とスープなんぞもチョチョイと作っていただければ。。。
moutyoi
食卓が華やいでなお宜しいのではないかと思われます。
そこんとこひとつ、よろしく~。ヾ(´▽`)ノ



あ。
あと、作りながらナベとか洗うテクニックも身につけてね。ぜひっ!





何処か身体が悪いのか?

昨日お散歩でミラちゃんに会ったら…





ジェントル復活してました。ヽ(°▽、°)
しかも色まで変えて!
hukkatu
ミラちゃんの母さま、いったい何本買ったんですか?( ̄∇ ̄;)







ミラちゃんは不満そうだったけど。



ジェントル使うと上手に歩くよね~♪
jyouzu
がんばれ、ミラちゃん。(^o^)
とりアタマのつたない経験しかないけれど、キミは相当のみ込みが早いと見た!
きっとすぐにジェントルで歩くコツを覚えるよ!



一方。
なんだか最近妙に落ち着いちゃったフラン。。。
otituki
相変わらずのことも多いけど、能天気度が明らかに後退してきたような…




今年は推定年齢7歳~8歳だからねぇ。
当然といえば当然。いやむしろ落ち着くのが遅すぎといってもいいのだけど。( ̄ヘ ̄)
ososugi
あれだけバカだアホだパープーだイケイケ能天気だと言っておいてなんなんだけど。
姉ちゃん、実はアンタのバカでアホでパープーでイケイケで能天気なところがすごく好きだったので、あんまり急に落ち着かないでくださいな。
いや、ホント。勝手言って悪いんだけどさ。何か落ち着いたフランって気持ち悪くて。( ̄‥ ̄)


シンちゃんママが、「家で遊ばなくなってどうしましょう!?」ってシンちゃんを病院に連れて行こうとするのを思わず笑っちゃったけど。。。

実は、「フランが落ち着いてきたんです。どっか悪いんでしょうか!?」って病院に行きそうな自分が怖いです。( ̄ω ̄;)
今はまだ「もみの木動物病院」の院長先生の呆れ顔を思い浮かべて踏みとどまってますがね。






DNAに思いを馳せる。

昨日、とりアタマは京都に行っておりました。

父方のご先祖様を京都の知恩院さんで永代供養していただいているので、祖父母や伯父の命日など年に何回かはおまいりに出向きます。


知恩院さん。
tionninn
お堂の中はかなりいい具合に冷え冷えでございました。。。
2月の京都はやはし寒いね。。。( ̄ω ̄;)



今回は祖父ちゃんの命日。
祖父には大変可愛がってもらったので、こういう機会に色々思い出して、皆で話をするのはとてもよいことだと思うのだけど。



実際に一番盛り上がった話題は、確定申告の話でございました。( ̄ω ̄;)



すまねぇ、じぃちゃん。
生きている人間は何かと大変なのよ。カンニンしちくり。←基本的にとりアタマ家はこの考え方で生きております。( ̄ω ̄)b



さて。
京都に行くと京都でしか買えない食材とかお菓子とかがあって、そういうのも楽しみなのですが。
今回京都でとりアタマが購入したモノ。
それは。




ヤッターワンのライター。┐(´-`)┌
raita


シッポを下げたら頭から火が出ます。
atume
注:ミニミニロボットは残念ながら出ません。



何でわざわざ京都でこれを買う?とお思いの方も多いでしょうが。
四条河原町付近にこの手のライターを扱っているお店が2件ほどありましてね。
京都に行けば必ず寄りますの。


実は、とりアタマ。
変わったライターを集めるのが趣味なのです。
何でもかんでも集めると、この世界は広くて深すぎるので。
基本的に集めるのは動物ライター。あとは、個別に気に入ったものをちょこちょこ買うのですが。
昨今の禁煙ブームのせいか、なかなかこういうライターを扱う店が少なくなってきちゃって、河原町のこのお店は貴重なんですよ。


でも考えると。
こういうコレクションの趣味は、じぃちゃんではなく、間違いなくばぁちゃんの血だな。
ばあちゃんは和風のミニュチアのコレクターでございました。阪神大震災でほとんどなくしたけど。



じぃちゃん、ばぁちゃん。
DNAはちゃんと受け継がれてるようですよ~。







どうした!?ミラちゃん!!

いつもエネルギー充填120%、原子力で動いているミラちゃん。。。
120



なのにこの日はちょっとテンション低くて…
何でかしらと思ったら。



引っ張り防止のために、ジェントルリーダーをつけていたからなのね。(* ̄m ̄)プッ
jentoru


ミラちゃん、あんまり引っ張って息が苦しそうだからと、お母さんがジェントル買って来てくれたのだけど。。。
これ、最初は嫌がる子が多いんだよねぇ。( ̄ω ̄;)
hikui
慣れるとたいがい平気みたいなんだけどね。



ほら。
グローネンダールのパールちゃんもジェントルっ子だし。
pa-ru



でも。
本当にイヤそうね。( ̄ω ̄;)
hikuhiku
この日は引っ張らずに上手に歩いたミラちゃんだけど。
ミラちゃんが元気でないと、なんだか周りが物足りない。。。
おとなしいミラちゃんなど誰も見たくない!


つーことで。
お母さん、3日目にしてジェントル装着あきらめた模様でございます~。ヽ( ´ー`)ノ
takataka
ミラちゃんの母さま。
今はジェントル以外にも引っ張り防止用具がたくさん出てますし、きっとミラちゃんにぴったりのものが見つかりますわよ。
しかも、あのフランでさえハーフチョークだけであまり引っ張らずに歩けるようになりましたから。
あと、6年くらい辛抱すればたいていの犬は大丈夫になります。┐(´-`)┌
とりアタマとしては、ミラちゃんにはずっと元気娘でいて欲しいですけどね~♪




飼主には理解できます。

夕食後のアビ介解放タイム。



父の膝でお尻ポンポンしてもらって至福のアビ介。
sihuku


大変わかりづらいですが、これ以上ないくらいに喜んでおります。
tamaran
べったり張り付いて寝ているので、腹はぬくいし尻は気持ちいいし、そりゃもうタマランらしいですわ。( ̄∇ ̄;)
グルグルゴロゴロうるさいうるさい。。。




一方、まったく面白くないフランはいじけモード。(* ̄m ̄)
ijike
こっちは実にわかりやすいっすねぇ。( ̄∇ ̄)





父がポンポンするのに疲れてきて、「もうお終い」を宣言すると。。。


アビ介は膝の上で器用に方向転換して。。。
owari

今度は二人でうたた寝モードに突入。
utatane




一方のフランは。
フテ寝モードに突入です。( ̄∇ ̄)
hutene
ホントに。
アンタって何てわかりやすい子なのかしら~。┐(´-`)┌







集中力が肝要だそうです。

先日のバレンタイン。
とりアタマ父にも何個かチョコが送られてきました。( ̄∇ ̄)
tyoko
なにやら高級そうなチョコばかり。。。もったいない。チロルで充分なのに…

贈ってくださった皆様。
ありがとうございました。父に成り代わりまして御礼申し上げますです。m(_ _)m


この日は、父の携帯に何件かバレンタイン・メールも届いていたようで。
大変嬉しそうだった父。(^-^)ヨカッタネ



「ちゃんと返事を打っておきなよ~」と言うと。
「うん。」と、父はおもむろに立ち上がり、携帯を持ってそそくさと2階へ。


あれ?メールじゃなくて電話するのかな?それならそれでいいけど。だったら家の電話使ったほうが安いのに。
あ。ひょっとして。娘に聞かれたくない電話?( ̄□ ̄;)
まさか、まさか。
義理じゃなくて、本命チョコも混じってた???ヽ(°▽、°)



しばらく様子を伺うもなかなか降りてこないので、部屋を覗いてみると。


メール打ってまんがな。。。
mail
父曰く。リビングはテレビがついているので、気が散ってメールが打てないんですと。
メールで文章を書くには「すごい集中力」がいるので「一人になりたい」らしいですわ。( ̄ω ̄;)



…父。
修行じゃねーんだからさ。
プラットフォームで電車を待つ時間にメールで打ち合わせ…なんてまだまだ先のお話のようですな。
父のメル友の皆さん。レスが遅いことがあるかもしれませんが、頑張って一人で集中して打ってますので、待っててやってくださいませね。( ̄∇ ̄;)



で。
ちょっと余談ですが。
このコタツの部屋は、年末に父がいきなり模様替えして作ったお部屋です。詳しくはこちらをどうぞ



その後何度かのリニューアルを繰り返し、この状態に落ち着いた模様。



手の届く範囲にあらゆるものを配置するという、コタツの基本を押さえているところはさすがでございます。
なんか、マクラまで置いてるし。。。
kotatu
快適そうで何よりでございますな。( ̄‥ ̄) = =3



親子でクッキー。

皆さん。これ、何だかわかります?
kore
クッキーのタネです。犬用の。。。

毎年バレンタインにはフランから男のわんこ友達へバレンタイン・クッキーを贈るのですが。。。
贈り主はフランでも当然焼くのはとりアタマなわけで。


毎年2月13日はひたすらクッキーの型抜きをしております。
いや。「しておりました」かな。


何せ今年は強力な助っ人がおりますから!(* ̄m ̄)

とりアタマ父。
ハートの型抜きに初挑戦♪
tetudai
いやぁ。すまんね、父。
実はとりアタマ。
この型抜きの作業があまり好きではないのよ。
何かこの単純作業を延々こなしていると、人生走馬灯状態になっちゃってさ。
昔のことを思い出す思い出す。
で。
だいたいこういうときは楽しいことは思い出さないもんなんですよね。
もともとバレンタインデーに楽しい思い出なんかね~しな。( ̄ω ̄;)



でもまあ、今年は父が手伝ってくれて、二人でテレビでオリンピック競技に突っ込みいれながら型を抜いたので、なかなかよい感じで作業が進みました。

ま。冷静に考えると。
親子で飼い犬のボーイフレンドにあげるクッキーをハート型に抜くというのも、相当しょっぱいんですがね。( ̄∇ ̄;)


もう一種類。別の配合のタネを骨型に抜きました。
tizu
今年はチーズとタラのクッキーと、馬と鹿のフラン特製「馬鹿クッキー」の二本立てです♪


焼きに入るとフランが寄ってきてオーブン下で待機。
iinioi
そりゃするでしょうよ。
しかしだね。アレルギーのあるアンタにこのクッキーを食べさせていいものか。ちょっと検討させてくれたまえ。( ̄ヘ ̄)


さて。
焼きあがったクッキーは無事フランのボーイフレンドたちに配り終えましたが。
夜になって気がつきました。


コイツのことすっかり忘れてたわ。ヽ(°▽、°)
ara
そういやアンタも男の子だったわね。タマないけどさ。






びっくりさせるにゃ。

公園猫のねこ太郎。
道路と個人の駐車場との境に、ぐでんと横になっておりました。。。
guden
死んでるのかと思った!
死んでるのかと思ったよ~!!{{{{(゜∇゜;)}}}}




korosunya
そんなこといったって、普通外猫さんはそんなに無防備に寝ないでしょ。
キミはあれか。
すごく賢くて人懐っこい猫だと思っていたけど、実は違うのか?
足りている方じゃなくって、欠けている方のタイプなのか??



imi
…いや。
わかんないならいいです。( ̄ω ̄;)
(どうやら、色々欠けているタイプだと見た。)
とりあえず、この辺はカラスとかも多いから。
そんな大胆に寝るのは止めなさいね。






さて。
今日は一冊マンガの紹介です。



sinkan
吉田秋生の「陽のあたる坂道」出ました。(^-^)
海街Diaryというシリーズの3巻目です。


この方とはデビュー当初からのお付き合いですが。(つまりハタチのとりアタマは、前世からお付き合いしてます。)
何かもう、脱帽というか。降参というか。どうにでもしてくださいって感じですな。


すごいサスペンスやアクション・ミステリーやらを描くかと思えば、こーゆー話もサラッと描けるんですよね、このお方。
むちゃくちゃネーム(せりふ)が多いのに、何で読みやすいんだろう?
コマ割りも小さいのに、どうしてごちゃごちゃしないんだろう?
ものすごい事件が起こるわけでもないのに、何故にこんなに読んでいてドキドキするんだろう?
そして。どうしてこんなにも読後感が充実しているのかしら?



よしながふみの「大奥」もいい。
「聖☆お兄さん」もいいし、「JIN」もいい!
でも、吉田秋生は絶対はずせませんの。


シリーズ第一巻は「蝉時雨のやむ頃」。興味のある方はこちらからどうぞ♪






ちなみに、フランの親友のシンちゃんは、吉田秋生の「BANANA FISH」に登場するイケメンの兄ちゃんから名前をいただいております。
shin
決してクレヨンシンちゃんからいただいたのではないのですよ~。ヽ( ´ー`)ノ









猫パニック発症から一年。

アビ介がフランを襲うようになって、1年がすぎました。ε=( ̄。 ̄;)フゥ
当時のアビ介はフランの気配を感じただけで我を失うほど興奮し攻撃的になっていたので、二人は1階と2階で完全隔離生活しておりました。




その後。

窓越しに対面→窓をネットに替えて対面→フランをメッシュのクレートに入れた状態でアビ介を解放→フランをすけすけのケージに入れた状態でアビ介を解放→フランをサークルに入れた状態でアビ介を解放…


と段階を踏んで二人の関係改善を図ってきました。(詳しくは右上カテゴリの「猫パニック障害」をご覧くださいね)



で。
あっという間に1年ですわ。
いや~、ハタチすぎてから一年がすぎるのが早い早い。


今はまだフランをケージかサークルに入れた状態でアビ介を解放する段階。
そっから先に進んでいません。
ま、焦ってもしょうがないので~。┐(´-`)┌ボチボチです、ボチボチ。




朝は、必ずフランをケージに入れて、アビ介を自由にしてやります。
tanosimi


もともとこの時間帯はアビ介が一番活発に走り回る時間帯だったので、フランに少しガマンしてもらってでもアビ介を自由にしてやりたかったのです。



確かにちょっとフランはかわいそうな感じですけど。。。( ̄∇ ̄;)
kaihou



実はケージに入るとジャーキーやヨーグルトなどスペシャルなおやつがもらえるので。。。
oyatu
時間になると自らケージ前で待機。
開けておくれと催促しますの。。。どんだけ食い意地が張ってるんでしょうか。



アビ介も、フランのケージの扉を開けてヨーグルトをあげていても、
kuturogi
平気で毛づくろいしていたりするので、大分落ち着いてきたなぁと感慨ひとしお。



アビ介はとりあたまが朝食を食べ終わって自室に戻るときにいっしょに2階に上がります。
modoru
ひとしきり走り回った後なので、だいたい素直に2階に戻ります。
その後はカリカリ食べて水飲んでおしりポンポンしてもらって秘密基地で寝るという本気でうらやましい生活。( ̄∇ ̄;)




フランも「ケージでよく頑張りました」のご褒美をもらい、
gohoubi
やはりしっぽブンブン…



現在の半隔離生活はとりアタマ家にとってアブノーマルな状態であることは間違いないけれど。
何か二人ともすごく快適そうな感じがするのはとりアタマだけかしら?
気を使っているのは人間ばかりのような気がして、何だかちょっと腑に落ちない。。。( ̄‥ ̄) = =3





いずれにせよ。
アビ介のパニックが酷かったときは、フランの安全をどう確保するかということと、自分たちの安全の確保にも神経をすり減らす日々でございましたが。
いやぁ、何とかなるもんでございます

重要なのは、焦らないこと。
そして出来るならば、プチリフォームを駆使して物理的に安全を確保できる環境を整えること。←とりアタマ家では階段の上と下にそれぞれゲートを設けました。(詳しくは「猫パニック障害」をみてね)
これが出来ることによって、とりアタマもとりアタマ父も心に余裕が生まれ、二人の状態を冷静にみられるようになりました。
あと、バッチ・フラワーレメディーをしつこく続けたのもよかったかもです。




さあ。
あとはフランをケージから出した状態でアビ介をリビングに解放するタイミングを図るだけ。
もうそろそろその時期が来ているような気もするし。
まだまだ注意が必要な気もするし。何せ、アビ介のパニックは「明らかに病的」と専門家に言われておりますのでねぇ( ̄ω ̄;)


難しいよなぁ、このタイミング。




元気ですよ。

何だかんだいって、元気です、彼女。( ̄∇ ̄;)
genki
genki2
genki3
genki4


遊びたいのなら遊べばいいし、走りたいのなら走ってください。
疲れたら休めばいいです。

自分のペースで年をとっていけばいいからね。(^o^)
フランはそのまんま、能天気なおばあちゃんになっていっておくれ。





大人の階段登っちゃった?

あのですね。
なんだか最近、フランの様子が変なんです。( ̄ヘ ̄)


hen
あのイケイケパープー娘が。
あの大暴走ハッチャケ娘が。



なんだか妙におとなしい。( ̄ω ̄;)
asobanai
この日もミラちゃんがそばにいるのに一向に遊ぼうとしませんでした。。。


何か最近多いよね、このパターン。
他のわんこたちが遊んでいても、知らん顔しちゃって参加しないの。




今年、フランは推定7歳~8歳。
やっと大人になったのか?ものすごく遅い感じがするのは否めないですが。(* ̄m ̄)




フランが急に遊ばなくなったワケ。
実は、思い当たることがないでもないのです。

今年のお正月明け、大の仲良しのクッキーちゃんとばったり会って、いつものように大はしゃぎして遊んだのですが。。。
asobo
翌日の朝の散歩に行きたくないくらい、そしてなんと!朝ごはんが食べられないくらい!ヽ(°▽、°)すごく疲れたらしく。。。


tukareta
半日くらい、ぐったりしておりました。。。
いえ。何だかんだ言いながら結局朝ご飯も完食したし、デザートのヨーグルトとみかんまで食べたし、夕方にはすっかり元気になったんですけどね。( ̄∇ ̄;)


でも、明らかにあれからなんですよ。
フランが他のわんこたちとあまり遊ばなくなったのは。。。


otona
まあ、そういう言い方をすればカドが立たないけどさ。
本音を言えば、遊びたいのはヤマヤマだけど体力の限界を感じてしまったわけなのね。( ̄∇ ̄;)




先住犬ハンナの時にも思いましたが。
犬って徐々に徐々に年を取るのじゃなくて、あるときガクンと年をとってまたしばらくそのまま過ごし、そしてまたガクンって出来ないことが増えちゃうって気がします。


フランも一歩コマを進めちゃったんだなぁ。
多分年をとったのは体力方面だけで、オツムの中味が老成したわけではないようですが。


エネルギー満タンではちきれそうなミラちゃんの若い体を見るにつけ…
wakai
ちょっとさびしい気がする今日この頃。。。






「たらチップ」を作る。

ひさびさに魚を干しました。



今回は「たら」です。
お鍋用の切り身を実験的に干してみました。
「たら」はね、いいんですよ。良質のたんぱく質でしかも脂肪分が非常に少ないの。最近ドッグフードの原料にも使われてますね。
tara
たらは生のままでは非常に傷みやすい魚でだけど、干すと結構日持ちするハズ。
京都の正月料理、「棒だらの炊いたん」とか「いも棒」とか有名ですもんね。
え?知らん?…少なくとも関西では有名なのよ。( ̄∇ ̄;)



上の写真。
左は茹でた切り身。
右は生のままです。実験なので2種類作ってみることにしました。


茹でた方は身がほろほろとくずれてくるので、あえてバラバラにして干すことに。
生のほうも削ぎ切りにして…
sigigiri
トリーツとして食べさせやすい大きさにしました。



今回は機械干しです。お外は雪がちらついていたので、庭に出るのがイヤだったの。( ̄∇ ̄)←軟弱者

皮も捨てずにジャーキーメーカーのトレイに並べて、
narabe
…スイッチオンで約二時間半。




出来上がった「たらチップ」でございます~。ヽ( ´ー`)ノ
taratip
左が生、右が茹でたヤツです。
う~む、想像以上に縮んだなぁ。( ̄□ ̄;)
生のほうなんて、ペラペラでまるでオブラートみたい。。。
「たら」ってアレですかい?実はほとんど水ですかい??
そういや京都の棒だらも、戻すまではミイラもビックリのいでたちだもんなぁ。


↓ 拾ってきた参考写真
boudara
多分京都の錦市場でしょうね。
冷静に見たら結構グロいっす。







ただ、ここまで水分を飛ばせば、その分旨味は凝縮されているはず。
きっと、そのはず!



何でもおいしくいただくのが信条のフランは、もちろん大喜びで食べましたが。
nandemo




意外にも偏食のアビ介にも大好評でございました。
motto
そんなに気に入ったのなら、冬の間にカラッカラに乾かしたのをたくさん作っておきましょうかね。(^o^)








趣味はミシンです。

昨日とりアタマが買出しに出て、家に帰ってみると。。。




父が趣味のミシンを楽しんでおりました。( ̄∇ ̄;)
syumi
作っているのは、フランのバンダナです。
人間サイズだと大きいんで、裁断してフラン用に小さくしていた模様。



自分の服の袖直しとか、ズボンのすそ上げとか、そういうのじゃなくて…
犬用のバンダナを作るようになったら、もうミシンは立派な趣味だと思います。( ̄∇ ̄)



驚いたことに、ちゃんと糸の色も変えてました。
iroito
下糸のボビンも赤い糸を巻いて取り替えてあったし。。。( ̄∇ ̄;)
一体いつの間に、ボビンに糸を巻く方法を覚えたのかしら!?
まぁまぁ、知らない間に立派になって!オバちゃんンビックリしたわ~!(ノ゜⊿゜)ノ



titisaku
よかったね~。ヽ( ´ー`)ノ
ふーちゃん、こんどはレインコートをおねだりしてみたら?
たしかどっかに型紙があったはず…さりげに父の目に付くところに置いておいてあげましょう♪
姉ちゃんも春モノのシンプルなブラウス注文しようかしら。




とりあえず。
ちょっとだけ衣装もちになったふーちゃんなのでした。(^-^)
isyou






そーゆーこと止めてください。

天井のある一角をまんじりともせず見つめるアビ介。。。



manjiri
何見てるの?と聞いても微動だにしない。


ねぇ。
マジで、何見てんですかアンタ。( ̄ω ̄;)
そこ、何にもないでしょ?ねぇ、ないよね!?




この間一人で観に行った「フォース・カインド」なんか怖いことも何ともないっす。( ̄∇ ̄;)
そもそもコッチ系じゃなくてアッチ系の話だったし。
深夜、何もない空間をじっと見つめる猫。
その方がずっと怖いです。






あのバックのその後。

ご報告ですが。

以前アビ介のシッコテロの被害にあったバッグ。。。



何とか復活いたしました~。ヽ( ´ー`)ノ
hukkatu


アクアリブをぶっかけても、シュミッタープラスを使っても、何度洗濯しても匂いが取れませんでしたが。
実は意外な物で何とかなりました。



それは、お酢です。
su
お酢よ、お酢。安い穀物酢!



オシッコの匂いの元はアンモニア(→アルカリ性)なので、何か酸性のものにブチ込めば中和されるんじゃないかという単純な発想だったんですが。これが意外によかったです。

ダイソーで500cc100円のお酢を買ってきて、原液のままかばんを漬け込みました。
蓋付きバケツに入れて3日くらい。ときどきひっくり返しながら満遍なく漬け込むのがコツでございます。( ̄∇ ̄;)


3日目に匂いをかいでみると、そりゃもうオシッコの匂いとお酢の匂いが混じり合ってえも言われぬ状態でしたが…


それを一度洗濯機で洗うと、ありゃりゃ?ちょっといいんじゃない?
でもまだほのかにお酢とシッコの混じった匂いがしないでもなかったので、こんどはまたアルカリ性の塩素系漂白剤を使って〆の洗濯。。。



すると。
なんと、ほとんど気にならないくらいにまで匂いが落ちたのでございます♪ヘ( ̄▽ ̄ヘ)(ノ ̄▽ ̄)ノワーイ!


いちお、天日に干して紫外線殺菌。
アビ介はクンクンしてますので、まだ完全に匂いが取れているわけではないようですが。
人間が気にならないなら、ヨシですわ。


塩素系漂白剤を使うことに抵抗がある方もいらっしゃるでしょうが、最後の手段として一度お試しください。( ̄∇ ̄)
ただし、放置されたシッコは単純にアンモニアだけでなく色んな雑菌による臭気も出ていると考えられますので、全てのケースでうまくいくとは限りません。あしからずご了承くださいませね。




追記
塩素系漂白剤は衣類の色落ちの危険がありますから、お気をつけくださいね。
要はアルカリ性の液体ならお酢臭さが抜けるはずなので、塩素系漂白剤にこだわる必要はないと思います。
洗剤の表示を見れば中性かアルカリ性か書いてあると思いますよ~。


謎の仮面男。

食後、お風呂に入る準備をして2階から降りてきた父。
フランが尻尾を振りながら甘えに行きました。( ̄∇ ̄)



titi


daisuki




sabisii
そうかそうかと、フランを撫でる父の顔に注目!!



父が何か超パッチもん(≒偽もの、まがい物)の仮面ライダーみたいになっております~。ヽ(°▽、°)
kamen
これ、目を保護する金属製の眼帯です。まだ目に水が入るとヤバイらしく、間違って湯船でバシャっと顔に水をかけないようにこれをしてお風呂に入るのです。

…しかし、こりゃ当分父は銭湯には行けないな。(行かないだろうけど)
これかけて銭湯に入って行ったら、かなりの確率で不審者として通報されそうだもん。(* ̄m ̄)

でも本人はこの眼帯を結構気に入っているらしく、これを着けるとなんとなく「得意そう」な顔するんですよね。
とりアタマにはどういう心理かわかりかねますが。( ̄ω ̄;)




父はフランを驚かそうとして、わざわざ眼帯をして2階から降りてきたのに、フランは当たり前のように無反応。
ビックリして腰が抜けるのじゃないかと期待していた父は、「おどかしがいのないヤツ…」と大変がっかりしておりましたが。


父。
実はちょっとは不審に思っていたみたいよ。
父が部屋を出て行く間際、不思議そうに振り返って見ていたもの。。。

honto
あれだけ尻尾振って擦り寄っておいて、何を今更って感じですがね…( ̄∇ ̄;)





じゃがいも一部収穫。

久々の家庭菜園ネタです。
水耕じゃなくて、お庭土耕のほう。



秋に植えたじゃがいも、先週末にひっそりと収穫いたしました♪
おおきい
日当たりのいいところのイモは大きく。。。



日当たりの悪いところのイモは小さい。。。
いも
使っている肥料は同じですからね。違うのは日当たりだけ。
あらためて、お日様の力に感謝です。( ̄∇ ̄)



全体としてはこんな感じです。
いちぶ
今回収穫したのは株3本ほど。
霜に当たっちゃって葉茎が枯れてきたヤツを引き上げました。




残りはこれくらい。。。
へろ
なんだかもう、こちらもヘロヘロで今にも枯れそうなので、近いうちに収穫すると思います。



このあたりはどっちかというと日当たりが悪いほうなので、
こ~んな大きなじゃがいもは望めないだろうなぁ。。。
じゃがいも



ちなみにちっちゃいイモは昨日のおでんに入れて食べました。
ホクホクというより、しっとり系のおイモでなかなかでございました。
じゃがいも、好きよ。
お腹にたまるし(!)、作るの簡単だしね~。ヽ( ´ー`)ノ



同じく秋に植えたスナップエンドウの水耕栽培も、手がつけられない状態に育ちました。
スナップ
本当に手がつけられないので、ほとんど放置です。( ̄∇ ̄;)
液肥だけは切らさないようにしてますが。



そんな放置プレイにもかかわらず、けなげにも実をつけ始めてます。
み
よく、「植物って手をかけただけ必ず答えてくれる」とか言いますが。
手をかけてもダメなモンはだめだし、放置しても育つモンは育つような気がするなぁ。( ̄ω ̄;)



宮本さん、もらった苗こんなに大きくなりましたよ~。
宮本さんに似て根性のある苗でございました。アリガトね♪





父、帰る。

父、帰ってきました。


kaette


案の定というかなんと言うか。。。


フランはいたって平静。
平静

お玄関でのお出迎えも、いつもと変わらず。( ̄∇ ̄;)
「1週間ぶりの帰宅」に対するプレミアなど一切なし。ここまで平常心でいられるつーのは、ある意味あっぱれですが。正直、ゴールデンってもうちょっと情が深い犬だと思ってたわよ。ε=( ̄。 ̄;)フゥ



で。アビ介は。
フランと真逆の熱烈大歓迎!
熱烈
にゃーにゃーにゃーにゃー、ふんふんすんすん…
まあ、しつこいこと。


愛よ
ここまで愛されたら、そりゃ気分いいでしょう。父、満面の笑みでございます。( ̄∇ ̄)ヨカッタネ



ま。ただ。
あの「ふんふんすんすん」は、入国審査だったといえなくもないですがね。




アビ介に比べて、実に淡白なフランでしたが。
しばらくするとこ~んなことしてましたので…↓
じっと
実は彼女も父がいなくてさびしかったのかも。
…多分違うと思いますケド。┐(´-`)┌





この日の夕飯はおでん。
おでん
はい。ご推察の通り、とりアタマが夜から映画に行くために作り置きしたものでございます。
父~。すまんね。
夕飯はこれ食べててね。なるたけ早く帰りますから。



なんか、実の娘が一番情が薄いみたいでゴメンね。










カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。