スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全度アップ。

昨日アビ介を猫の病院に連れて行ってきました。


心配していた体重増加は思ったほどではなく、3.56キロでした。ε=( ̄。 ̄;)フゥ
あ。増加分じゃないですよ。正味の体重です。


kati
何か勝ち誇ったようなかををしとるね、キミ。



パニックについても相談に乗ってもらったところ。


誰かれかまわず襲うわけではないので、薬を使う状況ではないとのこと。
そうね。とりアタマもあんまり薬は使いたくない。( ̄ω ̄;)



1ヶ月で落ち着くこともあれば、3年かかることも、一生ダメなこともある、と。
そうね。そうでしょうとも。はい。わかっておりますとも。(T▽T)


二人の安全を考えると、このまま隔離しておいた方がいいのでは?と。



いや。そこなんですよ。
そこは簡単にあきらめるわけにはいかないのです。
完全に元通りは無理だろうけど、せめて人間が見ている間は、同じ部屋でくつろいでいられるくらいにはならないものか。


kaihuku




とにかく、もう少しがんばってみます。




夕べ、アビ介はとりアタマのベットに上がってきて一緒に寝ました。
以前はベットに乗られると重くて窮屈で嫌だったけど、今は、くつろいでいるアビ介をすぐそばで感じられるのでGOODです。手探りでなでるとゴロゴロおっしゃるし。。。(^-^)
隔離状態でいる間は、だいぶ落ち着いてきました。
朝から腰が痛くてかないませんが。。。( ̄∇ ̄;)



アビ介。爪も切ってもらったので、今はかなり安全猫♪











スポンサーサイト

明るい話題を。

私信:
先日コメント欄にて、ホメオパシーのことを教えてくださったMさん。
ありがとうございました。(^-^)。
早速検討してます。
本当に皆様から頂戴する、励ましや情報に感謝しております。ありがとうございます。






さて。
今日は少し明るい話題から。


明るい話題、その1。












確定申告終了しました!! ( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!



でも。
どうやら去年分の申請に明らかな誤りがあったらしく、税金を大目に払っちゃっている模様。
更正請求したら、1万円くらい戻ってくるらしいです。
戻ってくるなら、がんばってまた数字と格闘しないとな。したくないけどしないとな。。。






明るい話題、その2。


先日グリーンドックさんの実店舗で開催された、愛犬の写真コンテストで、小麦くんが社長賞を、
syatyousyou



フランがグルーマー賞をいただきました♪
guru-ma-



真っ向勝負の小麦くんに比べ、フランは…




ブログのノリでナレーションを付けるという卑怯な手を使っての受賞。
hikyou
いいのよ~♪
卑怯でも何でも取ったもん勝ちなのよ~ヽ( ´ー`)ノ



グリーンドッグさん、豪華賞品を期待しております♪





でも。
この写真も、アビ介とフランが仲良かったときのものなので。。。
この写真を加工しているときは、今のような状況になるなんて想像もしていなかったので。。。
sabisii
やっぱりちょっとさびしいなぁ。












確定申告はお早めに。

昨日、1日かけても終わらなかった、
確定申告。。。。_| ̄|○ il||li

gimu
知ってますっ!払わないなって言ってません!!щ(゚ロ゚щ)



いえね。
自分の分はとっくに終わってるんですよ。毎年のことだし、慣れてるし。
もう提出までしちゃったんですよ。



でも今年から。とりアタマ父の分もしなくちゃならない。
何でもお世話になっていたお友達の税理士さんが引退なさったそうで、新規に税理士さんを頼むと結構な費用がかかりそうなので、とりアタマに白羽の矢が立ったと。。。




父。
とりアタマの算数の成績知ってるでしょ?←数学はもはや論外。
子供の頃から、数字に弱い子だったでしょ?
何でこういう無謀なことするかな。
知らないよ、後で税務署から呼び出しの電話かかってきても。。。



とりアタマ父は後期高齢者なのにいまだ現役だったりするから、色々書くことがややこしい。。。
しかも、税務署から送られてきた「申告セット」の中に、入っているべき書類がない!!

国税庁のHPから書式をダウンロードしたり、必要な添付書類をそろえたり。。。
手引書を読んだり、投げ出したり。
計算したり、計算しなおしたり。

toroi
アンタがそうやってプリンターの上に乗ったり、電卓の上に乗ったりするから余計な手間がかかるんです!!ヾ(`◇´)ノ彡☆




とりアタマはとりの頭だから、途中で休憩を入れると分けがわからなくなるですよ。だから頑張って、どんどんどんどん書き込んでいったですよ。
しかし、何とかラストの「税金の計算」まで入れたところで力尽き。。。



さあ。
今これから、検算なんですが。
昨日やったこと、一晩寝たらきっぱり忘れました。ヽ(°▽、°)
また一から手引書を読まないと、検算も出来そうにない。



今日中に申告にいけるかしら。。。。。






あれれ?

あれ?


are
アビ介…な、なんかウエストが無くなってるような。。。



あ、あれ?

omomi
なんか重みが増しているような。。。




アビ介、太ったか~!?

hutota
レメディーを1日4回摂らせるのに、オヤツの回数が増えてるからなぁ。
行動範囲も狭くなっているから、運動不足だし。。。



しかし。



もともとの性格が悪くて、パニックがあって、太ったアビシニアンて…


最悪の三重苦。_| ̄|○ il||li


sokomade
い、いや。しかしね。
体重増加は万病の元よ?
腎臓の具合も気になるし、もうちょっと落ち着いたら、猫の病院に行こうね。


ま。とりあえず今は、置きえさ減らそう。。。







2週間がたちました。

猫のパニックによる攻撃について色々調べていると、頻繁に目にするのが「安楽死」という言葉。


猫だけでなく、犬の場合でもそうですが。
いわゆるペット動物が人間を傷つけてしまった場合、そしてそれが偶然ではなく、精神的な疾患による場合、「安楽死」という選択が浮上してきます。

実際に泣く泣くそういう選択をされた方も多い様子。
とりアタマ、決してその行為を責めることは出来ません。
色んな事情があります。
特に他人様を傷つけてしまった場合、そのときの飼い主の責任は重いです。



一度パニックを起こしてしまった猫は、同じような条件がそろうと、再びパニックを起こす可能性が高いです。そして、パニックになった猫の攻撃は、本当にハンパじゃない。見境なく、何にでも襲い掛かります。我を失っている状態ですから。


アビ介の場合、「玄関チャイム」と「フラン」がスイッチになってパニックを起こす可能性が高い。


これは正直、かなり悲劇的。


玄関チャイムは新しいのを取り付けました。
好きな音を録音して使える優れもの。
ネットで、柔らかな感じの音楽や自然の音を拾ってきて、アビ介が興奮しないものを探しています。


でも、フランは、お取替え絶対不可ですので。

foo
アビ介開放中、リビングで固まっているフラン。この位置にいると、コタツが邪魔をしてアビ介からは直接見えない。




現在は、アビ介を開放するときは、フランをリビングから出さない。
フランを開放するときは、アビ介をとりアタマの部屋から出さない。

ということを徹底して行っています。
お互いの気配を感じるのは、ドア越しや洗濯ネットの目隠し越し。
アビ介は相変わらず、目隠し越しにフランの姿を認識すると、総毛立って威嚇の声を出します。

ikaku


フランの安全は絶対に確保されているので、冷静にアビ介を観察していられます。
こうやって毎日必ず、フランによる刺激を与え、慣れてきたら、刺激を少し増やす。
恐怖心を、楽しみやリラックスに置き換えていけるように、軽い刺激のある状態で、アビ介の好きなもので遊んでやったり、おやつを与えてみたり。。。
そうやって、だんだんと耐性を付けていく。
いわゆる脱感作といわれる方法ですね。



一方のフランも。
過度に興奮しないように。
はしゃぐことはあっても、コマンドひとつで落ち着けるように。
しっかりと教えていかなくてはなりません。


どちらの方法も、根気と専門知識が必要と思われます。
とりアタマは素人なので、専門家のお知恵を拝借しながら、がんばってみます。


正直、とりアタマのミスでこんな事態を招いてしまい、「ふーふーあびあび」というタイトルのブログを続けていいものか、悩みました。タイトル見ると泣けてくるし。。。



ただ。
パニックを起こす猫について安楽死という選択をとらなかった場合の、「その後」を書いていくことも重要なのではないかとも感じます。

また、今はまだまだ落ちつかない状態ですが、フランはフランで、アビ介はアビ介で、新しい環境でがんばっているので、その様子も書き残していきたいな、と。



アビ介がパニック状態に陥り、フランを攻撃してから2週間。
明るい兆しは悲しいかなほとんどないですが、めげずにがんばっていきます。



皆様、いつも励ましやアドバイスありがとうございます。
今後とも「ふーふーあびあび」をよろしくお願いします。m(_ _)m








父、誕生日。

昨日の日曜日は、とりアタマ父の誕生日でございました。
えと。
78歳だっけか?
そりゃ多少とぼけたことをしでかしてくれてもしょうがないよなぁ。。。

最近とりアタマもアビ介と同じレメディーを飲んでいるので、親父に寛容になってきた。( ̄∇ ̄)



せっかくの誕生日だし、「何か食べたいものある?」と聞いたらば、「別に。」とのお答え。
それなら、ま。気を使わなくていいか、と…



とりアタマの大好物のブリの刺身を買ってきました♪
buri
あ、いや。とりアタマ父も好きなんですよ、ブリトロ。
とりアタマほどじゃないけど。( ̄∇ ̄;)


ほら、2月22日はニャンコの日でもあるわけだし。
アビ介もブリは大好物だしね♪




あと。
とりアタマ父は絶対に食べないサーモンも買ってきたりして。。。(お買い得だったの)



最近、サーモンを岩塩で食べるのが好き♪


sitiria
このお塩がおいしい!


お皿に盛ったサーモンに大粒の岩塩をぱらぱら。ケッパーを添えて、少し上等のオリーブオイル(EXバージン)をタラリと回しかけ…
marine
簡単カルパッチョでございます。岩塩を包んで食べるの。
食べていくうちに、カリッと岩塩を噛み砕いて、それがおいしい!
白いごはんにはちょっとですが、おちゃけにはバッチリ。(^-^)
サーモンは生でも、軽~く燻してあるのでもどっちでもいけますよ。





suki
知ってます。



ato
数えるの止めてください。( ̄ω ̄;)


ちゃんと、一切れずつ、アビ介とふーに残してあげるから。


sa-monnmo
これは塩がかかってるからダメ。( ̄ヘ ̄)




とりアタマの部屋にいる、アビ介にもブリを持って行きました。


abiburi
んまいか?
返事をする余裕がないくらい、んまいのか?





でも。
去年までは、こんな感じで二人でおねだりしていたことを考えると。。。



onedari
やっぱりさびしいなぁ。












快食、快便。

昨日の夜、フランの耳をチェックしたら、アビ介にやられた傷のかさぶたがはがれてました。( ̄∇ ̄)
膿んだりせず、また、治りかけを引っかいたりせず、ストレートに治ってよかった。。。



フランは散歩のとき、事情をご存知の皆さんに、いつも以上に可愛がっていただき…
yosiyosi
結構いい気になっているかも。( ̄ω ̄;)





syousinn
…いや。なんとなくそんな気がして。
しいて言うなら、飼い主のカンかしら?( ̄ω ̄)b




ま。
快食、快便で、夜もゆっくり出来ているようなので、何よりです。
yukkuri
アビ介と同じレメディーを摂らせるようにしたのが良かったのかもしれません。


そうそう、アビ介、レメディーをひとつ増やしました。
ホリー。

☆ホリー  :懐擬心、悪意、復讐心のレメディー。忍耐性の回復に。
地位や注目の喪失に激しく反応し、攻撃性や懐擬心、反抗的な態度、短気になって不機嫌になる動物に。飼い主から受ける治療に不満を感じるような動物に。非常に明確な憎悪や嫌悪をもつ動物に。群れの仲間と仲良くできない動物に。


今回のパニックのみに注目するのではなく、本当の原因はもっと根深いところにあるのじゃないか、と考えて、ホリーを選択しました。
この間ハンナが出てきた夢のおかげで、このことに気づくことが出来た。ハンナ、サンキュです。









夢でもいいから。。。

数日前のことなんですが。
具体的にはちょうどプチ・リフォームして家の中にバリケードを作った日の翌朝。




とりアタマ、ちょっと夢を見ました。




夢の中で、とりアタマの部屋のベットにアビ介がだらけた格好で寝ていて。。。
darake
(↑参考写真)



そこにですね、いきなりフランが入ってきてピョンとベットに飛び乗ったんですよ!口にはうれしそうに、イルカのぬいぐるみを銜えてね。


アビ介は突然のことに、ちょっと迷惑そうな顔をしていましたけど、特に逃げるでもなく、くるんと寝返りを打ってまた寝始めまして…その後ろで、フランがイルカのぬいぐるみをガジガジやって遊んでるの♪



とりアタマ、メチャクチャうれしくなって、すぐに下に降りて行って「父~!バリケードなんか作らんで良かったわ!もう大丈夫や!!」って叫んだです。


そしたら、1階のリビングのドッグベットに、きょとんとしたフランの姿が。。。
foo
(↑参考写真2)…あれ?



その時、とりアタマは気がついたです。
フランは2階には上がらない。
フランは股関節に致命的な欠陥があるので、もしもの事故防止のために2階には上げないようにしつけてあるのです。
フランはベットやソファベットの上には上がらない。
そして、フランは決してぬいぐるみでは遊ばない。


1階と2階を自由に行き来するのは、とりアタマのベットに自由に上がっていいのは、そしてぬいぐるみで遊ぶのが大好きなのは。。。


ハンナだ。


あれはハンナだ。
そう言えば、彼女が銜えていたイルカのぬいぐるみは、昨年ドルフィンスイムに参加した記念に、海遊館で買ってきて、ハンナの祭壇にお供えしていたヤツだったもの!!


kore
あれは、ハンナだ。ハンナだったんだ!!




そこで、目が覚めちゃった。。。(T▽T)うわ~ん。←号泣
くそ~!ちくしょ~!!
何で、もっと早く気がつかなかったかな!!
せっかくハンナが出てきてくれたのに!


きっと、とりアタマんちがピンチだから、様子を見に来てくれたんだろうに。
(それにしては、御陽気だったけど。。。( ̄∇ ̄;))
何でハンナとフランを間違えるかな、自分。
晩年のハンナではなく、骨肉種にかかるずっと前の、元気なときのハンナだったからかな。


相変わらず、新しいぬいぐるみで遊ぶのが大好きなんだね。
カマイルカのぬいぐるみ、気に入ってくれたのね。よかった。
あんなに身軽にベットに上がれるくらい、もう全然足も痛くないのね。


hanna
ハンナとアビ介は、仲良しだったなぁ。(しみじみ)



ハンナ。
もういっぺん。もういっぺん、ちょっとだけでいいから。
出てきてくれないか。
夢でも、幽霊でもいいからさ。ダメ?














元気メニュー

自業自得とはいえ、色々と神経を使う日々に少々お疲れ気味のとりアタマです。

今こそアビ介とフランの二人に充分な愛情を…と思うのですが、それすらもなかなか難しい日々。愛情って、時間と体力が必要なのね。。。_| ̄|○ il||li
昨年の六甲縦走をピークに、とりアタマの体力値は右肩下がりですから。。。


なんだか食事をするのもめんどくさく、お風呂に入るのも煩わしい。。。
出来ることなら、夜はお酒だけグイッとやって速やかに寝たい!



しかし。
これではイカン!と気合を入れて、元気になるスペシャルメニューを作りました。




激辛和風トムヤムクン。
gekikara
どのへんが和風かといいますと、白菜とトーフが入っているあたり。。。別に和風を狙ったわけではなく、冷蔵庫にあった余りモノを入れただけです。。。( ̄∇ ̄;)



ヒーヒー言いながら辛いものを食べて汗をかいたら、ちょっと元気でた♪
皆様のコメントや、メールも励みになってます。本当にありがとうございます。



さて。
アビ介がとりアタマ家にやってきてしばらくたった頃。
彼が大変情緒不安定になり、今のようにパニック状態に陥りやすくなったことがありました。


来客をひどく恐れるようになって、玄関チャイムの音を聞くとパニックになり、手近にいる人(=大抵とりアタマ)を攻撃したのです。

先日その頃の家の写真を見つけました。
tate1
先住犬のハンナがいた頃です。ちょうど小麦くんが遊びに来ていたときですね。( ̄∇ ̄)
ということは、このとき犬に対する攻撃はなかったのだな。
玄関脇に、つぶしたダンボールと平たいクッションが置いてあります。

これ、正に、アビ介の攻撃から足を守るための盾でございます。。。
写真の日付を見ると夏真っ盛り。。。素足に攻撃されたらただじゃすまないですからね。
苦労したんだなぁ。。。


インターフォンの親機の下辺りにも盾を配置。
tate2
この写真が9月の頭だから、少なくとも2ヶ月はパニック状態が続いたんですね。。。ああ貴重な情報だわ。写真撮っておいてよかった。(たぶん、撮りたかったのはハンナですが)



このときは、玄関チャイムを新しく付け替え、音を変えて対処したと記憶しています。
でも今でもアビ介はチャイムの音が苦手です。何年たってもトラウマなのでしょうね。
音を変えても変えても、慣れるとキライになってきます。


今回のパニックは、フラン自身が引き金になっているところが非常に辛い。
フランをずっと蝋人形のように大人しくさせていることなんて出来ないし。(明るくて能天気なところが彼女の持ち味ですから!)
何とか折り合いをつけていけないものか。。。時間がかかってもいいから。




yawarakai
これは、事件が起こる前の写真です。
表情が柔らかいなぁ。








1週間目の衝撃。

今日二つ目の日記です。
昨日予告したready boosotに関するお話はひとつ前の日記にあります。
以下は、アビ介とフランのお話なので、パソコンの件で来られた方はスルーしてくださいね。





今日、またアビ介とフランの間に衝撃が走りかけました。。。



実は、今朝の散歩で、フランのウンチがかなり柔らかめだったという報告をとりアタマ父から受けたのですが。。。(←あ。今、朝の散歩は父が一人で行ってます。)


それで今日は朝から、フランがいつでもトイレにいけるように、例のバリケードでリビングから洗面所への動線を確保してやっていたのです。


bari


事件から1週間たって、アビ介もずいぶん落ち着きを取り戻したし。ちょっとだけ刺激を増やしてみようという思惑もありました。



それで他にも…


リビングの猫ドアを。。。
もともと白い下敷きでふさいでいたのですが、これを透明のものに変えました。
↓わかりにくいですが、透明のプラスチックの板でふさいでます。
nekodoa
ただ、これでは刺激が強すぎると思われるので、段ボール箱を置いて、ほんの少しの隙間からチラリとリビングの中がうかがえるようにしました。



しかし。
まだ甘かった。
これでも刺激が強すぎたらしいです。

開放されて階下に下りていったアビ介。
この窓からリビングの中を覗くや否や。


いきなり臨戦態勢。
rinsen
このドアの向こう1メートル以内のところにお座りしているフランの姿を見たためです。


実は上の写真はかなり時間がたってから撮ったものです。初めてこの窓からリビングを覗いたときのアビ介の尻尾はこの倍くらい膨らんでました。


体を膨らませたまま、バリケード側に移動し、ドアの隙間から中の様子を伺うアビ介。
ukagau
この隙間、わずか2センチほどですが、素通しです。(右下の隙間は、透明のアクリル板で塞いでます。)



唸り声こそ上げないものの、明らかに興奮状態。
後ひとつ何かの要因が加われば、容易にパニック状態に陥るでしょう。
例えば、今もし、フランがリビングの中ではしゃいだりしたら。。。完全にアウトです。



でも。
フランはがんばってくれました。
窓越し、無言の、とりアタマのハンドシグナルだけの指示をきっちり聞いてくれて、ずっとお座りをしたまま、アビ介が一応納得して二階に引き上げていくまでの数分間、ピクリとも動かず耐えてくれました。


正直、フランがここまで出来るとは思わなかった。。。(T▽T)
窓から覗くアビ介から必死に顔をそらしていたので、彼女も相当怖かったんだと思われます。もっとリビングの奥に逃げたかったろうに、がんばってくれました。


えらかった。ホントにえらかった!
erai


とりあえず、まだまだアビ介の心の傷は癒えていないということがハッキリしました。2階では落ち着いているし、よく食べよく遊んでくつろいでいるけれど、それは仮の姿のようです。


というわけで。
急遽、覗き窓にネットを張りました。大きい洗濯ネットを切ったものです。
neto
こちらの隙間にも。。。
sukima
こちらの窓にも。
mado
すべて、洗濯ネットで目隠し。まるで見えなくなるわけではありませんが、刺激はずいぶん和らぐはず。(また、まるで見えなくすることは、現段階ではしたくないのです。)



ネットを張ると、リビングの中のフランはこんな風に見えます。(ドアの向こうほんの50センチほどのところにいます)
konnna


アビ介が再び覗きに来ましたが、先ほどより落ち着いていられました。
masi
ε=( ̄。 ̄;)フゥ




それにしても。
1週間たっても、まだ、全然ダメなのだなぁ。
アビ介は本当に心に深い傷を負ってしまったのだなぁ。

そしてフランも。
窓越しにアビ介に睨まれているときのあのおびえた表情。
食欲はあるし、散歩でも元気だし。いつものように能天気に見えていて、実は彼女もひどく傷ついていたんだ。耳の傷はもう痛くないけれど、まだまだ心は痛いんだ。。。


甘かった。
何だかんだいって、まだまだ認識が甘かった。
猛反省のとりアタマです。
あ。また泣きそう。。。












VAIO Ptype、 ready boostの検証

いつもの時間より更新が遅くなりました。
だから、というわけでもないですが、今日は2つ日記を書きます。


まずは、VAIOのPtypeのその後について。
ready boostの検証です。


結論から申しますと。
VAIO Ptypeにおいてready boostは必要なし。


あ。
あくまでもとりアタマの検証ですから。
実際、「早くなったよ~」というコメントもいただいてますから!!

あくまで、こんな結果を出したヤツもいるらしい、程度に考えてくださいね。
何度もいいますが、とりアタマはパソコン買ってきて普通に自分で設定したりネットにつないだりは出来ますが、むちゃくちゃ詳しい方ではありません。

もっとパソコンに詳しい方が正しく検証したら、違った結果が出るのじゃないかと思われます。
ていうか、出たらぜひ教えてください!!щ(゚ロ゚щ) お願いします!!
このままだと、せっかく買ったready boost対応のusbフラッシュメモリが無駄になりますので!




この結論。つまりはどういうことかと言いますと。
パソコン自体のモードを高速モードにしますと、それだけでかなり早くなるのです。つーか、順番的にはこうですわ。


一番遅いほうから。。。

省電力モード・ready boostあり
  ↓
省電力モード
  ↓
バランスモード・ready boostあり
  ↓
バランス・モード
  ↓
高速モード・ready boostあり
  ↓
高速モード


つまりですね、ready boostを設定すると、返って遅くなるわけです。
早い遅いは一応、ストップウォッチで3度ほど計測した平均で考えてます。アプリケーションの起動などは、出来るだけパソコンがビジーじゃない状態を狙って同じような条件で起動させるようにしました。

遅いといっても、まあ2秒とか3秒の差なんですけど。それでもお金かけてわざわざ遅くすることはない。


要するに、Ptypeのスペックは充分足りているということですかね。(←メインメモリ2GB。)
もともとready boostは、スペックの低いパソコンのパフォーマンスを、メモリを増設せずに何とか上げるための手段ですから。


リカバリをかける前のPちゃんは今考えると異様に遅かったような気がします。
スイッチを入れてから、ガジェットが表示されるまで平均3分。
メールソフトの起動が特に遅く、3~4分かかってましたしね。(←セキュリティソフトをはずしても同じ)
リカバリをかける前にSDHCカードでready boostを設定したとき、かなり早くなったんですごく喜んだのですけど。。。↓

tidimu
なにせ、1分半くらいで立ち上がるようになりましたから!


やはり、リカバリをかける前のPちゃんはシステムに何らかのトラブルがあったのだと思います。



複数のアプリケーションを開いている場合はどうなるかとか、少し重いソフトを使うとどう違うのかとか、これからも色々検証してみようとは思いますが。。。
もともとPちゃんに求めていたのは、それほど複雑な作業ではないので、このままでもいいかなぁ。( ̄ヘ ̄)

だって、usbでready boost設定すると、usbのスロットがひとつ塞がってもったいないしね。(基本的にこういう機能はハブをかまさないほうがいいですから)。





さて。
今日の更新が遅くなった理由。
それは、次の日記にて。
お察しの通り、アビ介とフランの件です。
パソコンの話を読みにこられた方はスルーしてくださいね。



1週間経過。アビ介とVAIO君。

アビ介とフランの完全別居生活、1週間経過しました。
kakuri
アビ介はずいぶん落ち着いてきていますが、階下のフランの足音にはテキメンに体が反応します。


彼の恨みは相当根深い。。。ε=( ̄。 ̄;)



今回、アビ介にストレスを溜めさせないことを第一の目標としているので、出来るだけアビ介を自由にして、フランにはリビングだけで過ごしてもらっています。フランはかわいそうだけど、その方が結局早い解決に繋がるのじゃないかという判断です。
フランとは庭で遊んでやったり、長めに散歩したりしてコミュニケーションを図っています。



シンちゃんにもご協力お願いして。。。
kyouryoku
フランのストレス解消を図っております。( ̄∇ ̄)
すまんね、シンちゃん。この恩は忘れないから。




小さなトリートメントボトルに作ったレメディを、全部飲ませきるくらいを見計らって、だんだんとフランによる刺激を増やして反応を見ていこうと考えています。まずは、ドア越しから。慎重に。



ippuku
実は、食事だけでなく、飲み水にも一服盛ってますの。。。( ̄ω ̄)b


※水250ccに、レメディ3滴。




さて。
そもそものことの発端となったVAIOのPちゃんですが。
リカバリをかけた後もやはり不安定。
カスタマーに何度も電話するものの、それによって解決した不具合はひとつもなし。


sinsyutu
ひょっとして、ぢごく猫の呪いがかかっちゃったのかしら?




ガマンして使っているうちに、メールとかはだんだん安定してきましたが。何なんだろう一体?
考えてみれば、昨年メインコンピュータとしてインテルiMACを導入したときも、初めの3ヶ月くらいはすごく不安定で。で。何をしたというわけでもないのに、だんだんと安定してきたし。そういうものなのかしら?


ただ。
今回正直、ソニーのカスタマーセンターの質はずいぶん下がってきているなぁという印象を受けました。
「レディー・ブースト」の設定について質問したところ、対応した女の子(若かった!)は、「レジ・ブスでございますね?」とのたまいました。( ̄∇ ̄;)オイオイ、誰がブスやねん。

VISTAの窓口に電話しているのに、「ready boost」が通じないのはいかがなものか。
他にも色々質問したのだけど、結局、「私よりもっと詳しい者に替わりますので。」だと。で、替わった詳しい人が「リカバリしましょう!」って言ったのですけどね。


あんまりパソコンに詳しくないとりアタマの場合、何か不具合がおきたときはカスタマーセンターだけが頼りなのに。正直これはちょっと困るなぁ。


結局、SDHCカードを使ったready boostは、リカバリ後は使用できなくなり、仕方なくready boost対応をうたっているUSBメモリを買ってきました。
usb
具体的にどれくらい早くなったかは明日ご報告します。( ̄∇ ̄)

ちなみに上の写真のUSBハブ、実はマウスなんですよ。マウスのコネクタ部分がハブになってるの♪
これ、マウスとハブを別々に持ち歩かなくていいので便利です。












プチリフォーム決行。

フランは元気です。
アビ介にやられたミミの傷も、かさぶたが出来てきました。

彼女は保護される前、ほとんど散歩に行かず、ずっと家の中で暮らしていたらしく、そのせいなのかどうなのか、リビング一室で長い時間を過ごすことにあまりストレスを感じていない様子。

foo


ただ心配なのはトイレ。
フランの家の中のトイレは洗面所にあるので、リビングのドアを閉めてしまうとトイレにいけない。
彼女が月に3日ほど飲んでいる副腎皮質ホルモンは、多飲多尿を促すので、トイレには自由に行かせてやりたい。雨の日も家の中でトイレするしね。


そこで。
プチリフォーム決行です。
rifomu
リビングの奥のドアは廊下側に開くので、これを利用して…


廊下の反対側の壁に兆番で板を取り付け、その板とドアとフックでとめれば。
bari
簡易バリケード完成です♪
しかし、リフォームしてバリケードを作る家っていうのもなんですな。( ̄∇ ̄;)



このバリケードの左がリビング。正面奥がトイレ。右が洗面所とお風呂場です。
つまり、これでフランのトイレだけでなく、とりアタマ父がトイレに行ったり歯を磨きに行ったりする動線も確保できて、一石二鳥なわけです。
このバリケードのフックは外側からしか外せないので、父が「ついうっかり」バリケードを開けてしまうこともない。
まあ正直に言えばですね。
フランのトイレにかこつけて、まんまととりアタマ父をリビング周辺に閉じ込めることに成功したというわけでございます。 ( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!



リフォーム中はけっこう大きな音がするので、敢えてアビ介を自由にし、何をやっているかを確認できるようにしてやりました。

ひとしきり見学した後、逃げるでもなく、リビングのソファベットの上で作業を監視。
meisou
…警戒はしているけれど、決して興奮せず。
こういう類の音ではパニックになることはないようです。


ちなみにフランは、お庭で待機。ごめんよ。
(でもキミも本当に我慢強くなったねぇ。)



さて。
出来上がったバリケードをチェックするアビ介。
tyekku
構造上どうしても板と床の間に隙間が出来てしまったのですが、ここには透明のアクリル板か何かを貼り付けて、のぞき窓にする予定です。

またアビ介が少しずつフランに慣れていけるように。











ルール策定。

ご心配いただいているアビ介ですが。
ある程度落ち着いてきてはいますが、やはりまだまだ物音に過敏に反応しています。

oto
下のリビングでフランが歩く音に集中しているアビ介。尻尾不機嫌そう。。。。( ̄ω ̄;)


huto
ふと、気がそれても。。。


mata
音がするとやはり気になる。。。
ドア、少し開いていますが、フランはリビングに隔離されているのでニアミスはありません。



さて。
とりアタマ家ではルール作りが進んでいます。これ以上ポカミスを繰り返さないためのルールです。


① 基本的にアビ介はとりアタマの部屋。フランはリビングに隔離する。

② とりアタマの部屋とリビングのドアは同時に開けない。

③ アビ介を開放しているときは、廊下と階段の照明をつけることによって合図をする。

④大きな声を出さない。



これ以上ないくらい単純なルールですが。( ̄∇ ̄;)
現実に、とりアタマが一人で家にいる場合は、①と②と③を守っていれば状況が悪くなることなんてありえないのですが。。。
これが家の中に二人の人間がいるととたんに怪しくなるのです。。。


特にアビ介を可能な限り自由にさせてやりたいので、とりアタマの部屋のドアを開放したりすると、当然のことながら危険度は飛躍的にアップ。

アビ介を開放しているとき、とりアタマ父が、「ついうっかり」ひょいとトイレに行くためにリビングのドアを開けてしまう。。。なんて。容易に想像できて恐ろしいことこの上ない。


断言しますが、とりアタマが今一番隔離したいのは、間違いなくとりアタマ父。( ̄ヘ ̄)
リビングに外から鍵をつけようかしらと画策中です。いや、マジメに。





バタバタしていて遅くなっちゃったけど、何バレンタインのクッキーを作成(注:フランのボーイフレンド用)。
kukki
何とか14日中に間に合いました。ε=( ̄。 ̄;)フゥ










昨日のアビ介。

皆様。
色々温かいお言葉をありがとうございます。
優しい言葉をかけてもらうと、年とって涙腺が緩んでいる上に、現在情緒不安定なので、すぐ泣きそうになります。
…すみません。見栄はりました。実際泣いてます。うぇ~ん。

いかんなぁ。
私にもレメディーがいるかも。


アビ介ですが。
11日の昼から、レメディーを1日4回(4滴ずつ)ごはんやオヤツに混ぜて摂取させてます。使っているレメディーは次の通り。

reme
前列左から、スター・オブ・ベツレヘム、ビーチ、チェリープラム、ロックローズ。この4種類の混合液です。それぞれ4滴ずつを小さなトリートメントボトルに入れて日田天然水を使って作りました。


何年か前アビ介がパニックになったとき、ロックローズの処方が劇的にきいたのですが、その頃のレメディーはアルコールとビネガーの処方で、なかなか摂取してくれず、耳に塗ったり、足の裏のたらしたり、苦労しました。
今のレメディーはグリセリン処方で匂いがないので、ウエットフードに混ぜると問題なく食べてくれます。ほっ。ε=( ̄。 ̄;)


レメディーを最初に摂取した直後、かなり変化が出ました。
その日の朝、フランを攻撃してから、相当な緊張状態が続いていたのですが。。。


↓レメディーを摂った後。
sessu
少しはゆっくり眠れた模様。。。よかった。


ただ、このときが一番効いたみたいで、その後の変化は穏やか、というか、微妙です。
bimyou
レメディーごはんを食べた後は、たいてい少し落ち着くのですけど、完全にくつろいでいるという風でもない。


また、まんの悪いことに。昨日はとりアタマんちのお隣のアパートで、リフォームの足場撤去が行われまして。そのため、金属のぶつかる大きな物音と振動とおっちゃんたちの声が一日中していて。。。

落ち着けというほうが無理です。


一方のフランは。アビ介に攻撃され負傷した夜は、さすがにガタガタ震えていました。翌朝も、部屋中にけっこうな量の毛が散っていました。(尻毛だと思われます)ストレスから、むしったのでしょう。彼女は少しアレルギーがあって痒がりなのですが、ストレスがどっと来たせいで、かゆみが激しく出たのかもしれません。ただ、出血するような自虐行為ではなかったので、その点はご心配なく。


今はかなり平常心。
本当にフランは逆境に強い。でも、平気なフリをしていても、心の底では色々あるでしょうから、彼女にもレメディーを考えています。



あ。
バッチ・フラワー・レメディーについて、「なんじゃそら?」という方。西洋の民間療法の一種とでも理解してください。(いいのかな、それで?)
興味ある方、「バッチ・フラワー・レメディー」で検索をかけると、色々わかります。元々は人間用です。

グリーン・ドックさんのHPでも簡単な説明が載ってますのでどうぞ。
今回のアビ介の処方も、グリーン・ドックさんで色々意見を伺って決めました。


「追記」に今回のレメディーの効能を簡単に書いておきます。
他にもっといい組み合わせがあるという方、いらっしゃいましたら、教えていただけませんか?








続きを読む

深刻な事態が発生しています。

今日二つ目の日記です。
こちらは、相当大真面目なお話です。
パソコンのことではないので、その件で見にこられた方、どうかスルーしてくださいね。(VAIOの話はひとつ前の日記にあります。)



コンピュータがゴタゴタしていますが。
実は、もっと深刻な事態がとりアタマ家を襲っているのです。
正直、お笑いにもっていく余裕など微塵もありません。




深刻な事態。
それは。
アビ介がおかしくなりました。


ことの経緯は以下の通り。少し長いです。写真もあまりありません。



一昨日、VAIOくん不具合につき、昼過ぎから夕方にかけてカスタマーとやり取りしながら、パソコンにかかりっきりだったとりアタマ。
フランの散歩の時間は迫っているのに、間に合いそうもない。

それで、シンちゃんに来てもらって、フランと庭で遊んでもらえないかとお願いしました。
シンちゃん、快諾。


そして。
なかなか散歩に連れて行ってもらえなくて、いい加減スネスネモードだったフランが、玄関近くに来たシンちゃんの気配を察知して、大興奮。
走り回り、跳びはね、尻尾を振り回して、玄関に置いてあるお散歩小物をひっくり返し。。。
そして、多分、様子を見に階下へ下りていったアビ介を、そうとは気づかず、尻尾で叩き倒したのでしょう。。。


アビ介がパニック状態になり、フランを本気攻撃。本当にほんとうの本気攻撃です。
興奮して手がつけられなくなり、とりアタマも襲われました。


とにかくフランを外に出し、アビ介をリビングに閉じ込めておいて。。。今はアビ介をひとりにした方がいいと判断して、そのままフランの散歩へ。(もちろん、この段階でパソコンは放置。)

小一時間ほどして帰宅すると、アビ介は少し落ち着いていました。
それでも、一応慎重に。少なくともフランが夜ご飯を食べるまでは二人を分けていたのですが。。。
フランも落ち着いてくつろいでいるし、アビ介も落ち着いたようなので、そっと会わせてみると。。。


警戒しながらも最初は大丈夫だったアビ介。しかし、フランが尻尾を振った瞬間に、再度パニックになり、攻撃。シートの上でフセをしているフランに襲い掛かりました。


フラン。
耳の付け根を負傷。
husyou
1センチばかり、ぱっくり。耳だったので出血はほとんどなかったですが。。。
目じゃなくてよかった。目や鼻じゃなくてよかった~!!



とにかく、二人を完全分離です。
フランはリビングに。アビ介は2階のとりアタマの部屋に。
とりアタマ父に事情を話して、ドアを決して開け放さないようにお願いしました。


が。
昨日の朝。
とりアタマ父が、何のためらいもなく普段の調子でひょいと、とりアタマの部屋のドアを開け、アビ介が脱走。
「大丈夫や、リビングは閉めてある」と余裕をかましていた父ですが。


フランが廊下に出た状態で、リビングを閉めても意味ないだろうが!!!щ(゚ロ゚щ)


…アビ介、三度目の攻撃。
このとき、フランを守ろうとした父が、手にたまたま持っていたダンボールの箱でアビ介を追い立てたりしたもんだから、アビ介ますますパニック。。。。_| ̄|○ il||li



父曰く、いつフランが出たのか全然わからなかった…そうなのですが。。。そんな言い訳屁のつっぱりにもなりゃしません。


ただこのとき、とりアタマ父は、パニックになった猫の攻撃のすさまじさを、初めて見たのです。
とりアタマは過去にも何回かアビ介のパニック攻撃を経験してますが、父が目の当たりにしたのは初めてでした。
このとき、やっと、事の重大性に気づいたとりアタマ父。かなり遅すぎるが。



これをいわゆる猫の転嫁鼓動といっていいのか。
アビ介はフランを見た瞬間に我を忘れ、フランを狙って攻撃しています。
今の彼にとって、フランは敵にしか見えないのでしょう。


あまりに危険な状態なので、本当に完全に家庭内別居状態。
正直、これからどうなるのか想像もつきません。
ototui
↑一昨日、フランに襲い掛かった日の深夜の写真。全身緊張しているのがわかります。
よほど怖かったんだね。



猫の病院の獣医さんにも相談しました。とにかく、アビ介を(特に犬関連で)刺激しないようにとアドバイスされました。
レメディーを摂取させて、アビ介が心のバランスを取り戻してくれるのをじっと待っています。



飼い主の判断の甘さとミスの積み重ねで、こんな事態を招いてしまったことを本当に後悔しています。
後悔しても何も元に戻らないのだけど。


一昨日の朝まで、普通に家族として暮らしていたのに。
今はアビ介がフランの目をつぶしやしないか、反撃したフランがアビ介を咬み殺すんじゃないか、と。そんなことを心配している自分。
情けない限りです。




追伸。
御近所の方へのお願い。
アビ介は玄関チャイムの音に、過剰反応する傾向にあります。
とりアタマ家にいらっしゃる際には、申し訳ありませんが、チャイムを押さないでいただけますか?(現在テープで封印してあります。)
お手数ですが、来訪前にお電話いただけるとうれしいです。








VAIO、破滅の道をまっしぐら。

リカバリかけました。
先日のPちゃん高速化計画で、具体的にどんな不具合が出たかというと。。。


メールの送受信が中途半端にしか出来なくなった。
ソフトを立ち上げるたびに、アカウントの認証を求められ、しかもそれを認識したりしなかったり。。。
同じメールを2通受信したり、送信するのは絶対嫌じゃ~と駄々をこねたり。
(セーフモードで立ち上げても同じ)


自分でインストールしたソフトに入ってた履歴が真っ白けになった。。。(バックアップをとっていない部分は、泣くしかない。。。つーか。泣きました。)


電話でカスタマーと相談しながら、色々いじったけどダメ。
復元をかけてもダメ。
で。
リカバリ。
トラブル発生から3時間ほど経過。カスタマーとの電話代が怖い。(T▽T)


初めからやり直しです。
hajime



そして。
再度色々設定しなおし、最後にready boostの設定をしようと、SDHCカードを放り込んで、プロパティを開いてみると。。。


アレ?
are?
「このカードはパフォーマンスが低すぎて使えないよ~」とかおっしゃる。。。
昨日は使えるって言ったじゃないか~!つーか、現に使ってたじゃないか!щ(゚ロ゚щ)


今朝になって、メールソフトでまたアカウントの認証もとめられたし。。。
あ~あ。
またカスタマーに電話か。電話代怖いよ~。
てか、初期不良ってことで、お取替えしてくれないか。






(今日は二本立てです。これは一つ目の日記です。)






VAIO TypeP、破滅への道…

ええ。
昨日意外に早く、メール便でSDHCカードが届いたんですよ。
SDHC


奮発して16GB。クラス6。made in Taiwanですけどね。ま、パソコンの内部部品なんて今やほとんどTaiwan製だしね。台湾好きだし、私。アップルマンゴーとか。夜市のエビ団子の入った汁そばとか。


で。
いよいよPちゃん高速化計画発動です。


まずは、ユーザーアカウント制御を解除します。(下の写真の四角のポッチをはずす。)
seigo
VISTAってちょっとコントロールパネルをいじるだけで、すぐに「お前、こんな行為を許可するのか!?」って聞いてくるので非常にウザいんです。で、解除。(あ。不安な人はマネしないでね。)


ついでに、ユーザーアカウントのパスワードも削除。
これで、パソコン起動時にパスワードを入力する手間が省けます。
pasu
これも、セキュリティの面からは推奨できないので、やるときは自己判断でお願いね。


それから、パソコン自体の動作モードを省エネモードや標準モードから、高速モードに切り替え。これだけでずいぶん早くなります。もちろん、電池の持ちは悪いです。


で。いよいよ、SDHCカードを使ってready boostの設定。
何も難しいことはないです。スロットにカードを放り込んで、カードのプロパティを開けると、ready boostの設定画面にいけます。
ready
OKだして終了。


あと、余分なガジェットを削除して。
VAIO独自の重たいソフトを動かないようにして。


さあ、どうだ!



結果として。
早くなりましたよ。確かに。詳細はまた述べますが。


でも。
システム壊れました。


何でだ~!!!
全然たいしたことしてないのに!!っつーか当たり前の設定ばっかりなのに~!!!


カスタマーに電話しながら、2時間に及ぶ復旧作業の末、めでたくリカバリ決定。(T▽T)
rikabari



しかも。
これをきっかけに、とりアタマ家、家庭崩壊の危機。。。_| ̄|○ il||li
この話はまた後日。。。できるかな?













乗られたVAIO君。

今朝の散歩のときに撮ったお月さま。
tuki
平安貴族の兄ちゃんたちは、こんな月を眺めながら朝帰りをしたのかなぁ…なんて考えてしまった2009年2月の朝でございました。ああ、眠い。



なんだか最近、眠くて眠くてしょうがないです。
どっか体がおかしいのかしらん?(でも、いつも通りだともいえるしな…)


こういうとき、うらやましいのはアビ介。
いいなぁ。猫は。好きなときに好きなだけ寝られて。。。


最近の彼のお気に入りは、またしても(!)仮死状態のバイオ君のキーボードの上。(T▽T)
okini
お願い、やめて。キーボードがパキパキ、ミシミシ言ってるんだよ~。そのうちリカバリかけて、改造してとことん使うつもりなんだから。物理的にキーボードを傷めないでください。


方向転換とかも普通にしてるし。。。_| ̄|○ il||li
houkou



寝るのか?ホントにそこで寝るのんか~!?
neru



urusai
あ。
うるさい?そりゃどうもすみませんね。




あ~あ。本当に寝ちゃったよ。。。
neta



しかも。



だんだんとPちゃん(=バイオ・TypeP)の方に進出してきてるし。。。
sinsyutu
や~め~て~(T▽T)。それはアビの枕じゃない~!
まだ買って10日ほどしかたってないのに~。



aaa
はぁ。






VISTA高速化計画、なかなか進んでいません。明日あたり、通販で買ったSDHCカードが届くと思うので、それでもってready boostをかけてみます。 どっかな~。早くなるといいなぁ。








妹犬もがんばってます。

昨日の日記に書いたナナですが。
歳は16歳と5ヶ月。
とりアタマんちの先住犬ハンナと、クーちゃんちの先住犬マックとは幼馴染になります。
mac
在りし日のマック。↑

今は二代目クーちゃんがいる。↓
coo
ちょうど、ナナ、マック、ハンナの関係は、今のシンちゃん、小麦くん、フランの関係とよく似ていて、三頭は毎日会って、転げまわって遊んでいました。(^-^)


大事に大事にしていた犬が亡くなったとき、あまりの辛さにもう二度と犬は飼わないと決心されて、それを実行される方もいるかと思いますが。
マックの家でもとりアタマんちでも、そうはなりませんでした。

どっちがいいとか、正しいとかではなく、人それぞれだと思います。


で。
実は、ナナんちにはもうすでに妹犬がいて、それがノア。
noa
本名はノワール。フランス語で「黒」を意味します。
まんまですな。( ̄∇ ̄)


彼女はちょうどフランと同じくらいの歳で、一番心身ともに充実したときを過ごしています。ま。平たく言やあ、むちゃくちゃ元気なんですわ。
この間、ナナのお見舞いに行ったとき、その元気者のノアが、ぴっとりとナナに寄り添っていまして…



yorisou

noa


noanana
体の自由がきかなくなった先住犬に、そっと寄り添う妹犬。。。
何だか感動的な光景じゃないですか。涙を誘うじゃないですか。
ねぇ?





が。
それがですね。
飼い主の冷静な観察によると。


「あれは、ナナで暖を取っているだけ」だそうで…
ミ、ミもフタもないな。( ̄∇ ̄;)


聞く所によると、ナナが動き回ってドッグベットから転がり出ると、「ラッキー♪」とばかりに、気持ちのいいフリースの上を独占するらしく。。。
そしてさらに、テンションが上がっちゃったときなんか、寝ているナナを踏んづけることすらあるらしく。。。




ここにもいたわ。能天気娘が。ε=( ̄。 ̄;)フゥ
nokosu
↑ナナがご飯を残すのをじっと待っているノア。。。



でもそれでいいのよね。
ノアの明るさのおかげで、家族みんなが救われているんだから。
(でも、ノア。踏むのは止めとけ、踏むのは。)









ナナ、がんばる。

お正月に会ったばかりのナナが倒れたと聞いたのは先週のこと。。。
foonana
↑1月4日に撮ったナナの写真。


もともと首に腫瘍があったのだけど、その細菌が脳に入り込んで脳炎を起こしたらしいです。
nana2
足腰が立たなくなり、首は奇妙な方向に曲がったまま戻せなくなってしまいました。
極度の貧血も出ており、いつもしものことがあってもおかしくない状態とのこと。。。



倒れた日には、正直みんなが覚悟を決めました。
でも…彼女はすごくがんばってます。
syokuyoku
食欲も戻ってきて、一生懸命ご飯を食べ。。。



家のすぐ前の公園で、排泄も。。。
haisetu



小さいときからナナを知る近所の方は、彼女の姿を見て涙されることが多いらしいです。
でも、家族には泣いている暇も、途方にくれている時間もないのです。



懸命に、でも決して追い詰められた風ではなく、ただ淡々と、しかも愛情を持って、愛犬の世話をする。
aijyou
本当に頭が下がります。
これが、犬を飼うということなのだなぁと感じました。




誰もが老いを迎えます。
人間だけでなく、犬も猫も、どんな生き物も。平等に。
一緒に暮らしている動物たちに、いかに安らかな老後を送らせてあげられるか。人間の度量が量られるときですね。








イワシは高いか安いか?

節分は終わっちゃったけど、イワシを焼きました。
とりアタマ、イワシ大好き♪
いつもは中羽の真イワシを梅煮にしたり、ツミレにしたりするけれど。。。

この日は大羽のを塩焼きに。ヽ( ´ー`)ノ
iwasi
2尾で300円なり。肉より安くていいや~♪とか思っていたけど、昨年豊漁だったサンマは1尾70~80円だったっけ。。。そう考えるとけっこう高いな。





その魚焼きグリルをじっと見つける不審なオトコ、約一名。↓
jii



eenioi
うんうん。いい匂いだよね~。でもあげないから。塩振っちゃったし。




dame
何?その微妙にショックを受けたような顔。。。
今度中羽のいいのを見つけたら買ってあげるから、今日はガマンしてください。( ̄∇ ̄)






そうそう。
こんな本買いました。
kasutamu
「おいおい…」という話から、「へぇ~♪」という話まで色々載ってます。使えそうな手を使ってみます。
でもやっぱり、とりアタマはXPのが好き。。。







VAIO TypeP についての考察

さて。
VAIO TypePの続きです。

どうも昨日のタイトルのせいか、ウルトラモバイルパソコンに興味をもたれた方がこちらに流れてきている気配が感じられるので、ちょっとまじめに書きます。
ふだんのおちゃらけワンニャンブログのつもりでのぞいて下さった方、申し訳ありませんがお付き合いください。m(_ _)m

まず先に結論を言うと、TypePを選んだこと自体に後悔はありません。
確かに不満はありますが、それは何を買ってもあると思うので。


とりアタマが他に候補に上げていたのは、エプソンダイレクトのEndeavor Na01 mini。最低価格が¥46800円と安いんですよ。エプソンダイレクトはサポートもしっかりしているしね。
でも結局、 VAIOを選んだのは、やはり、携帯性。重さ634グラムはエプソンの半分です。ウルトラモバイルというからには、やはり現実的な携帯性を重視しました。


でも何かに突出すると、犠牲になる面もあるわけで。。。
それがVAIOの場合、モニタの小ささ。


はっきり言って、文字が小さすぎて、タスクバーのアイコンが米粒大。
kome
いやひょっとしたら米にも負けるかも。( ̄∇ ̄;)


これは正直、かなり辛いです。
ズームが出来ないソフトを使う場合、相当しんどくなると思います。
モニタの解像度を下げると文字は多少大きくなりますが、モニタが横長変形なので、横に間延びした感じになっちゃって。。。
manobi
微妙に涙を誘います。。。_| ̄|○ il||li



とりアタマ。マジで100円ショップに100円老眼鏡を買いに走ったのですが、ふと、自分が20歳だということに気が付き、思いなおしてカード型の虫眼鏡を買って帰りました。( ̄∇ ̄)
ka-do
冗談ではなく、これ必需品かも!



そして、これはどの機種にもいえると思いますが。
やはり、普通のパソコンに比べて遅い。それはもう、相当遅いです。
電源を入れてから、ガジェットが表示されるまで(途中パスワードを入れますが)、2分55秒かかりました。

ネットにつないで、バイオのアップデートを取りに行くと、4項目ダウンロードしてインストールするのに、約60分。(あ、自宅でケーブルにつないだんですよ!)
リカバリディスクが付属していないので、それを作成するのに、120分。とにかく何をするにも時間がかかりますわ。
nokori
リカバリディスクの作成。残り時間最後の1分になってから、手元の時計で5分以上かかった。。。
アンタ、体内時計狂ってるよ。。。ε=( ̄。 ̄;)フゥ



正直この遅さは、VISTAのせいなのか、CPUのせいなのか、VAIOのせいなのか わかりません。あえて言えば、多分全部でしょうねぇ。
netematu

CPUはしょうがないです。通常のノートパソコンやデスクトップと同じ速度を求める方が間違っていると思いますから。
ただ、オツムの処理能力に限界があるのがわかっているのに、なぜ、VISTAなのか?XPでいいじゃんねぇ。( ̄ヘ ̄)
それに、VAIOが独自にインストールしてあるソフトが軒並み重い!
VSTAの機能を使えば出来るのに、わざわざオリジナルのソフトを入れて重くするのはいかがなものか。いわゆるVAIO Styleという考え方ですね。初めてパソコンを買うときには結構うれしい機能かもしれませんが、少なくともTypePには不要じゃないかしら。

TypePを検討中の方、そういうVAIO独自の重さがあることは了解しておいた方がいいと思います。
ただ、とりアタマはこれから、削れる部分はドンドン削って、出来るだけ中身を簡素化していくつもりなので、少し速くなってくれると思います。つーか、なってください!


なんか、悪口ばっかりになっちゃった気がしますが。
基本的に気に入ってますよ~。
honntoni?
ホントですって!信じなさい。( ̄∇ ̄;)
いや、やっぱり見てくれがダントツにカッコイイしね~♪

あ。
そうそう。キータッチはすごくいいです。小さいキーボードだけどかなり快適に入力できますよ~。



出来るだけチェーンしてみて、快適になったらまたご報告しますね。
とりのアタマでどこまで出来るか、請うご期待♪



VAIO TypeP 来たる!

バイオ君といえば、とりアタマ家では「VAIO PCV-RZ62」(通称R君)のことを指していました。
Rkun
しかし、このR君、現在寝たきり状態。
年末に年賀状作成するのにちょっと動かしてみましたが、まあ派手な音はするわ、止まるわ(!)、DVDは読み込めないわ。。。ホントすごいです、バイオタイマー。きっかり※年でつぶれるように出来てます。(※早くて3年、標準5年と言われてますな。)


で。
来ちゃったんです。
うちでは三代目になるバイオ君~。ヽ( ´ー`)ノ ←まだ懲りてない。
p
ジーンズのポケットに入るCMでお馴染みの、ウルトラモバイルパソコン、Type-Pでございます。
重さ、634グラム。こ、これは確かに軽い。現実的に持ち歩き可能なサイズと重さですわ。


開けてみるとこんな感じ。
akeru
液晶は横長8インチ。キーボードは思ったより大きくて使いよいです。トラックポイントのみがついていて、パッドが付いてないのも好感。アレがあるとキータッチがしにくくなるから。


メモリは2GB。HDDは60GB。
ウルトラモバイルには珍しく、XPではなく、VISTA(home basic)が入ってます。
とりアタマ、実はVISTAは初めて。
現在、メインで使っているMACの中に入れたウインドウズもXP。だって、評判悪いしな、VISTA。


でもまあ。
時代はすでに次の「Windous7」へと動いているし。7はVISTAを継承しているらしいし。ここらで、VISTAに慣れておくか、と考えたのですが。。。


ちっと、判断間違ったかな。。。( ̄ω ̄;)
昨日も書きましたが、

VISTA、重てぇ~!


正直、こんなに重いとは思わなかったわ。
メモリ、2G積んでるのに、いったい何?
CPUのAtom Z520つーのもアレなのかしら??
とりアタマ、ずっとデスクトップばかりを使っていて、実は初モバイルなので、あんまり詳しくないのよ。。。(なら、買うなよって話ですが、ちょっと勢い出ちゃって。。。)



何せ起動するのに、10年前のMACくらい時間がかかる。。。待っている間に歯、磨けます。
nemui


まだまだ言いたいことがあるので、明日も引っ張ります~。



あ。今日も後ひと言だけ。

TypeP、絶対ポケットには入りませんから!

お店の人も太鼓判押してました。( ̄∇ ̄)









アンニュイな午後

昨日撮った写真。。。


darake1


darake2


gajigaji


yo


nn~


nnsyo


huu


アビ介君。。。
…何だかだらけた感じの毛づくろですね。。。( ̄∇ ̄;)









ところで。
ふと気がつくと。机の上にこんなものが!!








p
こ、これは!?w(゜o゜)w
これはもしや例のポケットに入るヤツか!?



詳細は後日~♪


あ。
でも、ひと言だけ言わせて。


Vista重てぇー!!








対処は速やかに。

えと。
本日から、画面右側のプロフィールがちょっと変わりました。アビ介たちのことも書くことにしたんです。
書いていて改めて驚いたのだけど。。。
フランて、今年推定6歳~7歳なのね。。。フランがうちに来てから今年の7月で3年なのだから、そういう計算になる。。。(保護時点で、推定3~4歳だったの)


う。
ヘタしたら、シニアの部類に入っちゃうじゃないか。


sinia
とてもそうは見えないのは果たして良いことなのか。。。( ̄ヘ ̄)
フランの場合は微妙だなぁ。←見た目が若くて元気そうというより、能天気でいつまでたっても落ち着きがない。




閑話休題。




もうだいぶ日にちがたつので、書いちゃいます。といっても今年に入ってからの話です。
ある日の夕方、散歩に行こうと玄関を出、振り返って鍵をかけようとしたら…





鍵穴に鍵がさしっぱなしになってました。???!!!(゚ロ゚屮)屮エエ?ナンデ?

saigen
鍵はとりアタマ父のもの。



ossann
そういやこの日、とりアタマ父は忘れ物をとりに帰り、慌てて飛び出していった。。。どうやらその辺に原因があると思われる。。。思われるが。。。



堪忍してよ~。(T▽T)
この辺空き巣がむちゃくちゃ多いんだよ~。
果たして朝の8時前から、夕方5時ごろまで、鍵がおとなしくさしっ放しになっていたでありましょうか?
悪いやつがそっと持ち出して合鍵作ったりしてないでしょうか???



気になりだすと精神衛生上よくないので。



そっこーで鍵を取替えました。
( ̄ω ̄;)
torikae
ええ。
もちろん、とりアタマ父のポケットマネーからお支払いただきます。
家計費からは1円だって出ませんから!










水耕栽培レタス、二回目

久しぶりに水耕栽培のご報告です。
お庭で水耕栽培中のブロッコリー。
年末に大きいのを収穫したのですが…
burokkori


その後も水耕を続け、わき芽を育てていました。
wakineme


それをちょこちょこっと収穫です♪
tyoko
ささやかな収穫だけど、やっぱりうれしい。(^-^)サラダに添えていただきました。
わき芽はドンドン伸びてくるので、じっくり楽しみますです。



あと、この冬二回目の窓際水耕レタスたち。
retasu
正直ちょっと作りすぎかも。。。食べきれるかしら?



ま、彼らもいることだし、大丈夫かな。
namagome

retasusuki










カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

神戸の東端、六甲山のふもとに在住。なんにでも興味を持つ多趣味人間。でも、大成はしないタイプ。だってとりアタマだから。

TOMA

Author:TOMA
ハンナ:
骨肉種を患い先に虹の橋に行っちゃった、とりアタマの最愛のパートナー。人語を解する、ゴールデンの女の子。享年13歳と8ヵ月。

アビ介:
元野良のアビシニアン。とりアタマ家の駐車場で保護されてそのまま居つき、今ではとりアタマんちを完全に支配下におさめている。凶暴、凶悪。あだ名は「ぢごく猫」。2012年12月故郷のぢごくへ帰る。

フラン:
里親募集で縁があり、とりアタマ家にやってきたゴールデン。笑顔がステキな女の子だが、中身がおっさんといううわさも。性格は明るく、能天気。オツムが少しアレか。推定10~11歳。

サブ子:
公園生まれの公園育ちの生粋のノラの女の子。散歩中のフランを頼って家までついてきて、結局とりアタマ家の一員となった。平たいお顔でお鼻が大きい。北島サブロー似なのでサブ子。推定3歳~4歳。

アンジー:
ブリーダーさん育ちのお坊ちゃまアビシニアンの男の子。現在2歳。おっとり天然系で、サブ子姉ちゃんが大好きだが、愛情表現が幼すぎてきらわれ気味。あだ名はねずみ男、小便小僧。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

ひそかにつぶやいてます。

お知らせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。